2006年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2006.11.30 (Thu)

タンゴ、冬の終わりに

昨日観てきました!

『タンゴ、冬の終わりに』@シアターコクーン

清水邦夫 作・蜷川幸雄 演出
堤真一 常盤貴子 秋山菜津子 段田安則 高橋洋…等出演


蜷川幸雄、「反戦」が最近のお気に入りなのかしらん?

学生運動、近年の戦争…そうしたモチーフが、このところあらゆる作品にちりばめられている。

いらないと思うんだけどなぁ?

冒頭・中盤・ラストに出てくるデモを連想させるシーン。
ストーリーとも男の狂気とも女の苦悩とも、何の関係もないようにみえる。

最早そうした演出が「斬新!」とも思われないのだが、どうだろう?

作品自体もそう。

新作として発表された時点では、
時代に合っていて衝撃的だったかも知れない。
しかし、今これを観せられても…あまり感じるものがないのよねぇ。

私だけかも知れないけれど。

狂気に陥っていく元・俳優。
この男の背景がボンヤリしている
何がそこまで彼を追い込んでしまったのか、まるで判らない。

彼の妻が立てたある“計略”も薄っぺらで、
こんな策に引っ掛かった若き女優も何だかなぁ…?

またしても、途中で安らいでしまったよ。

狂気の人を演じる堤真一は、実に素晴らしい!
こういう「向こう側に行ってしまった人」を演じると抜群に上手い
無邪気で無駄に陽気、かと思うと激しく怒り狂う。
そのスイッチの切替が絶妙だ。

高橋洋も良かった。
一見、明るく軽い男。
でも心の中に深く澱んだものを抱えている。
それでも根本的に、とても良い子だということが兄弟喧嘩のシーンで良く判る。

口いっぱいに食べ物を詰め込みながら、誰よりも明瞭に喋る段田さんも流石だ!
普通に喋っても「何云ってっかわかんねーよ!」な役者が多い中、
一言一句聞き取れないところがないとは見事!!

惜しむらくは、常盤貴子ちゃん。

その劇的なダメっぷりは「演出?」と思うほど。
それでMAXなんですかー?!
世界のニナガワが試行錯誤の末、たどり着いたのがアレなら…。
―新しい、と云えないこともないこともない。

『トーチソング~』といい、この作品といい、
役者の力だけでみせている感じがして残念だなぁ。
これだけ芸達者が揃っているのだから、もっともっと面白くなっても良いはずなのに~。

単に私の感性が鈍い・私の好みに合わない、だけかしら?

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

18:22  |  芝居道楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑

2006.11.30 (Thu)

厭きれてものも云えない

昨日、馬鹿親父が猫をもらってきた。
馬鹿だ馬鹿だと思ってはいたが、よもやここまでとは思わなんだ。

昼間出掛けた帰り、駅前で子猫の譲渡会をやっていた。
で、もらってきた。
何も、考えず。
本当は他の子が良かったんだけど、
他の人がもらっていきそうだったので、これにした。

何だと?!

紋次郎の初七日も済んでいないのに?
それどころか、まだ遺骨も帰ってきていないのに?

母が仕事から帰ってきたら、もう家にいたそうだ。
当然納得できようはずもなく、
「何?どうしたの?」
と聞くと、上記のように答えたそうだ。


確かに、新しい子を迎えたいね。
-とは話していた。
だがそれは、紋次郎の遺骨が帰ってきて、一緒にクリスマス・お正月を過ごして、四十九日が過ぎて納骨が終わって、そして落ち着いたら…。
それからの話だ。

それを、たった5日!
5日しか経っていないのに!!

「かわいそうだから、もらってきてやった」だと?!

そういうことは家族で話し合って決めることだろうが。
私の気持ちは?
母の気持ちは?
紋次郎の気持ちは?

死んだから次をもらえば良いやっつーことかい?
じゃあ、あんたの母親も死んだではないか。
代わりに新しい母親でももらってくれば?!

そういうことだろう!?

玩具が壊れたから、新しいのに買い換えないと。
トイレットペーパーがなくなったから、買いに行かないと。
猫が死んだから、新しいのに取り替えないと。

全て同列か、あなたの中では?

私は到底受け入れられない。
私が?猫が?「かわいそうだから」、その理屈は充分判る。
でも。
なぜ紋次郎が帰って来る前に、まだ何も整理できていないうちに、新しい子を連れてくるの?
それも何の相談もなしに思いつきで、身勝手な決断をするのか。
相手は生き物で「やっぱり返します」なんてことはできないのに。
深く考えもせず、私がどんな気持ちかも理解せず、よくも軽はずみな行動をとってくれたものだ!
今回のことだけではない。
一事が万事この調子だ。
もう限界。

挙句、
「たかが猫一匹のことでガタガタ云うな!」
と云いやがった。

たかが、猫一匹…。
“家族”だという思いもなかったということね。
共に過ごした10年に、何の感慨もないということね。

しかも私に「出て行け」「お前なんか死ね」とまで云いやがった。

ああ、そうですか。
あんたの、腹の底が見えたよ。

今後、どうなっていくのか…。
もう、おしまいだとは思うが。


かわいそうなのは紋次郎。

そして子猫。
子猫には何の罪もない。

今朝、よちよち歩いてきた子猫は、
紋次郎が家に来たときよりもまだ小さい。
毛玉みたいにフニャフニャと頼りない。
しかし確実に生きている、しっかりとした鼓動を感じた。

もらってきてしまったからには、もう何とかするしかない。
返してくるわけにも、もちろん捨てるわけにもいかない。

何も判らないまま、やってきた小さな命。
責任を持って、最後まで面倒を見なくては。









テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

11:48  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑

2006.11.29 (Wed)

愛されてNo.1

20061129015128
今日(既に昨日か?)家に帰ると、社長の写真の前に素敵なお花が飾ってありました。

母の仕事場の同僚の方が、お悔やみにと下さったのです~♪

しかも花屋さんに「紋次郎ちゃんのイメージ」を伝えて、
わざわざ作ってもらったそうなんです!

なんと!?

こんなにカワユイとな?!
色合いはバッチリ似ていますね~。

ご自身も5・6匹の猫様を飼っているそうで、
紋次郎の話を聞いて、自分のことのように悲しんでいたとのこと。

どうもありがとうございます!!

返す返すもウチの社長、皆さんに愛されていたのですねぇ☆

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

01:51  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2006.11.28 (Tue)

トーチソング・トリロジー

ただいま観てきました!

『トーチソング・トリロジー』@PARCO劇場

ハーヴェイ・ファイアステイン 作
鈴木勝彦 上演台本・演出
篠井英介 橋本さとし 長谷川博己 奥貫薫 黒田勇樹 木内みどり 
エミ・エレオノーラ(ヴォーカル・ピアノ) 出演


はい、本日より平常通りの営業ですよ~。

とゆーわけで、この作品。
出演者にひかれ、かなり期待していたのよ。

なのに!?

長い!
一幕約60分で全三幕。
それぞれ間に休憩があるが…。

途中で安らいでしまった。
何故だろう??

興味深く、面白いストーリー。
もっと深刻で暗い話しかと思って構えていたのだが…。
どうしてどうして。
どちらかというとコメディに近い(と私には思えた)ではないか?!

ピアノの弾き語りとともに始まる舞台は、
いつも観ているものよりグッとオトナの雰囲気。
素敵~☆

この第一幕冒頭の、アーノルド(篠井さん)のひとり語りがとにかく見事だった。
台詞でも演技でもなく、まるで自分の言葉で語りかけているようだ。
全体を通して、この場面が一番良かった。

あ、バーのバックヤードのシーンも!
セクシーというか、何ともいえずオカシイの。

とにかく衝撃的でしたよ、もうっ!!
見事だなぁ、篠井さん!

橋本さとし演じるエドは、もうどうしようもないへなちょこ男
口が上手くて、“たくさんの愛”を持っている。
しかし、不思議と憎めない。
私など、うっかり引っかかっちゃいそう…。

第一幕第ニ幕とも、

勢い良く始まって途中中だるみという感じ。

が、木内みどりが登場する三幕は俄然面白くなる。

親子の会話が小気味良い。
重いテーマの喧嘩をしているのに、聞いていて楽しいの。
テンポ良く、役者のバランスも良いからかな?
パワフルおかん・ベッコフ婦人(木内さん)の、どこか天然なところも効いているのかも知れない。


こうして書いてみると、良いところばかりなのに…。
あの体感時間の長さはなんだったんだろう??
全体的に流れにメリハリがなかったんだよなぁ。

出演者ひとりひとりの演技力が見どころ。
それでなんとか持っていたということか?!

本当に、役者の演技は、どなたも素晴らしかった。
なのに、全体通してダルダルしてしまったのは残念だわ~。

それにしても。
黒田勇樹くんって、いつの間にあんなに大きくなったんだろう?!
私の中では『人間・失格』のイメージしかないわ…。

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

23:25  |  芝居道楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2006.11.27 (Mon)

紋次郎のこと。

まさか、こんなに早くお別れする時が来るとは。
思ってもみませんでした。

皆さんに、お知らせしたとおり。
11月25日(土)夕方、社長こと紋次郎は逝ってしまいました。
本当に突然です。


(長くなります。続きはREAD MOREへ)

このブログ、閉鎖しようかとも考えました。

が、社長ならきっと

「何云ってんだ!?
まだ始めてから一年も経ってないではないか!?
根性入れて続けんかいっ!!」

と、云うとのではないかと思います。

なので。
これからも日々のちょっとした出来事や、オモシロ話をつらつら書き続けていきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

社長、頑張りますよ~!!



テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

10:11  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  編集  |  Top↑

2006.11.25 (Sat)

お知らせ

突然のことで、驚かれるかと思います。

先ほど、社長こと紋次郎が永眠いたしました。

心筋梗塞だそうです。
アッと云う間に、逝ってしまいました。

私はどうしたらよいのでしょう。
何が何やら判りません。

悲しい、とにかく淋しいです。

紋次郎もう起きないの…。
23:37  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)  |  編集  |  Top↑

2006.11.24 (Fri)

抗体をつくりましょう。

20061124231350
ネコ社長『こーんな怖い顔をしても、ウィルスは追っ払えない・ぜ?

とゆーわけで社員は今日、

インフルエンザの予防接種を受けてきたぞ。

冬場に必ず風邪菌の攻撃を受け、ヒドい目に合わされる社員。
40度近い高熱を出し全身の関節がギシギシ痛み、
果ては菌がお腹に入り筆舌に尽くせぬ苦しみを味わう…毎年そのパターンだ。

確か2年前は5日間38度以上の熱が続き、

3日で5本の点滴を打ったよなぁ。

もう死ぬような思いは御免…と、去年ついに予防接種を受けてみた。

これが効果覿面!!
タダの一度も風邪をひかなかったぞ!
あまりの健康っぷりに、自分でびっくりしていたよ。

いやぁ、医学って凄いね~。
こんなことなら、もっと早くから受けときゃ良かったではないか?!

みなさんも、早目早目の予防が肝心
痛いのはチクッと一瞬なので、予防接種受けた方が良いよ。』


昨年は十数年ぶりのワクチンに身体がビックリして、物凄い副作用に見舞われましたが…。
今年は何ともなさそうです、ホッ。

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

23:13  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2006.11.24 (Fri)

ステキ店発見!

20061124150843
阿佐ヶ谷でニュウオープンのお店を見つけました!

その名も【ぱんだ珈琲店】

実は別のカフェに行こうと、ウロウロ探して歩いていたのですよ。
その途中に気になる看板が…。

ぱ、ぱんだ?

1度通り過ぎたものの、どーしても気になって戻ってきてしまいました。

店名も“ぱんだカフェ”ならスルーしたと思うのですよ?
それが“珈琲店”て、何とグッとくるレトロな響き!

今月3日に開店したばかりのお店。
一部内装はオーナーさんが手作りしているそうで、
暖かみがあってとてもお洒落。

メニュウやディスプレイなど、いたるところにパンダが!

ランプシェードのステンドグラスも、なんと奥様(かな?)の手作り!
これが大変カワイイの~!
ずっと趣味で作っていらっしゃったそうです。

写真はランチの“サンドウィッチセット”
4種類から選べるので、社員は“マヨ醤油チキン”にしました。

これに、ゆで玉子orミニアイス飲み物付。
(社員は“ミニライス”と聞き間違え、
「サンドに更にライス付とな?!」と驚いたものだよ。
実際にアイスが運ばれてくるまで気付かなかったよ←馬鹿。常識で考えろよ)

ふわふわパン和風なチキンのサンドが美味しい~☆☆☆
珈琲も私好みの香ばしい味でした。

時間を気にせず、ゆったりのんびり過ごせる【ぱんだ珈琲店】は、
阿佐ヶ谷駅南口にあります。
探してみてね~♪

テーマ : cafe ジャンル : グルメ

15:08  |  ヒビツレヅレ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2006.11.23 (Thu)

いきなりきましたか?!

20061123182507
ネコ社長『寒い~。
急に一気に冷え込んだなぁ。

今日は先月亡くなったおばあちゃんの、四十九日法要だったのだが…。


寒ッ!
お寺さんって、どーしてこんなに冷えるの?
読経の最中、
あまりの寒さに、こっちが涅槃に行っちゃいそうでしたよ~。」


馬鹿だな、社員は。

僕のように、完全防備をして行かないからイカンのだ!
もともと全身毛皮族なのに、更に重ね着。

どう、このロシアンな感じ?
モンジロビッチ・シャチョウスキーみたいな?!

お?
慌てて石油ストーブを出してきたな。

いくらなんでもこの寒さ、

ホットカーペットだけってのはキツいよな…。』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

18:25  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2006.11.23 (Thu)

RENT

ただいま観てきました!

『RENT』@東京厚生年金会館

ジョナサン・ラーソン 作詞・作曲・脚本

いやぁ初っ端の曲「RENT」
マークの一節目を聞いた時には、どーなることかと思ったよ~。

というわけで…。

人生5回目のレントです!

日本人キャスト2回、前回の来日公演、映画も観ました。

で、日本版キャストミニアルバム・ブロードウェイ版アルバム
両方持っていまして。
ガッツリ聴き込んでいて、たまに風呂で歌っちゃったり~。

とにかく、物凄く好きなミュージカルなのですよぅ♪

ニューヨーク。
夢はあるれけど、家賃を払うこともできない若きアーティストたち。
身近にあるのはAIDS・ドラッグ・貧困…。

今となってはちょっと新鮮味のないテーマなのだが、
何度観てもグッときてしまうのよね~。

今回はマーク役が、ちと微妙。
一幕後半から良くなってきたけれど、声がどうにも不安定。
うーん、残念。

ロジャーは見た目がフツーすぎてミュージシャンぽくなかったけど、歌は良かった。
私は好きな声だし、叩き付けるような歌い方も良い

個人的に一番良かったのはミミ
キュートだし、歌が上手いの。
前回のキャストより若いのかなぁ?

オープニングからそこそこ盛り上がっていたけど、
エンジェル「Today4U」

一気にテンションUP!
この作品、実はエンジェルで持っているのよ!?
主役じゃないけれど、彼女の存在なくしては語れません。

気になるところはいくつかあったけれど、全体としては上出来!!

キャストもバンドも客席もノリノリだ~!

パワフルな歌と普遍的なストーリー。

今年で10周年ということだけど、ずっと続いて行くと良いなぁ。
そして願わくば、日本版の再演も~!!

テーマ : ミュージカル ジャンル : 学問・文化・芸術

00:31  |  芝居道楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2006.11.21 (Tue)

期待を込めて

20061122101548
ネコ社長『くれ、~!

ちなみに“鰆”“さわら”と読む。
“魚偏”に“スプリング”だな、長嶋さん風に云うと。

こうして熱視線を送り続けていれば、
かあちゃんも根負けして必ずひとくちくれちゃうぞ♪

んふふ、うまうま~。

何ごとも粘れば何とかなるもの、なんじゃないの?

無視されてもメゲずに、
じーーっと熱ーい視線(と、“念”)を送り続ければ…。

あの人も振り向いてくれるかも?!

おためしあれ、乙女らよ!!

…逆効果になっても、責任は負いかねるがな。』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:15  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2006.11.20 (Mon)

アチコチイロイロ

20061120182440
ネコ社長『むーん…。

微妙な表情の僕と一緒に写っているのは、かあちゃんからの長野土産である。

その名も“信州ラスカル”!!

りんごを囓る姿も愛くるしいぞ~…。
(何となくテンション下)

今回の旅で、社員は様々な限定モノを購入してきたぞ。
お馴染みキティから、
「は~、こんなのあるんだ~」なものまで。
近々アップするので、お楽しみにね♪

―つーか…。

“ご当地〇〇”、作り過ぎじゃねぇ?!

このまま行ったら“ディズニーランド限定キティ”とかできるぞ?!

どうせなら、僕の限定キャラものを作れよ?
きっと売れるぞ~。』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

18:24  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2006.11.19 (Sun)

真っ赤な実り

20061119193348
社員たちより一足先に、

我が家にりんごが到着していました♪

今年はちょっと数が少なめ。

それでも総計60Kg強ほど収穫できました!!

種類は“ふじ”
蜜がたっぷり入って、大層美味です♪
このりんごを食べたら、スーパーで売っているのなんて
食べられなくなっちゃいますよ!!

自然の恵みに、ありがとう!

テーマ : 旅の思い出 ジャンル : 旅行

19:33  |  旅の思ひ出  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2006.11.18 (Sat)

マジすか?!

20061118160543
本日宿泊するのは、大町温泉郷にある立山プリンスホテル

ロビーにこんな看板が!!

ぅえーっ、マジで~!?

先ほどリンゴ農園でも
「この前、熊が出て。近所の農家に被害があったんですよ~。」

こちらのホテルにも注意書があり、
近くの公園に出没しています。
朝晩の外出はお控えください

!!

く、来るんだ。
こんな人里まで…。

会ってみたいような、会いたくないような…。

テーマ : 国内旅行 ジャンル : 旅行

16:05  |  旅の思ひ出  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2006.11.18 (Sat)

我が家のリンゴ

20061118134017
長野に来ていまーす!

毎年恒例のりんご狩り☆

実は信濃大町のJA大北主催の「りんごの木オーナー」というのをやっていまして。
リンゴ農家と契約して、木を一本借りるのです。
で、手入れは全てお任せ。
収穫にだけ伺うのです~。

今年で5、6年目になります。

今年もたくさんの実をつけました!

しかも蜜いっぱいで甘~いの♪

テーマ : 国内旅行 ジャンル : 旅行

13:40  |  旅の思ひ出  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2006.11.17 (Fri)

能書はいーんだよ!

20061117235953

ネコ社長『お前誰やねん?―って、思ったアナタ。

中尾だよ、ナ・カ・オ
このネジネジを見れば判るだろ?!

昨日、例のごとく社員がウジウジグダグダしていたら、
友人がズバリこう云ったそうだ。

「明日死ぬかもしれないんだよ!?」

今日いちにちを楽しく、悔いなく過ごすの。
云いたいことは云う、やりたいことはやる。
思い残すことのないように!

その通りだ、友よ!
良いこと云うなぁ。

社員はいつも、考え過ぎて動けなくなってしまう。

それで物凄く後悔すんの
あぁ、あの時こうしておけば…。

ぐずぐず考えなくていーんだよ、今すぐやれよ!
それでダメなら次に行けばいーんだよ!


自分の気持ちに正直に。
きちんとスッキリさせておかないと、死んでも死にきれないぞ。

腹を決めて一歩踏み出してみろやー!?』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

23:59  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2006.11.16 (Thu)

ウーマンリブ先生

先ほど観てきました!

ウーマンリブvol.10

『ウーマンリブ先生』@サンシャイン劇場

宮藤官九郎 作・演出
松尾スズキ 池津祥子 荒川良々 皆川猿時 古田新太…他出演


友人のおかげで、こんな面白い芝居を観ることができました♪
初・ウーマンリブです。

ネット上の感想を見たら「下ネタ満載」「どう反応したら良いのやら」という意見が多かったですが。

いやいや、このくらいたいしたことないっすよ~!?

ただ「最近話題のクドカンって、どんな感じなのかしらん?」
そんな気持ちで観に来た方は、相当引くでしょうが…。

下ネタは“ネタ”ではなくて、物語の展開に不可欠だっただけです。
だって、官能小説家の話ですからね。

売れっ子官能小説家は、次回作執筆のために湯ヶ島の旅館に缶詰状態。
明日朝が締め切りだが、まだ一行たりとも書けていない。
そんな彼のもとに「ウーマンリヴ文学賞・選考委員」なる男女が訪れる。
彼の書いた作品が文学賞選考で落選したことを伝えるために。
ノミネートされていた小説が、いかに男性本位で女性を蔑視したものであるかをとくとくと解くふたり。
しかもThe虎舞○の『ロード』をBGMに、官能小説の朗読をしつつ!?
わけのわからない事態に、ますますもって作品が書けない。
ところが選考委員の男は、実はこの官能小説家の大ファンだったことが判明する。
作家は男をそそのかし、自分の代わりに小説を書かせることに…。

ま、この下ネタ部分がとにかく下らないのは確か。

もう気持ち良いくらいバカバカしいの!
開けっ広げで阿呆丸出し小学生レベルなので、女子でも安心して笑えますよ?

でも、ここで引いてしまった人はアウト。
この先物語がどう転がっても、もうダメでしょうねぇ。

ただのドタバタお下品ばなしが、思わぬ方向へ進んで行くのです。
面白い、そして厭~な話(またかいッ!?)

物語としてはありきたりといえば、ありきたり。

でもエロからここへ持ってくる、展開が読めなかったなぁ。
前半後半の落差が激しくて、意外性がありました。

なんにせよ、大のオトナが全力でバカをやる
―そこが見所ですよ!!

あと古田さんのナイスバディも。
あのお腹には愛と夢と希望が詰まってます、たぶん…。


余談:
特撮(大槻ケンヂのバンド)の曲に『企画物AVの女』というのがあります。
今回の芝居で、この曲の歌詞と良く似た(?)エピソードが出てくるのですが…。
クドカン、オーケンにインスパイアされたのでしょうか?!
または実際にそういうAVのジャンルがあるのかな?
つーかそれは果たしてAVなのか?!

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

23:42  |  芝居道楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2006.11.15 (Wed)

問)「恋は盲目」なのでしょうか?

20061115230538

ネコ社長『良く云うよね、恋は盲目

社員の仕事場の若者は毎日、嫁に

“携帯チェック”“お財布チェック”
…を、されている。

その上、仕事場から支給されている食券(普通のコンビニ・レストランで使用可)まで、
毎月巻き上げられているらしい。

家庭内カツアゲ?!

社員も昨年末、彼の携帯に嫁から、

2時間で50回の着信(!?)
あったのを目の当たりにしたそうだぞ。

アンタ、その場の一同が引いたの引かないのって…。

ちょっとしたストーカー?!

ギュウギュウ絞められて何ともトホホな生活
他人から見れば、そう見える。
でも彼は何の疑問も持たず不満もなく、
日々楽しく生活している
の。

何故なら嫁が好きだからー!
↑チャン・ド○ゴン風に

「女房が気にするほど亭主モテもせず」と相場は決まっている。
それでも嫁は気になって仕方ないの。

何故なら彼が好きだからー!
↑チャン(以下略)


誰かを好きになると周囲のことは目に入らず、
お互いのことしか見えなくなっちゃうんだなぁ。

―にしても、ちょっと度が過ぎていやしないか?!

怖ッ、マジで怖ッ。

実は「恋の神は盲目」が正しいという話も聞いたぞ。
辺り構わず矢を放つから、
思わぬ2人が恋に落ちてしまうということらしい。

その意味なら恋の神、むしろ目が良いと思うのは僕だけか?

良くぞ似た者同士のふたりをくっつけたもんだよ!?

僕ならとっくに家出してるっつーの!』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

23:05  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2006.11.15 (Wed)

何処にでもあると思うな!

20061115100035
ネコ社長『いやぁ“出会い”ってのは、そうそう簡単に転がっているもんじゃないなぁ。

机の下を見渡してみてもダメだ、見つからないぞー。

そうだよなぁ。
路傍の石のごとく、あっちゃこっちゃに落ちてたら

苦労はしないわなぁ。

なかなか琴線に触れるような、ピンとくる出会いなんてないもんだ。

うーん、難しい…。

こうなったら社員、
“必然”を掴めむまで数を撃てよ!?


ど根性大根(古っ!)だって頑張ってアスファルトの間から
生えてきたじゃん?!
ならば、このまま水を撒き続けたほうが良いかも?

見込みのない土地からでも、芽が出てくるかも知れないし…。」


って、あららら。
社員、またそっちに行っちゃうか~?!』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

01:22  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2006.11.13 (Mon)

目先を変えてみようじゃないか!?

20061113214916
ネコ社長『きらりーん☆
未来を見据える若きイケメン社長の図。

あ"?!
御歳10歳のどこが若いんだ…だとぅ?!

じゃあ「燻銀ちょいワル社長」で我慢しといてやる。

常に前を見つめている僕とは違い、社員はあっぱれなくらい後ろ向きだ。
ねちっこーく、いつまでもウジウジウダウダしている。

良いか社員!?
芽の出る見込みのない畑に、
いつまでも水を撒き続けてもムダムダムダムダ!!


そんなの空しいだけだし、時間が勿体ないぞ?!
モッタイナイオバケが出るぞ?!
 ↑若者、知ってる?(ドキドキ)

そろそろ目を開けて周囲を見渡せ!

まだまだ世界は広がってる・ぜ

つーことで、明日は頑張れよ!』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:49  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2006.11.12 (Sun)

記念すべき

20061112183521

ネコ社長『「ネコ社長」カテ200投稿目!

こんな大切な夜なのに、僕ひとり留守番とな?!

とうちゃん湯治に出掛けたので、
今夜は社員とかあちゃんは外食だってサ。

叔母さんも交えての、“諸々お疲れ様会”だそうだ。

うむ、確かに。
先月はいろいろなことが一気にあって、みんな大変だったからなぁ。
叔母さんにもたくさんお手伝いして頂いたし。

たまにはゆっくり、美味しいものを食べておいで、かあちゃん!!
あくまでも、かあちゃん。

あ、社員は明日も仕事なんだから暴飲暴食すんなよ
特に暴飲。』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

18:35  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2006.11.11 (Sat)

イヌの日

観てきました!

阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS

『イヌの日』@本多劇場

長塚圭史 作・演出
内田滋 美保純 八嶋智人 中山祐一朗 伊達暁…他出演


長塚家、いったいどんな教育をしてきたの?
オカシイよ、息子さん。
どう育ってきたら、あんなキ○ガイじみたオハナシが書けるようになるのさ??

ある男の家に集まるイカガワシイ“トモダチ”。
男の母親は、息子の“トモダチ”誰とでも寝るような女だった。
そして男は秘密を持っている。
それは家の裏にある古い防空壕。
そこには17年もの間、
男によって監禁されている“子供たち”がいた!
ある日、男はシンライする“トモダチ”に依頼する。
地下の住人たちの世話をするように、と。
ルールは2つだけ。
絶対に秘密を口外しないこと、
住人に危害を加えたり必要以上に関わらないこと。
大金に目が眩み“トモダチ”は依頼を引き受ける、のだが・・・。

舞台上のセットを見るだに
「厭なことが起こりますよ、って感じ…」(by社員の友人)

確かに登場人物全てが狂っている

「息子が愛してくれないのは、自分がダメな人間だから」
そう自分に思い込ませるためだけに、次々と男と関係していく母親。
息子の監禁の事実を知っておきながら、「好きにさせてあげたいの」とは。

なんと愛情に溢れていること!!

そう、これは愛の物語

母への有り余る愛情が憎しみに反転し、そのせいで人間との関係を上手く築けない男。
地下壕に閉じ込めているのは、どれも男が好きになった友達ばかりだ。
上手くいかない愛情表現が、監禁という形になっただけ。
大切だから傍におきたい、好きだから自分だけのものにしたい。

ただそれだけ。

地下の住人たちも、男を“保護者”であり“友達”だと思っている。
この関係はこの関係で、正しく成立しているのだ。

世間的には思いっ切り犯罪だが・・・。

そんな蜜月(ある意味)が、部外者の侵入によりガラガラと音を立てて崩れていく。

本当は男本人も知っていてのだろう。
いつかは終わりが来ると。
家に集まってくる“トモダチ”は、本物ではないと。
支配することによって得られる愛なんて、本当の愛情ではないと。
そんなこと、充分判っていたはずだ。

全体を通して、本当~に厭な話だ。
だがラストシーンで泣き崩れる男の姿に、ほんの少し救われた気がした。

今回も八嶋さんは、ちょっとウザイ男を熱演。
『噂の男』の時といい、ホントに
「なんだか知らないけど癇に障るンだよ、こいつ!」
って人間を演じると上手いなぁ。
役の上でのことと判っていても、見ている途中で
「こいつ、まじウゼぇ!!」
と思ってしまった・・・。

中山さんはもはや、舞台上に出てくるだけで面白くなってしまった。
確実にツボを押されてしまうわ。

厭な話ではあるけれど、暗い感じはしない。
全体的にとてもバランスの良い作品だった。

社員の中の「厭な話ランキング・No1」
『真昼のビッチ』(やっぱり長塚圭史)には、まだまだ及びませんな。







テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

23:47  |  芝居道楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2006.11.10 (Fri)

広島ドッグパークのこと。

20061110220033
ネコ社長『ちょっとちょっと(怒)
僕の新聞タイムを邪魔すんなよ~。

社長たるもの、常に新聞記事を隅々までチェックせねば。
少なくとも死亡欄くらいはな。
↑これ、ホントよ?!

テレビ欄は…お、「ポチたま」の日か~♪

“広島ドッグパーク”の特集だ。

新聞・テレヴィ・ネットなどで取り上げられていたので、知っている人も多いはず。

広島にあったドッグパーク(犬と触れ合えるテーマパーク)が、わずか2年で閉園。
たくさんの犬たちが餌も与えられず、
それどころかケージに閉じ込められたまま放置されたのだ。


何百匹もの犬君が死亡し、生き残った数百匹も悲惨な状況に…。

全国からボランティアの方々が集まり、必死の救助活動が行われたのだ。

餌もなく不衛生な状況で、犬君たちは心身ともにボロボロ。
栄養失調で骨と皮だけになり、皮膚病で顔が崩れ、人間不信で虚ろな目…。
どの子も可哀相で見ていられないよ…。

それでもボランティアさんたちの献身的で暖かいお世話のお陰で、
少しずつ元気を取り戻し、
遂に先月、新しい飼い主さんを見つける譲渡会が開かれたそうだ!

「愛情を持って育てられるか?最後までキチンと面倒が見られるか?」

厳しい面接をクリアした飼い主さんとともに、
たくさんの犬君たちが新しい生活をスタートさせたぞ!

新しい家族のみんなの優しさに包まれて、
見違えるようになった犬君たちの姿に、僕も思わずホロリ…(涙)

みんなー、幸せになってねー!!

―でもパークにはまだ、たくさんの犬君たちが残っているそうだ…。

いま動物を扱ったテーマパークの

是非を問うー!


確かに動物と触れ合う機会をつくるのは大事だと思う。
だが生き物を遊具のように使い、利益が上がらないからやめちゃいましょう、
あとは放ったらかし
というのは絶対に許せないぞー!!

「たかが犬・猫」
そう思っているのかも知れない。

しかし彼ら一匹一匹には大切な命があり、懸命に生きているんだ。

最後まで責任を持ってくれ!

ペットショップもそうだ。
誰彼構わず無責任に審査もなしに売るというのも、
考え直さなければいかんのではないか?

それよりなにより!
安易にペットを買わないように、飼わないように!!
ニンゲンひとりひとりがキチンと考えてなくてはいけないぞ!!

うーむ、今日はメチャ社会派。
我ながら、僕ってば良いこと云うなぁ♪』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

22:00  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑

2006.11.10 (Fri)

仏像展・後期の巻

昨日、東京国立博物館の特別展『仏像-一木にこめられた祈り』
に行ってきました。

11月7日より、後期展示がスタートしたからです。

わたくし、前・後期通し券を購入したのですよ、フフフ。

今回、前後期で入替があったのは1点のみ

し、知らなかった。
もっといろいろ変ってるのかと思った…。

国宝の菩薩半跏像が十一面観音菩薩立像へ交代。

あと私が前期を見にいった時には到着されていなかった(?)方も、展示されていました。

にしても…。

仏像、いいっすよ~♪

後期の目玉・十一面観音菩薩立像の美しさたるや…!!
ご本人の穏やかなお顔といい、頭部に刻まれた表情豊な面といい-。
ハァ、なんと素晴らしい造形美。

この方も後姿が美しいのですよ。
肩のライン、くびれた腰のライン、二の腕の質感。
どこをとっても、一本の木から彫り起こされたとは思えません。

しかし仏様なのに、みなさんどうしてこう

肉感的かつ官能的なのでしょう?

むっちりと肉付きが良く、中性的な顔立ち、
腰を捻って立つポーズもどこか色香の漂う感じだし。

…と、こんなことを考えながら仏像を見る人なんていないのかな?

もうひとつ、今回の展示で良かったのはライティング

照明の当て方がステキでした~。
後ろの幕や会場の床に、すっとシルエットが伸びて、
それがまた雰囲気あるんですよね~。

博物館・美術館の特別展は、ハズレも多いです。
期待して行って「金返せ!!」と憤って帰ってきたり…。

今回の『仏像』展は大当たりです!!
充分満足できるはず、ブツスキーでなくとも…。

まだまだ開催中です!
興味のある方は是非ッ!!

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

12:03  |  ヒビツレヅレ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2006.11.09 (Thu)

今日は良い天気♪

20061109112153
ネコ社長『さわやかな秋晴れ!
ホントに良い天気だねぇ。

本日お休みの社員は、かあちゃんとともに上野へ。
仏像展の後期を見に出かけたぞ。

家の中も静かになったことで…。

僕はポカポカ日向で、のんびりお昼寝をするぞー!

社員に邪魔される心配もないし。
ん~、まったりまったり。』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

11:21  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2006.11.09 (Thu)

仲良し女子S

社員、本日は高校時代の友人と飲み会☆

地元のお気に入り【NUTTY DINING】

という、お洒落超美味しいお店です。
なにかのときには、必ずこのお店!

何を食べても美味☆☆☆
アルコール類も美味!
デザートのチーズケーキやチョコレートケーキなんて、もう最高ー!!

メンバーは高校同級生4人の女子チーム
社員の個展打ち上げと、友人のダンス公演の壮行会でっす♪

ひとりが仕事で遅くなるということで、先に3人で始めることに。

とりあえず乾杯ー☆

彼女が来るまでに、もうアレコレ食べる。
後から来る人の分なんて残しておかないぜ!

全員揃ってから、また乾杯ー☆

またアレコレ頼んで食べまくり、そして飲む!!

締めで、と御飯モノを頼んだのに更にパスタまで!?
もちろん食べますとも。

更に更に、別腹なのでデザートもね♪
もちろん食べますともっ。

楽しいね~、

女子チーム楽しいよね~♫

つくづくそう思います。

気兼ねないしー、何でも話せるしー。
なにより無理しないで、飾らないで良いしねー。
みんなでワイワイ喋っていると、アッと云う間に時間が経っちゃう。
う~、まだまだ話し足りないよぅ~。

年齢を重ねるにつれ「女友達は大切!」と、
本当にそう実感するようになりました。

テーマ : おいしい店紹介 ジャンル : グルメ

00:07  |  ヒビツレヅレ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2006.11.07 (Tue)

キャンペーンガール希望

20061107225320
ネコ社長『何故か突如、
「たまには晩酌する宣言」をしたかあちゃん

そーか、そーか。
毎日お疲れ様だもんねぇ…。

ではイケメンホストの僕が、
お酌をしてあげようじゃないか!!

因に我が家はSAPPORO党☆

ビールも発泡酒も、だいたいサッポロだ。
たまーに社員はスーパードライを飲んだりするがな。

ビールの味の違いが判るオッサン乙女な社員だが、
外ではあまり飲まないそうだ。

ビールは、ね…。


「外で飲む時は、主に焼酎です~♪」


…ますますオッサンやないか?!

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

22:53  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2006.11.06 (Mon)

珍獣・ジロモン

先頃、某国の山奥で非常に珍しい動物が発見されました。
ネコっぽいようなタヌキっぽいような…しかも尻尾が2本ある、
20061106213659

その名も“ジロモン”!!

見た目に似合わず凶暴で、ヒトを襲います。
時に流血するまで噛みます


ネコ社長『エイプリルフールでもないのに、嘘記事を載せるな!!

まったく~、藤岡〇、探検隊が
必死こいて探しちゃったらどーすんだ!?


しかもこんなにカワゆい生き物に、真逆の解説つけやがって…。』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:37  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2006.11.05 (Sun)

生涯初ぐっち。

20061105214241

ネコ社長『うをぅ!?

GUCCIの紙袋となっ?!

ど、ど、ど、どうしたんだこれは!!
な、な、な、中身も入ってるぞ?!

え?
斜め掛けのバッグを購入しただぁ~?
ええぇ?
し、し、し、しかもン万円ーーーーッッ?!

何だ、どうしたんだ社員よ?
気でも触れたかい?

「だって私、毎日がんばってるもんッ!!」だとぉ~ぅ?

…わけがわからん。


だいたいお前は贅沢するのは眼鏡だけ
ブランド物なんか一切興味ないではないか?

「あー、まったく興味ないっス。
何の思い入れもないからこそ、
惜しげもなく毎日使えるってもんでしょう。」

―ですとー?!

やっぱ、ちょっとオカしくなったか…。』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:42  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2006.11.05 (Sun)

フリマ!フリマ!フリマ!

20061105143925

お世話になっているレンタルボックス【Alice】
(SHIINASHA改め)では、
本日、開店5周年を記念してフリーマーケットを開催♪

今回出展はできませんでしたが、社員も行ってきました!

可愛い手作り作品や、雑貨がたくさん!!
セール品もありますよ~。


日没までやっています。
お近くの方、まだ間に合います!
是非遊びに行ってみてください。

写真は看板娘のミケさんです☆

※来年1月27日(土)28日(日)
池袋・オレンジギャラリーにて
【Alice】主催のイベントがあります!
社員も参加しますので、是非お越しください♪

テーマ : アートイベント ジャンル : 学問・文化・芸術

14:39  |  ヒビツレヅレ  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT