ネコ社長とヒト社員

天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。

Entries

ロックオペラ モーツァルト(極私的)

ウチの晃教さんメインで!

『L'OPERA ROCK MOZART』@シアターオーブ

<ルージュVer.>モーツァルト=中川晃教 サリエリ=山本耕史
<インディゴVer.>モーツァルト=山本耕史 サリエリ=中川晃教


公演期間も短いうえにショハンノジジョウがありまして、
結局3回(ル=2回:イ=1回)の観劇に終わった『モーツァルト』

こんな(どんな?)ことなら、

チケット増量しておけば良かった!
せめて晃教モーツァルトのルージュVer.楽だけでも…。

と、悔やんでも仕方ない。
いやむしろ、観なくて正解だったかも?!

この作品を何度も繰り返し観ていたら、

ちょっと社会復帰が難しかったかも・ね

だって未だに頭の中では、曲が際限なくリピィトし続け、
モーツァルトがぐるぐると駆け回っているんだから!


もの凄い衝撃!
強烈な印象をこの胸に、深く刻みつけたこの作品。

その中でもやはり、中川晃教くん
贔屓の引き倒し、というだけでなく。

彼の姿は誰の目にも鮮やかに、

その歌は胸を揺さぶったはず・だ!!


『モーツァルト!』で、
鮮烈なミュウジカルデビュウを果たした中川晃教が、
『L'OPERA ROCK MOZART』で、
再びヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトを演じる。

これだけで充分、観る価値があるというものだ

山本耕史くんとの共演というのも、
配役の妙と申せましょう。

個人的にはやはり、

晃教モーツァルト×山本サリエリ

を、推したい

自由で繊細で情熱的で純粋な天才音楽家・モーツァルトは、
晃教くんにこそ相応しい!
そしてクールで端正で影を背負ったサリエリは、
山本くんにぴったり!

晃教モーツァルト“本物”だった。
まるでモーツァルトそのもののようだった、
ということ。

なんと魅力的なキャラクターであることか?!

あの“ひとたらし”な雰囲気は、
なんだろうかね?(爆)

才能だけでなくその個性にも人柄にも、
嫉妬しながらでさえ惹かれてしまう…という。

私が1幕終了時すでに、ぐったり疲れてしまったのは;;;

晃教くんの放つ圧倒的なパワァに、

中てられてしまったから

足元を見ても判るとおり小柄な晃教くんなのに、
ひとたび舞台に立つと、
まるで内側から光を放つかのように、
輝いてとても大きく見える。

このひとが登場すると、
舞台上の雰囲気が一変するのだ。


そしてその、伸びやかで力強い歌声!
キィの高めなモーツァルトのナンバァは、
晃教くんの真骨頂を発揮するのに申し分ない。
どの曲も素晴らしかったけど、特に!
「きみの胸のタトゥー」絶品で、息をするのも忘れてしまった。

歌はもちろんのこと。
芝居も上手くなったよなぁ、と改めて思う。

幅も広がったし、余裕も出てきた。←なんて上から目線。

その証拠に、アドリヴかますかます!?

『順番にキスしてあげるからってアレ、
アッキーのアドリヴだったんだね?!」


友人も吃驚しておったが;;;

ちょいちょいいー塩梅の余計なことを、
云ったみたり~やってみたり~

「チョコレェトくれるってさとか、
「ブスって云うなー!!」とか、
カヴァリエリの真似っことか。

まぁ、自由にもほどがあります

あれも、ほら?
ウェーバー家から宿屋に帰ってきて、
母・アンナマリアのベッドにぴょ~んとダイヴ!
勢い余って、ぼよよ~んと弾んでましたが

すっごく子どもっぽくて、可愛いの

喜びを身体全体で表現た結果、あのダイヴになったのね?
そしてホントに、人の話を聞いてない;;;
晃教くんらしい芝居で、大変面白かった!

山本モーツァルトは、
あんなに派手な動きはしなかったよねぇ?

実は。
型にはまった演技しかできなさそう…と、
密かに心配していたワケですよ、わたくし。
台詞を覚えて話すだけでいっぱいいっぱい、
ちょっと前までそういう感じがしてたの。

それがどうだ?!
いまや、人様をも巻き込むアドリヴをかますワケですよ?!

成長しましたなー、彼氏ー

その成長振りが、サリエリの造形にも現れている。

青い炎のような山本サリエリに対し、
ふつふつ沸き立つマグマのような晃教サリエリ

表面的には鎮まっていても、内側は激しく猛っている。

耽美な山本サリエリより、

粘着質な感じがしたのは、私だけではないハズ・だ!?

モーツァルトにかける言葉のひとことひとことが、
どうにもねちっこい(爆)

「後宮からの逃走」のアリアを聴き、
自分にはないモーツァルトの天才的なセンスに、
打ちひしがれるサリエリ。
驚愕・狂喜・嫉妬・羨望・愛…、
ないまぜになった感情に押し流されて歌う「痛みこそ真実」

このスイッチ入った瞬間
サリエリの激情が押し寄せてきて、ゾクゾクする。

第二幕、ここから一気に、

晃教サリエリの独壇場です!

モーツァルトは運命を拒絶し、
サリエリは共に踊る。
そこが2人の生き方の、最大の違いだろう。

この運命と共に踊る様が、また素敵なのですよ~

苦悩する晃教サリエリ、なんとも云えず色っぽい

「殺しのシンフォニー」恰好良かったなぁ!
そして「勝利の代償」!

あの“玩ばれてる感”が堪らんっ←なんかゴメン;;;

どちらの役も、が良いの!
視線の配り方、ふと横に流す目つき、ぎっと睨みつける視線。
力強かったり、色気があったり、寂しさが過ぎったり…。
晃教くんの目の芝居は、多くのことを語る。
いつも惹きつけられて止まない。

サリエリでは地の底から湧き上がるかの、
時に囁くように、また抑えきれず爆発する歌声を。
モーツアルトは自身の武器を最大限に生かした、
伸びやかで突き抜ける歌声を。

中川晃教の魅力を存分に味わうことができる、

なんと贅沢な舞台であることか!

圧倒的な歌声に頭も心も揺さぶられ、
未だに脳内では曲が響き続けている。

願わくば同じキャストで、早々に再演されるのを望む!
是非っ!!

こっから先は、読み飛ばしていただいて結構です;;;

今回、衣裳がとってもキュウトでしたねー!

黒レェスのシャツ不思議デザインのレザァベストのモーツァルトは、
可愛くて晃教くんに良く似合う
クラシカルな黒いスーツのサリエリは、
山本くんと晃教くんとで、随分印象が違う気が…。
山本くんは、宮廷貴族の雰囲気漂う感じ。
晃教くんはもう、ライヴ『BLACK』のときのイメェジにダブる;;;

髪型とか全体的なテイストとか、似てない?!

それにしても晃教くんてば、相変わらず細い

で、ちょっと気になったんだけど。

両モーツァルト、同じデザインの衣裳を着ているわけですよ?
そうなんだけど晃教モーツァルトの、あのパンツ

山本くんのそれより幾分、タイトな作りじゃありませんか??
あれ~、私の目の錯覚?

ぴっちりしてるってゆーか、

身体の線が出過ぎってゆーか;;;
晃教くんの好みなのかしらん?

気になってしょうがないんですけど

それから。

あまりお腹を出さないように。←どこを見てるんだ!
本編に集中できないので。
だって腕を振り上げたり、大きく動いたりするとですね?
チラリズム万歳!!

衣裳って云えば、結婚式の白レェス

かーわーいーいー
あの姿は卑怯だわ~!?

むしろ花嫁じゃないか?!
(山本くんは、王子様って感じだった。)

もうモーツァルト役は、全体的にツボだらけなので;;;
あらゆるポイントで、わーきゃーしながら(心の中でね)観ていましたよ!

だってもう可愛すぎるでしょ、

晃教モーツァルトときたらっ


そして無駄にちゅーし過ぎ(爆)
秋元才加嬢ファンの方にどつかれやしないかと、
ヒヤヒヤしたとかしないとか;;;

カーテンコールでの山本くん晃教くんの、

投げキッスの応酬&ハグは、

妙齢女子へのサーヴィスと云えましょう。
ハァトを鷲掴みです、ホイホイです。

山本くんの腰に手を回して肩を組んで
舞台袖へはける晃教くんの後姿を見て、

晃教くん、ちっ…山本くん、大きいなぁ!」

ホントにねぇ、のっぽさんです、山本くん

私は晃教くん小柄キュウトなところが、

大好きなんですけどね~←ナイスフォロー、俺!?

*Comment

No title 

こんにちは。マライヒ☆と申します。私もアッキーモーツァルトを
観て感激しました。 彼こそがモーツァルト!!
ブログに色々と書きましたので、よかったら遊びに来てくださいネ
  • posted by マライヒ☆ 
  • URL 
  • 2013.02/22 12:10分 
  • [Edit]

No title 

マライヒ☆さん、コメントいただきありがとうございます!
ま・・・まさかマライヒからコメントが届くとは!?ドキドキ☆
(スミマセン、『パタリロ!』の大ファンなのです!)
そう、晃教モーツァルトは、モーツァルトそのもの!
こんなに感動した舞台は、ちょっとなかったかも?
マライヒ☆さんの感想も、読ませていただきますね~♪
  • posted by tacataca 
  • URL 
  • 2013.02/22 17:41分 
  • [Edit]

お久しぶりです~ 

どもー♪
ご無沙汰過ぎてお忘れかもしれませんが…
あっきー、よかった・よかったですよ~!!
私はあっきーサリエリがお気に入りでした☆
あっきーで『ルビアン~』が聞けたのがとてもうれしかった
でも、モーツァルトのときの、自然に女子の乳を触るあっきーもいいもん観た!と思いましたけれど(笑)
公演期間短過ぎてもったいない!!あの公演自体がプレヴューと信じています!絶対また近いうちに再演していただかなくてはっ
では、また、お邪魔しますm(_ _)m
  • posted by yuppe 
  • URL 
  • 2013.03/01 11:22分 
  • [Edit]

No title 

yuppeさん、ありがとうございます!
ぅわー♪お久し振りですー♪
こちらこそ、覚えていてくださって、嬉しいです!
ご覧になっていただけましたか?『モーツァルト』をっ。
女子の乳を、ごくナチュラルに触る晃教モーツァルト…実は私も目撃し、「こらっ!」と心の中でツッコミまして。。。あまりにも自由すぎ(笑)
yuppeさんのおっしゃるとおり、あの公演自体がプレヴュウでしょう?!
近々に必ずや再演!再演!熱望っ。

相変わらずのテンションでお送りしておりますので、また遊びにいらしてくださいね~^^

  • posted by tacataca 
  • URL 
  • 2013.03/02 11:33分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tacataca

Author:tacataca
【天使】になった社長&黒玉。
まだまだ現役バリバリの毛玉嬢。
ツンデレ美魔猫☆と
ボンクラ社員の振り回され―否、
癒されライフ。
どーする?!どーなる?!

コメントいただけると嬉しいでっす♪

☆ご注意☆

コメント・トラックバックは、 ネコ社長(半透明)の承認後にUpされます! ブログに関係のない内容のものは、 社長がザクッと削除することもございます。 ステキなコメント☆には、 社長がお返事するかも?!

FC2ブログランキング

お気に召しましたらネコパンチ一発!!

FC2Blog Ranking

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

月別アーカイブ

ブログ内検索

いつでも里親募集中

緊急災害時動物救援本部

Powered By FC2ブログ