2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.08.19 (Tue)

ラストフラワーズ

“新感線計画”だとJRっぽいよね?

大人の新感線
『ラストフラワーズ』@赤坂ACTシアター

松尾スズキ 脚本  いのうえひでのり 演出
古田新太 阿部サダヲ 小池栄子 橋本じゅん 宮藤官九郎
高田聖子 星野源 松尾スズキ・・・ほか出演


あー、あれ蒼井優ちゃんだったんだー!?

全然気がつかなかった;;;
いまチラシ見て、初めて知ったよ。←マヂで。

新感線大人計画夢の共演だもの!
こーれが面白くないワケないでしょ!?

―と、だいたいこうなるハズ。

しかし私の期待値は、結構低かったのです
どうせネタモノお祭り騒ぎ公演なんでしょ、と。

ふたを開けたら、どうして!

良い意味で裏切られた格好となりました。

単なる“祭”などではなかった!
確かにバカバカしいネタのオンパレード、
ゲラゲラ笑って観ていたが。
ただ単に笑っておしまい、とはいかなかった。

ずばっと結論を云うと。

松尾スズキ脚本で正解
全編とおして大人計画テイストだったのが、
とても良かったですよー!

これが新感線カラー色濃かったら、
正直しんどい3時間半だったのではないかと;;;(あくまでも個人の感想です)

それでも、いのうえ氏の演出で、
幾分どぎつさが薄まっていたようには思います。

バカバカしい荒唐無稽な話のようでいて、
いまこの現実と地続きにも思える。

どーにもこーにも電波には乗せられない、
ギリギリ(どころか大幅に)アウト!なネタばかり。
観ているこっちがドキドキするような、
パロディが満載!

でもこれ、ただ笑って観てはいられない、
妙な現実感があったりして?


憎しみが更なる憎しみを生み、
暴力は連鎖する。
懲りることなく同じことを繰り返すニンゲンは、
いつになったらその連鎖を断ち切ることができるのだろう?

三蔵(古田)軍二郎(阿部)を迎え入れるラストは、
ベタだけど、美しく小さな光が見える

それにしても。

どんどん厭な空気が蔓延していく、いま。

こうやって盛大にパロって笑い飛ばすことができるって、

とても健全なことだよね。
まだまだ捨てたもんじゃねーな、と安心する。

でもまー、あれだ。

ゲラゲラ笑って、あー面白かったでも充分だわ
深読みしなくても、別にね?

リアル峰不二子な小池栄子嬢を間近で拝めたのが、
眼福至極にございました
ダイナマイトです!
女子が見ても、わふ~ってなります。

『TEXAS』で心底ダメな男を演じた星野源氏は、
気弱な良い人の方がハマるね?!

最近はすっかり『LIFE』のイメェジが強い(当社比)ですが、

やっぱミュウジシャンだね!

「聴けーーーー!!」

に、痺れました。

最後にみんな持っていかれちゃったなー;;;

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

22:11  |  芝居道楽  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |