2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.15 (Tue)

見応えあるから急げ急げ!

バケツをひっくり返したようなどころか、天の底が抜けたような雨!!
こんなに降るとは思わなかった;;;
タイ展看板
悪天候の中、『タイ展』@上野・東京国立博物館
…へ行ってきました!
会期末になって、ようやくっ!

アジア館での開催だと思い込んでいたら、まさかの平成館だったよ。
大規模展じゃん!?

11:30前に入って、気づいたらおっつけ15:00!Σ( ̄□ ̄;)
いやぁ、見応えがありましたわ~♪

タイの仏像は皆様、端正な顔立ちでいらっしゃる。

最初の展示室にいらした仏陀立像など、繊細で生真面目な少年のよう。
3日間くらいは平気で見ていられる自信があるね!
それくらい素晴らしいの

ナーガ上の仏陀坐像も、大層美形である。
にこやかな観音像も美しかったわぁ(*´ω`*)
寺院扉すごい
写真撮影OKコォナァのワット・スタットの扉は、圧巻!
大きさはもちろんのこと、細密な動植物の彫刻が見事なの。
ラーマ2世王御自ら彫刻されたそうで、何という才能かと!!

名品の数々、堪能いたしました!

8月27日までなので、是非駆け込んで~!

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

16:08  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.07.21 (Fri)

いまがまさに灼熱地獄ですが。

地獄絵看板
『地獄絵ワンダーランド』@三井記念美術館
夏休みで混雑する前に、さっそく出かけてまいりましたよ!

前回こちらへ来たのは『妖怪展』だった。
あら?三井さん、そういうのがお好きなの!?

水木しげる先生地獄めぐり原画に始まり、
絵巻曼陀羅など…。

あらゆる地獄⇔極楽が紹介されており、

まさにワンダーランド!

地獄の恐ろしさを表現する単位(数字の)が、
小学生男子レヴェルでうける。
百千億兆万年的な(^_^;)

とりあえず「無量大数!」とか云っとけば、

すげぇってなるみたいな。
阿鼻地獄は2000年墜ち続けてやっと着くとか、
怖いんだか怖くないんだか;;;

そうなの。
地獄は意外とエキサイティングで楽しそうなのよΣ(゜Д゜)
十王始め、みんなキャラがたってるしな。
極楽は最初のいちにちは良いけど、
飽きそうなんだよなボンヤリしてて。←なんてことを!

美術品としても見応えある作品が揃ってます。
会期中、前期後期で展示入れ替えもあるそう。

ちびっこも楽しめると思うので、夏休みに是非!

それから三井記念美術館は、ミュウジアムカフェもオススメ!
のんびりできるし、美味しいよ☆

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

15:50  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.07.05 (Wed)

片鱗がない!

行ってきたアル
『アルチンボルド展』@国立西洋美術館へ行ってきました!

前回『バベル展』へ行った時から、気になっていたのです。

植物や動物、道具などなどのモチーフを組合せた肖像画が有名ですね。
ともすれば、オモシロ判じ絵のように見られがちですが…、
いやそういわれちゃったらそうなんだけどね?

確かな観察力知識、そして、

並外れた画力があるからこそ描けるオモシロなのですよ!

いつも思うけど、基礎って大事!!

あと、何事もパイオニアがいちばん優れている
アルチンボルドに追従する画家がたくさん出現するんだけども、
やっぱり本家には遠く及ばないんだよなぁ?

作品点数はさほど多くはないですが、まだ空いているので
ゆったり鑑賞できます。
あるちんぼるどめーかー
そしてお楽しみ♪記念撮影コォナァ

その名も“アルチンボルドメーカー”
自分の顔をアルチンボルド風にできます。

もはや片鱗もない…こともないか(-_-;)

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

14:49  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.06.15 (Thu)

バベルへGO!

バベルと通天閣
気になっていた『バベルの塔展』@東京都美術館へ行ってきました!

そんなに混んでない…とのウワサだったのだが;;;
予想以上に賑わっていたよ?
いや、魂消た。

しかも目玉のブリューゲル「バベルの塔」が、小さいこと!
もっと大きな作品かと思ったら、想像以上に小ぢんまり。

そして異常なまでの描き込み細密画っぷり!!
見どころが多すぎて、目が足りないや。

西洋絵画を鑑賞するときに度々思うのだが、

やっぱり聖書はひととおり読んでおいた方が良い
聖人とかエピソードの話をされても、さっぱり判んないんだもん

ヒエロニムス・ボスから、その影響を受けた名もない画家、
そしてブリューゲルまで。

見応え充分な内容でございました♪
タラ夫
モンスターのタラ夫さんが、うっすらタンノくんな件…は内緒の方向で。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

16:20  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.06.05 (Mon)

紅茶染め顛末記

真っ白なポロシャツが、クローゼット内でくすぶっておりました。

かれこれ2~3年も。
白シャツ
白いポロシャツって着づらい(ワタシ的には)ので、
死蔵するハメに;;;
しかし勿体ないので、何とかならぬものか?
紅茶パッキング
染めることにした、紅茶で。
インド旅行のお土産でいただいた紅茶ですが、

わたくし珈琲党なもので
こちらも死蔵。

死蔵品どおしで、Let’s 紅茶染め!!
紅茶煮る
お茶パックに茶さじ2杯の茶葉を入れ、それを6個拵えてナベに投入。
濃い目の紅茶を煮出す。
紅茶グツグツ
ぐつぐつ。
ぐつぐつ紅茶を煮出している間に、
ポロシャツの下処理。
牛乳液に
あらかじめ水洗いし糊を落としたポロシャツを、
牛乳液に浸す。

繊維にたんぱく質を浸透させておくと、
染料が入り易い
・・・らしい。

仕事場のワークショップで草木染めをやったときに、
先生が云っていたような云っていなかったような?

なので牛乳(実は森永カル○ス)を希釈した液に、
15分ぐらいしっかりと浸す。

牛乳と水の割合は何対何かって?
知らないよ、そんなもん!
シャツIN
紅茶液が出来上がったらお茶パックを取り出し、

いよいよポロシャツを投入!
弱火で煮ながら染めていく。
塩もIN
・・・とここで気がついたのだが。

牛乳液を軽く絞っただけで投入しちゃったケド、
水ですすいだ方が良かったのかな?

ナベの液が白く濁ったし、
ほんのりミルクティのかほりがするのだが


ま、いっか。

20分くらいグツグツ煮て、最後に“色止め”のためにを投入。

多い方が良いんじゃね?との勘で、
大さじ3杯入れてみた。

塩が溶け切るまで煮たら、火を止める。

その後、冷めるまで20分ぐらい放置。
冷めている間も、色が入っていくそうな。
洗います!
冷めたら取り出して、流水でしっかりすすぐ。
紅茶色が出なくなるまで、すすぐ。

脱水したら干す!
染まりました!
染まったー(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
水洗いしただけだからミルクティのかほりがするが、
思ったよりもしっかり染まった♪
判り辛いですが
写真ではまったく伝わらないのでアレだが
結構キレイなヴェージュに染まった

適当な手順でも、どーにかなるもんだねこれ(´∀`*)

楽しいっ!

テーマ : ハンドメイド ジャンル : 趣味・実用

15:04  |  深く狭く趣味  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2017.05.02 (Tue)

大人だってテンション上がるっ!!

世間はゴール・・・ゴール・・・?
ゴール・・・何とかっていうアレらしいですね?

きっとワァプア社員には無関係の、異国の風習なのでしょうネ
イースター的な??

・・・というワケで。
ディノ入口
『恐竜ライブ ディノサファリ』@渋谷ヒカリエ
観てきましたよ~♪

GW後半すべて出勤の社員にとって、唯一のお出かけだよ

ニュウスで取り上げられていたのを見て、
恐竜好きとしてこれは行っとかないと!

張り切ってチケットを取り、
チビッコを押しのけて前方席に陣取る;;;←大人げない・ぜ。
トリケラとマックン
この日は特別ゲストで、パックンマックンも登場!
(写真左に写ってるのがマックン)

いやもう何が凄いって!?

きょうりゅう、すごい。←語彙力
ラプトル後姿
実物大の恐竜が自由に歩き回って、

吠えて、走って
・・・スゴイんだって!!

その大きさ迫力に魂消る。
だって、実物大なんだ・ぜ

ラプトルなんて、目が本気だもの怖い((((;゚Д゚)))))))
動き方が不穏だし、しかも走るの超→速ぇのな!?

ってか、目まで動くんだよ、この恐竜たち。
Tレックス!
大人も吃驚するくらいなので、

チビッコたちなんかギャン泣き
至近距離まで近づいてくるしね~。
そりゃ怖いよ、夢に出るよ;;;
齧られてます
想像以上のリアルさに、大人も子どもも大興奮!!
これホント、ハクハクドキドキで楽しいよ♪

当日券もあるようなので、是非!

テーマ : イベント ジャンル : 学問・文化・芸術

13:49  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.03.02 (Thu)

目覚めよ、ハンドメイド魂!

買ったは良いけど、1回しか使ってないシリーズ

トォスタァUVライト二大巨頭を、
超→久しぶりに使ってみた。
工作してみた
これまた大量購入したにも関わらず、
すっかり忘れ果てていたプラ板を使って、
アクセサリィパァツを手づくり!

道具も材料も揃ってるのに、やる気がどうにも・・・(´∀`;)ゞ

しかし!

もっと上手に絵を描きたい!から始まり、

何か無性に工作がしたくなったのだ

やっぱり楽しいなぁ♪

創作活動を再開するかな!?
以前とジャンルは違うケド。

テーマ : ハンドメイド ジャンル : 趣味・実用

17:34  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.12.29 (Thu)

うちゅうすごい(3度目!)

うちゅうすごい。

・・・すいません、もう完全に云いたいだけです
ザ・クローラー
『宇宙と芸術展』@森美術館
ギリギリで滑り込みました
ついつい先送りしていたら、会期末が迫っていて慌てる;;;
新生物
ずいぶんと評判になっていたけど、その分厭な予感もしていたの。

これ、それほどでもないんじゃねーか?

・・・と。

あらかじめ期待値を下げていたのが良かったのか?

見応えも充分、なかなか楽しかった+゚。*(*´∀`*)*。゚+

曼荼羅からガリレオからうつろ舟からチーム・ラボまで、

宇宙をテーマにしたごった煮感が良い。

あ、チーム・ラボの作品は、「新作」じゃないよ?
日本科学未来館で見たのと一緒だもん。


荒俣宏先生の個人コレクション(雑誌)が、
ご本人のキャプション付きで展示されていてステキ☆
SEXYロボ
“あ”のひとも写真に収めていた、『セクシーロボット』もいらっしゃる。
(写真載ってるので、探してみてください。)

気づいたら2時間半以上、会場をうろうろしてたわ;;;

いやいや、マヂでうちゅうすごい!

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

21:59  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.12.07 (Wed)

黄葉、っていうの?

黄色っ!!
イチョウの葉が鮮やかな黄色に色づいております。
黄葉っていうの?
青空とのコントラストが、何とも云えません
じゅうたんなのだ!
足元はイチョウの絨毯+゚。*(*´∀`*)*。゚+
@上野公園であります。

昨日東京国立博物館で開催中の、

『平安の秘仏~滋賀櫟野寺の大観音とみほとけたちを見て参りました。

総勢20数体の秘仏が一堂に会する・・・とはいえ;;;
展示室1室のみなので、
正直「これだけか~・・・。」感は否めないですが

しかし眼福でありました!
普段は厨子の中におわす十一面観音菩薩坐像を間近で、
しかも横から下から後ろから拝見することができる!!
こんな機会はなかなかありませんからっ。

とっても良いお顔をしてらした~
は~、美しい☆
しかも、大変綺麗なの!
彩色もしっかり残っており、保存状態の良さにびっくりしました。
長年大切にされてきたんだなぁ。

上手奥にいらっしゃった十一面観音菩薩立像も、
大層ステキでしたわ~。

立ち姿の曲線美、腰にしがみつきたい←だめ、ぜったい!

仏さまは美しくて優し気で、見ているとぎゅっと縋りたくなる。
何となく、よしよしと受け止めてくれそうだし。
ありがたいありがたい。

そして、上野といえばパンダですが。
ツリィも大熊猫
駅構内にあるクリスマスツリィにも、パンダが吊るされておった。

どんだけパンダ推しなんだ上野!?

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

21:46  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.10.31 (Mon)

10年前より微妙でござる。

ダリ展!
『ダリ展』@国立新美術館へ行ってきました!

評判上々の大回顧展、期待していたのですが…。

むー…微妙

初期から晩年まで、幅広い作品が集ってはいたが(´・_・`)
目玉になるものがないし、これぞダリ!ってのも特に。
確かに見たことのない作品が多かったけど、
コレジャナイ感があるんだよなぁ?

確か10年くらい前に上野(だったと思う)でやっていた特別展の方が、
充実していたように思うわ。

どうも社員は新美術館と相性が悪く;;;
ハズレに当たる率が高い…。
期待し過ぎちゃったのかな?

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

16:28  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.10.01 (Sat)

確かに、うちゅうすごい

30代男子の語彙力ときたら(´∀`σ)σ
うちゅうすごい
学生のころ以来ン年ぶり(←さらっと嘘つきやがって)に、

プラネタリウム鑑賞をしてきたよ☆

池袋・サンシャインシティにある、
コニカミノルタプラネタリウム・満天
旧サンシャインプラネタリウムは観たことがあるけど、
コニカミノルタに変わってからは初めて!←ほら、観たの相当昔じゃん!?

昨今のプラネタは凄いね!?
360°ぐるりの星空に、CG映像がもうグルングルン!
酔いそう;;;
宇宙に放り出されたような、浮遊感たっぷり!
ホントに、うちゅうすごい!

美しい星空だけでなく、

高橋一生くんのエエ声ナレェションにも癒されたわ
↑実はこれが目的☆

たまには良いな、プラネタリウム
ぼんやり星空を見上げるって、結構気が休まるものなんだね。

実は社員の仕事場のすぐ近くにもあるので、
今度行ってみようかしらん?

テーマ : 星・宇宙 ジャンル : 学問・文化・芸術

22:13  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.09.22 (Thu)

ハンター☆チャンス

昨日は上野までお出かけ♪
かはく=国立科学博物館で絶賛開催中の、

『海のハンター展』へ行ってまいりました( ̄^ ̄)ゞ
@海のハンター展
かはくの特別展はいつも・・・・・・(自主規制)なので、
期待せず気軽~に見に行きましたよ
カルカロドン・メガロドン
カルカロドン・メガロドンが陽気にお出迎え。
古生代から現代まで、海の捕食者たちが勢ぞろいであります!

中でも充実しているのが、サメ

サメ・ラボラトリーと称して、たくさんのサメが大集合!!
さめーず
目が・・・ね
サメは目がイッちゃってるところが良いな。
猫と一緒で、瞬膜があるんだってサ(ない種類もいる)

そしてこの展覧会の目玉!
ホホジロザメっ
ホホジロザメの全身液浸標本(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
日本初公開だっ!!

これが見たかったの!
いつぞやテレヴィで制作ドキュメンタリィを見て、
ぜひ実物を見てみたいと足を運んだのでした。
ホホジロ全身
威風堂々たる巨躯、かっこいいー
いまにも泳ぎだしそうな、迫力満点な標本だ。

平日だったのでゆったり見学できたし、
なにやかやで見応えもありましたよ

10/2(日)までやっておりますので、サメ好きのみなさまは是非っ!

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

14:29  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.05.24 (Tue)

例のアレは90分待ち

大盛り上がりをみせる『若冲展』とは打って変わって、
すごーく空いてて観易かったよー!

・・・と聞いて余裕かましていたのも束の間。
コルビジェですよ
これ↑のお陰で、結構な混雑だったよ!?
観ようと決めていたんだから、もっと早く観ておけば良かった
世界遺産バンザイ(/・ω・)/
カラヴァッジョですよ
『カラヴァッジョ展』に行ってきやした!

私が入った時点では、1mmも行列なんてできてなかった・・・ですが。
特別展から常設展示移動しようとして表を見たら、
そこそこ列になってて魂消た

カラヴァッジョ、やはりステキですなー

彼は作品だけでなく、生き様も実にドラマティック。
素敵に素行不良な人生を物語る資料も、
いくつか展示してあります。
アーティチョーク炒めがバタァか油かで刃傷沙汰を起こすとは、
どんだけ小っさいの大人なんだからもぅ;;;

「バッカス」とか「果物籠を持つ少年」とか「洗礼者ヨハネ」とか、
彼の趣味というか性癖というかが滲み出た作品で

実に官能的煽情的

「バッカス」はモデルに扮装させて描いたハズ、
いやもうそうやって描いていて欲しい!!
左手でグラスを持ち、右手で腰紐を解こうとしてるところが良いわ。
この後、画家とモデルの間に何があったのか妄想が・・・ゲフッゲフッ。

「洗礼者ヨハネ」は部屋に入ってすぐのキャプションを熟読し、
振り返ったところにいらっしゃって、

「ぐはぁぁぁぁぁぁ

ってなった、吃驚しすぎて。

聖人でしょ?
どうしてこういう風に描くかなぁ?
妙にエロティックなんですが、先生。

「エッケ・ホモ」もねぇ?
依頼主が「これじゃないんだよなー?」と思った(から他の画家にも依頼したんだよね?)
その気持ちがなんとなーく判るもの。
裸体がいちいち肉感的んだよね。
若く美しく、生々しいキリストなのだ。

今回の目玉は近年真筆と判明した、
「法悦のマグダラのマリア」ですが。

そこに辿り着くまでの作品が、どれもこれも素晴らしく、
妄想を逞しくせざるを得ない!

11:30ごろ入館して、出てきたらもう14:30!!

滞在時間3時間て;;;

まだ間に合います!
気になる方は、ぜひっ!
世界遺産も見られる・ぜ!

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

19:21  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.05.11 (Wed)

知ってたけどサ。

くろだせいき展
意を決して『若冲展』へ行ったよ。

入室まで180分待ちだったよ。

結果。

『黒田清輝展』を見てきたよ!

3時間も待てるかっつーの(-_-#)
何ランドだよ?

浴衣のおねえさんが団扇持って涼んでる絵―しか知らなかった黒田清輝。

多くの発見があり、大変面白かった~(*´∀`人 ♪

『タマフル』で特集されていたので、気になってたんだよね。

人物描写に非常に優れ、絵が「生きている」よう。
続きの世界が、絵の外に広がってるみたいなんだよね?

才能もあるけど、やはり観察と模写とデッサン!
これが大事なんですなぁ。

ところで。

フランスから帰国し、国内で裸婦をモチーフにした作品を発表した黒田氏。

展覧会でその絵の下半身に布を巻かれるという、
その名も「腰巻事件」に巻き込まれたって!?

所謂「芸術か猥褻か論争」ですな。

あの世で黒田氏にお会いする機会があったら、

「あなたが亡くなって100年近く経った21世紀になっても、
ニッポンでは度々同じような事件が起こってたんだゼ!」


と話して差し上げたいよ

「マヂでー!?
相変わらず判ってねーなー;;;」


そう仰るに違いない。

日本における西洋画の転換点。
見て良かった!

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

15:58  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.03.15 (Tue)

名手と書いてファンタジスタと読む!

昨日はお休みだったので、見てまいりましたよ

『宮川香山展』@サントリー美術館をっ!
サントリー美術館だよ
“眞葛焼”という焼きものの創始者・宮川香山の作品を一同に集めた展覧会です。
眞葛焼という名前は聞いたことがなかったのですが、
新聞で紹介記事を読んで「これは是非見たい!」と思った次第。

何故そんなに気になったかというと・・・。
カエル壺
その超絶技巧!!
「高浮彫」という手法だそう。
ただでさえ美しい本体に、技巧を凝らした装飾を施してあるのです。
すずめ壺
その精緻なことといったら!
動植物モチーフが多いのですが、

そりゃもう今にも動き出しそうな迫力

あまりにもリアルな造形をじっくり鑑賞しようとして、
硝子におでこをぶつける人続出;;;
いやこれマヂで。
硝子に跡がたくさんついてんの(´∀`σ)σ
とり壺
すっきりと美しい本体に、写実的な彫刻。
色彩も鮮やかだし、細やかな絵も素晴らしい!


「え、ちょっと!?
何でそれつけちゃったの!?」


という;;;

斬新というかアヴァンギャルドというか・・・な作品もステキ(*´∀`人 ♪
尖がってるぞ、香山!
さくら壺
後期の釉下彩磁器は、がらりと変わってシンプル。
まろやかな形に、こってりと優しい釉彩がまた美しいの

すべらかな形といい肌合いといい、思わずナデナデしたくなっちゃう!

途中にこうして、写真撮影OKの一角もあります。

いやー、眼福眼福
展示作品数も多く、大変見応えがあります!

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

21:30  |  深く狭く趣味  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT