天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。
ヘヴィ(サイレント)リスナァ参加する!
2018年05月26日 (土) | 編集 |
「『この10年でいちばん重要な文房具はこれだ

決定会議』を語る!」
@メディアセブン
―に行ってきたー!!

タマフル→アトロクリスナァにはお馴染み!?

あの!ブング・ジャムと、あの!古川耕氏文房具を語りつくす

熱量高めの夢のようなトォクイヴェントだォ━━(#゚Д゚#)━━!!
どーかしてる会議
(写真使って良いかどうか判らないのでコッソリ・・・)

よもやそんなマニアック最先端のイヴェントが、
我が地元で開催されようとは!?

尖がってるぜ、メディアセブン!
どうやら、どうかしてる学芸員やら職員やらがいるらしい(褒)
他のラインナップを見ても、時代の半歩先ってかサブカルばっかりじゃーん

120分みっちり文房具語り、濃ゆ~い内容デシタ!
2006年頃~2016年までの10年間に登場した、
革新的な文房具の数々。
その中から選び抜かれた“文具八傑”(神8的な?)について、
詳細に解説してくれるワケですよ!?

アガる

私この八傑のうち、結構な数を使ってるよ~。
フィットカットカーブしかり、新しい紙幣(!)ことmtしかり、
ジェットストリームしかり。

しかし!
ジェッちゃんがボォルペンの概念を変えたのは理解するが、
私の推し「SARASA dry」なのだ!
今年のOKB48選抜では、何とかして上位に食い込んでもらいたいものだよ。

閑話休題。

興味深い文具話の数々。
文具業界深ぇ・・・。
蒙を啓かれる思いがいたしました(マヂで)

最高に面白かったですよー
サイン入れてもらいやした!
みなさんにサインまでいただきました!
ありがとうございます!!

再びのハーバリウム☆
2018年05月26日 (土) | 編集 |
3月末に体験レッスンを受けた、ハーバリウムづくり

社員作品を見たかあちゃんがダメ出し(!?)をしたうえ、
「自分もやりたい!」と云い出したため・・・。

2度目の体験レッスン@鎌ヶ谷へ行ってきましたー

初夏を迎え、お花の種類もちょっと変わり、
涼し気な色合いが増えておりました。

初めて参加のかあちゃんは、ちゃっちゃと花材を選び、
迷いなく作業を進めて潔いなオイ
かあちゃん作3点
完成したかあちゃん’s作品がコチラ↑
・・・なかなかやりおる(*`ω´*)
社員作3点
相変わらずぐるぐるしながら拵えた、社員作品↑
夏らしく爽やかなイメェジに・・・しようと努力はした(ФωФ;)

体験レッスンでは大1・小1の計2本作れるのですが、
我々は更に1本追加。

1つ作ると、

「もっとこうしたい!次はこれを使いたい!」

―などなど、欲が出ちゃうのよねぇ
美味しいゴハンも
美味しいランチもいただいて、とても楽しいレッスンでした!

S先生、ありがとうございました!
また参加したいなぁ♪

どこが魅力的なのかしらん?
2018年05月18日 (金) | 編集 |
TBSラヂヲで散々CMをやっていて、
気になって気になって気になったので行ってきました!
大観展看板
『横山大観展』@国立近代美術館

富士山の絵でお馴染み…いや、
正直に云うと富士山の絵しか印象にない大観

巨匠の作品が一同に介する大回顧展で、新出作品もアリ!

第一室から三室まで、なかなかのヴォリュウムでお届け。
私がイメェジしていた大観作品とは、ちょっと印象が違うかも?

ぼんやりした水墨画でも、どーんとした富士山でもない。
見たことのない作品、
単純に「日本画」というカテゴリィでは括れない独特の画法満載!

年代を追っていくかたちの展示なので、タッチや画題の変遷も判ります。

そして圧倒的な下手ウマ感!!

これだ!きっとこれが大観作品最大の魅力だ!
大層味わい深く、親しみやすいのです、意外にも。
この下手ウマ感こそが、大観作品が名画であるゆえんであるよ!
いや、私の個人的な見解ですが;;;

決して凄い上手い、ってワケではないのよ。
ん?何じゃこりゃ?ってところも多い。
もうちょっと本気出してくださいよ~、みたいな(=∀=)
ただ抜群のオリジナリティと独自のセンス
新しいことをやってやろうという気概が溢れている。

どうだ!俺の絵スゲェだろ!?
って押しの強さゆえに、力業で納得させられる。
見ているうちにじんわり、名画に思えてきちゃうというか…。

きっと人間的にもアレでアレな方だっあのであろう、大観先生は;;;

会期終盤のため激コミ(時間帯によっては入場まで20~30分待ち)ですが、
ご興味ある方は是非!
大観先生のイメェジが変わるかも!?

[READ MORE...]
毎度あんまりな云いようなわりに…
2018年04月19日 (木) | 編集 |
見る前の感想「文化祭かよ!?」

見た後の感想「文化祭かよ!?」

それなのに懲りずに行っちゃうんだよなぁ…でお馴染み、
国立科学博物館の特別展ですが。←さすがにヒドい
人体看板
『人体展』@かはく
行って参りましたよ!

若干の文化祭感は否めないですが、今回は大層良くできた文化祭です。
全学年の中で賞とか貰うレヴェル。←だからヒドいって

違うんだ、誉めてるんだってば(ノ`△´)ノ

その手作り感満載、文化祭風味こそが、

かはく特別展の醍醐味なんだってばよ!

見どころてんこ盛りだし、ヴォリュウムたっぷり。
身近だけれど難しい学術的な展示も、エンタメ風に判り易く解説されている。
紙製人体模型・キンストレーキだけでも、一見の価値アリです!

実物人体標本の展示が、ゾーニングされているのも工夫のひとつ。

実物、図版、映像とバランスも良かったしね。

体感展示「Network Symphony」もワクワク!
自分の身体の中があんなに賑やかなのかと想像すると、
急に内臓や細胞が健気に思えて
マヂ身体を大事にしよう!
レゴタモさん
写真撮影OKコォナァには、タモさんもいるよ!

6/17までやってます。
ご興味ある方は、是非っ!

体験レッスンに行ってきた!
2018年03月28日 (水) | 編集 |
最近巷で流行してる“ハーバリウム”、ご存知かしらん?

流行に敏感なオサレ女子(大嘘)であるところの社員。
今週の月曜日、体験教室に参加してきました!

はるばる鎌ヶ谷(千葉県)まで行ってきました、旅だった;;;

ドライフラワァプリザァブドフラワァなどを瓶に詰め、
特別なオイルを充填して作るインテリア。
手数も少なそうだし簡単なんじゃない?・・・と思いきや、

これがなかなか難し~ぃ

先ずいろんな形の瓶を選ぶ時点で迷い、
たくさんある花材の中から使うものをチョイスするのに迷い、
選んだ材料を瓶に入れる順番に迷い・・・。

しかも瓶の口が狭いじゃない?

狙った場所にお花を置いて、
イメェジどおりに作るのがまぁ難しい!


2時間かけてぐるぐる迷いながら拵えた作品が、コチラ
初!ハーバリウム
ふふふ・・・我ながら上出来だ、左は♪\(・ω・\) ♪
右の丸い瓶は、納得いかないんだよなー
欲張って詰めすぎちゃったんだよねー;;;

楽しかったしランチも美味しかったし、もう一回チャレンジしたい

S先生、ありがとうございました~!

有り難くて泣けてくる。。。
2018年02月21日 (水) | 編集 |
後期が始まるのを待ってたの!
ついにご対面ですよ~。
にんなじ!
『仁和寺と御室派のみほとけ展』@東京国立博物館 平成館

やはり皆さん、考えることは同じようで。
後期が始まってからの混雑具合ときたら、ちょっと凄いですねぇ。

この日も、お昼前後には50分待ちの情報が

社員が訪れた14:00頃には、
会場外の待ち列はほぼ解消されてました。

なので。
ゆっくりお家を出て、上野駅周辺でランチでもして、
それから東博へ向かうのがオススメです♪

それでも5分程度は待ちました、入場制限かけているので。
場内もなかなかの混雑です、ド平日なのに((((;゚Д゚)))))))

でも是非!是非お出かけください、損はしないからっ!

秘仏が一同に会して特別公開されることなんて、

めったにないチャンスだからね!?


葛井寺千手観音菩薩坐像様は、もはや異次元です。

圧巻!!凄い迫力なんだから!

道明寺十一面観音菩薩様の、なんと神々しいことか!
本当に優しくて美しくて慈悲深い、良いお顔をしてらっしゃる。
あまりにも有り難いお姿に、涙が出てしまったよ(ホントに)

土日は更なる混雑が予想されますが、是非お運びください!

テンションMAXになる、撮影OKポイントもあるよ!
テンション上がるや
普段非公開仁和寺観音堂を完全再現とか、
これで上がらないヒトいるのか!?

この二十八部衆を始め、十二神将とか、

天部の方々はマヂで恰好良いぞ!

良い絵とはなんぞや?
2017年10月25日 (水) | 編集 |
またしても、会期末になっちゃったケド;;;
狩野さんの展示
『狩野元信展』@サントリー美術館

観て参りました!

わたくし、ちょっと勘違いしていたらしくてですね;;;

思っていたよりずっと渋~い作風に魂消る。
もっと金ぴかかと…。←琳派と間違えてた模様

しかし素敵でしたよ!
華美過ぎず、かといって地味でもない。
ダイナミックな画風よね?

そしてシステマティックというか、
描き方をきっちりマニュアル化しているところが面白い。

下絵集が大変興味深かったです。
ふむふむ、これを手本にしながら描けば良いのか~。

しかし画力のある人は、下絵からしてもう巧いのね!?
これで充分鑑賞に堪えるもの。

あと運慶と同じく、父親が超絶技巧!
才能は遺伝しないとは思うが、
やはり良き師が身近にいるというのは大きいよね。

そして良い絵というものは、ずーっと観ていられるものであるよ。

絵だけじゃない、あらゆる美術が同じ。

良い作品の前には、

3日でも4日でも座っていられそう。


見つめていると、感じるんだよね?
あ、この前にはずっといられる…って。

いや眼福でしたわ♪

火曜日の日曜大工
2017年10月18日 (水) | 編集 |
休みを利用して大物をDIY

100円ショップの材料で、棚を拵えます。
ゴムの木すのこ45×20cm=3枚
ゴムの木すのこ40×25cm=2枚
木ネジ=1ケース

お仕事1
高さは欲しいけど幅と奥行きはない方が良いので、
すのこは2種類のサイズを購入。
お仕事2
不要な部分は、のこぎりで切り落とす。
のこぎりは本格的なものでなくて、
ホビー用でも充分イケるよ。
切り口にはヤスリをかけておく。
お仕事3
ゴムの木は固いので、キリでネジ穴を開ける。

ってか、ホントに固いΣ(ω |||)
加工しやすい桐すのこが欲しかったんだけど、
近くのダイ○ーになかったんだもん;;;
思いの外難儀したので・・・。
お仕事休憩
休憩。
近所の美味しいパン屋さんで、
フィッシュサンドコッペパン(ジャム×マーガリン)を購入。
美味ーい☆☆☆
お仕事4
1段目~2段目と、しっかりネジ止め。

もともとの材が歪んでいたのか?
2段目に棚板をはめたところ、
幅が微妙に・・・いや、かなり合わない

ミシミシ云わせながら、強引に止める。
逆にピシッとしたかも、ガタつきも治まったし(気のせい)
お仕事5
そんなこんなで・・・完成!!
お仕事6
天板は取り外し可能←ただ乗っけてるだけだけど。
こうしておけば、背の高い物も棚に入れられるからね。
完成しました!
うむ。
我ながら良くできた。

流行ってるらしいじゃないですか?
2017年10月14日 (土) | 編集 |
久しぶりに、アクセサリィを手作りしてみました
最新モォドの
これからの季節にピッタリの、もふもふフェルトボォルを使った2点。
モフ毛を使った 冬っぽい感じの
左右アシメのイヤリングと、ちょっと大振りぽんぽんのブロォチです。
どちらも天然石のチャームが、揺れるデザインになっています。

いちばんのポイントは、もふもふフェルトボォル
これ、羊毛フェルトの要領で、
自分でチクチクして拵えたのですよ(´∀`*;)ゞ

材料はコチラ
材料!
毛玉『すんすんす・・・ん?
なんだか馴染みのある、香しい匂いがするわ?』

そうです、毛玉嬢の抜け毛です!!
ブラッシングで抜けた毛を集めて、それを材料にして拵えたのです~。

あれですよ?

噂の“猫毛フェルト”ですよ

う~む、我ながら良くできた♪
写真では伝わり辛いですが、微妙な色合い&天然の風合い
冬アクセに実にピッタリ!

しかもこの時季、材料は無尽蔵ですからね?
また作ってみようかしらん?

もはや見どころしかないです!
2017年10月12日 (木) | 編集 |
運慶看板
この秋最大のお楽しみ!(私の中で)

『運慶展』@東博

ついに行ってきましたー!

ここで、みなさんにアドヴァイス

昼過ぎからが狙い目です、ゆっくり鑑賞するなら!
11:00前には入館まで「30分待ち」だったのが、
12:00過ぎには「待ち時間0分」に。
慌てて午前中に行かない方が、吉かも!?
早めのランチ後に、なーんてのがオススメ♪

いやマヂで、腹ごしらえしていった方が良いよ。

頭から仕舞いまでくまなく見たら、

またしても3時間超える・ぜ!


だってどれもこれも、素晴らしい作品ばかりなんですもの!
今にも動き出しそうな、木彫の仏像が勢揃い!
しかも、社員の好きな天部の方々が多いので、
そりゃもうテンションあがり放題です
かーっこいー!かーっこいー!

運慶の作品だけでなく、
そのお父上やご子息など、一門の作も展示されています。
運慶パパ(云い方;;;)が超絶技巧で、震える((((;゜Д゜)))
生きてる、これ絶対生きてるって!?

迫力の四天王像など、ホントに惚れ惚れするほどステキでした!

会期はまだ先まであります。
見ておいて損はない、ってか是非とも足を運んで!
これも看板ですか?
あぁ、眼福眼福♪

見応えあるから急げ急げ!
2017年08月15日 (火) | 編集 |
バケツをひっくり返したようなどころか、天の底が抜けたような雨!!
こんなに降るとは思わなかった;;;
タイ展看板
悪天候の中、『タイ展』@上野・東京国立博物館
…へ行ってきました!
会期末になって、ようやくっ!

アジア館での開催だと思い込んでいたら、まさかの平成館だったよ。
大規模展じゃん!?

11:30前に入って、気づいたらおっつけ15:00!Σ( ̄□ ̄;)
いやぁ、見応えがありましたわ~♪

タイの仏像は皆様、端正な顔立ちでいらっしゃる。

最初の展示室にいらした仏陀立像など、繊細で生真面目な少年のよう。
3日間くらいは平気で見ていられる自信があるね!
それくらい素晴らしいの

ナーガ上の仏陀坐像も、大層美形である。
にこやかな観音像も美しかったわぁ(*´ω`*)
寺院扉すごい
写真撮影OKコォナァのワット・スタットの扉は、圧巻!
大きさはもちろんのこと、細密な動植物の彫刻が見事なの。
ラーマ2世王御自ら彫刻されたそうで、何という才能かと!!

名品の数々、堪能いたしました!

8月27日までなので、是非駆け込んで~!

いまがまさに灼熱地獄ですが。
2017年07月21日 (金) | 編集 |
地獄絵看板
『地獄絵ワンダーランド』@三井記念美術館
夏休みで混雑する前に、さっそく出かけてまいりましたよ!

前回こちらへ来たのは『妖怪展』だった。
あら?三井さん、そういうのがお好きなの!?

水木しげる先生地獄めぐり原画に始まり、
絵巻曼陀羅など…。

あらゆる地獄⇔極楽が紹介されており、

まさにワンダーランド!

地獄の恐ろしさを表現する単位(数字の)が、
小学生男子レヴェルでうける。
百千億兆万年的な(^_^;)

とりあえず「無量大数!」とか云っとけば、

すげぇってなるみたいな。
阿鼻地獄は2000年墜ち続けてやっと着くとか、
怖いんだか怖くないんだか;;;

そうなの。
地獄は意外とエキサイティングで楽しそうなのよΣ(゜Д゜)
十王始め、みんなキャラがたってるしな。
極楽は最初のいちにちは良いけど、
飽きそうなんだよなボンヤリしてて。←なんてことを!

美術品としても見応えある作品が揃ってます。
会期中、前期後期で展示入れ替えもあるそう。

ちびっこも楽しめると思うので、夏休みに是非!

それから三井記念美術館は、ミュウジアムカフェもオススメ!
のんびりできるし、美味しいよ☆

片鱗がない!
2017年07月05日 (水) | 編集 |
行ってきたアル
『アルチンボルド展』@国立西洋美術館へ行ってきました!

前回『バベル展』へ行った時から、気になっていたのです。

植物や動物、道具などなどのモチーフを組合せた肖像画が有名ですね。
ともすれば、オモシロ判じ絵のように見られがちですが…、
いやそういわれちゃったらそうなんだけどね?

確かな観察力知識、そして、

並外れた画力があるからこそ描けるオモシロなのですよ!

いつも思うけど、基礎って大事!!

あと、何事もパイオニアがいちばん優れている
アルチンボルドに追従する画家がたくさん出現するんだけども、
やっぱり本家には遠く及ばないんだよなぁ?

作品点数はさほど多くはないですが、まだ空いているので
ゆったり鑑賞できます。
あるちんぼるどめーかー
そしてお楽しみ♪記念撮影コォナァ

その名も“アルチンボルドメーカー”
自分の顔をアルチンボルド風にできます。

もはや片鱗もない…こともないか(-_-;)

バベルへGO!
2017年06月15日 (木) | 編集 |
バベルと通天閣
気になっていた『バベルの塔展』@東京都美術館へ行ってきました!

そんなに混んでない…とのウワサだったのだが;;;
予想以上に賑わっていたよ?
いや、魂消た。

しかも目玉のブリューゲル「バベルの塔」が、小さいこと!
もっと大きな作品かと思ったら、想像以上に小ぢんまり。

そして異常なまでの描き込み細密画っぷり!!
見どころが多すぎて、目が足りないや。

西洋絵画を鑑賞するときに度々思うのだが、

やっぱり聖書はひととおり読んでおいた方が良い
聖人とかエピソードの話をされても、さっぱり判んないんだもん

ヒエロニムス・ボスから、その影響を受けた名もない画家、
そしてブリューゲルまで。

見応え充分な内容でございました♪
タラ夫
モンスターのタラ夫さんが、うっすらタンノくんな件…は内緒の方向で。

紅茶染め顛末記
2017年06月05日 (月) | 編集 |
真っ白なポロシャツが、クローゼット内でくすぶっておりました。

かれこれ2~3年も。
白シャツ
白いポロシャツって着づらい(ワタシ的には)ので、
死蔵するハメに;;;
しかし勿体ないので、何とかならぬものか?
紅茶パッキング
染めることにした、紅茶で。
インド旅行のお土産でいただいた紅茶ですが、

わたくし珈琲党なもので
こちらも死蔵。

死蔵品どおしで、Let’s 紅茶染め!!
紅茶煮る
お茶パックに茶さじ2杯の茶葉を入れ、それを6個拵えてナベに投入。
濃い目の紅茶を煮出す。
紅茶グツグツ
ぐつぐつ。
ぐつぐつ紅茶を煮出している間に、
ポロシャツの下処理。
牛乳液に
あらかじめ水洗いし糊を落としたポロシャツを、
牛乳液に浸す。

繊維にたんぱく質を浸透させておくと、
染料が入り易い
・・・らしい。

仕事場のワークショップで草木染めをやったときに、
先生が云っていたような云っていなかったような?

なので牛乳(実は森永カル○ス)を希釈した液に、
15分ぐらいしっかりと浸す。

牛乳と水の割合は何対何かって?
知らないよ、そんなもん!
シャツIN
紅茶液が出来上がったらお茶パックを取り出し、

いよいよポロシャツを投入!
弱火で煮ながら染めていく。
塩もIN
・・・とここで気がついたのだが。

牛乳液を軽く絞っただけで投入しちゃったケド、
水ですすいだ方が良かったのかな?

ナベの液が白く濁ったし、
ほんのりミルクティのかほりがするのだが


ま、いっか。

20分くらいグツグツ煮て、最後に“色止め”のためにを投入。

多い方が良いんじゃね?との勘で、
大さじ3杯入れてみた。

塩が溶け切るまで煮たら、火を止める。

その後、冷めるまで20分ぐらい放置。
冷めている間も、色が入っていくそうな。
洗います!
冷めたら取り出して、流水でしっかりすすぐ。
紅茶色が出なくなるまで、すすぐ。

脱水したら干す!
染まりました!
染まったー(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
水洗いしただけだからミルクティのかほりがするが、
思ったよりもしっかり染まった♪
判り辛いですが
写真ではまったく伝わらないのでアレだが
結構キレイなヴェージュに染まった

適当な手順でも、どーにかなるもんだねこれ(´∀`*)

楽しいっ!