天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。
読み応え、アリ!
2016年08月31日 (水) | 編集 |
書店を何軒も回ったのに、どこの店にも置いておらず;;;
これだから地元は

結局、密林で購入しました!

『Actor’s Mind 気鋭のミュージカル俳優たち』
ミュージカル俳優、たち

見よ!この通好みのラインアップを!!

いわゆる「プリンス」は取り上げていないという、
この人選はなかなか上手い。

才能に恵まれているのに叩き上げというか、
這い上がってきた感満載の面子

まだ斜め読みしかしてないけど、
大変興味深く内容が濃い。

あー、そういうことまで語るんだ・・・。
みんな本音で語っているので、読んでいて結構ひりひりする。

こんな地味~な表紙だけど、写真も満載
↑この装丁も良い。アイドル本っぽくしなかった点を高評価。

都会の書店には並んでいると思うので(‐_‐;)
ご興味ある方は、是非チラ見だけでも!

まだ終わってない子はいねーかー!?
2016年08月30日 (火) | 編集 |
終わったぞー!!
終わった祭
本日で社員仕切りの夏休みイヴェントが、

全て終ー了ーしーたーぞー


今日はライオンロックのせいで、

「すわ中止きゃっ!?」

昨日からどっきどきだったけど、

無事開催&無事終了!

嗚呼!

これで全部終わりだーぃ♪(/・ω・)/ ♪

やった・・・やり切った・ぜ、俺!

長かった夏休み(もちろん私のではない)も、残すところあと1日。

宿題終わってないチビッコどもよ。

せいぜい泣きながら読書感想文なり何なりを、
徹夜で仕上げるが良いわっ!


中川晃教弾き語りコンサート2016
2016年08月29日 (月) | 編集 |
何故脱ぐ!?

『中川晃教弾き語りコンサート2016』@HAKUJU HALL

中川晃教(Vo.P)

ふわふわと漂う。
中川晃教の歌声の海に。
ふうわりと包み込まれる。
降り注ぐ彼の声と空気に。

デビュウ曲「I WILL GET YOUR KISS」で幕を開けたコンサート。

「物凄く緊張してる;;;」

というわりには、
登場した途端に靴を脱ぐ晃教氏

どうした、おい?←たぶん客席の全員がツッコんだであろう。

ワインレッド(?)の総スパンコォルのデッキシュウズを、
登場して間もなく徐に脱ぎ、ステェジど真ん中にセッティング←
緊張感が頂点に達すると、人は奇行に走るものなの?
ってか素足で靴を履いてたのか(括目)、純一かっ!?

裸足でピアノを弾くとか、晃教くんらしいといえばらしいな

ちょっと透ける織模様(に見えた)の黒いシャツに、
ジップアップの黒いベスト。
サイドに白いラインの入ったパンツは、どこかで見覚えがあるかも?
髪が少し紫がかって見えたのは、照明の関係かしらん?

すっきりした衣裳も髪型もステキで、

いつもより男らしい感じです。
裸足ですが;;;

そして細い!

『ジャージー・ボーイズ』後半から、
ずいぶん痩せてきたとは思っておりましたが。
横から見ると、

「薄っ!?」

細いどころか薄いもの!
腰の細さにクラクラするわ

楽器は、ピアノ1本と中川晃教の声だけ。
意外にもガチの弾き語りコンサートは、今回が初めてだったのね!

本人も「緊張する!」と云っていたとおり、
こちらにもその緊張感がびしびし伝わってくるステェジでした。

良い意味での緊張感、です。

セトリをうろ覚えなのでアレですが、
初めて聴いた曲あり!久しぶりに聴けて嬉し曲あり!
ヴァラエティに富んだ選曲になっておりました。

多分キィワァド「孤独」でしょう。

この人の抱える闇は、どれほどのものなのだろう?

思わず考えてしまうような・・・というと大袈裟だけど。
晃教くんの歌詞には、ハッとさせられることも多い。
根底に孤独感漂う曲が多いので、
ちょっと危なっかしい気がしてしまうんだよなぁ

いつだかの『ポピュラーウィーク』以来、
いちども聴く機会がなかった「ピエロ」もそう。
もう一度聴きたいと願っていたので、想い叶って嬉しいのですが♪

初めて聴いたときの衝撃たるや!
晃教くん、何があったの?
何があったらこういう歌詞を書くの、と思ったものだよ。

今回は「ピエロ~音楽が消えることのないDANCE FLOOR」という流れ。
う~ん、これだといくらか救われるかも?

『フランケンシュタイン』(ミュウジカルではない)からインスパイアされたという、
「LONELY MAN」は初めて聴きましたが、なかなかどうして。

中川晃教という人間は歌うことと曲を作ることで、
微妙な均衡を保っているんじゃなかろうか?

なんという危うさ!

このあたり、MCも興味深かったわ(´・ω・)
何をしでかしたんだオマエ!?みたいなみたいな~。

私も大好きな曲「CHINA GIRL」
いままで様々なアレンジをしているけど、

弾き語りVer.も恰好良かったなぁ

これも大好きな曲「道」も、
ピアノ弾き語りで聴くにはピッタリ!
これは「花のワルツ」のアレンジも、
ひとつの物語のような歌詞も素晴らしい♪

久しぶりに晃教くんらしい、

伸び伸びとした歌声を味わえました♪


気取らず、気負わず。

これだけ自由自在に歌えれば、そりゃあ楽しいよねぇ
持ち前の―与えられた才能だけでなく、
これまでの経験や訓練、努力のなせる業でしょう。

めきめき上手くなっているものね!?
昔のCDを聴くと、吃驚するもの。
晃教さん、歌が上手くなったなー、と。

ただ歌が上手いだけではない。
曲によって、場の空気までがらりと変える。
聴く者の心を、胸を打つ歌を歌える。

心に届く歌を歌える歌い手は、そうそういないよね。

今回は歌声はモチロン、
ピアノを弾く姿を堪能できたことも嬉しかったデス♪

単刀直入に云うと、エロい。←直入にすぎる

全身を使って鍵盤を叩く姿が、

どうにも色っぽいのですよー


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;ぐはぁ(〃▽〃)+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

腰を浮かせて弾く様は、もう反則・だ!!
しかもあれですよ?
HAKUJU HALLの天井にどうした仕組か、
ピアノを弾くその手元が反射していたのですよ?←気がついた人、挙手。
映ってるの、天井に!
気づいたらそっちも見ちゃう。

素敵だなぁ、裸足のピアノマン

この歌声に・・・中川晃教という歌い手に、

出会えた奇跡に感謝☆


9月のライヴも楽しみにしております!

16年目も一緒に…たぶん。
2016年08月27日 (土) | 編集 |

本所七不思議のひとつ『おいてけ堀』の碑があったよ!
別に暗喩ではないよ。

中川晃教くんデビュウ15周年記念FCイヴェントに、
参加してきました!

云いたいことはたくさんある、山ほどある。

しかし。

晃教さん本人が大変楽しそうだったので、良し!

晃教さん、15周年おめでとう☆
この先どんな地平を見せてくれるか、楽しみにしている・ぜ!

ついて行けるかなぁ(苦)

夏の夜の夢、かも?
2016年08月26日 (金) | 編集 |
意識が飛ぶ。
ふわふわと舞い上がる。
軽やかに飛翔する。
時空どころか、次元をも超える。

『中川晃教弾き語りコンサート』@白寿ホール

不思議な心地で、聴いてきました!

歌声を聴いている間に何度か、ハッとして引き戻された。

心が宙を舞ってしまう。
あなたの歌声のせいで。


詳細は、また!

社員の半分は妄想でできています(嘘)
2016年08月25日 (木) | 編集 |
本日の記事は、読み飛ばしていただいて結構です
夏休み(私のではない)もついに終盤、疲れてるんです_(:□ 」∠)_
勘弁してください~。

予期せず某ドラマにだだハマリしております。
飯テロどころか、
まさかの総料理長テロ発生で魂消たΣ(゚□゚(゚□゚*)
毎週楽しみデス★
本編とは無関係
【MOKUOLA DexeeDiner UILANI】のパンケェキ(飯テロに因み)

社員成分の妄想比率、本当は8割です。
しかもほぼ腐ってます。
薄い本がないのならば、己の妄想力で補完します。
上記作品につきましては、絶賛脳内補完中です。

あ、残りの2割につきましては、皆様の妄想にお任せします。

もう、そうするしかない。『小指の思い出』名台詞!

もうそうするしかないから妄想してるんですが、
逆にしないヒトっているのかって話ですよ!?

するでしょ、アナタも?

この世知辛い世の中。

己をだましだまし渡っていくには、

妄想でトリップでもせにゃやってらんねーっつーの


現実逃避ドンと来い!
残暑も人生も、妄想力でえんやこらと乗り越える・ぜ!?

箱の中身は・・・知らなくとも良い。
2016年08月24日 (水) | 編集 |
気をつけな、気をつけな。

妖怪にゃ、ダンボール箱に似たのもいるんだよ!?
アクエリ・・・なんとか
箱の中からにょろりと手が出て、
にょろりと出てます
「おいで~、おいで~

するかも知れないよー((((;゚Д゚)))))))
自己主張なのね?
毛玉『誰が「妖怪にご用心」だ、誰が
可愛い妖精さんを捕まえて、妖怪呼ばわりとはなにごと!?

それから「箱の中身はなんじゃろな?」とかやったら、

歯形が残るまで噛むからね!』

まだまだ油断めさるな!
2016年08月23日 (火) | 編集 |
毛玉『台風一過でムシムシ暑い
どりんきんぐ水
8月も下旬とはいえ、まだまだ熱中症には厳重警戒が必要よーぅ!!
ぺろぺろしてると思いきや
お水飲みなさい、お水

喉が渇く前に飲む、ここ重要!
その実頭から
わたくしも気をつけて、こまめに水分補給をしているわ(=゚ω゚)ノ
特に、冷た~いお水が大好きよーぅ。
あびているダケ
良い子のみんな!
わたくしを見習って、熱中症対策して・ね!』


結局のところ、姐さんが云いたいのは?

「頭から水を浴びろ!」

と、いうことでよろしいか?

スーさんの次はミンさん
2016年08月22日 (月) | 編集 |
毛玉『みなさま、ご無事でしょうか?

ミンドゥルこと台風9号が、11年ぶりに関東上陸!
暴風雨による交通機関のマヒやら、停電やら河川の氾濫やら土砂災害やら・・・。
大きな爪跡を残して駆け抜けて行ったわねぃ

被害に遭われた方は、いらっしゃらないかしらん?
一過るかな?
社員?
ワープアですもの、

もちろん悪天候関係なく出勤に決まってるじゃない


社畜 ワープア 大人たるもの、当然です!
これしきの嵐で休ませてくれるもんですか。

しかも今日は、ワタシ1人だけが出勤ですよ!?

おひとりさま勤務ってナンダヨ!?

もう誰もいないのを良いことに、
暴風雨最高潮の頃合いを見計らって、
事務室の窓という窓を全開にして、

“『NO.6』ごっこ”(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!
でもしてやろうかと思いましたが、
すんでのところで思いとどまりました。

大人ですから。」



だいぶ前から判ってはいたけど・・・バカなの?

そんなことしても誰も迷い込んでこないから。

ってか各地で被害が出てるのに、それどころじゃないっつーのッ

このあとまた次なる台風、
ライオンロックが来るかも知れないんだから!
みなさま、くれぐれもお気をつけて!!

・・・・・・・・・それにしても。

“ライオンロック”て(苦)

毎年生まれ変わります(気分は)
2016年08月21日 (日) | 編集 |
今年も無事に来た!
私こと社員。

本日目出度く、誕生日を迎えました

当年とって28歳になりました!←「何度目だ?」とか禁止。

もうね~、己が幾つになったのやら?
だんだん薄らぼんやりしてきた・ぜ!?
何ぞの書類に記入するときとか、しばし考え込んじゃうもの;;;
下1ケタ何だっけ?0?1?

大体でいーんじゃね?

昨日は品川のホテルで、ムジナーズの面々とランチしてきまたよ~
女子はピンク!
ステキなプレゼントも、
クロネコでっす!
たーくさんいただきました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
いっぱいネコネコ
みんな、ホントにありがとね♪
かつをまで!
今日は前の職場の友人から、嬉しい宅配便

こうして祝ってくれる友がいる

私は大層な幸せ者だよ~(ノω`*)ノ
みんなの気持ち、ホントにホントにありがたいでっす!

そして産んで育ててくれた両親に、心からありがとう!!
もちろん毛玉嬢にも、ね♪

これからも健康で、日々楽しく笑って暮らせればLUCKY
無事に1年を過ごせたことに感謝しつつ・・・。

何かちょっと違和感。。。
2016年08月19日 (金) | 編集 |
MOVIXの無料鑑賞券が当たったので、
気になっていたアレを観てきました。

『シン・ゴジラ』をっ!

ひとあし先に観てきたかあちゃんが、

「昔のゴジラの方が良かった。
ゴジラそのものもカッコ良かったし、
話が何だか・・・う~む・・・。」


微妙な感想を漏らしておったのだが。

ワタシ的にも、びみょ~

「動物虐待、だめ!ぜったい!!」

戦車の隊列を尻尾で薙ぎ倒し、
群れ飛ぶ戦闘機を手で払っては火を吐いて街を破壊する。

・・・というのが、かつての怪獣映画。

でも、今回のゴジラは、特に何もしないの。

「ただ歩いてるだけですよ?」

そのとおりだよ、安田くん!

海から陸に上がって、ただ歩いてるだけ。
ちょっと身体がデカい(規格外)から、
歩いた拍子に家とか壊しちゃってるけど。
積極的に破壊してるわじゃないにもかかわらず、
ガンガン攻撃するってどうよ?
しかも、やられてもやられても反撃に転じないのに、
執拗に攻撃!排除!攻撃!排除!って・・・。

そりゃあ怒るよ、ゴジラ。

何故地上に降り立ったのか、そこに言及していない。
だからモヤモヤする。
巨大生物=異形のものだから、というだけで排除するのか?
釈然としないなぁ。
ゴジラが何の暗喩なのかは判るけどでも、
力で捻じ伏せる感じが観ていて可哀相になる。

ホント、いちばん怖いのは人間だよ。

全て縦割りで、対策が後手後手に回る政府とか。
決断できない首相とか。
笑えないほどリアリティがある。
いや、実際はもっと酷いんだろうケド。

胸アツ展開もあり、もちろん見応えはありました!

怪獣映画ではなく人間ドラマ。
それから、
いつこの“災厄”が現実のものになるか判らない・・・いや。
既にデヂャ・ヴ。
何を云わんとしているのか一目瞭然なので、
観ているうちに薄ら寒くなってくる。

この点に関しては、本当に良くできていると思う。

本筋とは関係ないですが。

カヨコ嬢が“ルー語”をお話になるので、
内容がさっぱり頭に入ってこなかったデシタ。
藪からスティック!

あと、

「わーっ!?
わーっ、わぁぁぁぁぁぁぁ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)」


ってなる安田くん=高橋一生氏は何なの?ネ申なの?

と思いました←見どころのひとつ

どこでもやってるんスかね?
2016年08月17日 (水) | 編集 |
毛玉『社員~、いってらっさーい

気張って働いて、

わたくしのまんま&おやつ代を稼いでくるのよーぅ!
いつてらっさい
ってか、

稼いでくるまで帰ってくんなー(*`皿´*)ノ
お土産買うてきて~
・・・ってゆーのが、“お見送り”でしょ?』


まぁ普通はそうでしょうが。

何すんの!?
FCイヴェントでの“お見送り”って何すんの、具体的に。

それよりなにより。

こちらがお見送りするのか?
はたまた、こちらがお見送られるのか??

はぁ・・・気が重い○| ̄|_←じゃ行かなきゃいーんじゃね?

開演ギリギリに末席に滑り込んで、
気づかれないうちに去りたいんですケド;;;

しかも、お見送りタイム長くね?
ひとりにつき、どんだけお見送ったりお見送られたりすんの??
上手い口も利けないので、←いつものことですが。
今度という今度は無言にするかな(´・_・`)

ムゴン~(紙芝居)

それから、
他のファンの皆さんと御歓談するのも苦手なので、
ぜひそっとしておいて欲しいデス★

あー、指折り数えて気が重いや;;;

来てるよスーさん!
2016年08月16日 (火) | 編集 |
毛玉『スーさんといっても、ジェーンではないの。

現在来てるのは、チャンスーこと台風7号よーぅ!!
7号接近中!
今夜から明日の朝にかけて、カントウ地方に最接近ですって。
通勤通学時間帯を直撃するかも!?

みなさま、お気をつけ遊ばせ~。』


通勤通学ったって、どうせまだみなさん夏季休暇中なんでしょ?
ワープアだけでしょ、この時期ペソペソ働いてんのは。
あ~、明日の体験教室・・・無事開催できるかなぁ?
電車止まって先生が来られないとか、勘弁してほしいなぁ;;;

お盆でやんす。
2016年08月15日 (月) | 編集 |
黒玉(半透明)『みなさーん、お盆休んでますかー!?
オボンでやんす
お盆はお墓参りに行ったり、迎え火を焚いたり、茄子&胡瓜で牛馬を拵えたり・・・。

いろいろお・も・て・な・しの準備をして、

ご先祖様をお迎えする日だよ。
オボンでやんすけど
長期休暇を取って、海外脱出する期間じゃないんだ・ぜ!?
バケラッタ~☆
おいらは新暦のお盆(先月)に帰って来たので、
今月はもう帰省はしないケド~。
ナムナムしなはれ~
なにはともあれ、交通機関が空いていて快適!

お盆休みも夏休みもない社員にとっては、
それがささやかな喜びだってサ♪(/・ω・)/ ♪』


社長&黒玉コンビは、フツウの胡瓜や茄子の牛馬では乗れないだろうなぁ?
ズッキーニと賀茂茄子くらいのサイズがないとな、うん。

指折り数えて・・・
2016年08月13日 (土) | 編集 |
夏休み、早く終われ!!!!
心からそう思ってます
残り半月もあるのか・・・くそぅ(*`皿´*)ノ

夏休みが終わるの先か、
社員の限界が来るのが先か。


・・・どう考えても、限界が先だな_(:□ 」∠)_

残暑厳しい折柄
2016年08月12日 (金) | 編集 |
毛玉『はぁ~

今日も暑かったわね~?
夕涼んでます
夕方になってちょびっと涼しくなったから、

お外に出て夕涼みタイム
風がそよそよ、心地良いわ~♪


「ちょっと、姐さん!?
びしびしょこ!
水たまりに、尻尾がどっぷり浸かっちゃってますケド!?

びっしょびしょですよ、びしょびしょ

何でわざわざ、水たまりを選んで寝っ転がるかなぁ?」

ふてくされ~
五月蝿いわねぃ
この方が、より涼しいのよーぅ!

オシリが冷ゃっこくて・・・。


この後、尻尾を拭こうとするも逃げられたよ。
ボタボタしずくを撒き散らしつつ、部屋へ逃げ込む姐さん;;;
あー、廊下がびしょびしょだ・・・。

通いネコ。
2016年08月11日 (木) | 編集 |
“猫道”になっている我が家周辺。
日々いろいろな猫様がやって来る、“人間交差点”ならぬ“猫様交差点”
だいたいの猫様は、塀の上をトコトコと通り抜けるだけですが・・・。
キミは誰だい?
こやつ、がっつり休憩しとるがな
背中は大火事!
最近しきりにやってくる、サバトラ男子
サバ・トラオと呼んでいたのだが、だんだん面倒臭くなり、

略してサバオと呼ぶことにしました。
13週目の胎児みたいな名前だ、サバオ・・・。
別のお宅では「しんちゃん」と呼ばれているとかいないとか;;;
お腹はひんやり!
なかなかの男前だけど、おしゃべりなのが玉に瑕。←始終喋ってる
でも愛嬌たっぷり

「やあ、サバオ!
今日も来たのか!」


声をかけると、

「にやぁ~!」

と答える。

私は野良猫に、決して餌を与えません。
何故なら、責任をもって終生飼うことができないからです。

「可哀相だから」と無暗に餌だけやる・・・というのは、
思わぬトラブルも生みかねません。
また、責任を持って最後まで面倒を見られないのに、
気まぐれで餌をやるようなことをしてはいけない。
やったりやらなかったり、もう飽きたからやーめた・・・とか。
途中で放り出されては、猫にとっても不幸なことではないか。
そう考えているので、どんなに求められても餌はやりません。
餌を与える時は、家に迎え入れて飼う決断をした時、です。

だけど、
暑さをしのいでのんびり休憩できる“居場所”くらいは、
提供してあげたい。
厳しい野良暮らしだもの、安全に眠れる場所くらいあっても良いよね?

安心して伸びきっておる、サバオめ。

可愛いなぁ

「なーんだ。
ゴハンくれないのか、ちぇっ。」


彼がそう思って来なくなったら、それはそれで。

疲れたら、雨風暑さをしのぎたいなら・・・。
ぷらっと寄ってっても、別に構わないよ。

改めて年表を見る。
2016年08月10日 (水) | 編集 |
毛玉『中川晃教くんサントリーホールコンサートの、
余韻冷めやらぬ今日このごろ。

パンフレット即完売だったんですって!?
知らなかったわぁ
気づいてみれば
生意気にも入手して帰還した社員。
わたくしも見せてもらったんだけどサ?
失礼しやした
社員あんた、結構ファン歴長いわよ!?
「半分くらい」とか云ってたけど( ̄^ ̄)ゞ
フライヤーに載ってる年表を、見直してみなさいよーぅ!』


ホントだ!

つい最近からかと思いきや、
『OUR HOUSE』観てるもんな・・・ってか、

『OUR HOUSE』で生・中川晃教を観てハマったんだった!!
↑「超→かーわいぃー」と思ったものだよ。

かれこれ10年じゃん!!

ワタシ、いままでこんなに、
役者や歌手や2次元に夢中になったことなんてないのに!

中川晃教くんが初めてです。

やっぱ天才だもんな、吸引力が違うよな!←ダ○ソンか

『SHIROH』のチラシを手にしたときは、
名前も読めなかった(マヂで)ってのに;;;
だから生では観ていないんだよなぁ(悔)

もともと芝居道楽者なので、何処かの劇場で、
『エレンディラ』最初の仮チラシももらった記憶がある。

しかし、特に興味なかったような
(劇場も別の場所で、
おばあちゃん役で白石加代子さんが出演する予定だった。
諸般の事情でお流れになり、数年後に上演された。
ここで予定どおり上演されてたら、観ることはなかったと思う。
運命って不思議!

『Tommy』なんて、大阪まで観に行ったなぁ。
確か6、7回くらい観たハズ。

このあたりからは、ずーっと追いかけ続けておるのか・・・。

でも、観に行ってない公演もたくさんあるんですよ。
何かのゲストとか、内容に興味がわかない公演とか;;;

「晃教くんが出ていれば、何でも良いわ!」

という方が多いと思いますが、コアなファンの皆様は。
残念ながらマダム方と違って、そこまで暇も金もないのです。

あ、あと、お手紙書いたりとかプレゼントあげたりとか、
入り待ち出待ちとかもしたことないや。
たぶん、これからもしない(断言)

ついでに云うと、ムチャ振りに応えたこともないよ。
いつも生温か~く見守ってる・ぜ。←ヒドイ!

結構ドライなファンなのサ、すまん晃教さん

だから年数は重ねていても、やっぱりご一緒したのは半分くらいかもね?

それでも大好きですよ、晃教さん

これからもちょっとしたストーカーばりに、
コソコソ後をついていきます!!


中川晃教デビュー15周年記念プレミアムコンサート
2016年08月09日 (火) | 編集 |
心から祝福を!

『中川晃教デビュー15周年記念プレミアムコンサート
with東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団』
@サントリーホール・大ホール

中川晃教自身の楽曲で編む第一部、
ミュウジカルナンバァをたっぷり聴かせる第二部の2部構成でお届け。

プログラムはコチラ
☆第一部☆
1 小さな愛~フタツ、ヒトツ
2 春
3 カルテット(「銀河英雄伝説~撃墜王」より)
4 カンランセキ(「銀河英雄伝説~撃墜王」より)
5 What are you afraid of
6 チャイナガール
☆第二部☆
1 僕こそ音楽(「モーツァルト!」より)
2 殺しのシンフォニー(「ロックオペラ モーツァルト」より)
3 Can’t take my eyes off you(「ジャージー・ボーイズ」より)
4 偉大なる生命創造の歴史が始まる(「フランケンシュタイン」より)
5 I’ll be there
6 Danny boy(中川晃教詞「星」)
7 音楽が消えることのないダンスフロア
8 Miracle of love
☆encore☆
・谷間の風
・I Will Get Your Kiss


中川晃教くん

デビュウ15周年おめでとうございます


2001年に18歳でデビュウした少年が、
1本の道をただひたすらに、ひたむきに歩き続けて15年。

辛いことも悔しいことも、それ以上に嬉しいことも・・・。
色々なことがあったのでしょう。
様々な経験を積んだからこそ、
いまの大輪の花のような、明るく深みのある歌声があるのでしょう。


昨夜のコンサァトは私たちにとってではなく、
晃教くん自身にとっての「いままで頑張ってきたご褒美」だったのでしょう。

総勢70名ものオーケストラをバックに、
思う存分その歌声を響かせる!
誰よりも本人がいちばん楽しそうで、幸せそうで、
喜びに満ち溢れていました。

キラキラしていました、晃教くん
内側から輝きが溢れている。

私はかなり後方のお席から聴いたいたので、
細かい表情までは見て取れなかったですが。

キラッキラな晃教くんが眩しくて・・・。

「Miracle of love」でとうとう、
堰を切ったように涙が止まらなくなってしまいました。
自分でも、どうしてこんなにえぐえぐしているのか不思議なくらい;;;

ああ、本当に良かったなぁ。
いままで頑張ってきたもんねぇ。
偶然に出会って、こうして彼の歌を聴けているって幸せだなぁ。
彼がこの先、10年20年ずーっと歌い続けられますように。


などなど・・・。
いろんな感情が渦巻いた結果の、号泣。←もじどおり号泣デシタ(恥)

舞台上で何度も「ありがとう」と、感謝の気持ちを述べた晃教くんだけど。

こちらこそ!

素晴らしい歌声を届けてくれて、本当にありがとう!!
この先もずっとずっと、歌い続けて欲しい。
あなたの歌声は私の心の支え、いや大袈裟でなく。
この声があるから、もう少し生きてみようと思えるのだ。

幸福な気分に満たされて、夏の夜を歩く。
本当におめでとう!そして、ありがとう!

ご褒美の、夜
2016年08月08日 (月) | 編集 |
『中川晃教デビュー15周年記念プレミアムコンサート』
@サントリーホール

観てきました!

感無量…言葉が見つかりません。

晃教くんが歩いた15年のうち、
私は半分くらいしかご一緒していないけど。

この人のあとを、どこまでもついて行きたい!

どんな地平にたどり着くのか、見届けたい!


こちらこそ、心から…ありがとう!

詳細は、また!

夏休みは何処へ行った?
2016年08月07日 (日) | 編集 |
毛玉『そんなもん、端からないからァ~
ロングロングだぜ~
ワープア風情にサマァヴァケイションなど、贅沢過ぎるしィ~(-∀-)』


イヴェント準備とかイヴェント本番とかイヴェント撤収とか、
次のイヴェント準備とか・・・(ぐるぐる)
早く終われ、世間の夏休み!!
ワタシだってたまには長期休暇取りたいよ~;;;

立秋目前の今更初物!
2016年08月06日 (土) | 編集 |
毛玉『 スーイカ!スーイカ!!スーイーカー!!!!

この夏、初めてのスイカよーぅ
スイカ美味ーーー!
暑~い日が続いてるってのに、
我が家ではスイカを買う様子がまったく見受けられなかったから
ひとくちも口にしないまま、
今夏を終えるかと冷や冷やしたわ;;;

スイカ大好きーーー♪
わたくし、スイカだぁ~い好き
美味しいわよねぇ( ^ω^ )
甘~くて、シャリシャリしてて!
スイカに目がないにょ~
これぞ夏の味!!
食べ始めたら、止まんなくなっちゃうわぁ~。

おやつが毎日スイカだったら良いのになぁ


スイカを切っていると、たとえ2階で寝ていても、
台所へすっ飛んできます。
食べていると、文字どおり目がなくなっちゃう姐さんデス♪

キンキーブーツ
2016年08月05日 (金) | 編集 |
摘んでおいた方がよろしいか・・・も?

『キンキーブーツ』@新国立劇場中劇場

ハーヴェイ・ファイアスタイン 劇作・脚本
シンディ・ローパー 音楽・作詞  ジェリー・ミッチェル 演出・振付
岸谷五朗 日本語版演出協力/上演台本 森雪之丞 訳詞
小池徹平 三浦春馬 ソニン 玉置成実
勝矢 ひのあらた 飯野めぐみ 白木美貴子 JONTE・・・ほか出演


本当に凄いものを観ると、人はあんぽんたんぽかんになります。

わぁ!とか、すごーい!とか、素敵!とか、そんなもんじゃない。

ぽかーーーーーん(゚д゚)

だ。

何だ、コレ?これは何事だ?

それからじわじわ判ってくる。

ぅわわわわわ;;;;

大ー変ーだーーーーッ

おちゃらけて書いてますが、本当に大衝撃だったのですよ

三浦春馬氏、これほどの力量だとは!?

最初に観た某劇団に客演したときも、
初舞台(だったと思う)の彼がいちばん良かったし←とゆーか他が全員ク・・・(以下自粛)
新感線でもベテランに混じって遜色なかったし、
ミュウジカルが好きだっていうのも知ってはいたけどサ。

想像以上のインパクトは、なかなか消えそうにない。

ドラァグクィーンという難しい役どころを、
軽やかにパワフルに演じる。


歌も以前聴いた時から、格段に上手くなっている!
しっかりミュウジカルの歌い方を、基本から勉強したんだろうなぁ

そしてダイナミックでキレのあるダンス!

しかも、きっちり身体をビルドしているときた!
ひょろっと線の細い印象だったのが、ガチムチ筋肉隆々になっておるーΣ(゚д゚|||)
元ボクサーという設定に、十二分の説得力を与えている。

あのピンヒールで踊って歌うって、どんだけハイスペックなのかと。

恐ろしい子!!

イケメンの売れっ子俳優が出てるのが売りのミュウジカルなんて、
タカが知れてるでしょー

なーどーと侮ってると、ぎゃふんと云うことになる・ぜ。

実力もあるし、努力もしているのが良く判る。
これから彼はきっと、たくさんのミュウジカル作品に出るはずだ。

いや、出さなかったら勿体ない!

いやー、作品自体も面白かったー

楽曲もキャッチーでご機嫌だし、ショウアップされた演出も楽しい。
エンジェルズとローラのシーン以外のほとんどがソロ曲で、
ハァモニィがあまりないのが残念ではあるが・・・。
↑ここがミュウジカルの醍醐味のひとつだからねぇ。

小池徹平氏は最早、安定感が出てきました

そして、卑怯なくらいキュウトです。
晃教さんといい小池氏といい、

なんなのー可愛い30男って(ノ´▽`*)b☆

ソニンちゃん始め実力者がガッチリ脇を固めて、

最高に楽しくってHAPPYな作品に仕上がっておりました!

東京凱旋公演も観たいなぁ!

彼はきっとこちらへ来る!
2016年08月03日 (水) | 編集 |

事件だ。

事件は会議室で起きてるんじゃない。

劇場で起きてるんだ、しかも新国立劇場でー!!

古い?
そりゃあ古くもなるよ、あまりにも魂消たんだもん!

心に布だ・ぜ!?
驚異だし、脅威だ・ぜ!?

『キンキー・ブーツ』@新国立劇場中劇場

…を、観てきました!

三浦春馬、恐ろしい子!!

前々からできる子だとは思っていたが(何この上から目線?)、
想像の斜め上をまぁ軽々と越えたよ!?
おお怖い((((;゚Д゚)))))))

詳細は、また!

ジャージー・ボーイズ(千穐楽―2)
2016年08月01日 (月) | 編集 |
つゞきデス。

『ジャージー・ボーイズ(white)@シアタークリエ


めちゃめちゃ楽しかったワケですよ

いろんな事情があって、以前のように観劇回数を重ねられません。
そりゃあ5回も10回も観られればシアワセだけどサ。
与えられた3回の機会を、大事に大事に味わって楽しみました♪

ただひとつ、しつこいようだが・・・。

見逃したら、一生後悔する!!

これだけは、確信を持って云える。

損失!人生においての大損失!←大袈裟

日本版初演の―誕生の瞬間に立ち会えたことを、
いち観客としてだけれども、
心から嬉しく思う。


見逃してしまったそこのアナタ!
安心してください、まだチャンスはあるゾ。

再演決定でーすーよー(*´∀`人 ♪

これ、晃教くん演出家・藤田氏しか知らなかったよう。
カテコで晃教さんが発表したら、
周りの出演者一同もぽかーんとしていたもの

「詳しい詳細は、後日!」(晃教さん談)

「頭痛が痛い」的な云い回しだなぁ・・・というツッコミはぐっと飲み込み(爆)
詳細の発表を待とうではありませんか!?

やっぱりね、
中河内トミー藤岡トミーとはニュアンスが違うね(唐突)

中河内氏演じるトミーは、
それでも仲間のことを真剣に考えていたってことがひしひしと伝わってくる。
グルゥプを何とかするために、金策に奔走したわけですよ。
いやそりゃあ、やり方はどうかと思うよ?
思うけどサ。

彼が云ったように、他のメンバーは少なからずどこかで、

「トミーが何とかしてくれる。」

甘えていたところもあったんだと思うの。
(芝居云々ではなく、実際にそうだったんじゃないか、ということ。)

それをねぇ、

「パパが(お金を)出してくれたんだ。
パパは僕のことが好きだから!」
(ボブ・クルー)

「頼んでないのに。」(ボブ・ゴーディオ)

それを云っちゃあお終いよ!?
みんなサラッと流しちゃってるけど、
トミーのその後を決定づける言葉だったのではないか。
ってか、こんなこと云われたら、誰でも腹立つわな
可哀相になっちゃうんだよなぁ、観ていて。

天才に間違いないけど、
そういうところあるよねーボブ・ゴーディオ
小賢しい感じでさー。←ヒドイ
悪気はないだろうし確かに商才もあるけど、
ちょいちょい癇に障るのよね。

ニックが脱退を決めたのも、そのあたりが一因なんじゃない?

福井ニック達観した感じが、実に良いのです
流れに身を任せた・・・ように見せかけて、
きちんと考えて走っている。
知的だったり、ユーモラスだったり、
時折見せる男気も恰好良い!

バックコーラスのレコォディング中に、
女性シンガァの尻ばかり見ていた件は内緒だ。

TEAM White / TEAM Red それぞれにそれぞれの魅力がある。

良くできた脚本に、秀逸な演出、スペシャルなキャスト

楽しくてドキドキしてちょっとうるっとして、
一緒に踊って盛り上がって

これほどエキサイティングな作品には、出会ったことがないよ!?

散々感想を書いてきておいてアレだけど;;;

云うことナシ!文句なく楽しかった!!

今後しばらく、某携帯電話会社のCMに振り返り、
『タモリ倶楽部』オープニングにニヤニヤする日々が続くだろうな。

再演される日を、指折り数えて待っていよう

ジャージー・ボーイズ(千穐楽)
2016年08月01日 (月) | 編集 |
遂に・・・!
終わってしまい・・・ません
『ジャージー・ボーイズ(white)@シアタークリエ

中川晃教 中河内雅貴 海宝直人 福井晶一


無事にラストまで走りきることができました!
ありがとう!本当にありがとう!

すべてのキャストの皆様に、ありがとう!

そしてメンタル・フィジカルともに驚異のタフネスを発揮した、

中川晃教くんにありがとう!!

本当にめちゃめちゃ体力あるね、魂消るわ;;;
あの小柄な身体のどこの、これほどのパワァを秘めているのか?
喉が心配だったのだけれど、これっぽっちも疲れが見られない。

阿部裕氏も云っていたけど、
もの凄い体力だよねー

あの高音域を歌いこなしつつ、ガンガン踊り、
そして芝居もしているのに、

まったくブレないし息ひとつ乱れないって!?

何なの?天才なの?ネ申なの?

カンパニィのみなさん全員が、全員素晴らしかったです
特にシングルキャストかつ何役もこなしていた役者さんたち、
大変なことも多かったんじゃないかなぁ;;;
みなさん個性的で、キラキラしてましたねー(´∀`*)

物語も実にドラマティックで、ぐいぐい引き込まれてしまう。

ニュージャージーに住む若者4人が、
「ここではないどこか」を目指してもがくサクセスストォリィ。

幾度も挫折や衝突を繰り返し、最後に残るのは「絆」。

どっちかというと男性の方が、共感できる話なんじゃないかしらん?

スタァダムに上り詰めるまで、文字どおり波乱万丈

遂にヒット曲が出るか、世に出ることができるか・・・?

「シェリー」のイントロが流れ始めるあたりなんて、
何度観てもドキドキする。

良い方に転がれ!
今度こそ、今度こそ良い流れを掴め!


お芝居ですもの、展開なんて判っている。

それでも祈るような気持ちで4人を応援し、
大ヒットして心底嬉しくなる。


このあたりの演出が、本当に上手い!
ドラマティックかつスリリング

薄っすらと地鳴りのように、何かの予兆のように流れる音楽。
曲が高まるにつれ、物語のテンションも高まっていく。
そしてフツフツと静かに沸騰を続けたものが、
一気に爆発して・・・歌!!

胸熱ですなーォ━━(#゚Д゚#)━━!!

これ「君の瞳に恋してる」のシーンでも、そう。

メンバァと業界関係者と一般大衆、それぞれの思惑が交錯する。
作り手が世に出したいもの、業界が売りたいもの、我々受け手が求めるもの。
それらすべてが重なった瞬間、奇跡が起こる!

良かった・・・。

いままで頑張ってきたかいがあったよフランキー
すっかり感情移入して・・・というか、
いままさにその瞬間に立ち会っているような気分になってしまう。

これまた、巧みな演出のなせる業であろう。

まったく藤田俊太郎氏の演出手腕、素晴らしいです!
きめ細かくて大胆で、瑞々しい。

カーテンコォルでの挨拶にも、人柄が滲み出ていていたなぁ。

いったん、ここまで。
つゞきます。