道楽まとめ☆2011上半期

6月も終わりですってよ、奥さんっ?!
本年も折り返し地点なんだってサ。
知ってたー?

社員の気分的には、周回遅れって感じですが…

てなわけで。

2011上半期芝居道楽を、振り返ってみよう!

今年は結構観たような?

延べ27本、作品数としては21本

1月 十二夜
   ダンス☆ショウ
2月 ZORRO
   女殺油地獄
   ポピュラーウィーク2011中川晃教
   中川晃教ライヴ@コットンクラブ
3月 南へ
   ウェディングシンガー
   柳家三三で北村薫
   日本人のへそ
4月 トップガールズ
   桃天紅
   アンダーグラウンドパレード(×3回)
5月 中川晃教チャリティライヴ
   港町純情オセロ
   鎌塚氏、放り投げる
   ぼっちゃま
   文豪すてぃんぐ
   NIROCK!
   THE SPOT
6月 風を結んで(×5回)


こんな感じ・だ。

え?
リピートの回数がオカシイって?
―気のせいです。

今年はなー、早くもスゴイもの観ちゃったからなー

BEST of 2011、

もう出ちゃったと云っても過言ではない!


下半期、これを上回る作品に出会えるかな?

後半戦は7月、
阿佐スパ『荒野に立つ』からスタートでっす!!

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

すべてあつさのせいにしよう。

毛玉『本日、社員の仕事場は健康診断Day

腫瘍マーカーより何より、体重ばかりが気にかかる社員も、
もちろん検査を受けてきたわよーぅ♪
なんじゃとてっ?
社員は毎日朝ごはん食べないから、どーっちゃことないけど?

他のみなさんは昨夜から絶食(ってほどでもない)して、
血液検査バリウムだに挑もうってワケよ?

―それが…。

検診車の胃部レントゲン撮影機器が、故障したとなっ?!
バリウム飲んだ後に、ぐるぐる回されるアノ機械よ?
あれが、壊れたんですって。

しかもまだ3人くらいしか検査してないうちにっ!
あるんだー、実際.
え?どういうこと?
ありえないでしょ?

フツウ車両点検してから、企業に出向くんじゃないの?
日頃のお手入れとか、ちゃんとしてますよね??

ちょうど順番だった人なんか、
バリウム飲んで、いざ台に乗りました―ってところで、
ガクンと機械がストップしちゃったんですってよ?

飲み損じゃん、バリウム!

結局、機械は復旧せず
胃部レントゲンと胸部レントゲンだけ、
また後日ってことになったんだってサ★


社員なんて、バリウム飲む気まんちくりんだったのに・ね?
テンション下がるわよねぃ!?』

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

極私的衝撃ニュウス、再び←やはりスルーで

毛玉『ん?
見下しっ
社員アンタ、何描いてんの??
ヒドイなー
姐さん、事件です!!―ある意味。

ヤホーのトップニュウス、見ましたか?!

『るろうに剣心』実写映画化!―となっ!?

打撃を受けた、打撃を受けたであります!

『るろうに剣心』っつたら、ジャンプに連載され、
アニメ化もされた大人気漫画ですよ?!

あのT.M.R西川貴教兄さんも、
声優として出演したこともある迷作名作ですよ?!

「どんなんだったっけ?」って方は、
社員作イラストを参考にしてください。
激似ですから、マヂで。

前々から実写化のウワサはあったんですが、

今回はどうやら本決まりのようなのです

あー…大好きだったんだよなー、私ー。

これはナシだわー
“『聖闘士星矢』ミュウジカル化”以来の、衝撃ニュウスだよ~。

だいたい、

なんでもかんでも実写化て…どーなのー??

あの漫画そのまま実写にしたら、わりとコント風味だよ?!
必殺技とか、御庭番衆や十本刀のキャラとか。

てゆーか、

実写化するなら涼風真世さんでいーじゃん!!
剣心の声もアテてたし、なんか見た目もまぁ…ね…。
―似てないこともないこともない、じゃん?←歯切れ悪っ。

せめて斉藤一
斉藤一は誰がやるか?!

俺に決めさせてくれーーー!!

活っ!!
………。

何度も云ってると思うケド?

もっと他に考えることが、あるだろーがっ

わざわざイラストまで描いて、
ネット上でシャウトするような内容かよ?!』

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

風物詩と云えなくもない。

姐さん!
事件です!
あんなところに!
毛玉『ギャッ!!

なんか黒いの行き倒れてる!

ってか、開ききっとるがなっ!?
開いてますっ!黒玉『暑っち~~~~~

おいら高級毛皮着てるから、
このムシムシ暑さは堪えるよ~~~

あ~~~もぅ、何もやる気しね~~~~;;;』


毛玉『アンタが暑いのは、人の倍ある皮下脂肪のせいじゃないの?

みなさん?
黒玉が如何に巨大か、
あえて圧縮しない写真でご確認くださいね♪』

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

細かいモノを幾つか

陶芸の新作が、できましたー♪
―何か、ずいぶん久し振りな気がする…。

いろいろ拵えてはいたのですよ?
ただ、ご披露できるものがなかったという、ね

先ずは…。

タタラで拵えた、メモスタンド!
白土を延ばして板にし、それを貼り合せて箱型にします。
模様は型抜きし、透明釉をかけました。

はい、次…。
jagaimo-kaki.jpg
なんぢゃこりゃ?!
shiro-kaki.jpg
こちらは、一輪挿しでーすーよー!
先ず新聞紙を丸め、芯を作ります。
その芯を、薄く延ばした粘土で包みます
形を整えて、口元を切り取ります。
新聞紙は素焼きの段階で焼けちゃうから、
取り出す必要はありません。

1つはシンプルに拵え、モッタリ志野釉をかけました。
kaeru-kaki.jpg
もう1つは、コレ。

ワンポイントをつけてみたよ!
釉薬は確か、トルコ青
kaeruushiro.jpg  kaerumae.jpg
自分で云うのもなんだけど、蛙がリアルに出来過ぎて…ややキモイ
色味がまた、キモさを倍増させます…。
usagi-risu.jpg  kaeru-kotori.jpg
同じ作り方で、薬味入れも拵えました。
ワンポイントに、森の動物さんをつけてみました♪

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

もうすぐ、そこです

今年も時計草が咲きました♪

昨年よりは少な目ですが、たくさん蕾をつけています。

この花が咲くと、「夏が来た!」って実感します。

いよいよ本格的な暑さ到来!!デスネ。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

風を結んで(続・千秋楽)

しつこいでしょうが…もう少しだけ(汗)

『風を結んで』@シアタークリエ


あと数日で名古屋→大阪公演が始まりますね?
まずこれだけは云っておきます。

アッキーこと中川晃教くん

可愛すーぎーるー

「岡村隆史?!」byかあちゃん

な、ポスター写真と打って変って?

んもぅ、少年のよう
初日の幕間にそこかしこから、
「可愛い~」「カワイイ~」「高校生みたーい」「ちっちゃーい←こらっ

妙齢女子ザワザワしちゃってたもの!

黒髪が似合うよ、やっぱり!
“良いジョー”もそうだったけどサ。

すごーく若く(実際若いよ)可愛い感じに見えるもの

かあちゃん、すっかりお気に入りです。
昨日も、

「中川くんはアタマが黒い方が、ずっと可愛くって良いよ。
とっても良い感じだよ。」


認められたーーー!

中川晃教、実に4年ぶりの本格ミュウジカル♪

センターに立ち、歌い出した瞬間…。

「中川晃教が、ミュウジカルの舞台に立ってる!」

それがとにかく嬉しくて嬉しくて、
のっけから泣きそうになった。

シンガーそして役者としての彼も好きだけど、

これだ!これを待っていたんだ!!

晃教くんの歌声は、天賦の才
特別な光を宿し、心の真ん中にストレートに差し込む。
突き抜ける歌声に、息を呑む…。

最初のナンバー「夢物語」が、

私はいちばん大好き

前向きな気持ちになれる、元気の出る曲なんだよね~。
風呂で歌います、うろ覚えながらも。

中川晃教の中川晃教らしい声が聴けるのは、
「無念の思い」ではないかしらん?

静江(菊地美香)を岡場所に売った右近(大澄賢也)に怒り、
自らの思いを叩きつけるシーン。

ドラマティックな曲調。

本領発揮だー、良い声だなー♪

唐突に、

(侍の身分など捨てて)大道芸人になりますっ!」

その方が妹を売るより、よっぽど立派な生き方だ。
アンタは人間のクズだ!―と右近に食って掛かり、ねじ伏せられ、

郡兵衛に、

「それじゃ話が見えんぞ?」

たしなめられてなお、

「見えなくていい。
見えなくッたっていいんだ…。」


慟哭し、決意する。

このシーンが、出色!
凄く良いシーンで、

前半―否、作品最大の見せ場といっても過言ではない。

晃教くん、芝居も大層上手くなった。

平吾の心情が、痛々しいほど伝わってくる。
毎回泣かされる

「大道芸人に二言はない!」

から「夢物語」のリプライズに続く、
微妙な表情の変化がまた良いのだ。
複雑な心情を、見事に表現している。

晃教くんって、役に入り込むタイプ?
違うな。
役が“入ってきちゃう”タイプ、か?
平吾そのものになってしまうから、
観ていて痛々しくなってしまうのだ。

だから毎回のカーテンコールが、ホントにしんどそうだった。
終演直後で、こちらに“戻ってくる”のが辛さそうというか…。

因みに後半の山場(いろんな意味で)「新しい自分へ」
筆の芸を披露するシーンです!

“エア刀”を目の当たりにしてからは、

そりゃアンタ、ドッキドキですよ?!

「ああ、無事に終わりますように!
よしんば“エア刀”になるようなことがあっても、
他の2人でありますように!」
←こらこらこら

毎回ハラハラ、寿命が縮まります★

初日はちょっと遠い席(17列下手側)だったので、
まったく気がつかなかったんですが…。

冒頭の白虎隊剣舞のシーンにも、晃教くん加わってたのね

やーもー気がかりだったの、殺陣がっ!
今回は及第点、頑張ったで賞
袖が抜けちゃうアノ衣裳、みなさん大変だったことでしょうねぇ?

あ。
「混沌の時代」のフリは、文句なしで恰好良かった

アッキー、漢(おとこ)らしいでありますっ!
「お?激しい動きもできるのね!?」と思ったりして。

「ぅわー、細いなー!?」とも思ったケド…。
そりゃ、細くもなるわ。
汗だっくだくだったから。
顔中汗まみれどころか、腕や手の甲からも汗が流れ落ちてる
千秋楽にして改めて、
いかにハードな舞台かを目の当たりにしました。
↑2列目センターブロック下手寄りでしたので。

それにしても野郎ばっかりシーンは、

どれも迫力満点で良かったなー♪
野太い声でのコーラスを聴いていると、こちらも暑く熱くなるってもんだ!

平吾・郡兵衛(藤岡正明)・弥助(小西遼生)

この3人のバランスが絶妙!

とにかく熱くて真っ直ぐな平吾。
口だけ番長で、ちゃらんぽらん―を装っている郡平衛。
おっとりして心優しい弥助。

演じるそれぞれと役柄が、ぴったり合ってる気がする?!

だからこそ後半、別れのシーンが胸に沁みる。

藤岡くんて、目力あるね!
どの曲だったかな?
下手に弥助・中央に平吾・上手に郡兵衛って並びで、
前を見据えて歌うシーン。

前方上手側で観ていた社員、
舞台明転した途端、藤岡くんとばっちり目が合ってしまいまして…。
いやまぁ実際は、目は合っちゃいないと思われるが。

強い視線にがっちり掴まれて、目を逸らせない。

―ワタシ的には、晃教くんが気になる…。

だがこうも真正面から見据えられては、
視線を逸らすのも悪いし…ってか離せない!

まぁ千秋楽は、

晃教くんしか目に入りませんでしたがっ

活き活きと役を生きて、伸び伸びと歌う。

ワタシ的ツボを語ったら、そりゃもうキリがないっすよ?!
なので、ここでは語らずに…。

脳内で反芻して、ひとりで楽しむことにします♪
あんなシーンとか、こんな曲とか、あれも良かったなー、ふふふ…。

最後にこれだけ。

生きるエネルギーに溢れた『風を結んで』という作品に、
私も元気と力をもらいました!
キャスト&スタッフのみなさん、ありがとう!!

そして中川晃教くん。
ミュウジカルの舞台に、戻ってきてくれてありがとう!

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

風を結んで(千秋楽)

私の祭りも、終わりました。

『風を結んで』@シアタークリエ

なんだかんだで5回も観ておきながら、
こんなこと云うのもなんですが…。

正直なところ、あんまり期待していなかったのです。
ええ、この作品。

何といっても、巨大な「不安要因」があった
―ナニかは云うまい、大人じゃから。

初日・中日・楽日と観るのが、観劇の理想のカタチ。
あー、でも千秋楽は競争激しくてハズレるだろうから、
保険もかけておかないとなー…。
そしたら全部取れちゃったから、勿体ないので、じゃあ観るか…と。

なんとも消極的な態度だったんだケド

これが、本当に良い作品だった!!

アタリ!良い意味で、裏切ってくれた・ぜ!

はっきり云って脚本にも演出にも、気になる点が多々ある
突っ込んだら、キリがないと思う。

でもね、と?!

ひとことでいうならば―熱い
熱い熱い、熱ーい作品である。

「生きて生きて、生き抜こう!」

根本的かつ日頃は忘れている、ストレートな命題。

「愛でられずとも花、仰がれずとも星。」

市井の片隅で懸命に生きる人々に、当てられた光。

登場人物の言葉が、歌が、想いが―ズシンと重たく、胸に響く。

郡兵衛風に云うと、

「なんか感動しちゃったなー!!」

そして。

満載なツッコミどころを補って余りある、

キャスティングも大層良かった!

野郎率80%の舞台はホント、あらゆる意味で熱いっ!!
わずか11人のキャストが、休む間もなくフル稼働
貴重な女性キャストだって白虎隊の剣舞に加わっていて、
それはそれは熱い!!

こんだけハードな舞台って、そうそうないんじゃないか?

千秋楽なんて最後の公演だもんだから、
みなさんの気合の入り方も違う。

前から2列目センターブロックでしたので、
その迫力たるや…

熱気息遣いが、ビシバシ伝わってくる。

そして、ほとばしる汗…ってか一同、汗の量がハンパないっ!
本当にみなさん、良く倒れなかったね?

しかーしっ!

小西弥助遼生くんだけは、

顔に汗かいてないんだよ?!
↑他の男子に比べれば、ですが。
女優かっ!?
凄いよねー、クゥルビュウティだよねー。

誰かさんなんて、始まってすぐに汗みずくですよ…。

あ、全然関係ないけど。

加藤貴彦さん(小弥太)って、伊藤彦造氏の描く武者に似ているよね!?
観るたびに、

「伊藤彦造顔だなー。
挿絵そのまんまだなー。」


って思ったものだよ。
お?俺だけか??

えー、長くなりましたので
↑それより何より、感想にもまとめにもなっとらんがな
続きは次回にっ!

次回は、平吾@中川晃教くんのことしか書きません(断言)

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

理由はたくさんありすぎて


黒玉『今日の社員は、もうダメなんだってサ。

踏んだり蹴ったり殴られたり…そんな散々ないちにちだったそうな。

合掌。』

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

終わってしまいました。

本日『風を結んで』東京千秋楽!
キャスト全員(いろんな意味で)ケガもなく、
無事に幕を下ろすことができたようです。
ホントに良かった!

キャスト・バンドのみなさん・スタッフのみなさん、

ありがとう&お疲れさまでした!


今日間近で観て改めて、

「なんと真っ直ぐで、熱い作品なんだ!」

そう感じました。

あぁ…終わっちゃうんだなぁ。
平吾たちに会えなくなるのは、なんだか淋しいです。

詳細は、また!

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

風を結んで(4th)

前楽、観てきました!

『風を結んで』@シアタークリエ


いままで観た中で、いちばん良かった!
中川くんは意外と、こういう役が合ってるのかも?」
byかあちゃん

そうでしょう、そうでしょう?
ウチの旦那、なかなかデキるでしょ?!

かあちゃん曰く、
真っキンキンの頭より、可愛い感じで良いそうな。

「あのコ、ずいぶん痩せちゃったんじゃないの?
腕なんか、こーんな(人差指と親指で輪っか作って)じゃない。
あの席(前から5列目)から見てあれだけ細いんだから、
実物なんてもっと細いでしょー?」


うん。
かあちゃん、さっきの実物だから。
CGじゃねーぞ、晃教さんはっ。

まあ、あれだけハードな舞台ですから?
そりゃあ痩せちゃうでしょうよ。
私も初日からみてて、
どんどん細くなっている気がするもの

たった11人で、様々な役を演じる。
みんな汗ダクダク
ほとんど全員、出ずっぱりです。

初日は遠くて気づかなかったけど、

冒頭の群舞にもちゃんと晃教くん加わってるのね!

注目、注目であります!!
得物を持った動きにっ。

本日はお袖も気にならず。
―いつも腕が抜けちゃうんだよなー…。
ふわふわの衣裳、捌きづらいよ・ね?

だんだんと、殺陣も板についてきました!!
ヨカッツ☆
やっぱり初日は、

「これじゃ人は斬れねぇな…。」

って思ったものだよ。
回を重ねるごとに、恰好良くなってきました

しかしっ。
本日のグッジョブポイントは、ここではないのです!

由紀子(大和)の提案した、芸の内容に憤る伝四郎(小原)
まぁまぁ落ち着いて…と宥める平吾(中川)曰く、

「顔、老けちゃいますよ。」

まさかのアドリヴとなっ!?
しかも、いつだかの弥助(小西)に乗っかってのっ。

予想外の攻撃に、爆笑しちゃったじゃないのさ!
やるなー、アッキー。

カーテンコール―早くも感無量って感じで、
ウルウルしちゃってた晃教くん

明日の千秋楽では、どんな平吾を見せてくれるのか?

残り1公演。
私も大切に楽しみたいな♪

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

残り、1!

観てきました!

『風を結んで』前楽をっ!!

今日も平吾@中川晃教くん始め出演者一同
活き活きと役を生きていましたよ。

かあちゃん(一緒に観劇、むしろ感激)の、
お墨付きもいただきました~♪

いよいよ明日は、東京千秋楽!
最後まで事故なく、無事に幕を下ろせますように…。

良いお席過ぎて、テンション上がり過ぎませんように。
私の。

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

風を結んで(全般的に)

今日も観てきますよ♪

『風を結んで』@シアタークリエ

中川晃教 大和悠河 藤岡正明 小西遼生 菊地美香
照井裕隆 小原和彦 俵和也 加藤貴彦
山崎銀之丞 大澄賢也

会津といえば「あいづっこ宣言」
「ならぬことは、ならぬものです」で、お馴染みですね。

それはさておき。

東京公演も残すところ千秋楽のみ。
ネタバレても大丈夫な頃合(?)なので、芝居の内容について書いてみる。

時は明治9年。
300年続いた武士の時代が終わり、あらゆる価値観がひっくり返った明治維新後。
旗本の子息・平吾(中川)は、道場一の剣豪・右近(大澄)に真剣での果し合いを挑まれる。
元よりまるで腕の立たない平吾は、
友人の郡兵衛(藤岡)・弥助(小西)と悪戦苦闘するところを、
洋行帰りの由紀子(大和)と捨助(山崎)に助けられる。
この由紀子、「本物の侍による“パフォーマンス一座”を立ち上げたい!」
と、平吾たちに声をかける。
一方、右近の妹・静江(菊地)は、家と兄のために身売りをしようとしていた。
それを知った平吾は、なんとか金を工面しようと…。


「私は、大道芸人になります!」

はぃ~??
これだけだと、何を突然?!って感じだケド…

「私たちが、一体何をしたのだ?」

我が身の不幸を嘆く元・武士たちに、

「何もしてこなかったから、いけないんじゃないですか?」

平吾(中川)は云う。

士族の身分に胡坐をかき、すべて恣にしてきた侍たち。
明治維新で身分制度が(名目上)なくなった途端に、
名誉アイデンティティさえも失ってしまった。

商才もない。技術も持たない。プライドだけは人一倍。
全てを失ってなお、生きていかねばならない…。

武門の意地だの家名が大事だのと虚勢を張ったいるだけでは、
腹も膨らまない。

「生きて生きて、生き抜く!」

意地も名誉もかなぐり捨て、自分で道を切り開いていこう。

なんとストレートなテーマなんだ!!

ひとつの時代が終わり、絶望と希望がない交ぜになった明治初期は、
なんとなく未曾有の大災害直後の、今に似ている。

なにもかも失ってしまったかもしれない。
でもここから。

また新しく、始めていこう。

生きて生きて、生き抜くために!!


このタイミングでこの作品に出逢えたことに、
意味があるように思う。
登場人物の台詞が、歌詞が、音楽が、
そのひとつひとつが胸に沁みる。

とはいえ…。
気になる点もいくつかあるのよねー?

「生きて生きて、生き抜く」ためにも、
平吾は東京に留まって、そこで自分にできることをやるべきだったと思う。
郡兵衛や弥助や、たくさんの仲間たちが無事帰還するのを信じ
静江と手を取り合って生活していかなくちゃ。
みんなが戻って来られる場所を、ちゃんと守っていないと。
それがみんなの望みであり、“希望”につながるのでは?

気持ちは判るが、なにやかやと理由をつけて、
結局戦場へ出るのかい?

「結局は、“武士”を捨てられなかったのか?」

って気もしちゃうんだよなぁ…。

そして「白虎隊」のエピソード。
物語に深みを持たせる狙いなのだろうが、
どうにもこうにも唐突感が否めない
んー??
悪くはないが、取ってつけたようなのよねー。

それでも捨助(山崎)の語る「昔話」は、
何度観ても泣ける。

相変わらず立て板に水ですな、山崎さんの台詞回しは!

素晴らしい、良い役者さんです。
彼が登場すると、舞台が締まります

捨助というキャラクターを山崎さんが演じるお陰で、
浮いちゃってるエピソードが、グッと真実味を増す。

捨助はコミカルなシーンも良い!
由紀子お嬢様(大和)と大階段(?!)を、
無表情で踊りながら下りてくるシーンとか。

稽古場を訊ねてきた静江(菊地)を、
平吾に引き合わせる「ぶふふっかーらーのワンステップ♪とか。

平吾が照れ照れになるくらい、静江さんがカワイイの~
菊地さんは初めて観たけど、不思議な声音をしているね?
最初は細いソプラノが、私の好みでないと感じたんだけど。
聴いているうちに耳に心地良くなって、
もっと聴いていたいと思うように!
子守唄みたいで、安心する歌声なのよ~♪

だからこそ!
こんな可愛い妻を置いて旅立つ平吾に、

「なんでだよっ?!」

と云いたい!

「え?
いつの間に夫婦になったの?
突然過ぎやしませんか?!」


って万人共通な疑問はスルーで。
↑晃教くん自身も云っていた

忘れちゃいけないのが、照井氏・小原氏・俵氏・加藤氏!!
これだけ少ないキャストでの上演だから、

そりゃあもう八面六臂の大活躍
切れのある殺陣・ダンス、そして歌も芝居も、

何でもできるんですよ!?

野郎ばかりのコーラスは、さすがの迫力だしねー。
彼らなくしては、この作品は成立しません!!

私の注目株は小原和彦氏
台詞回しにはハラハラさせられますが
低音が響く歌は、なかなかのもの。
なんといっても、オモシロの匂いがする!←そこかぃ?!

と、いうわけで…。
本日もソワレ、観てきますよ♪

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

やっぱ長いッスよ!

毛玉『1週間て、長いわねぃ

今日はようやく、金曜日
社員のグッタリ指数は、

ピークどころが測定不能レヴェルよぅ!
土日で、ゆっくり休みなさいな。

え?
前楽?楽?

アンタまさか、またアッキーくん観に行くの!?

どんだけよ?!』

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

シリーズQ&A

毛玉『問題

215,020
おあし、って意味です
この数字の、意味を答えなさい。



正解は、
社員が今年上半期に使ったチケット代(ざっくり)でーしーた
じと~~~
社員…おめい、バカじゃねいのー?

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

先ず生きてる、て書くくせに。

黒玉『さっき社員が帰宅途中に、
学生さんこんな話をしているのを聞いたそうな。

「オーストラリアっていったら、やっぱシドニーじゃん!?
いちばん大きな都市だしさー。」

「まぁな。
キャンベラも小さい街じゃないけど、
あんまメジャーじゃないもんなー。」

何云ってやがんでい
「学生さんよ!

『問:オーストラリアの首都は?
答:キャンベラ』


という試験問題は、
私が学生の頃からのテッパン引っ掛け問題なのだよ!?
安心したまえ。
この私でさえ、力いっぱい“シドニー!”って書いたから

それにしても試験問題って、

5年10年前から代わり映えしないんですねー?
先生も、もうちょっとヒネれよなー。」

冗談云っちゃいけねー
5年10年?

5年10年!!??


何か?

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

探して!ねこたん

問題:机の下に、
何匹の猫が隠れているでしょうか?

問題Q

正解は…。
解答A
6匹でーしーたっ

毛玉『ちょっと待てィ
すやすやす~や~
何でわたくしが、カウントの2番目なの?

常識で考えたら、イチバンでしょ?!
真っ先に、わたくしを挙げるのが普通でしょ?!

せっかく最近のお気に入りスポットで、
のんびりオヤスミしていたのに…。

くだらないことで、起こすんじゃないわよーぅ!!
邪魔しないで
わたくしオネムなんだから…。

早くフラッシュ…消しなさい…よ、ぅ…Zzzzzz。』

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

風を結んで(3rd)

本日マチネ観てきました!

『風を結んで』@シアタークリエ


西郷隆盛といえば。
お坊様と心中未遂したことが、ありましたよね?

それはさておき。

業務連絡っ業務連絡っ。

本日の由紀子お嬢様(大和悠河)は、

のっけからフルスロットルでした!!

どーしちゃったんでしょう?

とっても良かったいろんな意味で。
ええ、「いろんな意味」で・ね。

なんだろう?昼間だからかなー?
歌も良かった芝居も良かったし、なんかもう…全体的に

できるじゃん!?
ってねー、もうねー……(自粛)。

社員には、密かな楽しみがあります。

橘右近(大澄賢也)由紀子(大和)と、

激しく言い争うシーン大のお気に入りなのです♪

「主君のため忠義のため、武門の誇りのため、
喜んで死ぬのが侍だ!」


そう信じて疑わぬ右近。

かたや、

「古い時代に囚われて、
命を無駄にしているだけです!」


理解を示そうとしない由紀子。

このふたりの、ざ……対決が、もう大好きなんですよー
毎回毎回、手に汗握ります。

え、理由?
理由なんて云えませんよ。
“密かな”って云ってるじゃねいのー。

今日はねー、由紀子お嬢様に軍配が上がったねー。
私の中では。

前回観たのが土曜。
中一日しか開いていないのに、このレヴェルUP具合はどうだ?!
全体にテンポが良くなり、話がグッと判り易くなった。

役者のテンションも、今まで以上に良い塩梅に上がっていた。
歌も芝居も凄く熱くて、
途中で何度もウルウルしてしまったよ。


客席の反応がとても良かったのも、好演の要因のひとつかも知れない。
初めてのお客さんが、多かったのかなぁ?
細かいネタでも、凄くウケてたの!

いや、実際オモシロかった!!

平吾(中川晃教)・郡兵衛(藤岡正明)・弥助(小西遼生)の、
3人のチームワークがやたらと(!?)良くなってた気が?

本当に息ピッタリ!
仲良し3バカトリオが、板についてきたって感じかな

お気の毒様(晃教氏談)な小西くんが、

まさかのアドリブをかましたのにも魂消たよ!?
笑っちゃったじゃないかー。
だってたぶん、客席の皆さんも同じこと考えてたと思うから

それにしても。

本日も良い声していたなぁ、中川晃教くん

この作品を観ていると改めて、

「この人、なんて歌が上手いんだ!!」

素朴に感動してしまう。

どんなに大人数のユニゾンの中からでも、
彼の声は容易に聞き分けられる。

個性的な声音だというのもさることながら、
何かこう“光”のようなものを纏っているというか?

月並みな云い方だけど、力があるんだよ。
真っ直ぐ耳に―だけでなく、
心の中にまで差し込んでくる

それが回を重ねるごとに、
どんどん上手くなるのだもの!

特に今日は、ほんっとに良く声が出てたなぁ!!

突き抜けるような歌声。

中川晃教の真骨頂であります!

予期せぬトラブルで“エア刀”になることもなく

最高のPerformance!を、魅せてくれました。

次回は前楽、観にいきます♪


あ、もひとつ業務連絡中川晃教様へ
右近は「橘右近」です。
片山は「片山平吾」アナタですよっ!!

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

トークショウもオモシロっ!

そうですよ、中川晃教くん
待っているだけじゃ駄目なのです、探しに行かないと。

「愛を待つよりも迎えにいこう♪」

て、自分で云ってるじゃないですか!?

というワケで、早く探しにきてください。
社員の捜索願は、相当前から出ーてーまーすーよー★

いやぁ面白かった!
『風を結んで』終了後に行われた、「読売カルチャー演劇鑑賞講座」
作品についてだけでなく、ここでしか聞けないオフレコ裏話満載
最終的には何だか、縁側で話し込んでる風になっちゃって?!

今日は本編も、とても良かった!

私が観た中では、いままででイチバンの出来!!
テンポも上がったし、声も良く出てたし。
化けたな?

ホントに良かったー♪

詳細は、また!

続きを読む

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

風を結んで(2nd)

6/11ソワレ観てきました♪

『風を結んで』@シアタークリエ


警視庁抜刀隊といえば、斉藤一
確か西南戦争に、出征していたはずです。

それはさておき。

『風を結んで』2度目の観劇は、

とにかくドキドキでした!!
いろんな意味で。

まずは平吾(中川晃教)のマイクトラブル!
郡兵衛(藤岡正明)・弥助(小西遼生)そして平吾(中川)の3人が、
自ら身を立て、新たな道を歩んでいこうと誓い合う。

第一幕の山場タイトルソングですよ?!

そんな大事なシーンで、マイクが不調となっ!?

ちょっと音が篭ってるかな?と思っていたら、
音が途切れがちになってしまった。

何とか復旧させようと?
晃教くんは芝居も歌も続けながら、
マイクを指で弾いて調整していたんだけど…。

最終的には、生声で歌い上げる!!
あれ、マイク入ってたのかなぁ?
前方の席だったので元より生声が聞こえるから、
ちょっと判然としないのだけど。
でもあれだけ声を張っていたから、やっぱり駄目だったのか?

でも、さすがだな~
生声でも、マイクを通した声に、
引けを取らない声量なんだもんね~♪


それにね?
マイクを調整している姿が、

「仕事してる!」

って感じで、なーんかステキだったんだよねー

前方の席で良かった、といえば。

橘右近(大澄賢也)を説得しに、屋敷を訪れた3バカトリオ
そこで右近の妹・静江(菊地美香)が、
いままさに岡場所へ売られるところだと知らされる。

シリアスな場面の空気を読ぬ郡兵衛

「どうりで辛気臭いと思ったー。」

弥助が郡兵衛の額を、ぺちん☆と叩いて黙らせる…んだけど。

まー、いー音がしたこと!

てか、本気で痛そうなんスけど?
なんか個人的に恨みでもあるの、小西氏?!
あれ、本気じゃね?手加減なしかいっ?!

それから、右近の最期のシーン

駆けつけた平吾を見て、
それはもうニッコリと微笑んだのだ。

「この期に及んで笑うのか、この人…。」

武士としての死に場所を、ようやく見つけて満足したのか。
そのばに平吾が現れたことが、嬉しかったのか。
ここが己の「晴れ舞台」だと思ったのか。

武士として生きて死んでいく、
覚悟と誇りの笑みだったのかなぁ?

その晴れ舞台でも、トラブル発生だったのですよ!?
本日のアッキー、波乱に満ちている

刀の先に筆をつけ、演舞しながら字を書く―というパフォーマンス。
一座の皆が嫌がったその芸を、3バカトリオが披露する。

やっと巡ってきた、初めての表舞台!!
―って、これまた大事なシーンですよ?

ここで肝心な持ち道具、筆つき刀が折れるって!?
もう途中から、見事なくらいポッキリ

アクシデントにも、程があります★
し、心臓に悪い…。
結局、そのまま芝居は続いていったんですけど。

なにー今日?ハプニング続出じゃねいのー?!

そして最大のドキドキは、カーテンコール!!
座長として、晃教くんご挨拶
初日のことがあるからさー?

そりゃあもう、ドキドキでーすーよー

「ウチの子、大丈夫かしら?」

みたいなみたいな。
お母さんかっ!?

「東日本大震災から、本日で3ヶ月です。」

この公演に対する、自分と共演者・スタッフの思い。
公演を通じて少しでも、みんなを元気にしたい―ということ。
この公演はチャリティ公演として、
収益の一部が被災地への義捐金になる―ということ。
ロビーに募金箱があるので、
気持ちで良いから協力して欲しい―ということ。

自分の言葉でシッカリと、語ってくれました。
伝わりましたよ、晃教くんの思い

いやー、道に迷わなくて良かったー(爆)

本編よりもカテコが心配って、一体…;;;

だって歌も芝居も、心配する必要がないからね!

突き抜けるような歌声は、空間いっぱいに響き渡る。

今日も中川晃教くんは、活き活きと平吾を生きていました。

―こんな感想で、良いのか??
云いたいことは、たくさんあるのよー。
ちゃんとした感想は、次回書きます。
…たぶん。

次回は6/13
アフタートークも楽しみです♪

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

「いい加減」って重要ですよ?

毛玉『ヒ~マ~だ~わ~
べろ~~~~ん
社員の仕事場が。

いま仕事場が、全体的にヒマらしいんだけど?
社員なんて、まるっきりすることがないって?!
破廉恥!
「はい。
午前中だけで、ほぼ仕事が片付きます。

実働2時間ってとこですかね?
あとはこれといってやることがないので、
書類整理とかデータまとめたりとか…。
必要以上に詳細な表やらリストやらが、
無駄に作成されていきますよ?!

楽だからいーじゃん?どころか、

暇疲れで余計に辛いデス

恥いっ
アンタ、年末なんて酷かったじゃない!?

ロクに休憩も取れずに働かされた挙句、

連日残業してたじゃん?
あの年末の忙しさは、一体なんだったのよーぅ

均しなさいよ、もっとバランス良く。
“トンボ”
使って、平らにしなさいよ。
走り幅跳び飛んだ後の砂場くらい、
シャカリキに平たーくしなさいよっ!!


節電対策としても有効だから、

やることないなら自宅待機させてくれれば良いのにね

あ、でもさぁ?

「兎に角、数字だ!
内容はどうでもいーから、数を上げろ!!」


急かせるだけ急かして、
滅茶苦茶なやり方で数だけ上げてたじゃない?

そのツケがヒマヒマ期間を経て、

一気に押し寄せてくるんじゃないの~

噂によると洒落にならないミスが五万と出てるらしいし。

あくまでも、ウワサだーけーどーねー★』

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

ついに、取られました。

黒玉『あ~、かったりィ~
はっきりしないね
今日はシトシト雨が降って、
ちょびっとだけ涼しくなったけど?

なんだか、不快指数は上がったカンジ~??

湿気のせいで、身体が重~い~…★

毛玉『あ~、ダルい~
オカシな天気
アンタの身体が重いのは、
湿気じゃなくて脂肪のせいだけど~。

わたくしこう見えて猫ッ毛だから、

ヘアスタイルも決まらないわ~…★』
付かず離れず
毛玉・黒玉『梅雨って鬱陶しくて、イヤ~~~…


社員の部屋は北側にあるので、
冬はかーなーり極寒です。
だから冬場はめったに部屋へ来ないのに、
暑くなるとワラワラ集まってくる猫ら。

そこはかとなく、暑苦しいんですケド…。

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

NIROCK!Vol.6

5/28 1st観てきたのでした;;;

『NIROCK!Vol.6』@Glad

新納慎也(Vo)
“TRI4TH”&平田崇


年に1度のニイロさん祭り!!
なんだかんだで、4回目の参加ですよ。

大Fanじゃん?!

ズバリ、感想はこうだ。

生まれ変わったら、新納慎也になりたい!!
実は社員、生まれ変わったら、
角田信朗のようなになりたいのです。
あ、別に好みのタイプではないです(←すみません、角田さん
好みはむしろ、真逆なんだけどサ。

ああいう腕っ節の強い見た目だけでも周囲を圧倒できるような?
リーインカァネイションの暁には、

イカツい男になりたいんですよ!
しかも角田氏、やや知的な雰囲気もあるしな。

とにかく“戦わずして勝てる”感じじゃない?!

でも今回ばかりは、

「ニイロさんになりたいっ!」

彼もある意味、戦わずして勝てるじゃん?!

だって、あれだけ恵まれた容姿なんだよ!
いろんなことが、恣なんじゃない?

いや…努力の人だっていうのは充分理解していますが、
それでもっ!

スタート地点が違うでしょ?
頭ひとつ、抜きん出ているでしょ?
確実にハンデついてるでしょ?


だって美し過ぎるものー
見目麗しくて、美声の持ち主で、
ダンスも上手で、トークまでオモシロとなっ!?

非の打ちどころがないっつーの…。

会場の妙齢女子たち(この回はOver70はいらっしゃいませんでした)

全員メロメロメ~ロ~リ~ンだった・ぜ?!

社員、今年はドリンクコーナーの前、
アリーナ席が見渡せるところに陣取っていたのよ。

そりゃあもう面白かった、客席の反応

ニイロさんが視線を投げれば、

「きゃあぁぁぁぁ!
アタシを見てるわ~~~~!!」


黄色い歓声が上がり、客席が揺れる揺れる。

「♪ずっと好きだったんだぜ~」
なーんて歌ったひにゃあ、

「んあー?!アタシのことをっ?
マーヂーでー?!」


阿鼻叫喚誰か失神するんじゃねーか?

ってくらい、大盛り上がり!!

本当にステージングが上手なんだよね、ニイロさんてば。
ツボを実に良く心得ていて、
乙女心(男子もたくさん来てましたが)をガッチリ掴んで離さない!

「やっぱ男は30からだよ・ね

大人の色気もたっぷりに、

「これでもかっ!」

ってくらい魅せてくれるし、聴かせてくれる

あ、それに選曲も上手い。
ばっちり同世代だからさー♪
盛り上がるよねー、昭和の曲はねー。

歌って!踊って!笑って!
大盛り上がりのライヴでしたっ。

そして帰り道、

「人のフリ見て我がフリ、直そう…。」

そう思いマシタ。
中川くんライヴの時は、
私もたぶん、ああいう感じなんだろうなぁ

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

母屋取られる日も近い?

ぎゃっ!!

こんなところにトドが打ち上げられとるっ!?
海獣?!
黒玉『だーれーがトドじゃーいっ
こんな男前猫さんを、体長4m体重1tのアシカ科の動物と…あぁ
イケニャンですね
こう暑いと、怒る気も失せるなぁ?
ダリィ…何もする気が起きねぇ…。
そうでもないよ?
トウキョウは今夜から、ちょっと涼しくなるらしいケド?

この夏は節電もしなくちゃならないから、
おいらたち毛皮族はキビシイなぁ

スーパークールビズに倣って、丸刈りにでもするかな?』
間抜けの小足がっ
それにしても、黒玉氏。
デカ過ぎやしませんか?!

黒玉『比較対象、オカシイから。
スリッパて、ジブン…。』

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

文豪すてぃんぐ

5/25に観てきたのでした;;;

劇団気まぐれ倶楽部公演
『文豪すてぃんぐ』@根津教会
根津教会
山下まさる 作・演出
ふるごおり雅浩 山口雅義 渡辺健 西田薫
河野景子 小舘絵梨 金松彩夏(文学座)


社員の大好き劇団、気まぐれ倶楽部
高校生の頃から観続けているので、
もうかれこれ………長いお付き合いです。

1年ぶりの新作公演は、御馴染み根津教会が舞台。
作・演出の山下まさる氏ホームグラウンドということで、
ここ数回の公演は谷根千で行われているのです。

地元密着劇団!ステキ!!

谷根千が庭(自称)の社員としては、
作品の舞台もその土地っていうのが嬉しい。
だって知っている場所が、劇中にたくさん登場するんだもん♪

ちょうど乙女稲荷にお参りして行ったら、
ばっちり作中にも出てきたし~。

今回は日程的にちょっとキツイ。
でも、どーしても観たい!
というわけで社員は仕事をサヴォタージュ休暇をいただいて、
勇んで観劇に出かけたのですが…。

悪いことはできないもんですね?

朝から人身事故等々でJRのダイアが乱れに乱れ、
予定も何も狂いまくり
踏んだり蹴ったり殴られたりで…。
どうにかこうにか、会場に辿り着いた次第であります。

そんな凹んだ気分も吹き飛ばす、
アハハと笑えてホンワカしちゃうお話

上質なコメディって、こういうものなんだなぁ?!

派手さもないし、イケメンも出ない(←失礼)。
歌も、踊りも、アクションもない。

でも。
何とも云えず、味わい深いのよ~

本当に良くできているの!
脚本も役者陣も、“熟練工”っていうか?
昨日今日役者始めた小僧には、ちょっと出せない味だ・ぜ!

ふるごおりさんなんて、

登場しただけで笑えるんだもの!?
もはや職人技であると云いたい!!

まぁ、あのキャラですからねぇ?
卑怯っちゃあ、卑怯ですが。

芝居を観た後、ちっともモヤモヤが残らない。
それどころか、ほのぼの暖かい気分になっちゃう♪

「あー、面白かったー

素朴にそう思えるのが、気まぐれのお芝居の良いところなのです!!


↓業務連絡↓

続きを読む

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

軒先貸してヘソを取られる(違)

ぎゃっ!!

部屋でタヌキが倒れとる?!猫でんがな!
毛玉『だ~れ~が~タヌキじゃ~~~
わたくしのような美猫ちゃんと、ポンポコ狸のお饅頭を間違え…あぁ
シバクぞ、コラ
こう暑くちゃ、怒る気も失せるわ…。

トウキョウは昨夜、バケツをひっくり返したような豪雨!!

かーとー思いきや?

本日は「真夏かよっ?!」って暑さ

身体がついていかないわ。
ついていけないわ?

ついていきたくないわ?!

ついてくるなーーーー!!!!
見事なおっぴろ~
ああ、もぅ暑さで何がなにやら…。』


姐さん?
いくらなんでも、おっぴろげ過ぎやしませんか??

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

ぼっちゃま

5/23に観たんですよ;;;

『ぼっちゃま』@パルコ劇場

鈴木聡 作  河原雅彦 演出
佐山雅弘 音楽・ピアノ

稲垣吾郎 白石加代子 高田聖子 中村倫也 大和田美帆
谷川清美 福本伸一 小林健一  柳家喬太郎 梶原 善


某新聞の劇評で、

「打率3割。」

このように評されていました。
しかし野球にとんと疎い社員には、
これが高いんだか低いんだか良く判らないという…。

良い意味でも悪い意味でも、
「稲垣吾郎ありき」の作品。

なんだか意味のありそうでなさそうな?
オチがありそうでなさそうな?
メッセージがあるんだかないんだか?

全てにおいてボンヤリした話なんだけれど、
主演のゴロウちゃんのキャラのお陰で救われているというね。

予定調和の中でゆるゆると展開する、
良く云えば優しい物語。

そう!
印象としては、

「みんな優しいねぇ、いろんな意味で。」

―って……察して

笑いもあって最後にホロリ、って王道路線は功を奏しています!
つまらないことはないけれど、でもなぁ?
少々平板で、盛り上がりどころがないんだよなぁ?

話にもうひと捻り欲しかった!
せっかく演出がまちゃぴこなのだから、
ちょっと毒があっても良いんじゃないか?

白石加代子が、さすがの存在感
ピアノの生演奏(佐山)も、印象深い。

そうそう。
稲垣氏って意外にも顔芸…じゃない
表情豊かに演技する人なんだね?!
すげぇクールな印象だったので、ちょっとビックリ

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

実は絶賛開催中!

我が町・川口にある【燦ギャラリー】におきまして、

『第10回陶芸教室陶房風花作品展が開かれています。

社員の作品も展示中!
今回のテーマは“テーブルウェア”ということで、
社員作は魅惑のひとり飲みセット

…いいのか?

私のはともかく。
生徒さんたち&先生のステキな作品を、たくさん展示しています!
販売もしてます(売り上げの一部は、震災義援金になります)!

明日までやってますので、お近くの方は是非っ!

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

風を結んで

初日観てきました!

『風を結んで』@シアタークリエ

謝 珠栄 演出・振付  大谷美智浩 脚本
T.S ミュウジカル台本  甲斐正人 音楽

中川晃教 大和悠河 藤岡正明 小西遼生
菊地美香 山崎銀之丞 大澄賢也…ほか出演
日比谷のゴジラ
初日はいつも、ドキドキする。
私が出るわけじゃないケド

今回は特に、ドキドキであった。

何といっても中川晃教くん

4年ぶりの本格ミュウジカルの舞台ですもの!!

そりゃ、4月に『アンパレ』もあったけどサ。
“正統派”ミュウジカルというと、
やはり今回の舞台ですからねー?

幕が上がり、舞台中央に立つ。
曲の前奏が流れ、始まる晃教くんの1曲目。
ああ…。

晃教くんがミュウジカルの舞台に立っている!
こんなに嬉しいことはない。
ライヴとかストレェトプレイとか、
様々な舞台に立ち続けてきた彼だけれど。

やっぱりミュウジカル!!
突き抜ける歌声。
平吾というニンゲンの感情を、魂を込めて歌う。

これぞ中川晃教の真骨頂!!
いつ観ても、この人の表現力・歌唱力には驚かされるばかりだ。

上手いなぁ、歌上手いなぁ
素朴に感激してしまった。

他にもドキドキの要因はいくつか。
大きな声では云えないので、
小さな声で云いますが…。

昨年、某ジャパニィズミュウジカルを観て、
「ぎゃふんっ!!」
と云わされた身としましては、
今回ウチの王子も大怪我するんじゃねーか?!と、
ハラハラせざるを得なかったってもんですよ!?

いや~、(ギリギリ)杞憂に終わって良ーかーったー

それから殺陣
時代モノですから、あるでしょ?殺陣が。

『女信長』の時にですね、
ちらっとだけ剣を振るう場面があったのですよ。
晃教くんが。

「これじゃ人は斬れねーなー

そう思ったものだ。
今回も本格的な“斬り合い”ではないものの、
立ち回りのシーンがたくさんあったのだけれども…。

…頑張ってました!!
↑何?この曖昧な表現?!

腕の立たない侍ってことですから、

良いと思います!

えーと、えーと;;;
だってさー、橘右近(大澄)が相手じゃ、
そりゃあってもんでしょー?

恰好良過ぎるもの、動きキレキレで。
相手が悪いわ、あれほどの手練れじゃ

まだ初日を迎えたばかりなので、
内容については触れませぬが。

想像していたよりも、ずっと面白かったです!
え?やや失礼?!

前半のコミカルさから一転、
後半はしみじみ生きることについて考えさせられる。

硬軟の塩梅が良い、
バランスの取れた作品に仕上がっているんじゃないかな?

これからどんな風に洗練されていくのか、
楽しみでもあります♪

次は6/11に観にいきます~

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

本日☆初日

たったいま、観てきました!

『風を結んで』@シアタークリエ 初日をっ!!

中川晃教くん、実に4年振り本格ミュウジカルです!

それを思うと、感慨深く…。
舞台中央に立つ晃教くんの、1曲目、第一声から胸に染みる。
あぁ、堪らん

てか、ヴィジュアル可愛すぎるでしょ?!

詳細は、また!


▽業務連絡▽

続きを読む

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

tacataca

Author:tacataca
【天使】になった社長&黒玉。
まだまだ現役バリバリの毛玉嬢。
ツンデレ美魔猫☆と
ボンクラ社員の振り回され―否、
癒されライフ。
どーする?!どーなる?!

コメントいただけると嬉しいでっす♪

☆ご注意☆
コメント・トラックバックは、 ネコ社長(半透明)の承認後にUpされます! ブログに関係のない内容のものは、 社長がザクッと削除することもございます。 ステキなコメント☆には、 社長がお返事するかも?!
FC2ブログランキング
お気に召しましたらネコパンチ一発!!

FC2Blog Ranking

最近の記事
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
いつでも里親募集中

緊急災害時動物救援本部
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ