2012年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2012.02.29 (Wed)

よもやこんなに降ろうとは!

毛玉『労働者のみなさん?
本日は無事に出勤できたかしらん?
だんご状態
わたくしはセレブリティだから
こんな日は出歩いたりしないで、ぬくぬくお昼寝して過ごしてましたけどォ?

うるう年うるう日の本日。
トウキョウでは、午后3時近くまで雪が降り続き…。
積雪ってます!
こーんなに積もったのよーぅ!!

なんと積雪5cm!(社員調べ)

まぁ…この程度の雪でワーキャー騒いでたら、
豪雪に悩まされている東北~北海道の方々に申し訳ないわよねぃ?!
勘弁してくれ~
とにもかくにも、もう雪は勘弁

春~、早く来て~

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:43  |  毛玉日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.29 (Wed)

的中でやんす★


おはようございます。

黒玉氏のお告げどおり、トウキョウは雪でござる。
しかも横殴り、の…★

吹雪かっ?!

まさに通勤時間直撃!
かーなーりの降りっぷりです、積もりつつありますよ!?

もう帰って良いよ…って云ってくんないかなぁ。

テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

08:47  |  ヒビツレヅレ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2012.02.28 (Tue)

トウキョウにお勤めの皆さん

黒玉『んぺんぺ…毛づくろいしながらで恐縮ですがっ!

明日は早めに家を出た方が良いですぞ?!
んぺんぺっ

黒玉天気予報によりますと、

トウキョウ夜中から雪模様
通勤・通学時間帯を、ガツンと直撃するのであります!
一体いつまでこの調子?
積もるよ~、積もっちゃうよ~。

ゼイジャクな都市部の交通網および、

ヒンジャクな都会っ子の足腰麻痺させるのであります!
それが厭なら朝の御支度をマッハで整えて、
1分でも1秒でも早く駅へ向かうのであります!!


…でもさぁ?
いまのところ、降りそうもないんだケド…。
本当に雪、降るのかなぁ?

そもそも一体この寒さ、いつまで続くんだ?!

どう思う、ネコくんよ?
聞いてるのきゃっ?
ああ、そうですか
キミまで、ガン無視ですか

ともあれ…間もなく3月!

早く暖か~くならないかなぁ

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:55  |  黒玉便り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.27 (Mon)

TeZukA

初めてのオーチャード!

『TeZukA』@オーチャードホール

手塚治虫 原拠
シディ・ラルビ・シェルカウイ 振付
ウィリー・セッサ 美術・照明  上田大樹 映像
サッシャ・コヴァチェビック 衣裳  二ティン・ソーニー 音楽

森山未來 ヨン・フィリップ・ファシストロム ダミアン・ジャレ  上月一臣
大植真太郎 ダニエル・プロイエット ギュロ・スキア・ナーゲルフス
ヘルダー・シーブラ ヴェヴョン・サンドビー
【中国河南省嵩山少林寺武僧】黄 家好 李波 【書道家】鈴木稲水
【演 奏】堀つばさ ウー・ジェー・パク オルガ・ヴォイチェホヴスカ


実は手塚治虫の漫画を、まともに読んだことがない。
惜しむらくは、この1点に尽きるのであります

なんとも表現しようがない、不思議な感覚の舞台だ。
ダンスだけではない。
音楽・映像・台詞、漫画まで。
様々な要素が渾然一体となり、繋がっているようなバラバラのような?
時間と空間の狭間を、フワフワと浮遊している気分になる。

とにかく映像が素晴らしい!
生身のダンサーと二次元世界が、驚くほど融合している。
見えているのは現実なのか、虚構なのか。
境界はだんだんと曖昧になる。
すべてが映像なのではと、疑いたくなるくらいさ。

ただ最初に云ったとおり社員ときたら、
手塚作品をザックリとしか知らない。
テレヴィで放映されたアニメを見たくらいで、
恐らく1冊も読んだことないんじゃないか?

なので、それぞれのエピソードが、いまひとつ判らない。
それだけでなく、ウッカリしていると、
ダンスよりも背景の漫画に気を取られてしまうという

情報量が多いんだ、この舞台。
どこを観て良いのやら?
あっちを観てると、こっちがお留守。
こっちに集中すると、むこうを見逃す…忙しいっ。

ダンサーが皆さん素晴らしく
これまたどこを観れば良いのか判らない;;;

阿呆のコみたいな感想だけど、

「ダンサーってスゴイなぁ!」

あんなに自由自在に、身体を使うことができるなんて!!

つくづく己の身体能力の低さを、思い知らされる

チラシなんかを観ると、さも森山未來くん主演のようだが。
彼は「1ダンサー」として踊っていた。

ソロでガシガシ踊っていたならば、

「あー、そうですかー。
ダンス上手いねー。」


で、終わってしまったかも知れない。

彼がアンサンブル―作中でいうところの“バクテリア”として、
小さな役割を担って懸命に踊り、
“仲間”と大きな流れを作ることに意味があるのではないか?

それがなんとも新鮮で良かった。

様々な言語が飛び交い、映像と照明が交錯し、
アジアンな音楽がホールを包む。

「結局、表現したかったことは…何?」

ってねー、思ったり思わなかったりしたけどねー。
↑こんなこと云うのは、野暮ってもんですよ?!

なんだかスゴイものを観たぞ!?
なんだかんだで、もう1回観たいかも☆

テーマ : ダンス ジャンル : 学問・文化・芸術

22:16  |  芝居道楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.26 (Sun)

本屋さんってテンション上がるよ・ね?!

というわけで。
本日購入した3冊がコチラ
買いました
我ながら、

「人格が破綻してるんじゃないか?」

―と思う;;;
なんじゃこのセレクトは??

テーマ : この本買いました ジャンル : 本・雑誌

21:34  |  読んで!観て!聴いて!  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.25 (Sat)

圧倒的な雌の力

昨日とは打って変わって、寒っ!
しかも雨だし。

そんな中ちょっと気張って、横浜美術館へ出かけました。

『松井冬子展~世界中の子と友達になれるを見に!

松井氏は以前から気になっていた画家で、初の大規模個展とのこと。

ずばり!

見た方が良いよ!

グロテスクな美しさの向こうに、静かな力が息づいた作品の数々。
しかもそのどれもが、過剰なまでに“女”なのだ。

私はあまり女であることを意識したことはないけれど、
彼女はどこまでも女であることを誇っている。
だからといって、嫌味な感じはまったくない。
清々しいくらいに、突き抜けているからだろうなぁ?
女であることを誇ってはいるけれど、決して媚びても甘えてもいない。

でも作品からは、匂い立つような女らしさが漂っている。
グロくて残酷で甘美で、神々しい。

確かに「世界中の子と友達になれる」なんて、
妄想以外の何者でもないよね?
気持ち悪い。
私は昔からこのての言葉が嫌いで、

「友達100人できるかな♪」

なんて、なんて気持ち悪いんだ!―と思っていたもの。

なので彼女に激しく共感!
そして内的世界を鋭く描き出す、圧倒的な筆致に眩暈を覚えました。
とても同年代とは思えない…。

見応え充分!

素晴らしかったです☆

あ、好き嫌いはハッキリ分かれると思う。
ダメな人は、絶対ダメかと。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

15:18  |  ヒビツレヅレ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.24 (Fri)

相似形なバックシャン(←死語)

どことなく似てる。
ソウジケイ
そこはかとなく似てる、曲線が。

毛玉姐さんのオシリと、グレープフルゥツさん

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

12:00  |  毛玉日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.23 (Thu)

ひとりで祭りdeちゅー♪

祭りぢゃー
TM NETWORK祭り☆絶賛開催中!!
社員の中だけで。

もうみなさんご存知のことと思いますが、

復活するそうじゃないですか?!

TM NETWORKがっ
TMNでなく、あくまでもNETWORKってところが肝。

そのニュウスを知ってからこっち、
久々にTMのCD聴きまくりですよー♪

社員は小学校高学年の頃からしばらく、結構Fanksだったんですよねぇ
ウツの主演(ロジャー役)した、日本版『RENT』初演も観にいきましたとも!

改めて聴くと、やっぱカッコイイ曲ばっかりだな、TM!

なんだかスイッチ入っちゃったので、

もちろん武道館2daysにも参戦する気まんちくりん!

でも、チケット取れるかなぁ?
争奪戦になるんだろうなぁ?
プレリザーブで何とか当たらないかなぁ?

もしもチケット取れなかったら、
代わりに5億円当たんないかなぁ?
それさえも叶わなかったらお詫びのシルシに、
晃教くんが嫁に来てくれないかなぁ?
ジト目っこ
毛玉『こらっ
ドサクサ紛れに何を云っとんのじゃ?!

しかも、徐々に要求が現実離れしていってるじゃないのよぅ!?
そもそも「お詫びのシルシに」って;;;

だけどまぁ、そりゃあテンション上がるってもんよねぃ♪

ウツ・キネ・てっちゃんの3人が、
揃ってステージにあがるんですもの!
いやがうえにも、期待が高まるってもんよ☆

特にTMどんぴしゃ世代、社員と同じアラフんがっんぐっ
なにすんぢゃー
云うてはなりませぬ!
それだけは、云うてはなりませぬぅぅぅぅぅ!!!!」


何すんのよーっ!?

美猫ちゃん虐待反ー対ー!!

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

22:28  |  毛玉日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.22 (Wed)

ゾロ目☆ネコの目←1本多い

ネコ社長(半透明)『222とくりゃ、本日は?

ネコの日なりー
挙手っ
お外で暮らす猫様たちには、辛いこの季節…。
みんなガンバって生きてる・ぜ!
ヤナカネコ
凛として、遠くを見つめて
べーッだ
時に図太く、逞しく!
どべ~ん
たま~に、ノンベンダラリも御愛嬌

でも彼ら彼女らだって、好きで野良やってるわけじゃない

みんな大切な命なんだぞ!?

安易に飼って、飽きたから捨てる。
子供産んじゃったけど、いらないから捨てる。

なんだよ、それー?!

無責任なニンゲンが多すぎるよ!
ぐっすり
毛玉嬢は、里親探し会で出会ったコ。
こっちもグッスリ
黒玉氏も、野良さんが産んだのを貰い受けた。

かく云う僕だって、
「可愛がってくれる方に無料で差し上げます」
―で、社員家に貰われてきたんだ。

一歩間違えば僕たちも、路頭に迷っていたかも知れない…。

社員家にきたのは、良かったんだか悪かったんだか…ごにょごにょ。

だけど!

一生懸命に里親探しをしてくれた人たちには、
僕は心から感謝したいぞ

僕みたいに・ね
野良生活を余儀なくされる猫様が、いなくなること。
それが僕の願い

みんなが満足にゴハンが食べられて、
暖かく安心な寝床で眠れますように☆

この世のすべての猫様が、

幸せな猫生を送れますように!!



不幸な猫・犬を減らすためには、ひとりひとりの努力―と。
法整備も必要です。
動物愛護法改正、少しでも良い方へ転がりますように…。
そして私自身も、できることから少しずつやっていきたいです!

テーマ : ねこ大好き ジャンル : ペット

22:21  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.21 (Tue)

何かが空からやってくる、今年も。

毛玉『はて、“何か”って何かしらん?
ねぇ、かあちゃん?
わたくし、わかんなぁ~い
何かが密かに
「何をカマトトぶりっこしてるんですか

これからの季節にやって来る何かったぁ、
アレしかないでしょう!

黄色くて小さいニクイ奴。

そう、花粉だーっ!!

社員は早くも、ムズムズカイカイが出始めた模様。
1に予防!2に予防!3.4がなくて…。

僕の敵!撃退!
花粉ガード眼鏡を購入しました!!
がっちり!ガードしてくれないとさー
顔にピッタリフィットするも、レンズが曇らない加工も万端!
花粉が付着しにくい、防汚コート標準装備!
しかも度付で¥5,800とお手頃価格!
社員のようなド近眼&乱視でも、追加料金なし!

おーし、おーし、おーし!!

これで今年は闘えるぞー

どこが違うの?
闘う相手を間違えてるんじゃねいのー?
―という気も、若干するケド…。

昨今の花粉対策グッズは、いろんなのがあるのねぃ
しかも、なかなかオシャレじゃないのさ?!

早め早めの対策で、重症にならないよう気をつけなきゃ♪

あ。
耳鼻科も早めに受診した方が良いわよぅ。

鼻ズビズビ垂らしてたら、

阿呆の子みたいになちゃうから・ね★

いまだって、じゅーぶん阿呆だけど。』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

22:24  |  毛玉日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2012.02.20 (Mon)

行くぜー、17番!

黒玉『曰く「天才と天然の間の人ですか、そうですか。

『♪情熱と真実の間』みたいなことですか。

Between genius and natural.

ナチュラル?
え?ナチュラルって、いわゆる“天然”って意味になんの??

それはさておき。
た☆からくじ?
なんぢゃいコレは?

復興支援グリーンジャンボ宝くじです!!

1等前後賞あわせて、5億円当たるんですってよ?!
収益金が東日本大震災の復興支援に充てられる
だーけーでーなくっ!

見事高額当選した暁には、

荒廃し切った社員のフトコロと心の復興にも役立つという。
何と、ひとつぶで2度オイシイ的な?!

黒玉氏~、4649お願いしますよ~

当たったら、“黒玉御殿”建ててあげるから~

当たりくじ!!
こんなときばっかり、猫神様を信心しやがって

しかもオマエが買ったの、バラじゃん?
前後賞とかないじゃ…え?

前後がなくても、3億円になんの?!

黒玉御殿………悪くないなぁ…
ねこまみれ
どうかひとつッ!!(切実)

あ、17番ってのは…。
宝くじ売り場で購入の際、袋に番号がふってあって、
好きなモノを選ばせてくれるんです。
ピーンときた17番を買ってみた、ということサ☆

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:05  |  黒玉便り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.19 (Sun)

おかげさまで6周年☆

6thあにばーさりー
ネコ社長(半透明)『みなさん、ありがとーぅ!
僕の始めたBlog『ネコ社長とヒト社員』は本日、

開設6年目を迎えましたー

これもひとえに、僕の猫徳のなせるワザ…否。

贔屓にしてくださる、皆様のお陰です!

ホントにどうもありがとーぅ!!
きらりん☆
毛玉『ますます美しさに磨きをかけて、

皆様に癒しのひとときを提供いたしますワ
うぃんく☆
黒玉『みんな、これからもヨロシクねー

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

11:45  |  ネコ社長  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.18 (Sat)

ポピュラーウィーク2012

天才&チェロ三昧の一週間でし、個人的に。

『ポピュラーウィーク2012中川晃教』@東京文化会館


中川晃教(Vo) 旭純(P) 西方正輝(チェロ) 田邊純一(チェロ)

あらゆる意味で、刺激的な一夜!
こんなにドキドキワクワクなステージは、
ちょっと久し振りでした♪

中川晃教という、稀代のアーティスト。

天才にして、やっぱり変!!

「稀代」って言葉には、

「不思議なこと。奇怪なこと。また、そのさま。」

という意味もあるそうな―ってズバリじゃん!!

つっっっっくづく実感しました。

だって凄すぎるでしょ?!
凄すぎて、もはや変。
非凡すぎて、オカシイんだもん!?


晃教くんって、なんでそんなに天才なの?
才能が有り余って、一周しちゃってる
天然少年が次に何をしでかすか、危なっかしくて目が離せない。

もう社員ときたら、
息子の発表会を見守る母親の気分ですよ?!

「ウチの晃教ちゃん、大丈夫かしら?
…いろんな意味で。」


揺るぎない歌声に酔いしれると同時に、
なんだか疲れちゃった…心労で。←は?

とりあえず、セットリストを↓

・ピエロ(新曲)
・音楽が消えることのないDANCE FLOOR
・フタツヒトツ
・ウィ・ウィル・レット・ユー・ゴー
・赤とんぼ(弾き語り)
・月の砂漠(〃)
・雪の降る町を(〃)
・春(新曲)
・ベートーヴェン交響曲第5番『運命』
・LOVE NEVER DIES
・アメイジング・グレイス
*アンコール
・I WILL ALWAYS LOVE YOU(アカペラ)
・マイソング
・HOME(日本語ヴァージョン)

(以上、社員のうろ覚えによる;;;)

新曲からスタート!
この1曲目から、私的にはガツン☆ですよ?!
『ピエロ』と『音楽が~』は“組曲”だということ。
この『ピエロ』という曲がね…。
どこかで聞いたことのあるような、
懐かしくも軽快なメロディ♪
なんの根拠もなく、
「あ、この曲歌えそう。」
なーんて思ったりして。
しかし曲調に反して歌詞がとても淋しい内容で、
またしても心配になってしまった。

「男でもない 女でもない 誰も愛してくれない
愛してくれるのは 母だけ」


本当にねぇ、時々心底心配になるよ。
『VISION』もそうだけど、
そんなに孤独なのかな?―と。

2曲目の『音楽が~』にもビックリ!
サビで高音に転換しないで、オクターブ下を歌うって?!
ど、ど、ど、ど、どうしちゃったの?!
晃教くん、不調なの?!
単なるアレンジなの?!
ああぁぁぁ、ドッキドキですわ~

音程が???でドキドキだったのは『雪の降る町を』も同様。
晃教さん、違ってますよー
―と、力いっぱい教えてあげたかったのだが(爆)
あれは彼一流の、アレンジだったのだ―と思うことにする;;;

きっと次に歌う新曲『春』のことで、アタマがいっぱいだったと思われ
この曲がまた、大層素晴らしいのだ
優しく美しいメロディに、
風景が見えるような歌詞が乗る。
晃教くんの伸びやかな高音と相まって、
胸の中に暖かな光が差したよう。
中川晃教の真骨頂!って感じの曲です♪

緊張していたのか、前半は微妙に不安定だったのに、

「あぁ~、肩の荷が下りた~
あ、僕のですけど。」


仰るとおり、これ以降メキメキ本領発揮

毎年恒例(?!)チャレンジコーナー、今年はクラッシックに挑戦!

なんとベートーヴェン、しかも交響曲第5番

!!!!

良いですか?第九じゃないですよ?
まさかの第5番『運命』となっ?!
そのうえ伴奏はWチェロですって?!

凡人には計り知れない、天才・アッキーの頭の中…。

お馴染みの『運命』に、オリジナル歌詞をつけて歌い上げる。
ワンフレーズ目を聴いたときには、
ひっくり返りそうになりましたが…。

わかんない!
わかんないけど、なんかスゲェ新しい感じがする!!

これはもう、聴いてもらうしかないなー。
説明できないもんなー。
独自の解釈、曲のアレンジ、歌詞の世界観、晃教くんのパフォーマンス。

かーっこいー!かーっこいー!

やっぱり、チェロの音色ってステキね♪
一昨日の『うるう』でも感じましたが、
とても雄弁で語るように音を奏でる。
『LOVE NEVER DIES』でもチェロが効いていた。
あのー、むしろヴァイオリンよりチェロの方が良いんじゃな…ゲホッゲフンッ。

家に帰ってチラシのプロフィールを読んだら、
チェロの西方氏・田邊氏よりも晃教さんの方が年上だった!
魂消た。
あまつさえ田邊氏なんて、まだ学生なんだってよー。
なにー、あの落ち着いた佇まいは?
かたや挙動がおかしい自由奔放晃教氏;;;

ピアノの旭さんも大変クールなものだから、
晃教くんのフリーダムさが余計に際立って見えるという・ね☆

良いんだよ!

その100%ピュアなところがステキなのっ。

いつまでも落ち着きがない少年の心を忘れないってことサ♪
↑ナイスフォロー、俺!

旭さんといえば、
『ウィ・ウィル・レット・ユー・ゴー』がメチャメチャ恰好良かったなぁ♪
相変わらずサラサラヘアに眼鏡にネクタイっていう、
卑怯(何が?)なスタイルでねー、もぅー。

この日いちばんの耳福は、
なんといっても『アメイジング・グレイス』

アレンジが最高!

そしてネ申の歌声!!

しっかりと私を見据えて(え?)歌われたら、
息もできない。

力強い声、たっぷりの声量、突き抜ける高音。
不思議に心地良い柔らかな声音が、
ホール中に響き渡り、雨のようにキラキラと降り注ぐ。

晃教くんの声は、優しく心に差し込む。
身体を満たし心を満たし、全身のすみずみまで駆け巡る。
身も心もちょっと浮き上がるカンジ。

嗚呼…

鳴り止まぬ拍手とともに、アンコール。

「今日は本当に、ありがとうございます!」

そう云ったきり、挙動不審になる晃教氏;;;
キョドり過ぎですからっ。

旭さん登場に、

「あぁ、旭さん来てくれたぁ

ホッとしつつもアカペラで(!)歌い上げた、
『I WILL ALWAYS LOVE YOU』の見事なこと!!

うっかり魂を持っていかれるところだった。
ホイットニー・ヒューストン追悼の意味もあったんだろうな。

男性とは思えない、美しく澄んだ高音。
しっとりと心込めて歌う姿を、
真紅の照明が彩って、とても幻想的。

会場全体が水を打ったように静まり、息もできない。

凄い。
本当に、なんなんだこの人?

天賦の才を授けられ、歌うために産まれてきたヒト。
浮世離れしたところとか、危なっかしさはご愛嬌!

むしろそここそが魅力ってことで。

外は雪
だけど心はポカポカ

最高に贅沢で幸せな夜でした♪

以下全くの余談なので、華麗にスルーしていただいて;;;

テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

18:47  |  “あ”のつくひと  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.16 (Thu)

もう認めざるを得ません!


中川晃教って…変!!(爆)

有り余る才能が一周しちゃってるのを、改めて実感した今宵☆

東京文化会館『ポピュラーウィーク』を観て・聴いてきました!

やっぱり変です、このヒト;;;

希代の天然…じゃなかった…天才だよ!!

こんな人が他にいようか?
いや、いない。(反語)

そして。
またしてもネ申☆の声を聴きました。

なんという歌声!
なんという感性!


ともかく素晴らしい才能の持ち主だ、彼は。

ちょっと!どこ行っちゃうの?!
―な危うい感じは、ご愛敬ってことで;;;

あぁ、興奮冷めやらぬ…。
思わずカレンダー買っちゃった、2月も半ば過ぎたのに。

今夜、眠れるかなぁ?

詳細は、また!

あ。
会場には島健さん&石井一孝さん渡辺えりさんがいらしてましたよ~。
ウチの晃教さんのこと、温か~く見守ってくれてたかしらん?

テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

22:58  |  “あ”のつくひと  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.15 (Wed)

うるう

感動のあまり…↓
W天才
K.K.P
『うるう』@銀河劇場

小林賢太郎 脚本・演出・主演
徳澤青弦 音楽・演奏


あの森へ行ってはいけません
うるうというおばけが出ますから―。


いつもひとつ足りない。
いつもひとり余る。

ヨイチは「余り1」の、ヨイチ。
マジルは「混じる」の、マジル?

最後には特別な友だちが、1。

奇しくも閏年の閏日のある月
きっと今月29日、私はヨイチのことを想うだろう。
いまごろはどこの森で、
野菜の組み合わせ栽培に勤しんでいるのかなぁ…と。

それほどまでにくっきりと、心に余韻を残す作品でした。

小林賢太郎というひとの美意識が、
ぎゅっと凝縮された舞台。

舞台美術もアーティスティックで、
徹底したこだわりに貫かれている。

だからって堅苦しいわけではない。
それは柔らかくとても繊細で、
ときおりひどくユルイ

可笑しくも切ない展開に、不覚にも滂沱の涙ですよ?!
コチトラもうね、
ヨイチがマジルを“秘密の農園”へ案内する場面からこっち、
ずーっとズビズビですよ!?
↑早っ!

あーぶーねー。
マスクしてて良かったー。

森の中でひとり暮すヨイチのもとへ、
ある日、マジルという少年がやってくる。

正確には、ウサギ獲りの罠にハマるんだけど;;;
人間嫌いのヨイチは、マジルを追い返そうとするが…。

昨年の『THE SPOT』の中の1本、
「うるうびと」の長編ヴァージョンといったところか?

いや、違うな。

「うるうびと」は、救いがなかった。
ただただ哀しくて、怖い話だった。

だけど、この作品は違う。

マジルはヨイチの孤独な人生に、うっかり混じった異物ではなかった。
少年は忘れない、約束を。

ヨイチの物語は哀しいけれど、最後には一筋の光が差す。
それはとてもとても温かい光で、
あぁヨイチは救われたんだな…と思えるもの!

もちろん「ひとり芝居」なので、
舞台上にはヨイチ(小林)しかいないのだが。

確かにマジル少年の姿が、見えた。
森の中を駆け回り、ヨイチにまとわりつく少年の姿が。

ヨイチがマジルを抱き締める場面なんて、
本当に腕の中に少年がいたもの!

これ、すべて小林氏の力量のなせる業!!

本当にこの人の器用さたるや、
目を見張るばかりですよ。
若干「器用貧乏」な気がするのは、私だけでしょうかね??

脚本が良くできているのもさることながら。

芝居がめっぽう上手い!
たったひとりで舞台に立っているのに、
その圧倒的な存在感・空間掌握力・吸引力たるや!

台詞も明瞭で、なにより“鼻濁音”が美しい

そのうえ歌だって上手いの!

生歌、初めて聴いた~

ラーメンズDVDではね、
「帝王閣ホテル応援歌」とか「プーチンとマーチン」とかね?
無駄に上手いなぁと思ってはいたが。

いや~、本っ当にエェ声ですわ~

ラスト。

「パッヘルベルのカノン」を“伴奏”に、

「まちぼうけ」を歌うシーンなんて圧巻!!
お陰様で、またしても号泣する社員

あ、ラップも素晴らしかったですよ…ある意味。

徳澤氏によるチェロの生演奏も、

素晴らしかったです!
曲の演奏だけでなく、
あらゆる表現をチェロで、とても雄弁に語る。
そして“麦”まで演じる

チェロの音って素敵だねぇ♪
音を奏でるというよりも、「語る」という感じ。

演者ひとり、奏者ひとり、楽器一本。

それだけでこんなに豊かで、

美しい世界を作り出すことができるなんて!

すごい!すごいぞ!!

芝居が上手くて、歌が上手くて、エェ声で、おまけに男前って

やはり天才だ、小林賢太郎!
天才って、いるところにはいるんだなぁ

昨年の初・生・賢太郎さんも3階席
今回もまた3階席
おまけにどちらの日も、雨降り

やはり、

「あまり間近で観ると目が眩むので、
部屋を明るくして離れて観なさい。」


そういう道楽の神の思し召しでしょうか?

でも、3階席で良かったのかも?

よもや最前列などで観劇しようものなら、

賢太郎さんの“気”に中てられて卒倒してたかも知れないから!?

それにしても、つくづく生で観られて良かったです!

さながら一編の絵本のような、
とても素晴らしい舞台でした


ちょっと感動しすぎて、何をどう書いてよいのやら?
いつにも増して、ワケの判らない文章になっちった;;;


こっから先は、全くの余談デス。

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

23:10  |  芝居道楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2012.02.14 (Tue)

切なくて美しいお話


不味い…いや、味じゃなくて

ヤバい、ってこと。

こんな号泣するとはね!?
迂闊であった。

小林賢太郎ソロ公演『うるう』を観てきました!

あー、泣いちゃったよ、もうー。

悲しくて切なくて淋しくて美しくて…でも不思議と、心が温かくなる。

あんなにたくさん笑ったのに。
ちょいちょいクダラナいのに。

素敵な挿絵の童話を読んだ気分。

しかも心に響く歌声も聴けたし♪
えぇ声だわぁ。

チェロの生演奏も素晴らしかった!

あぁ、なんてステキな舞台だろう!

小林賢太郎、やはり天才!!

詳細は、また。

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

21:21  |  芝居道楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.13 (Mon)

備えあれば憂いなし、ってか必須!

毛玉『ニャコムしてますか?

本日もわたくしは、ご近所の平和を見守り中!
指差し確認、OK?!
見下げ果てる
社員は持ち物確認、OK?!

昨年末の「チケット忘れちゃった事件」(友人のダンス公演のチケットを家に忘れて来て、
あろうことか会場へ上がるエレベェタが停止し、扉が開く瞬間にようやく「…あ!!!!」と気づいたという、
どこまでボケとんだオマエ?な事件のこと)
以来、
社員はチケットを持ったかどうか過剰に確認するようになったよ。

もう前日から、

「チケット!チケット!
忘れるべからず、チケットだけはっ!」


ソワソワしちゃってるって、どうよ?

大丈夫?
明日のチケットは、ちゃんと用意したの?
実は帝劇で購入
「もちろんですともっ!

だってチケットがないと入れないんですよ?

忘れちゃだめ、ぜったい!!
いまから、きちんとバッグ入れます。
明日の朝、も一度確認します。」


確認しすぎて、逆に忘れないようにね
ほら、出したり仕舞ったりしてさ…って、んん??

オペラグラスなんて、珍しいもの用意しちゃって?
あ!
なんだい、それは?
明日はウワサの3階席最後列か!

だから“野鳥の会仕様”、ってわけね~?』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

22:05  |  毛玉日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.12 (Sun)

ロッキー・ホラー・ショー

観てきましたよっ!

『ROCKY HORROR SHOW』@サンシャイン劇場

リチャード・オブライエン 脚本・作詞・作曲
いのうえひでのり 演出
古田新太 岡本健一 笹本玲奈 中村倫也
グリフィスちか 右近健一 辛源 ニーコ
ROLLY 藤木孝…ほか出演


『ロッキー・ホラー・ショー』というよりも、

ずばり古田新太ショウ!!

やはり凄いなぁ、この役者はー!?
ルックスからして卑怯
何気に歌も上手いし、オモシロもシリアスもこなせる。
不思議と色気があり、恰好良いのだ。
とにかく芸達者だしね。

そんな古田氏が縦横無尽かつ、
フリーダムに暴れ回る!

もう彼のための舞台ってカンジ。

脇を固める役者陣も、曲者揃い。

人造人間という設定に、

説得力が有り余る辛源氏
あのスタイル、人造人間にしか見えない(爆)

彼氏、『RENT』でエンジェルだった?

「脚の筋肉スゲー!」

って魂消た思い出が…。

思い出といえば、

「あれ?どっかで見たことある?」

既視感満載の笹本玲奈嬢の、
純白下着姿『日本人のへそ』だー!

際立って歌が上手いというか、
ひとり“正統派ミュウジカル”の歌い方なのね。

結構歌えるんだなぁ?と思った岡本健一氏は、
そのヴィジュアルから何から、私の中のイメージ一新。

陰のある二枚目とか妖しい美青年風の役が多かったので、
こんなに器用な人だったとは意外ですよ。

歌上手いんだと思ったと同時に、

「男闘呼組のボーカルって、誰だっけ?
確か岡本氏ではなかったハズなんだけど?」


気になって気になってしょうがない。
平成ベビィには、何の話やら判んないんだろうなぁ;;;

とりわけROCKだったのは、グリフィスちか姐さん

いつ観てもスゴイっすよね、いろんな意味で
パンチの効いた歌声も、ルックスも恰好良い。
セクシィなのに、どこか男前っていうね☆

良くも悪くもB級テイスト満載!
ミュウジカルというよりも、ライヴですから。
その歌どうなの~?とか歌詞がさっぱり??とか、
そんな瑣末なことはどーでもいーんですよ。

おバカでパンキッシュな雰囲気を、
存分に楽しんじゃえぃっ!!


―って。
面白かったです。
カテコでは踊りましたよ。

しかし正直に云って…苦手。

テーマ : ミュージカル ジャンル : 学問・文化・芸術

11:40  |  芝居道楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.09 (Thu)

働く女は忙しい

毛玉『みなさん、ようやく木曜日ですね

今週も残すところ、あと1日よーぅ!!
ニャコムしてます
わたくしってば、今週も良く働いたわぁ。

社員家とそのご近所治安を守るべく、
夜となく昼となく見張りをしたり…。
お守りしてます
ダメダメな黒いの真っ当な猫様にするため、
教育的指導(主に拳で)したり…。

あーもぅ
部屋が散らかってるのは、見なかったことにしてあげて!
疲労こんぱーい
とにもかくにも、忙しくって忙しくって;;;

のんびり寝てる暇なんて、ありゃしない

みなさんも、それからついでに社員も。
お互いに仕事大変だけど?

土・日と、お休みが待ってるわよーぅ!

明日いちにち、

適当にやり過ごしましょう・ね?!

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:36  |  毛玉日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.08 (Wed)

心の叫びは簡潔に!

一週間って
黒玉『まだ水曜きゃーーーッ!?
何日あるんだ?
今週長ぇなぁ…。』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:07  |  黒玉便り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.07 (Tue)

あめあめふれふれ

黒玉『本日のトウキョウ地方朝から
わたしの
しかも、モンワリ生温か~い
いいひと
昼間の気温は、15、6℃まで上がったらしいよ?
まだ2月だってのに。
つれてこい
こういうシトシト雨の日はさぁ、
何もする気が起きないよねぇ?

憂鬱な空模様に、気持ちまで沈むっていうか。
湿気のせいで、身体が重いっていうか。

とにかく、なーんもヤル気しねぇ★
そっちかーぃ!?
―と、いうワケで、社員?

おいらいちにちゴロゴロしてっから、

布団は敷きっぱなしで4649!!


「飯くれ!」「外へ出せ!」のアジテェション以外に、
アナタがヤル気を出したところなんて、
終ぞ見たことがないんですケド?

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

20:43  |  黒玉便り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.06 (Mon)

ハムレット

いやはやなんとも;;;

『ハムレット』@シアタークリエ

W.シェイクスピア 原作
ヤネック・レデツキー 脚本・作曲・作詞  栗山民也 演出
井上芳雄 昆夏美 伊礼彼方 成河 阿部祐
山路和弘 涼風真世 村井国夫…ほか出演


初めて井上芳雄くんを観たのは、蜷川幸雄演出『ハムレット』でした。
当時(今もだけど)ミュウジカル界のプリンスの名を、
恣にしていた井上氏。

なーのーに歌わない―ってゆー、ね
そのとき彼が演じたのはレアティーズで、
とにかくオフィーリア(鈴木杏ちゃん)イチャイチャしておった印象が強い。

そしてハムレットを演じた今回は、

ホレーショー(成河)とイチャイチャしておった(爆)
なにー、この演出ー?
大好きか?大好きなのかっ?!

いやー、久々にオモシロミュウジカルを観たよー!
「面白い」と「オモシロ」は、似て非なるもの。
あくまでも、この作品は「オモシロ」ですから;;;

ツッコミどころ満載だもの!?
盛りだくさん過ぎて、もはやツッコミ切れないや。

私はキライじゃないですよ♪
相当楽しめましたもの、いろんな意味で。

先ず初っ端、

「ロックじゃないじゃん?!」

根本的なことからなんスけど★

そしてビジュアルも、チラシと全く違うし。
ハムレット、普段着って!?

「ロック・オペラ」と銘打ってはいるが、
どのへんがロックなんでしょう?
ギター?
曲調は歌謡曲っぽかったり、スパニッシュ風だったり。
ヴァラエティに富んじゃいるが、
ロックかといわれると…どーでしょー??

出演者のみなさんも「ロック」って言葉に引っ張られちゃって、
ムリにそれっぽく歌おうとしているような?

実力者揃いなので、

そりゃあ上手く歌いこなしていますよ!

とくにクローディアス村井氏なんて、
さすがに上手いです!

でも中には、吃驚するようなナンバーも。

「シスタ~~~♪」
「ブラザ~~~♪」


と、高らかに歌い上げられたひにゃあ、アンタ?!
腹が捩れるかと思いましたよ?!

レアティーズ(伊礼)&オフィーリア(昆)のデュエットなんだけど。

この2人がまた、とっても歌が上手いもんだからさー。

翻訳モノの限界といいますか、
日本語を曲に乗せる難しさというか…。


本当にこの2人の歌唱力、素晴らしいんですよ!!
特に昆嬢なんて、想像以上の歌声なの

だがそんな2人が盛り上がって歌えば歌うほど、

「シスタ~~~♪」「ブラザ~~~♪」

お、面白過ぎる

そのうえ、このシーンね?
レアティーズ(兄)とオフィーリア(妹)がイチャイチャどころか、

「すわ、兄が妹を襲っちゃうんじゃないか?!」

こらっ!何やってんだ、兄っ
伊礼氏、迫真の演技過ぎて(?)ドキドキしちゃったじゃんか。
これって昆嬢のルックスが、あまりにも幼い感じだからなのだろう。
身長のことは仕方ないとして、
もうちょっと衣裳とかメイクで何とかならなかったものか?
うっかりしてると犯罪に見えちゃう;;;

で―兄とイチャイチャしている割に、
肝心のハムレットと一緒にいるシーンがあまりないの。
だから2人の関係が、いまひとつハッキリしない。

そもそもこの作品、正味2時間弱しかない。
だからもの凄いスピードで、話をすっ飛ばしていくわけよ?

『ハムレット』の話を知らなければ、もう何が何やら

「え?ハムレットとオフィーリアって、つきあってたの?」

みたいなみたいな。

“愛を語るデュエット”的な曲が1曲しかなく、
そのあと唐突に、

「尼寺へ行け!!!!」

きょとーんですよ、マヂで。

これはもう、出演者のせいではないですが。
展開が早過ぎて、ついていけないよ~。

気が触れたオフィーリアの(ある意味)凄まじさときたら!
客席に下りてきても、思わず避けちゃうくらいの勢いだ・ぜ?!
この衣裳もなぁ、もう少し何とかならんものか…。
昆嬢が頑張っているだけに、
気の毒になっちゃうというかなんというか。


そして墓場でのハムレットVSレアティーズによる、
オフィーリア取り合いシーン。

コントかっ!?

どうしたいんですか、演出家氏?
どっちへ行きたいんですか、演出家氏??


どっちへ行きたいんだといえば、肝心の主演。

最近、道に迷っている感のある井上芳雄くんを、

社員は草葉の陰から絶賛応援中なのであります!!

彼もまた「ロック」に振り回されちゃった感じ。
無理して喉を潰した、ロック風の歌い方をしている。

でも高音を聴かせる曲は、持ち味を活かし切っていて美しい

やっぱり上手いよ、芳雄!
役の幅を広げたいとか、もっと違った歌い方をしたいとか、
いろいろと考えるとことろがあるんだろうケド。
正統派な歌い方が、合っているんじゃないかしらん?

第二幕冒頭のアカペラ(途中からオケ入る)、
あの曲がいちばん良かったなぁ

澄んで伸びやかな高音は、本当にキレイ!
この路線が良いよ!
井上芳雄には、正統派が良く似合うよ!

なんだかんだで、実力も吸引力もあるしさ。
芝居も上手くなったもの!

頑張れ、芳雄!
↑いつも呼び捨てでゴメン。

ところで演出家氏。
ラストシーン、あれで良いんでスかね?

テーマ : ミュージカル ジャンル : 学問・文化・芸術

23:02  |  芝居道楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.05 (Sun)

ときには甘いもの三昧も!

本日は日比谷へ、某ミュウジカルを観にいきまして。

帰りに【ALMOND】で、お茶とケェキをいただきました。

美味っ☆☆☆
日比谷のアマンドは昔の喫茶店の風情で、
このあたりでは珍しく落ち着いて過ごせます。

ところで。
出先で甘味をいただいた時に限って、
家人も買ってきてたりするのです;;;

さっき食べたばっかりなんだケドなぁ…。
―まぁ、それはソレこれはコレ。
食べるけども。

【FLO】イチゴケェキ

美味っ☆☆☆

毛玉『食べ過ぎ。
三年経ったらブタになるわよぅ!』

テーマ : スイーツ ジャンル : グルメ

21:16  |  スウヰーツは如何?  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.04 (Sat)

遅ればせながら、初ですよ。

浅草といえば
もはや2月ですが浅草寺へ初詣
毎年いただいている念珠守りの古いのを納めて、
新しいものを受けてきました。

節分も過ぎたし、ちょっとは落ち着いてるよな?
―なーんて思いきや…どうしてどうして!

浅草界隈は、もの凄い人人人人人…でしたよ?!
観光地なんだねぇ、ホント。

お参りを終えて、ちょっとお買い物
瓦
私の好きな【染の安坊】というお店で、ラヴリィ(?)な手ぬぐいを購入!!

「桜の木の下には、死体が埋まっている!」

みたいなみたいな?!

満開の桜の木の下で、暢気に昼寝の骸骨氏

色使いでしょ?
蜘蛛ですが
そして、もう1点。
蜘蛛の巣模様のコレ↑
さて、なんでしょう?
バッグに!
バッグでーしーた

手ぬぐいをバッグに仕立ててあるの。
畳むと、とってもコンパクトに!

そしてやっぱり、が素敵☆

社員の中の「どら焼きランキングNo1」

【亀十】のどら焼きも食べたしサ

充実した、浅草ブラブラでした♪

テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

21:55  |  ヒビツレヅレ  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑

2012.02.03 (Fri)

早くお入り福の神♪

毛玉『鬼は外ーっ!福は内ーっ!

年の数だけ豆食べたら腹壊すから、社員は食べない方が良いわよ?

あらゆる災厄を追い払い、

健やかな春を迎えられますように☆

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

23:23  |  毛玉日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.02 (Thu)

ささやかでもご当選。

毛玉『まぁ、社員ってば!

小さく丸まって眠るわたくしが寒かろうと思って、
そっとお布団をかけてくれたん…じゃないのねぃ?!
切手シート×5!
スリーピングビュウティなわたくしの背中に、

コッソリ何を乗っけてくれてんぢゃいっ
良かったぢゃーん♪
なにコレ?

“お年玉切手シート”しかも5枚も?!

年賀ハガキのくじで当たったんです。
いつもなら面倒臭いから、交換になんか行かないんですが。

5枚ですよ、5枚!

届いた年賀状30枚中5枚当選!
1/6の確率ですよ?!
しかも全部切手シート。

なんか面白くないスか!?

もうちょっとがんばりましょう
アンタの“面白ポイント”が、
いまひとつ判んないんだけども…。

末等でも当りはアタリなんだから、
まぁ良かったんじゃねいのー?

一応、金券だしね。

でもどうせだったら、

何か美味しいモノでも当ててくれりゃあ良いのに…。』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

22:00  |  毛玉日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.01 (Wed)

お忘れではありませぬか?

黒玉『ねぇ、おねえちゃん?
このBlogって、

“ちゃわゆい猫ちゃんブログじゃなかったっけ?
仲良しさん
ここんとこ、おいらたちの出番がないんだけど?!
これってどゆーこと?

なぁに?
超強力寒気団襲来とともに、
おいらたちプリティニャンズにも冬の時代到来?!
ぬくぬく~
毛玉『ちょっと、アンタ
このベッドはわたくしのものなんだから、

どっか他所行って寝なさいよぅ!

図々しいってゆーか、邪魔なんだけど?!』
そ、そんなァ
黒玉『え?おいらの話、ガン無視?

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:44  |  黒玉便り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |