2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.03.07 (Thu)

中川晃教@山野楽器

中川晃教ニュウアルバム『POPSSIC』
ジャケ写
発売記念ミニライヴ&握手会が、3/5に開催されました!
@銀座山野楽器7Fイヴェントスペェス JAM SPOT

<セットリスト>
・ビリー・ジーン
・I WILL GIVE U WHAT U WANT
・フタツ、ヒトツHuta-tu,Hito-tu
・月光~カンランセキ


山野楽器にてCD購入時に配布のハガキで応募し、
見事当選した150人位が参加できるイヴェントです。
2倍の応募があったとか。

今だからタネ明かししちゃいますが;;;

社員の分は心友が当ててくれました
心友が私の名前で出してくれたハガキが、
当選したという経緯でして…。
しかも整理番号40番台と若い番号でしたので、
ばっちり前方のお席を確保!

ホント、友には足を向けて寝られません

約30分のミニライヴにも関わらず、
大坪正(P)榊原長紀(G)西方正輝(Cello)フルメンバァ登場!
こーれーは、嬉しいぞー♪

晃教くんは髪をすっきりひとつに結わえ、
黒のシンプルニット・タイトな黒のレザァパンツ。
靴もシンプルな黒だったような?

晃教くんはこういうシンプルな衣裳が似合うし、

個人的にも好きですの

左手首に銀のブレスレットを2本(2連なのかな?)、
銀のネックレスはYデザインがステキ

てか私の好みのデザインなので、

「それ、どこで売ってるの?!」

素朴に思いましたよ;;;

あのさー、晃教さんときたら?

最近めっきり男らしくなりましてなぁ!?

そしてわたくし、

いまの晃教くんが断然ステキ
…だと思うのであります!!

“素”に近い姿で歌う晃教くんを観ながら、
つくづくそう感じた次第。
相変わらずSFだし、少年みたいで可愛いんだけどサ。

それだけじゃない、

色気も出てきたと思うんですよ!
(声を大にして)
やっぱ「男は30から!」ってことですか?!

最初の2曲は立て続けに歌い、
その後はトークを交えつつ。

『I WILL GIVE U~』は、いつ聴いてもガツンと食らわされてしまう
以前からずっと大好きな曲なのだけど、
今度のアレンジは特に良いんだよねぇ♪

包み込むように優しく、しっとりと…。

響くとか打つとかではなく、
胸の深いところまですーっと沁み込む歌声

あぁ、私のために歌ってくれてる←違

終わったばかりの舞台、『モーツァルト』の話も。
やはり、一方ならない思い入れがあるとのこと。

「未だに自分の中から、モーツァルトが抜けない。」

シンクロ率高そうだもんね?
あれほどピタリとはまる役が回ってくることなんて、
そうそうないんじゃないかしらん?
巡り会わせって面白い。

「このアルバムの中にも、
モーツアルトの楽曲を元にした曲が収録されているんですよ。」


そんな話も出たもんだから期待していたら、
次の曲はまさかの『フタツ、ヒトツ』ですとー?!

「『フタツ、ヒトツ』という曲が、僕は大好きで。
この曲が好きな人って、純粋な人が多いんです。」


純粋に自由ってこと?

その話の流れで行けば、『HAPPY DAY』じゃ…まぁ、良いケド;;;

「今日はいぢめないよ、んふ

そう云いつつ結構なドSっぷり(本人談)を発揮する、晃教氏。
西方くんにプレッシャーかけまくる!

あからさまに動揺する西方氏;;;
すんでのところで、歌わされずに済みましたが。

ムチャ振りにもほどがある
いくらなんでも厭だよ?
本人の曲を本人の目の前で、
しかも本人の弾き語りで歌うなんて!

どんな罰ゲェムだっ?!

それにしても。

他人にムチャ云ってるときの晃教氏は、
それはそれはニコニコと嬉しそうなことで(爆)

『月光~カンランセキ』は、大坪氏&榊原氏の伴奏で。
この曲も『銀英伝』劇中で歌われたのとは、
ずいぶんと違った印象ですねぇ♪
冒頭『月光』の、透明感あるスキャットが美しい。

前にも書きましたが。

彼の歌声は、どんな薬より良く効きます
身体にも、心にも。
疲れ切ってばっさばさになった私の心に、
優しくじんわりと染みわたる

悩んだり不安になったり落ち込んだり…。
いろんなことのある世知辛い私の人生だけど;;;

晃教くんの歌を聴くと、
ふっと気持ちが軽くなるのです。

「癒される」というと俗っぽいので厭。
しかも力入っちゃって、
逆に疲れることもあるんだけどサ

ところで。
この曲の後で、晃教くんからHAPPYなお知らせが!

5/31(金)&6/2(日)

中川晃教コンサート2013『I SING』


場所は何とっ!

渋谷BUNKAMURA シアターコクーン

あの、シアターコクーンですよ!?

晃教くん初登場にして、ワンマンライヴとなっ?!

今年はスゴイぞ!
演劇の聖地―下北沢・本多劇場にも立つし、
あのヒト(なぜ内緒なのか?)と共演もするし、
そのうえシアターコクーン!!

今年後半戦も、中川晃教から目が離せない・ぜ!!

そして今週は、我が町・川口に初上陸!
こちらも楽しみでーすーよー 

【More・・・】


ミニライヴのあとは、握手会がありました

実は社員、握手会とか苦手ですの;;;
超絶人見知りだーかーらー。

だってさー、緊張するじゃんよー←なぜお怒りに?
何を話しゃいーのか判んないし、
頓知の効いたことも云えやしないし。

しかも“握手”そのものもやや苦手で、
(相手が誰でも)いつも中途半端で失礼な感じになっちゃう。

いつも終わってから、猛省するんですよ!?

なので今回は、反省しないで済むように?!
心を落ち着けて挑みたい

会場STAFFさんからは、

「たくさんの方が参加されますので、
中川さんとのお話はご遠慮くださいませ。」


アナウンスがあったのですが…。

みなさま、しっかり話し込んでらっさる

そのせいで時間がかかってるもんだから、

「もう一歩前へお詰めください。」

ってアンタ?!
それじゃ前の方との間隔が狭いよっ;;;

そんなこんなで、ドキドキしつつ…。

今回はしっかり!ガッチリ!両手で!

晃教くんと握手して参りました

しかも、

「私の地元・川口でコンサート開催してくれて、
本当に嬉しいです!」


きちんと云いたいことも云ってやった←だから、なぜお怒りに?

晃教くんの手は、柔らかくてとても温かい
物腰も眼差しも優しいのですよ~。
きちんと目を見て話してくれるので、もうっ

メロメロです、メロメロメロン

「√♪お仕事でやってるだけかもよ?」by『林檎もぎれビーム』

ああ、そーかも知んないよ?!
んなこたぁ、判ってますよ。
28(仮)にもなって、小僧に翻弄されちゃって…とも思いますよ。

それでも、いーんだもーん

彼のおかげで、

「もう少し生きててみようかな?」

と思えるんだから、それで良いのサ。

つかんだ手の温もりを大事に抱きしめながら、
ほっこりした気分で銀座の街を後にしたのでした♪

やーもー、幸せだー

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

14:10  |  “あ”のつくひと  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |