だばだ~だばだ~ だぁ~♪

毛玉『わたくしこと毛玉=本名:絹代

ヒトでいうなら円熟の四十路

眩いばかりの美貌健康の秘訣は、

毎日下僕から徴収するいただく美味なるヨォグルト!
これ、前にもちょっとお話ししたわよ・ね?
スキスキだいすき!
熱しやすく冷めやすいわたくしだけど、
朝のヨォグルト習慣は続いてるの♪

今朝も美味しくいただいたわよーぅ

フルゥツとかアロエとか、そういう余計なものが入っていないのがスキ!

“プレーン・加糖”がいちばん美味しいわぁ☆
ビヒダス好き
でも!
“プレーン・加糖”だったら何でも良い、ってワケじゃないのよぅ!?

わたくし、違いの判る女ですから
あちこちのブランドを試した結果…。
ビヒダスさん命!
ビヒダスがいちばん美味いっ!!
カップまでキレイに舐めちゃうわ~

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

I Sing~Believe in~(つゞき)

もうちょい語ります!

『中川晃教コンサート2014 I Sing~Believe in~』@東京国際フォーラム


中川晃教くんのコンサートは、マダム妙齢女子人口が圧倒的多数を占める

しかし最近、ちょっと傾向が変わってきたような気もする。
若いお嬢さん方が増えた(社員の前の席なんて制服JKだぜ!?)し、
男の子グループなんかも目立つようになった。
うんうん、良いことだよ♪

そして。

こんなに広いホール、どうしよう;;;
などとまたしても勝手に心配していたのですが、
その心配も無用のようです。

晃教くんのコールに、3階席からもたくさんのレスが!
当日券を求める長い列もできていたし、
ほぼまぁまぁそれなりに満席だった模様

これもひとえに中川晃教くん

あなたが様々なジャンルの舞台に出演し、

幅広~い客層に観ていただいたからこそですよ!


それなのに彼氏、

「これ…なんで僕が??
―と、思うこともあったりするんですが


ぶっちゃけやがった;;;
思わぬ心情の吐露に、笑っちゃいましたが

有難いこと、だと思いましょう・ね☆
ま、働くってなぁ理不尽なことだらけだしな。
「生きてくことは大変」なのであります


「飛ばして行くよ

その発言のとおり、こっから一気に盛り上がる!!

『Listen』でおもむろに、
アンプだかモニターに腰かけ足かけ歌いだしたひにゃあ、

「どうした、晃教さん!?」

あ…新しい恰好良さだね(棒読み)

新曲の『To be is to do』は晃教くんらしいというか、
なんというか;;;
率直な感想といたしましては、

「まーた小難しい曲を拵えたもんだねー?」

歌詞もさることながら、メロディラインがもう複雑すぎて;;;

「ふと口ずさむ♪」とは真逆を行っております。

逆に『止まらない一秒』はキャッチィで判りやすい。
何かのテーマソングになれば良いのになぁ
密かにそう思ってます。

ほぼMCなしで、歌って歌って歌って歌って歌って歌いきる!
そりゃもう大満足の展開であります

思えば晃教くん、冒頭から飛ばし気味だったな。
歌いたいという気が逸って、
心が声より先に伝わる感じ。


後半は特に、危なっかしいところも見受けられましたが。

わたくし、ブレた中川晃教が大好きなのです
わーーーーーってなります。

だって完璧はツマラナイ。
ブレたり揺れたりするのって、
それだけ気持ちがのっている証拠だと思うんだよね?

得てしてちょっとブレたポイントのあるコンサートの方が、

ずーっとステキだったりするのだ♪(当社比)

『I Sing』の名のとおり、
彼は、歌う。

音を外さないようにとか、歌詞を間違えないようにとか、
とにかく上手く歌おうとか…そういうことではない。
「We will let you go」で盛大に出トチったのは、ご愛嬌想定の範囲内だ。

技巧ではなく、想い・だ。

歌に心を乗せる、魂を込める。
歌いたくて仕方がないという、気持ちを込めて歌う。

本当にこの人は、心底楽しそうに歌うのだなぁ。
音楽と真摯に向き合う姿は、愚直で不器用にも見えるけれど、
実に清々しくて美しい

「歌うこと―音楽は、僕の生活のすべて。」

そんな話をしていたように思う。

今回はいかな社員とはいえ、妄想する隙もなかったのであります
そもそも、コンサート中に妄想なんて、する必要がないんだがな;;;

彼の歌の力に、すっかり圧倒されてしまったので。

それにもはや、晃教くんは「カワイイ」ではない。
年相応の「いい顔」になってきたと、
上から目線でゴメンナサイヨながらそう思いました。

「ぐはぁ、カワイイー!」

そういう瞬間は、そういえば全然なかったなぁ?

「私のために歌ってくれている

とは思いましたが。←してんじゃん、妄想ってか暴走!?

そのかわり、

「何て美しいんだろう!

見た目もさることながら、
音楽と向き合うその姿勢が。


陳腐な云い回しだが、うっとりとして歌声を聴いていた。
ただただ、うっとり。
もちろん立ち上がってワーワーしたり、しましたけどね?
そういうことじゃあないんだよなぁ…。

目も耳も、身体中の感覚すべてで、
中川晃教という人の歌声を吸収したい。

少しも見逃したくない、聞き逃したくない。

全神経を集中させているのに、
不思議ととてもリラックスしているような?


ふんわりと歌声の波の中に漂っている。
この感覚は、やっぱり久しぶりだ。

心のいちばん柔らかい場所に降り注ぐ、
雨のような歌声。


中川晃教という人の歌は、

私を潤し生かしてくれる。


ばっちり原動力になってるよ、晃教くん

あ!
あのアンコールの、あれ!

カスタムオリジナルTシャツ姿は、めっさ可愛かった
↑結局これ?

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

I Sing~Believe in~

数ではなく、想い…ですの。

中川晃教コンサート2014 I Sing~Believe in~@東京国際フォーラムホールC


終演後の客席。
ロビーへ向かう人人人の波の流れる通路で、
若い男性(ひょっとしたら玄人)2人がこんな会話を交わしておりました。

「…これ、ヤバいでしょ!?」

「…うん。
こーれは、ヤバいね!」


だろうが、だろうがよ!?

ヤバいだろ、中川晃教の歌声はっ!?


思い知ったっかい?

彼の歌の素晴らしさを!

私なんぞ未だ、脳内で歌声が流れております。
それほど素晴らしいコンサートだったのですよ。

これは私の精神状態もあるんだろうけど。
いかな中川晃教コンサートとはいえ、
どうも消化不良感が否めないこともあるワケで;;;

あまり期待しすぎないように…と、
そう考えながら足を運んだ今回でしたが。

最高であった!!

ありがとう、音楽の神様

ありがとう、晃教くん!!


セットリストはStaffさんBlogに掲載されていますので、
こちら→でご確認を。(丸投げ)

私めときたら、
2曲目の「I WILL GIVE U WHAT U WANT」早くも泣く
いや、この曲ではだいたい泣けちゃうんだけど;;;
歌詞といいメロディラインといい、疲れた心に響くので。

ただ…早すぎやしませんか俺、と

まだ、お衣裳もきちんと確認していないのに!?

衣装は黒のジャケット(襟がサテンっぽい)に黒のベスト
前立てがフリル仕立てになっている白いドレスシャツ、に。
光沢のあるグリーンの…何?マフラー?スカーフ?ゴブラン織り?←こういうの好きだね。
ベェジュと茶色のコンビの靴(ショォトブゥツかも?)
ジャケット同じ素材と思しきボトムの丈が、若干短かったのは見なかったことにする。
↑そういうオサレデザインなんだよ!

私がなにより嬉しかったのが、

ミュウジカル『TOMMY』の楽曲を歌ってくれたこと!

興行的にもいまひとつだったし、評判もあまりパッとしなかった印象だったけれど。

私はこの作品が大好きなのです♪
その後、アルバムも買ったくらいだ。

こんな面白いミュウジカル、観ないなんてもったいない!
そう思ったものだよ。
たぶん「リピィト観劇」をしたのも、この作品が初なんじゃないかしらん?
6回だか7回だか観て、

挙句大阪遠征までしたんだよなぁ!
THE WHOの楽曲が恰好良いのはモチロン、出演者も個性派ぞろい。

なによりトミーを演じる晃教くんの、

なんと素晴らしかったことか!?
その歌声と伸び伸びした演技に、圧倒されたのを覚えている。
私が中川晃教というアーティストに“どっぷり”になるきっかけが、
この『TOMMY』だったのですよっ!


え~…ちょっと珍しいパタァンでしょ
遅れてきたファンだからサ、『SHIROH』でも『モーツァルト!』でもないワケよ?

でもなんとなくね?
『TOMMY』にはもう、触れたくないんじゃなかろうかと思ってたの。

でも、そんなことなかったんだ
晃教くん曰く、

「このミュウジカルには、曲作りにおいても影響を受けた。」

そうか、良かった!

「See Me, Feel Me / Listening To You」かーらーの、
「Pinball Wizard」だもの!

わーーーーーーっ

ってなりました、テンション最高潮です。

いつもなら、

「え?立つの?
立ってもいいの、ここで?」


もたもた考えながら、よっこいしょと立ち上がるのに。
イントロから条件反射で立ち上がっちゃったよ

わーもー嬉しい、超→嬉しい♪

「飛ばして行くよ

その言葉どおり、こっから一気にエンジン全開!

というわけで、つゞく!(急に!?)

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

音楽は続いていく、皆は…。

もうーもうー、まさかのパンフレット売り切れー!?

どうしてくれるの、賢太郎さん!?←とばっちり。
こんなことなら【たべっこどうぶつ】買えば良かったよっ!

中川晃教コンサート2014『I Sing~Believe in~』
無事に終了いたしました☆

いまの私の精神状態にドンピシャだったようで。

大変楽しかったかつハッチャけました!
いつも、ついあれこれ考えちゃうんですが;;;
久々に頭空っぽにして芯から、晃教くんの歌声に酔いしれましたよ。

ワタシ的には『Listen』がツボでした。

「どうしちゃったの、晃教さん!?」

何が始まったのかと思いました;;;
いや、恰好良かったですけどね…うん。

楽しかった~♪
マヂで楽しかったですわ~♪♪♪


現在絶賛反芻中o(^-^)o
詳細は、また!

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

本日は天才祭!

表参道・スパイラルガーデンにて絶賛開催中の、

小林賢太郎さん個展

『小林賢太郎がコントや演劇のためにつくった美術 展』

―へ、行ってきました!
差し替えます
いままで上演したコント演劇作品で使用した、
舞台美術などを一同に展示しています。

アトリエ楽屋再現も!

アトリエの再現は、賢太郎さんの頭の中を覗いたみたい。
発想法の一端を垣間見た感じです。
天井からぶら下がったアイディアメモの数々は、
面白くて見ていて飽きません。

美大出身だけに、絵が滅法上手いの!
舞台で使用するイラストや小道具なども、すべて自作しているとか。
衣装のデザインなんかも、自身でやっているそうな。

それだけでなく、馬鹿馬鹿しいことを真剣にやってる;;;

「ほほ~ぅ

ものづくりに対する真摯な姿勢や、やや行き過ぎたこだわり(!?)など、
ただ面白いだけでなく、学ぶところも多かったです。

10月5日(日)までやってますので、ご興味ある方はぜひ!

そしてこれから。
もうひとりの天才

中川晃教くんコンサート@国際フォーラムを観に行きます!
楽しみだーぃ♪

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

私も呼ばれてません!

仕事の帰り道。
自転車に乗ったお母さん&男の子とすれ違いました。

子どもイスに座っていた男の子(1年生くらい)が、
すれ違いざまに叫んだのが、こうだ。

「猫の集会行きたーーーーーい!!」

少年よ?何なの、その心の叫びは!?
みけさん
三毛子『少年、悪いけど貴方を参加させるわけにはいかないわ。

我ら猫様の集会は、ニンゲンごとき下等生物が参加できるような、

ゆる~い会議ではなくってよ!

しろくろ
クロヒゲ『そのとおり!
我々の集会ではいつも、

壮大にして崇高なテーマ議論しているのだよ。』
ダブルで
クロシロ『「日当たりが良くゆっくり昼寝ができるお宅はどこか?」
とか、
「美味しいものをお裾分けしてくれる飲食店の見分け方について」
とか、
「××公園は子どもが多いので気をつけろ問題」
とか、
「無断撮影する挙動不審なアラサー女子(通称:社員)対策」
…とか、な。』

ミケミケ『どれもこれも、重要な案件だわ
特にいちばん最後のやつ。
またしろくろ
白黒『わかったか、小僧?
猫様の集会はお主らには高尚過ぎて、ついてこられないということを。
わかったきゃっ
わかったら大人しく、家に帰って寝るが良いわっ。

テーマ : ねこ大好き
ジャンル : ペット

初見なのに最終回!


良かった!
こんな深夜まで、無事に起きていられた!←子どもか。

『孤独のグルメ』を視聴中。

なんとゲストが小林賢太郎氏
ドラマに出るなんて、意外だ;;;

出演シーンが、まんまKKTVで魂消たよ(*_*)


追記:それにしてもこのドラマ、見てるととてもお腹が減る。
    アジフライ超→美味そう~☆☆☆

テーマ : 深夜番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

おかえりウォッチ。

帰ってきたぞー!

私のXC様が帰ってきたぞー!!
時計様が!
「次回はオーバーホールしないと駄目ですよ。
電池は入れ替えましたけど、そう長くは動かないと思いますよ?」


電池交換した際にそう勧められつつも、
だましだまし使い続けて数か月

それからわずか数か月しか経っていないのに、
遅れたり止まったり…。
プロの見立てどおりです;;;
ご機嫌ナナメになってしまった、社員愛用の腕時計

仰せのとおり、オーバーホールに出しました。
メーカーに送付して、分解掃除を行わないといけないとのこと。

1ヶ月半はかかるとなっ!?

ちょうど夏休みの最中
仕事につけていけるような時計を他に持っていないので、

不便だったのなんのって
早く帰ってきておくれ~!と思い続けて、ようやく!

ピッカピカ☆になって帰ってきました~
ムゥブメントの分解掃除だけでなく、外装のクリィニングもしてくれたんだって♪

3万円ちょっとで購入した10年超ものの時計を直すのに、
1万8千円もかかりましたが;;;

使い易い見易いし、

デザインもとーっても気に入ってるんだもーん

手をかけてやれば、長持ちするもんね?
このまま大事に使い続けて行きますよ~♪
カン違いすんなよ
黒玉『それは良い心がけだがな?

こないだのといい、今日の時計といい…。

おいらはディスプレイ什器じゃねいぞ

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

父親の地位向上問題(大袈裟)

毛玉『へ~?

秋分の日って祝日で、世間はお休みだったんだ~?

知らなかったー(棒読み)
切ないったら
さて。
祝日だろーがなんだろーが、問答無用で仕事だったワープア社員。
仕事場のお手洗いで、小さな姉妹に遭遇したそうな。

そうねぇ?
お姉ちゃんが5歳で、妹が3歳ってとこかしらん?

社員がトイレに入っていたら、外から泣き声が。
どうやら妹ちゃんの方がどこかにぶつかったか、
ドアに手を挟んじゃったかしたみたい!?

そこでお姉ちゃん曰く、

「だいじょうぶ、だいじょうぶ!
私が治してあげるから


頼もしい、かつ微笑ましいなぁ
そう思って黙って聞いていると、続きがこうよ?

「痛いの痛いの~…パパに飛んでけーーー!!

えぇぇぇぇぇぇっ
ありゃあしないわ
なるへそ。

ママがきっちり教育してるのねぃ!?

まぁ、あれよ?
どこのご家庭でも、父親の扱いなんてこんなもん

だからパパは心が痛くても我慢よ、大人なんだから。』


私は笑いそうになるのを我慢しました、大人だから。

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

どっちも出遅れた感は否めないがっ。

黒玉『社員が昨日購入した本2冊
昨日の収穫
装丁がクリソツじゃないか!?
―と思ったら、同じ出版社だったよ

小林賢太郎さんの本が本屋さんの“タレント本コーナー”に並べられていたことに、
軽~く衝撃を覚えた社員だったケド?


「中身を読んだら、なお魂消ましたよ。
まだ途中までしか読んでないですが、サン○ーク出版の本かと;;;

並べるならビジネス書か、自己啓発本コーナーじゃねいのー!?

作り手としての姿勢に頷けることも、
なるほど!と思うこともたくさんあるんですがね?

それよりなにより、

素朴に賢太郎さんが心配になりました

宣伝じゃないぜ
手前のことを棚に上げて、天才の心配してんじゃないよ!?
おいらはオマエの行く末の方が、よっぽど心配だよ。

おまえはもう一冊の方―スー女史の本を読んで、

とっくり反省するが良いわっ!!』


どっちかってゆーと、
スーさんの本を読んだら安心しちゃいそうですが。

随分と版を重ねて、好評を得ている本のようです。

社員はスー女史のラヂヲ番組(超→面白いの!)リスナァなのですが、
その中で結構著書の話題が出てくる。
これはワナだと判っちゃいるのですが、ちょっと興味がわいたので購入しました。

チラ見したところ、いろいろ耳が痛いことが書かれている模様★

賢太郎さんの本は発売日をメモっておきながら、

まるっと忘れていたという
気づけば2刷である。

行間から滲み出る賢太郎さんの、

無自覚に病んでる(!)感じ。

大丈夫かグッときます。

ドキドキしながら読んでいます、ある意味。

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

親戚なの?他人なの?

ランニングの途中でお会いした猫様

新顔だーぃ
どちら様で?
白黒『だだだだだ誰だ;;;
おまい誰だ!?』

どこの猫様も一発で、社員が不審者だと見抜きます。
野生の勘、さすが!
ハナ黒い
近寄ると逃げるので、超ズームで撮影。
おかげでボケボケ

とっても特徴的な柄をしてらっさる、と思ったら?
こっちもハナ黒
お向かいのお宅にいた猫様も、個性的!

ありゃ?ちょっと似てますね!?
方や野良さん、方や飼い猫さんだけど、
親戚だったりするのかな?

テーマ : ねこ大好き
ジャンル : ペット

春は牡丹餅、では秋は?

社員が走っている川沿いの遊歩道は、

ただいま萩の花が満開
萩の花だから
石垣のような壁一面、赤紫の花で覆われています。
おはぎなのです
秋風に揺れる、可憐な萩の花。
季節の移ろいを感じますなぁ?

かたや、社員家。
だいすきなのに~
隙間風吹く倦怠期の夫婦のごとき、

びみょ~な距離感のふたり;;;

嗚呼こんなに
黒玉『おねえちゃん…。
こんなに近くにいるのに、ブラジルより遠い。

おいらとおねえちゃんの心の距離がっ!
とほほだな~
嗚呼!
いっそ家庭内別居でもしようかしらん


毛玉嬢的には「大歓迎!」―な、ハズ★

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

この件に関しましては、です。

毛玉『昨日は大地震のさなか、

映画なんぞを観に行きやがってた社員。

しかも『るろ剣』

幼気な猫ちゃんたちをほっぽらかして、

なにやっちゃってるのよーぅ

どうっちゃえーといえば
―と思いきや…。

まさか、かあちゃんも観に行っていたとは!?
どーっちゃえーけども
そのうえかあちゃん曰く、

江口洋介がいちばん良かった!」

親子揃って江口洋介as斎藤一大絶賛となっ!?
気になるわよね?

「斎藤一100点

ってのは少数派だと思いきや、
社員家だけで2票も投じられたyo!?

やっぱり親子。
感性が似通ってるってことねぃ;;;』


あー、いろいろ語りたい!
原作完読した上に映画全部観たって猛者は、
残念ながら私の周りにはいないんだよなー。

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

結局全部観ちゃったじゃん;;;

黒玉『すげぇ揺れたね!?
びつくりしたよ・ね?
久々に大きな地震だったなぁ
みんな、無事だったかな?

社員はこの地震のさなか、
呑気に映画館にいたんだってよ?
カワイイ猫ちゃんたちを、家に置き去りにしてからに!


人聞きの悪いこと云わないでよ~。
地震が起こるなんて、予測できないでしょうが;;;

映画館内で予告編を観せられている最中に、
地震が起こったんですもん。
揺れ始めたらどんどん大きくなったんで、
心配になりましたよ;;;

いったん中断したものの、
上映が再開されたので、しっかり観てきましたがね。

『るろうに剣心~伝説の最期編』をっ!!

三部作全部観ちゃった、良いお客さんでーすーよー

やっぱり福山雅治比古清十郎だったや
いや、福山氏は恰好良い。

恰好良いんだが、違うんだよ~。
比古って感じじゃあないんだよな~?

そして比古×剣心のシーンが、想像以上に長かった;;;

あれだけ長い話を良くまとめたとは思うけど、
特に今作は展開が急だったよねぇ?

志々雄が、

「おまえは誰だ!?」

って云ってたけど、

「ごもっとも!」

と思いました。

唐突!

特に蒼紫が唐突過ぎる!
おまえ誰やねんって、そりゃあ志々雄も思うだろうよ
突然乱入してきて、何してくれてんの?ってもんだ。
もう逆に面白かったわ。

佐之助VS安慈がなぁ;;;
毎回そうなんだけど、佐之助の闘いっぷりが残念なんだもん。
格闘バカみたいじゃないか!
安慈もあんなキャラじゃないでしょ、二重の極みとか関係ねーのな。
あー、モヤモヤするー。

ってか斎藤一

もっと斎藤一の見せ場を作れってんだよ

もうーもうー牙突が雑だよー!?
あれじゃメインキャラなんだか、強いんだか、何だかわかんないじゃーん;;;

見た目バッチリ斎藤なのに!←社員的には100点です←たぶん少数派

しかし悔しいかな、良くできていた
佐藤健がハマリ役だったし、殺陣シーンが文句なくカッコイイし!!

なにより藤原竜也がスゲェ
舞台では良く拝見してわりに、ドラマや映画はほとんど観たことないのですが。
メディアが変わっても、藤原竜也は藤原竜也!
彼の怪演だけでも、見応えアリだわ~。

思わせぶりに何度もが登場してたけど?
まさか縁編とか、やる気じゃないでしょうね!?

…きっと観ちゃうよ。

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画

広島に原爆を落とす日

三茶って遠いよ;;;

つかこうへいダブルス2014
『広島に原爆を落とす日』@シアタートラム

つかこうへい 脚本  岡村俊一 演出
馬場 徹 河北麻友子 高橋龍輝 桑野晃輔 大久保祥太郎
早乙女友貴 山下翔央 久保田創 吉田智則 広海深海 市瀬秀和


馬場徹氏とは何者かを、かあちゃんに説明する社員。

肩を壊して野球部をクビになった人だよ。」

「あー!○○(役名)かー!」

『ルーズベルト・ゲーム』の知名度恐るべし

私はドラマを見ていないので、ネット情報なのですがね;;;
馬場氏投手役だったそうで。

それはさておき。

内田有紀ちゃん、恰好良かったなぁ

かつて内田有紀嬢は、
つかこうへい作品でヒロインを務めていたのですよ。
社員はこの頃に良く、つか作品を観に行っておりました。
『飛龍伝』とか『銀ちゃんが逝く』とか。

キレの良い芝居に、迫力のアクション!
とってもステキだったんだよね~。

などと。

劇場でヒロインの芝居を観ながら、

遠い日の花火に思ひを馳せてしまった;;;


なんで彼女?
申し訳ないけど、全然イメージに合わない。

ってか、棒過ぎるでしょ!?
イスから転げ落ちそうになりました。
台詞も良く聞き取れないし、動きのぎこちなさといったら

良かった。
『幕末~』じゃなくて良かった。
あちらはガッツリ主役だもんなぁ、厳しいよ~。

どんなに辛辣な言葉が並ぼうと不快でないのは、
それが真実を突いているから。

だって本当に、その通りなんだもの。

つか作品はどれも暴力や差別を描いているけれど、
それは表層のハナシ。
根底に流れるのは、まったく別のものだ。

だからこそおちゃらけずに、

もっと硬派にやってもらいたかった。


いらなくない?
内輪ウケだけのネタとか、芸人(なの?)のオフザケとか。

途中であまりにも方向性が定まらなくなってしまって、
残念でならなかった。

せっかくの馬場氏の好演も、
無駄になってしまう。

ほかにも吉田智則氏とか市瀬秀和氏とか、
良い味出してる役者がいたのになぁ!?

ストォリィそのものは、とても面白い。
いまこの作品を上演することの意義も、
結構重いのではないかしら?

だってこれ、近い将来再び通る道、って気がするもの。

ディープ山崎の最期の独白は、ずしんと胸に響く。

もう一度、今度は違うキャストでじっくり観たいものです★

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

VAMP(たぶん甘口)

千秋楽だよ全員集合!

『VAMP~魔性のダンサーローラ・モンテス~@EXシアター六本木


作詞家にしてコラムニスト、アラフォー、生粋の日本人であるジェーン・スー女史が、
先日ラヂヲでこう力説しておった。

小柄な男性はエロい!
小柄であるからこその、色気がある!」


同意!激しく同意!
スー女子に一票でありますっ!

具体的に藤井フ○ヤ氏とかhyd○氏の名前を挙げてらっさいましたが、
そこに是非っ!

うちの中川晃教氏も加えてください!

でも、そんなにエロくはなかったですな?
晃教さん演じるエロテロリストフランツ・リストは。

黒木メイサ嬢演じるローラ・モンテスと、
「ローラが一番愛した男」フランツ・リストの段。

なにー、あのエロティシズムを勘違いした演出は!?

「エロティシズムとインテリジェンスの、バランスが絶妙だ。」

とかなんとか云わせておきながら、
そこは目指さなかったわけか?

ありゃエロティックなのではなく、下品

あまりにも下衆い演出で、

もはやギャグにしか見えなかったyo。


ベッドシィンをイメェジ映像でお届け!
ってのは判るが、もうちょっとどーとかなんなかったのか?

メイサ嬢も可哀そうだし、晃教さんも気の毒

ほらーもうー、辛口になってきたー

そんなこんなですので、

千秋楽は晃教さんにロック・オンですよ!?

彼氏演じるフランツ・リストは、なかなかオイシイ役どころではあった。

なんせピアノを弾き!歌う!歌う!

先のローラとのシーンでも、一心不乱にピアノを弾いているワケですよ。

スーテーキー

たとえ下衆い演出でも、晃教さんがピアノを弾く姿はステキです

身体全体を使って鍵盤を叩き、振り絞るように歌う。

こういうときなのです!

小柄男子万歳!!
―と思うのは。

それにしても、あの衣装
あれはー、ダメだー。

身体の線が出るパンツはやめてください、

何故なら気が散るから(爆)

せめてジャケットの丈を長めにしてください。
見ちゃうもの!←どこを?

お衣裳、お似合いでしたわ
くるくるの髪型も可愛かったし。

さて。

早乙女太一氏演じる「闇」とも対になっておりまして。
先ずローラと闇が一心同体なわけだが。

晃教さんがピアノ弾き語りで心情を歌い、
それに合わせて闇が動く
―という。

「やァ、こんにちは。」

闇がローラを唆す。
母親を殺せ、と。

「この手で、殺してやる!」

そう歌っている晃教さんぞっとするほど良い顔をする
舞台上手にグランドピアノ、
そこから舞台中央のローラと闇を覗きこむ表情ときたら!

なんと色気のあることか

また歌が良いのだ。
“魂の叫び系”の曲を歌わせたら、右に出るものはいない。
冒頭の『レクイエム』も、頭ひとつ抜きん出ていたけれど。
私はこの『君の中に生まれた闇』(ってタイトルなんだ!)が、
いちばん印象深いなぁ♪

確かこのシーンのあと?

舞台中央に、中川リストだけが残る。
こちらに背を向け、闇が去りゆくのを見送る。
見届けて、こちらを振り返る…。


ぐはぁ
心臓を射抜かれた気分!

たったこれだけ。
すっと立った後姿から、こちらを振り返る―。

これだけの所作が、ものすごく美しくドラマティックなのだ!!
台詞も何もないのに、だ。

晃教くんは芝居の中で度々、何かが“降りる”瞬間があるんだよなぁ!?
歌っているときもそうだけど。
こっちは雷に撃たれたような衝撃を受けるんだが;;;
本人はきっと無自覚だから、質が悪い

あ。
全然関係ないケド。
中河内デュジャリエに銃口を向けられて、
思わずホールドアップしそうになったのは、
私だけではないハズ・だ。
芝居だと重々承知でも、あれ結構コワいね;;;

閑話休題。

アレクサンドル・ニーロ・デュマの「低予算ミュウジカル」のシーンでも、
全力で歌い上げてるのが可笑しかった
しかもアラミス!

ニーロさんとも久々の共演、かつ貴重な共演シーンでーすーよー♪

マントを被った男たちとしても、一緒に転換作業をやってらっさいましたねぇ。
ニーロさんとのコンビは、さとし王のシーンですな☆

マントの男はいろいろな役を次々演じて、
晃教さんを探すのがなかなか難儀でした;;;

今回、かーなーり踊ってましたね!
晃教さん、ダンス頑張ってましたっ。

晃教さんが踊ってるのを観るとどーしても、

「頑張れ―!」

心の中でめいっぱい声援を送ってしまいます;;;

若干心配です。

だって他のメンバー、超→ダンサーじゃーん。
母の心境で生温かく見守ってしまうわ

こうしてみると、見どころはある、のです。
晃教くんだけでなく、役者それぞれに見せ場があるし。

それなのになぁ;;;
何だろね、この残念なカンジは?

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラムって久しぶり!

劇場近くにあるカフェ【マメヒコ】の、

円パンホエー豚ベーコン激ウマだった件☆☆☆

というわけで。
馬場様こと馬場徹氏主演『広島に原爆を落とす日』を観てきました!
2年に1回くらい、つか作品が観たくなるのです。

ヒロインの棒っぷりに、心底魂消ましたが;;;

やっぱ吉田智則だな!!
北区(だったはず)仕込みの、生粋のつか芝居
声が違うもの、声が。

馬場様の長台詞も圧巻!
最後の最後で、心揺さぶられたわ。
貫禄充分だなぁ、彼氏ー!

もうね、ついてこられないヒトは、おいてっちゃっていーよ!?

詳細は、また!

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

今年最後の?


スーパァムゥン
見てますか?

たまには空を見上げてみるのも、良いものだよ☆
↑渚カヲル風に読んでください。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ひと味違うな、千秋楽!


カーテンコールの拍手を送る客席に向かって、

「帰ってください!」

とは、山内圭哉黒木メイサってなもんですよ!?

本日『VAMP』千秋楽!
出演者が等しくケガをしたと思われる(爆)この舞台も、
リピィトすればそれなりに、味が出てくるようなこないような;;;

いや、ハイ…おなかいっぱいでございます★

中川リスト晃教さんは、なんかアレでしたね。←どれ?

いろいろ要所要所で、

「ぐはぁっ(°□°;)」

となりました、いやん。

肝心なコント…もとい…ローラとのエピソォドシィン以外でも、
いー仕事してました!

歌!ダンス!転換!コント!←だから違うって。

すべて頑張ってましたが…やはり歌!

晃教さん、頭ひとつ抜きん出てますよ。
さすが!

特典DVDを見るのが、いまから楽しみですわ♪
いろんな意味で;;;

詳細は、また!
たぶん晃教さんのことしか書きませんけど何か?

だって今日は、主に彼しか見てないもんねー。

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

社員ねこ歩き(地元編)

地元商店街の中に、小さなホテルがあります。

その前庭に、いつも集ってらっさる猫様
じもてぃですの
奥にいるサビ猫様は、最古参です。
顔はちょっとオッカナイけど、気さくで懐っこい

彼女には、そっくり同じ顔の姉妹がいらっさいます。
そっくりすぎて吃驚する;;;
kawaiiでしょ?
シマ猫様は、たまーに見かけるくらい?
一定の距離以上近づいてきません。
カワイイって云え!
社員が怪しい人物だって、見抜いているのだろうか

テーマ : ねこ大好き
ジャンル : ペット

社員ねこ歩き(谷中編)

桜花盛りの時分。
盛りのころね
谷中の諏訪神社でお会いした、
諏訪神社の
ファニィな狛犬さん…じゃなくて;;;

猫様がいるのです
にゃんですか?
境内にある、倉庫の前。
うらうらと春の日差しが降り注ぐ中、
うとうととお休み中。
寝てるのです
なかなか良い面構えをしてらっしゃいます♪

テーマ : ねこ大好き
ジャンル : ペット

上野はパンダの国ですから

9/15まで開催中『橋本コレクション指輪』
@国立西洋美術館を見に行ってきました!

個人コレクションだったとは思えない、名品の数々!
指輪というのは宝飾品でありながら、
それ以上の意味と価値があるのだなぁ。
ちょっと重すぎて、気持ちが萎える;;;

結構見応えがあって、2時間以上かかってしまった。
関連絵画の展示やファッションの変遷の紹介もあって、
たいへん興味深かったです。

しかし。

なにはなくとも単眼鏡
こういう技巧を凝らしたちっこいものを鑑賞するには、
単眼鏡はマストアイテムですよっ!?
購入しよう、マヂで。
まさか白いとは!
本日のランチは【上野ガーデンテラス】にて、

“ぱんだdeかれー”なるものをいただきました!
甘口ホワイトカレーの池に、どっぷり浸かるパンダ様。
ぱんだかれー
シュールだ。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

清き一票入れちゃって!

みなさま、「ゆるキャラグランプリ」ってご存知?

全国各地から自治体や企業の命運を背負ったキャラクターが集まる、

年に一度の“ゆるキャラの祭典”だっ!!

かくいう社員もキャラクターの中のひ…ごほっごほっ…え~;;;
な、なか…仲間に!エントリーしているお友だちがいるので
わりと他人ごとではないのです。

動向が気になって仕方ないよ!

俺の雄姿を見ろ!!
―と、え~…お、お友だちが、申しております。

《業務連絡》
本日より投票開始ですので、ぜひとも清き一票を
なんだったら会社のPC、自宅のPC、ケータイ・スマホからと、
1日3ポチお願いしやすっ!

そういえば我が家にも、ゆるキャラっぽいのがいたや
ちがうったらちがう!
毛玉『失敬な

神が作りたもうた最高傑作といっても過言ではないわたくしの、
いったいどこが「ゆるい」ってーのよぅ!?

ゆるキャラってのは、こーゆーの↓でしょ?』
ゆるキャラに負けない!
ねこもん。
ほっぺが赤丸なキャラクターは、人気が出るの法則。
かわゆいにゃ~
黒玉『か~わ~い~い~
これは全国区になるよ~


どっかの自治体・企業の方、
デザイン採用しても良くってよ。←

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

VAMP(辛口)

遅ればせながらMY初日!

『VAMP~魔性のダンサー ローラ・モンテス~@EXシアター六本木


桐生操 原作  浅井しずか 脚本  岸谷五朗 演出
黒木メイサ 中川晃教 水田航生 新納慎也 中河内雅貴
早乙女太一 橋本さとし


ある程度厭な予感予想はしてたけど、
のっけからブチかまされるとはな

冒頭のあのシーンの、既視感ときたらどうだ?

エリ○ベートかよっ!?

と、ツッ込んだのは私だけではないハズ・だ。


「あれ?観たことあるぞ?
―デジャ・ヴかな…。」


トー○ダンサーが登場するんじゃなかろうかと、ドキドキしたよ!?

まさかのまるっとパ本歌取り!?
影響を受けたのですね?
リスペクトですか、判ります。

鏡を使った演出というか舞台装置も、

『カリギュラ』を彷彿とさせて、度肝を抜かれましたや。

演出家、良く勉強してるなー(遠い目)

ツッコミどっころが多すぎて、

「もはや、ツッ込んだら負けなんじゃねいか?」

そんな怒涛の展開の連続です、嗚呼!

一緒に行った友人は睡魔と闘っていたそうですが、
こちとら一睡もできやしません

ローラ(黒木)を初めとした登場人物の書き込みが浅いうえに、
展開が唐突過ぎて何が何やら;;;
1つ1つのエピソードが短いにしてもだよ?
もうちょっと語りようがあったんじゃないかな?

そこへもってきて、微妙な演出
シリアスなんだか、笑わせようとしてるのか?
結果「長いコント」みたいな印象になってしまった;;;
いつもそんな感じなんだよねぇ?
私とは決定的に、相性が合わないようです★

役者陣はどなたも、個性的で芸達者。
これだけ素晴らしい面子が揃っているのに、のに…。

とまれ。

黒木メイサショウ

メイサ嬢は頑張っていました!
どっちかというと体育会系というか、男前な彼女。
とっても綺麗なんだけど肉感的な感じがしないので、
魔性の女とかファムファタルというのはちょっと違うかも?

しかし。
ダンス殺陣アクロバットも、

何をやっても完璧にこなしちゃう
正直、ホントに凄いと感心しましたよ!
恰好良かったですわー!!

初めて彼女を観たのが『調教師』で、
水槽の中にザブンと飛び込むシーンが鮮烈な印象だった。
今回の舞台のラストでも、水を被っておりまして。
なんとも「水」の似合う役者だなぁと、おかしなところで感心してしまった。

えーっと;;;

肝心な中川リスト晃教くんの話を、まったくしておりませんが。
リスト&ローラのシーンがいちばんコント風味満載だった、
と―感じたことは内緒だ。


それはまた、次回。

次回(千秋楽)は晃教くんしか見ないだろうからね~

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

tacataca

Author:tacataca
【天使】になった社長&黒玉。
まだまだ現役バリバリの毛玉嬢。
ツンデレ美魔猫☆と
ボンクラ社員の振り回され―否、
癒されライフ。
どーする?!どーなる?!

コメントいただけると嬉しいでっす♪

☆ご注意☆
コメント・トラックバックは、 ネコ社長(半透明)の承認後にUpされます! ブログに関係のない内容のものは、 社長がザクッと削除することもございます。 ステキなコメント☆には、 社長がお返事するかも?!
FC2ブログランキング
お気に召しましたらネコパンチ一発!!

FC2Blog Ranking

最近の記事
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
いつでも里親募集中

緊急災害時動物救援本部
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ