2013年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.08.31 (Sat)

らぢおのはなしてれびのはなし

黒玉『社員はラヂヲっ子だ!

テレヴィは、あんまり見ないんだ。

朝の支度をするときに、
時計代わりにテレヴィをつけるくらい。

「つまんない。見たいものがない。」

っていう理由だそうで。

テレヴィは単なる、DVD観賞用モニターと化してる・ぜ?!
おいらこう見えても
その代わり、ラヂヲは欠かせない
休日はほとんど一日中、ずーっとラヂヲが鳴りっ放しだよ~♪
ラヂヲっ子なわけよ
そんな社員にとって、昨日最大のニュウスは…。

永六輔氏のラヂヲ番組が9月いっぱいで終了となっ?!

なんですとーっ!?
子どもの頃からずーっと聴いてる、お馴染みの番組なのに;;;

すげぇ面白いんだよー!
毎回いろんな意味でドキドキするし。←こらっ
これから土曜日は、何を楽しみにすりゃ良いんだ…。」



大ショックを受けたのだが…。

終了するのは社員が楽しみにしている土曜のワイド番組ではなく、
同氏が毎日やってる(録音ですが)ミニ番組なんだってサ
テレヴィはあんまり
あー、びっくりしたー;;;
今日の放送でも云ってたけど、
勘違いしちゃったリスナーもたくさんいたらしいねぇ?

何十年も続いたミニ番組が、終わっちゃうのはとっても残念だけど…。
これもちょいちょい聴いてたし。

でも土曜のお楽しみがなくなっちゃうのは、

もっと淋しいもんね

お元気な限り、長ーーーく続けて欲しいなぁ♪
見ないんだなァ
それにしても。

ラヂヲっ子ってだけでも、ずいぶん珍しいのに?

社員のお気に入り番組ときたら、ずいぶんシブいのな?!
シルバーエイジのチョイスじゃん。

そういえば。

めったにテレヴィを見ないのに、

オマエ昨晩BSなんか見てたよな?

なにゆえ??』


『コントの劇場』の予習をしてみました。
古き良き時代の公開録画って感じの、
がっちり練り上げたコント番組なのね?
面白かったですよ~♪
伊東四郎氏のコントなんて、職人芸だよなー。

来月の予告も、ばっちりチェックしましたぜ!←こっちがメイン。
なんとっ!?
来月は、中川晃教くんが出演!!
予告映像も流れましたよ~♪
何故か歌って踊って;;;扮装もしておった!←コントっぽいやつ。
9月末が楽しみだー!

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

15:20  |  黒玉便り  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2013.08.29 (Thu)

いまからでも足掻け!

毛玉『吹く風もやや冷たくなり、朝晩は過ごし易い日が増え…。

少しずつだけど、秋の気配が感じられるようになったわねぃ?
窓の外を
お外で元気いっぱいに啼いていたセミさんも、
いまではお亡くなりになっている方を多く見かけるという
代わりに夜になると、秋の虫さんたちの声が聞こえるようになったよ♪

いつまでも暑いのも困るけど?

だんだん涼しくなって日が短くなってくると、

なんだか淋しい気がするわねぃ

仕方ない…。

だって8月も、もうじきおしまいですもの!
ウッカリしてると
チビッコのみんな、宿題は終わったかしらん?!

社員は子供の頃、
某テレヴィ局丸いちにちぶっ通しでやっている番組が始まると、

「やべぇ;;;
もう夏休み終わるじゃん…。
まだ手をつけてない宿題があるのにか?!
テレヴィじゃなくて、私こそ24時間起きてないとっ


盛大に焦ったとか、逆に諦めたとか?
そのうちバテるんでしょ?
良い子のみんなはモチロン、もうとっくに宿題全部終わってるわよね~

ってか最近じゃ、もう学校が始まってるところもあるんだよ・ね!?
ゆとり教育巻き返しに、必死だーかーらー★

「まだ終わってない(泣)」

というコは、

せいぜい9月2日の早朝まで、

寝ないで頑張るように


そういえば、社員?
この夏はアンタ、ずいぶん丈夫じゃなくて??

だいたい毎年、
やれ「夏風邪引いた!」だの、やれ「熱中症になった!」だの…。

2・3日はダウンしていたのに!

どうしたの?

よっぽど仕事の手ぇ抜いてんの??


なんて人聞きの悪い!
恐らく、
・通勤時間が4分の1に減った
・朝晩の満員電車に乗ることによる、肉体的・精神的疲労がなくなった
この2つのお陰だと思われます。
あと、朝から走ってるからかも?

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:05  |  毛玉日記  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2013.08.28 (Wed)

きっかけは○○○

申し込んじゃったー

本日、えいやっ!!ってな勢いで。

黒玉『何を??
教えろやー!!
まぁオマエのことだから、ロクなもんじゃないだろうが

いったい何を?または何に?
申し込んだんだー?!

ほれほれ。
おいらにだけ、コソッと教えてたもれ~


な~い~しょ~♪
それを励みに働こう!
適当に。

テーマ : ねこ大好き ジャンル : ペット

21:44  |  黒玉便り  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.26 (Mon)

命名しました(無許可)

陶芸教室へ通う途中に、いつも同じ猫様がいらっしゃいます。

しっぽの長い、茶虎猫様
その名も「ちゃこ」さん
この前は、駐輪場で夕涼み

たいていはその向かいにある小料理屋さんで、
ゴハンをいただきつつまったりしておいます。

人懐っこくてオシャベリさん。

社員は“ちゃこさん”と呼んでいます♪
勝手に名づけんな!
ちゃこさん『勝手に名前つけてんじゃねーぞ!』

社員の思いは、いつも一方通行であります

テーマ : ねこ大好き ジャンル : ペット

12:00  |  こんな猫に逢いました  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.25 (Sun)

ポジティブ☆キャンペェン実施中!

我が家の毛玉嬢黒玉氏のカンケイは?

暴力温泉芸者な姉と、理不尽に殴られる弟。
そんな風に思っていやしませぬか?

ま、九分九厘正解なんですけども
意外や意外!?
甲斐甲斐しい姉
姉にはこーんな、優しい一面もあるのですっ!

ゴハンの支度をすると、スッ飛んでくるふたり。
黒玉氏はすぐに食べ始めるけど、←両者とも“お座り”ができるぞ!
毛玉嬢はその前にやることが…。

毛玉『くんくんくん。。。
この子に何か、不審な点はないかしらん?
どっか怪我してたり、社員に虐められたりしてないわよねぃ?

ぺろぺろぺろりん。。。
この子が汚れてたら、わたくしが恥ずかしいから;;;
キレイキレイにしておいてやらないと!』
そろってゴハン
黒玉氏のボディチェック毛づくろいを終えてから、
おもむろに自分もゴハンを食べます。

何だかんだ云っても、弟が可愛いんですね~

昔っから「バカな子ほど可愛い」って云うし・ね?!

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

20:38  |  毛玉日記  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.24 (Sat)

『サ○イ』が聴こえる日

業務連絡。

コメントのお返事にも書きましたが。
『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ』DVDの件。

おふぃす3○○オフィシャルHP(ここ→)に、
問合せ先があるかも?
(予約受付TELとなっていますが;;;“TOPICS”記事参照)
または中川晃教くん公式サイト(ここ→)の、
“CONTACT US”から問合せてみては如何でしょうか?

もしかしたらまだ、購入可能かも知れませんよ

てなわけで。
ようやくぢゃよ~!
毛玉『夏休みイヴェントのうち、社員の担当していた仕事が、

本日全て終了したわよーぅ

体験教室全7コマ!

ワークショップ全6コマ!

全てチビッコ向け!!


チビッコが“苦手”でーはーなーく、

ズバリ“嫌い”な社員にとって、

その肉体的+精神的疲労感ときたら!?

自由すぎて御しきれないお子様方に、
毎回毎回ハンパなく打ちのめされていたらしいわよぅ?


今日だってそりゃもう、ぐっっっったりして帰ってきてたわ

そんな毎日に、ようやっとゴールが見えてきたってワケ

だけど社員?
油断するんじゃねーぞ!
これで終わったと思うなよッ!!

夏休みはまだ、1週間残ってるんだからね
始業式のその日まで、気を抜いちゃダメ!

気ィ抜いたら、やられるわよーぅ!?


もう無理デス…もう勘弁してください!
チビッコの行動は予測不能なうえに、奴らマヂで自由形過ぎるんだよっ!?
どうやって付き合ったら良いのか、さっぱり判りませぬ~。
おじいちゃんとお話してるほうが、ナンボか楽でしたよ;;;

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:37  |  毛玉日記  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.22 (Thu)

キケン!緩んでます!

わっ

我が部屋の入口が、何かで塞がってる!?
拾得ブツ
どうしたんだ?
連日の豪雨による土砂崩れか?
土砂崩れか?!
道幅のほとんどが、埋まっちゃってるじゃないか

どうしたら良いんでしょう、姐さん?!
これじゃあ部屋に入れませんよっ。
頼りにすんなよ?
毛玉『知るか
いちいちわたくしを頼らないで、自分でどーにかしなさいよぅ!?

風通しの良い玄関先ねんね中のわたくしの、

安眠を妨げないで頂戴!
邪魔だなぁ
黒玉『この道は通行止めでーすーよー。

開通するまで、廊下にいればいーじゃない…Zzzzz…。』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

11:18  |  黒玉便り  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.21 (Wed)

8.21が来た。。。

本日、8月21日は…。

わたくしこと社員=tacataca誕生日でっす
20130821
おめでとう、俺!

ありがとう、皆様!!


皆様の温かいご指導・ご鞭撻のお陰をもちまして、

無事に28歳(何度目ー?!)の誕生日を迎えることができました

いろいろある毎日だけど?

私は結構シアワセです!

私もついに28歳(だから何度目だ?!)になったので、

しっかりした大人になりたいです!
―と、毎年毎年云ってるんだけどサ☆
のんびり構えてね!
焦っても仕方がないので、

自分のペースで生きて行きたいと思っとります♪

この歳になると“健康第一”ですので;;;
無理せず無茶せず、
時々ちょこっとだけ冒険しながら行きたいなぁ

皆様、これからも4649ね

例年なら誕生日観劇と洒落込むんだけど…。

今年は本日も、ガッツリ仕事だっ!
お子様向け体験教室を、しっかり仕切ってくる・ぜ

テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

10:25  |  ヒビツレヅレ  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2013.08.20 (Tue)

ああ、気分は出ない!

毛玉『まだまだ猛暑が続く、今日この頃。

真昼は35℃前後まで気温上昇
暑いなんてもんじゃない、アツさだってのに?
早くないかい?
もう“秋の虫”が啼いておるとなっ?!
暦の上だけかい?
確かに「暦の上」では、とっくに秋だけどサ?

なんか…気が早くなぁい??

全くもって実感がわかないわよーぅ

でも。
確実に少しずつ、季節は移ろっていくのねぃ…。

ちょっとおセンチになっちゃうわぁ★』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:20  |  毛玉日記  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.19 (Mon)

二都物語

8/18マチネってきました!

『二都物語』@帝国劇場

チャールズ・ディケンズ 原作 ジル・サントリエロ 脚本・作詞・作曲
フランク・ワイルドホーン 追加音楽  鵜山仁 翻訳・演出
井上芳雄 すみれ 浦井健治 濱田めぐみ 橋本さとし 今井清隆
福井貴一 宮川浩 岡幸二郎 原康義 塩田朋子 原慎一郎…ほか出演


寺元健一郎くんのソロが、いちばんの見どころであります!!
↑極個人的。

寺元健一郎氏は社員が注目している、
アンサンブルさんなのであります!
たくさんの東宝系ミュウジカルに出演なさってます。
なのでチラシで名前を見かけると、俄然テンションが上がる

その寺元くんのさー、ソロがあるわけですよー
いやいや、良いものを観た
そしてソロで聴くと、実に良い声であった♪
声が高くてキレイなんですなー。
しかも見た目も可愛いです

てなわけで。

井上芳雄氏実力を再確認!!
やっぱスゲェな、芳雄!

格の違いをまざまざと見せ付けられましたよっ!?

以上。←え?!

いやいやいやいや;;;

なんつーの?

実にミュウジカルらしいミュウジカルってゆーの?
新鮮!なんか新鮮!!

歌のシーンになるとみんな、正面向いて歌い上げちゃうのな?
動きながら歌ったりしないんだー
演出の問題なんだろうケド?
そういうものなんだ、ミュウジカルって―と改めて思い出したよ?

こういうの久し振りで、逆にどうしたら良いのか判らない

王子様みたいにキラッキラ浦井健治氏が、

やたらと可愛い感じだった…とか。

「彼女、結構しっかりしてそうってか、男らしいってか;;;
ともかく子連れで未亡人になっても、
フツーに生きていかれそうじゃね?」


健康的べらんめぇ口調(爆)なすみれ嬢に、

男の純情届いてませんよー;;;…とか。

何かやらかしそうなオーラ満開濱田めぐみ嬢は、
案の定やらかしたぞー!?(ドキドキ)…とか。

岡幸二郎氏は、やっぱりエエ声だなぁ!
しかし何故、白塗り??…とか。

ツッコミどころ見どころ盛りだくさんで、
どうりゃいーのか

面白かったんだけど、やはりこれも演出の具合かな?

芳雄演じるシドニーが、

そりゃもうアッサリバッサリ振られるんですわ。
しかも結構早くに。

そのうえルーシー(すみれ)には、未練も揺れる乙女心もナシね!?
だってもう、扱いがベビィシッタァなんだもの

むしろチャールズ(浦井)の方が線が細くて、繊細な気が…。

それなのに一途に思い続けるシドニーに、

「オマエ、何でそれほど??」

ちょっと伝わってこないんだよなー?

なのでただただ、シドニーが可哀想な人に見えちゃって;;;

「主人(チャールズ)のことを心から愛している、けれど…。
シドニーのことも、心にかかるわ。
どうしたら良いの、この気持ち…。」


みたいな“揺れ”が、まるで伝わってこない。
だからシドニーが命を投げ打つ姿も、

「だから何故?!
どうしてそんなに、その女に尽くすの?」


空回りしちゃってる感じなんだよなぁ、残念ながら…。

まぁ端からこのテの話が好みじゃない、ってのもあるが。

だって誰も幸せにならないから・ね!!

春に観た草彅剛氏主演『二都物語』が、

存外良かったというのもあるんだよなー?!

ヒロイン・堀北真希嬢儚く美しく
支えてあげたくなっちゃう感じ絶妙だったのです。

3人の微妙な関係と心模様が判り易く描かれていて、
ラストに説得力を持たせていたのではなかろうか?


ストォリィは驚くことに、ほとんど変らなかったのですが。
(舞台設定とか、全然違うのに!)

うーん…好みの問題か?好みの問題だな!?

返す返すも井上芳雄
道に迷ってる感じがすっかりなくなって、

伸びやかかつ堂々とした歌いっぷりが見事!

そして立ち姿が美しい
さすがミュウジカル界のプリンス

そういえばこの作品。
“3大プリンス”中、2人も出演してるのね!?

ワタシ的には、

浦井くんの声の方が好みですが

え~…散々芳雄を褒めちぎっておいてアレですが;;;

だってハイトォンヴォイスが好きなんだも~ん☆
高音で可愛い声だよね、浦井氏って?
見た目と声のギャップ(あれ?俺だけか?)がツボ

そしてヒロイン・すみれ嬢含め、

主演のお三方が揃って巨大長身で魂消ました。
↑そんな結びで良いの?!

テーマ : ミュージカル ジャンル : 学問・文化・芸術

17:08  |  芝居道楽  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.19 (Mon)

暑い日の過ごし方!


涼し~い部屋でビデオ鑑賞なぞ、如何ですか?

先日届いた『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ』を、

絶賛観賞中!

2011年夏、高円寺に通った日々を思い出すなー。

しかしこうして観ると、面白いなー?!この話!!

そして中川鬼太郎晃教氏

すげぇオモシロ…否…恰好良いのな!

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

15:22  |  “あ”のつくひと  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2013.08.17 (Sat)

たまには贅沢!(しかも経費で)

無駄に写真がデカくてスマヌ;;;

夏休みイヴェント絶賛開催中!な社員の仕事場。

本日はボランティアさんにも、お手伝いしていただきました。

そのボランティアさんですが、
お越しいただいた人数が当初の予定より少なかったので…。

お出しする予定だったお弁当の、オコボレに預かりましたよ(^w^)

普段は絶対食べない、豪華1000円弁当でーすーよー!
わーい、わーい

美味い!ボリュウミィ!そして返す返すも美味いっ☆☆☆

やっぱ「量より質」だよなぁ!

テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

19:38  |  ヒビツレヅレ  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.15 (Thu)

ついにファーストコンタクト!

昨年10月からランニングを始めて、かれこれ10ヶ月。

ついにっ!

ついに遭遇いたしましたよっ!?たん!
野生の狸ー!!
たんたん!
携帯カメラで撮影したので、
へっぽこにも程がある写真でゴメンナサイよ

なにやら、鬱蒼とした森の小路っぽい風情ですが;;;
実は住宅街に程近い、川沿いの遊歩道なのですよ!

早朝ウォーク&ランを始めた直後くらいに、
この場所にカメラの放列ができていましてね?

カメラマンさんに尋ねたところ、

「狸が出るんだよ~。
んで、餌付けしてるの~。」


なぬっ?!
話を聞いてからこっち“タヌキポイント”を通るたびに、

「いるかな?いるかな?」

期待していたのに、1度も姿を拝めず

やっぱ“ムジナーズの一員としては、
見ておきたいじゃないですか?

実物をっ!
たぬきー!
念願かなって本日、ようやくお姿を拝見することができましたー♪

お狸様、超→可愛ーぃ

「お?狸だ。
ここ2ヶ月くらい姿を見なかったんだよなぁ。
この辺りに3匹いるんだよ、3匹。
ありゃー親だな、あんまり可愛くないもん(←え?)
前はもっと丸々してたんだけど、痩せちゃったんだな。
エサがないのかなぁ?
いやいや、2ヶ月見なかったからなー。
お姉さん、ラッキーだよー!運がいーよー!」


と。
お散歩中のおじさんに、教えていただきました。

また会いたいなぁ♪会えるかなぁ?

テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

19:05  |  ヒビツレヅレ  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.14 (Wed)

くださりますればいただきまする。

実は社員の現在の仕事場には、
観劇が趣味の方から現役の役者さんまで!?

芝居好きな人が、たくさんいらっしゃいます。

と、いうわけで本日。

現場スタッフさんから、

「社員さん!
良かったら差し上げますよ~♪」


頂き物をしました。

先日観に行った芝居(まさかの『銀英伝~初陣』!)で貰った、
大量のチラシの中に入っていたので…ということで。
素敵チラシ!
素敵チラシー!!!!

わーもー、すんませんすんません

お気遣いいただいてスミマセンてゆーか、

恥ずかしいー
もはや気の毒;;;
毛玉『…………。
ここは敢えて、何も云うまい。』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:18  |  毛玉日記  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.13 (Tue)

あかい壁の家(社員的壺)

気になったこととか萌ったこととか☆

オフィス3○○ 音楽劇
『あかい壁の家』@本多劇場


前職場の職員に、東北出身の方がいた。
東日本大震災による津波で親戚を、幾人も亡くしたと。
随分経ってから「真っ黒になって帰ってきた」方もいらっしゃったそうだが、
昨年暮れにお会いした時点でも、まだ行方が判らない方もいると云っていた。
「いまごろは泳いで、ハワイにでも着いてるんじゃないかなぁ?」
陽気にそう語っていたが、その悲しみは計り知れない。
彼はいまでも被災地のボランティアをしつつ、
ご親戚の行方を捜しているそうだ…。

そんな話を、ふと思い出した。

10年ぶりに故郷に帰った凡平が、
目にした閖上の惨状を語るシーンだ。

「ただの茶色だ。」

主人公・凡平を演じる中川晃教くんは、
宮城県出身。
彼もまた震災による津波で、ご親戚を亡くされている。

だからこそ舞台上で凡平が語る台詞は、
リアルで重い。


故郷から逃げ出した青年は、永遠に帰る場所を失ってしまった。

「祖父母の遺体は まだ地下道にあるかもしれない」
「骨を探し出してお墓に埋めても それが何になる?」


劇中劇の歌詞の中にも織り込まれる、
悲しみをとおりこした激しい憤り。

泣いて泣いて泣いて泣いたけれど、
現状は2年前と何ひとつ変わらない。
それどころか都合の悪いことは見ないことにして、
置き去りにして忘れ去ろうとしているじゃないか!

「もう ウンザリだ!」

風や光からも、エネルギィを得よ―と解く妖精の言葉に、
耳を傾けるものはいないのか?

もうひとつ、キィワァドが。

妖精は云う。

「たまたま、や。たまたま。」

桃園つぼみは云う。

「ぜーんぶ偶然よ。」

そう、災難も幸運も何もかも「たまたま」で「偶然」だ。

「たまたま」東北だっただけ。
私たちは「偶然」難を逃れただけ。

他人事だ、有り得ないと、
高をくくっているんじゃない?

その「たまたま」や「偶然」が明日にでも、
自らの頭上に降りかかるかも知れないと、
私たちは肝に銘じなければならない。


あら?
社員のツボについて語るつもりが、

すっかり真面目な話になってしまった
それだけこの作品が私に与えたインパクトが、
深くて重かったということでして…。


ここから先は肩の力を抜いて…ってゆーか、
その気がなくても思いっきり脱力することウケアイ?!

天才だとかエキセントリックな役どころが、
何故だか多い晃教氏ですが;;;

気弱で線の細い男の子の役もハマるんだよなー

…ってな話をね、いろいろとね。

見ても損するだけですが…見るー??

↓Let’s!クリック☆Read More↓

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

22:08  |  “あ”のつくひと  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2013.08.12 (Mon)

あかい壁の家(楽日)

東京千秋楽、観てきました!

オフィス3○○ 音楽劇
『あかい壁の家』@本多劇場


赤い壁の街 消えた街の中に
佇むあの人の影 あの人の足音が聴こえる

祖父が書いた“出されなかった手紙”を手に、
イタリア・ポンペイのオデオン小劇場へやってきた凡平(中川晃教)。
偶然から姉(高岡早紀)の勤める味噌会社・東野味噌主催の、
ロックミュウジカルのオーディションに参加するハメに。
上演されるのは、
往年の名演出家・紅嶋(若松武史)の戦時中に書いた作品『ドッグス』。
オーディションの参加者(?)は、
花婿とはぐれた花嫁(馬渕英俚可)、福島からやって来た一家、
結婚式に参加していた関西人一行、
そして“大女優”と呼ばれる女性(緑魔子)…。
手紙の宛名に書かれた女性は誰なのか?
発掘が進むポンペイの地下で、
考古学者(土屋良太)らが見た防護服の青年は?
過去と現在―ポンペイと東北、
交錯する時空の向こうに見えてくるものは…。


こうしてみると、「云いたいこと」は存外簡単だ。
たくさんのヒントがちりばめられていて、答を出すのは容易い。
複雑!難解!…と思わせる作りだが、
身構えずに観れば真っ直ぐに伝わる。
まぁそれもこれも、複数回観たから判ることかもしれないが;;;
1回観ただけでは、「???」となるよなぁ、やっぱり。

最初は「なんで、関西人なの?」と不思議だったんだが。

関西と東北、共通点があるじゃない!

登場人物全てが「同じ体験をしている」というのが、
ひとつのキィワァドなのか。
…と、千秋楽を観てようやく気づく

そして東北と沖縄。

「自分が本当に日本人なのかどうなのか、判らない。」

女社長(渡辺えり)は嘆く。

言葉は悪いが「置き去りにされた」怒りと悲しみは、
現在の東北と沖縄が抱える共通の感情か?

消えてしまった街、戻れない故郷。
未だジリジリと侵食を続ける、人間ごときでは御しきれない“力”。
目に見えぬ猛った犬との戦いはまさに、
「見えない戦争」だ。

「見えない」からといって「ない」ことにしているだけ。

まだ何ひとつ終結していなしのに!

渡辺えり女史がどうしてもいま書きたかった重い思いが、
ずっしりと詰まったこの作品。
だからって眉根にシワを寄せて、
まんじりともせず観なくては…という作品ではないよ。

音楽劇と銘打っているだけに、歌あり!踊りあり!
笑えるシーンもてんこ盛り!
渡辺えりさんときたら、サーヴィス精神旺盛なんだから

いや思った以上に「音楽劇」だったので魂消た;;;

オープニングから歌うもの!

私の我らが中川晃教くんがっ!!
芝居して弾き語りして、

出ずっぱりで八面六臂の活躍ですよ彼氏

回を重ねて進化を続ける、この作品。

千秋楽は千秋楽らしく、いー塩梅にテンションも高く

出演者も客席も熱かった!!

なんてったって紅嶋センセイのメイクが、

悪乗りスゲェことになってるもの

劇中劇でのミュウジカルシーンで手拍子が出たのも、
初めて(私が観た中では?)なんじゃないか?


中川凡平くんの“スライディングおにぎりキャッチ”でも、
拍手喝采だったしね~

劇の稽古中に雨が降り出す件。
高岡姉晃教弟が小さい新聞紙をかざし、
肩寄せ合って雨を避ける姿が微笑ましいったら♪
姉ちゃんはヘタレな弟に優しいなぁ?!

小さなハプニングはいくつかあったものの;;;
初日の不安は何処へやら

笑いあり涙ありの、パワフルで熱い公演でした!

アンサンブルひとりひとりのキャラも立っているし、

何よりキャスティングが素晴らしい!!

若松武史氏、田根楽子さん、緑魔子嬢。

このお三方の存在感が絶大!かつ素晴らしい!

13年ぶりに舞台復帰された緑魔子嬢は、
まったくブランクを感じさせない。

ホントに良いものを観た(失礼な云い方ですが;;;)と思う。

これから旅公演が始まるそうですが、
機会と予算(切実)があれば、是非ついて行きたかったなー

そうそう。
『MOZART』で共演していた、
松之木天辺さんがいらっしゃってたな。

細々した社員的ツボ中川晃教くん中心)については、
また次回!

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

14:01  |  “あ”のつくひと  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2013.08.11 (Sun)

今季☆初


渋谷・東急東横店の、屋上ビアテラスに行ってきたー!

毎年夏のお楽しみ♪

ムジナーズ@ビアガーデンでーすーよー!

ビルの谷間で飲む生ビール、美味いっ!
夜なのに32℃とメチャメチャ暑いけど、
それでも外で風にあたりながらワイワイやるのは楽しい
妙齢女子一同で、飲んだくれですわ★

あ!
もちろん中川晃教くん『あかい壁の家』東京千秋楽も、

しっかりばっちり見届けてきましたよっ!!

テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

21:34  |  ヒビツレヅレ  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.09 (Fri)

避暑地ではありません!

黒玉『“立秋”はとうの昔に過ぎ、

噂によると暦の上ではもうだそうでないの?!
今日のおいらは
冗談ポイよっ!

きっちり猛暑がぶり返しとるやないかいっ
しかも、きっちり立秋を過ぎたあたりから。
良く開いております
連日34~5℃と尋常でない暑さが続いてるうえに、
夜は夜で熱帯夜で眠れやしないし。
文句あんのか?
これで秋だなんて、ちゃんちゃら可笑しいわ


このクソ暑いのに、社員の布団に上がり込む巨大な黒猫;;;
いまさらながら、社員の部屋が涼しいことに気づいたのか?
ここ数日、夜になると入り浸っておる。
私が布団に横になっても、どいちゃあくれない。
デブだから体温が高いもんだから…暑い!暑苦しい!!
てか、熟睡してんじゃん。

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

12:00  |  黒玉便り  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.08 (Thu)

あかい壁の家(二回目)

8/6マチネって来ました!

オフィス3○○ 音楽劇
『あかい壁の家』@本多劇場


「意味意味意味意味。
意味なんて関係ねえんだよ!」


むしろ中心だろ。―と、返したいところだが
まぁ、芝居は英語の勉強とは違いますから。

この『あかい壁の家』という作品、

実は頭を空っぽにして観る方が良いのかも?

いちいち意味なんて考えても仕方ない。
辻褄が合うとか、どういう意味なんだろうとか。

そんなことは考えずに、感じる。

ただ感じる。
作品と役者が放つパワァを受け止め、
そこから“何か”を感じ取る。

時間と空間が複雑に交錯し、一見判りにくそうだけど?
投げかけられたものは、意外とシンプルだ。

変に深読みしたり意味を求めたりしないで、
頭も心も空にして向き合うのが良い。


中日を過ぎて「化けた」感のある、この作品。
ぎこちなかった初日と比べると、

格段に良くなっていたよ!

ちょっと「どうしたもんか;;;」と思った劇中劇も、
なかなか様になっていたしね~。

初日はびょいんびょいんした飾りのついた仮面をつけて、

出オチ登場した中川晃教くんでしたが、
歌い終わって途中から被るようになったんだね?

いやいやこのシーン、恰好良いんですわ

なんともチープな感じが!
衣裳がツボ、手づくり感満載の。

この日の彼氏は本当に、大層素晴らしい歌声でしたの

これはミュウジカルか、と?!
そう錯覚するくらい。

晃教くんが圧倒的な歌唱力で歌えば歌うほど、
そこにはある種のカオスが生じるようでもあり;;;

このヒトなんでこんなところで、本気で熱唱してらっさるの??
…と、不思議な気分になったりならなかったり。

後方の席に座って気がついたんだけど。

舞台床には“ポンペイの犬”が描かれているんだね!!
初日は近過ぎて、全く気がつかなかった
あっさりし過ぎるセットだと思いきや、意外と凝っているんだなぁ。

後方席で、といえば。

若松武史氏のメイクが濃くなっておる件!

後ろから数えた方が早いような席から観ても、

吃驚するくらい…あの…スゴイことになってますけどっ?!
真っ先にツッ込んじゃったもの

「若松氏、やり過ぎっ!」

ジジイがパワーアップした、と云えないこともない;;;

作品全体の、ますますのパワーアップも期待しつつ。
次回は東京千秋楽を観に行きますっ!

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

21:27  |  “あ”のつくひと  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.06 (Tue)

下北沢は雨模様

外へ出てみたら、大粒の雨が降り出していました。
そんななか。
moblog_64819a7a.jpg
いまさら劇場の写真を撮るとか、すげぇ恥ずかしいことをしてみた;;;
いまさらにして、たぶん初めて。
ずいぶん前から、何度も来ているのに…だ。
しかも、へっぽこな写しっぷりだという;;;
moblog_9b89b662.jpg
観てきましたよ、中川晃教くん出演『あかい壁の家』をっ!
急遽チケット追加して、2度目の観劇となりました。

短い公演期間も中日を過ぎ、あちこちブラッシュアップされていました。
こなれてきてテンポも良くなったし、なにより台詞が危なげなくなった
特に重鎮のヒト;;;

話も少しスッキリしたのか?
1回目よりスッと頭に入ってきました。
心にも、ね。
グッとくるシーンがいくつもあり、
ところどころでウルウルしちゃったサ(T_T)

ででででで、晃教さん

今日の晃教さんの歌声はまた、

滅法素晴らしかったのですよー!

後方の席だから尚更良く響いたってのもあるけど、

ホントにホントにエエ声でしたわ

この作品、スルメかも?
一度観ただけだと圧倒されちゃって、何が何やら判らないけど。
観れば観るほど発見があり、驚きがあり、考えさせられることもあり…。

「え?それってさぁ…?」

って部分もあるが;;;

ワザとかな?ワザとだな!?(爆)

次は東京千秋楽を観ます。
さて、更なる進化を遂げているか否か?楽しみであります!

そうだ。
どうやら本日マチネに、カメラが入っていた模様←貼り紙がしてあった。
ビデオ(渡辺えり女史風)になるのかも!?

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

20:03  |  “あ”のつくひと  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.03 (Sat)

お風呂にします?それともご飯?

黒玉『寝ます!!!!
おいらもクタクタ~
ずばり即答しちゃうほど、ぐったりお疲れの社員。

今日も仕事場では、チビッコ向け体験教室を開催!
朝から夕方まで、準備やら制作補助やら写真撮影やら後片付けやら…。
ろくに座る暇もないくらい、なにやかやと忙しかったんだそうな。

いーんじゃない?

社員ごとき労働者はキリキリ働けば。


ブルジョワジィのおいらが、
その分ゆっくりお昼寝しておいてやるから~♪』

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

21:52  |  黒玉便り  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.08.02 (Fri)

あかい壁の家(初日)

初日、無事に開きました!

オフィス3○○ 音楽劇
『あかい壁の家』@本多劇場

渡辺えり 作・演出
近藤達郎 音楽監督・作曲  中川晃教 テーマ曲作曲 川波幸恵(バンドネオン)

中川晃教 高岡早紀 馬渕英俚可 稲荷卓央 土屋良太
田根楽子 若松武史  緑魔子 渡辺えり
奥山隆 瑚海みどり 石田恭子 小出奈央 佐藤友紀 石山知佳 川口龍 泉佑里奈
大鶴美仁音 小倉卓 形桐レイメイ 金宮良枝 Kiyoka 栗山絵美 佐川守正
十倉彩子 林田航平 藤本沙紀 宮島朋宏


凡平さん!「南極2号」の件は深く追求しないでっ!!

それはさておき。

無事に初日の幕が開いて、ホントに良かったです!
何せ多忙な渡辺えり女史、なかなか筆が進まなかったご様子
井上何某的なことになったらどうしましょうとか何とか、
心配したりしなかったりでしたよ;;;

まだまだ公演始まったばかりなので、
具体的なことは書けません。

なので社員めのツボっぽいことを、
つらつらと。
観ていない方には、さっぱり判らないでしょうがスマヌ

若松武史氏の登場に、

「あぁっ?!ジジイ!!」

社員ひとりで大ウケ!

いやいや。
“ジジイ”というのは役名なんだよ。
後藤ひろひと氏の作品で大好きな『ダブリンの鐘つきカビ人間』で、
若松氏が演じていたのが“ジジイ”という役。

もうそのジジイを彷彿とさせる、ってかまんまだよっ!?

スクーターのことをどれも、
“ラッタッタ”って云うんじゃなかろうかと?

「良いものを観た!」

言葉は悪いですが、素朴にそう思ったのが緑魔子嬢

それは勿論、お名前は存じ上げておりましたが、
恐らく芝居を拝見したのは初めてではないかと存じます。

↑何故か敬語。

いやもう迫力も存在感も違う。
アングラ演劇華々しき頃、最先端を走っていた方はやはり違うなと!

そんな演劇界の重鎮に囲まれる中、

私の我らが中川晃教氏も奮闘しておりました

初っ端から歌い歌う!

そして踊ったり「芝居」したり、終いにはワンっ!!

黒髪おかっぱ(爆)でナチュラルメイクのお陰で、

若造感増量↑↑↑です
こういう気弱で冴えない男子の役が、
意外にも良くハマるんだよなー!?

「姉ちゃん、飴っ!」

って、もう~萌っとするわ~

至近距離のお席(B列)だったので、

ついついうっかり見とれてしまったり。
話にではなく、晃教さんに集中しちゃってなー;;;

「晃教さん、綺麗だな~とか。
舞台に立って役に入ると、彼はホントにキレイなんですっ!

はたまた「晃教さん、小さいなぁ…。」とか。
え~と…うん…。

閑話休題(え?)。

私は、結構好きなんですよ。
アングラとか不条理劇とか、ワケが判らないけど何となく判る…みたいな芝居が。

コメディや活劇、はたまた単なる日常の続きみたいな、
判り易い芝居ばっかりもてはやされる昨今だけど?

辻褄なんて合わなくったって、何が云いたいのか判らなくったって良い。
刺激的でユーモアに富んでいてパワフルで、
時に浮遊するような感覚を味わえる、
演劇らしい演劇が小劇場やアングラ芝居だと思う。


考えるより感じる芝居。

渡辺えり女史の新作である『あかい壁の家』は、
まさにそうした作品。


多重構造錯綜し繋がることのない伏線と、

なにより猥雑な感じが良いのだ!

胸にズシンとくる何かを投げて、投げっ放しっていうね。

チケット追加して良かった。
観終わってすぐに、もう一度観たいと思ったもの。
何度か観ないと判らない。
何度か観れば、何かが掴めるかも知れない。

次は中日頃に観に行きます!

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

21:22  |  “あ”のつくひと  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2013.08.01 (Thu)

演劇の聖地にて

下北沢駅激変に魂消た!
なにー、あれー?
ちょっと来ない間に、すっかり変わっちゃってんじゃん!?

南口とか北口とか、わかんないからっ!
雰囲気で覚えてたから。
「駅前劇場のある方」ってなもんだ。

いやはやビックリした。
終演後ロビーに出た途端に、

古田新太氏に出くわしたくらいビックリした。←これホント。

てなわけで。

オフィス3〇〇の新作『あかい壁の家』観てきました、初日をっ!!

なんとウチの中川晃教くんが、本多劇場に立つ!!

本多劇場っつったら貴女、小劇場の頂点ですよ?!

凄いなぁ。
てか、不思議だよなぁ。
まさかこの場所に、晃教さんが立つとは思わなんだ。
帝劇とか出てた人が、本多劇場…。
違和感バリバリ;;;(あくまでも当社比)

しかし。
芝居道楽者としては、嬉しい限りですよ!

贔屓の俳優=中川晃教役者として認められた
ってことのような気がして!!

まだ初日の幕が上がったばかりなので、細かい話はできないが…。
渡辺えりさんって、
自身のイメージとまったく違う作品を書くんだなぁ!


これは回を重ねてこなれてくると、ずっと面白くなりそうだ!
1回観ただけでは、なかなかピタッとはまらないが。

なんか、手応えは感じたよ、うん。←何様だ。

詳細は、また!

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

22:29  |  “あ”のつくひと  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |