2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.11.04 (Tue)

墓石と脱走

3年ぶり!?

気まぐれ倶楽部公演
『墓石と脱走』@旧平櫛田中邸

山下まさる 作・演出
ふるごおり雅浩 山口雅義 吉田テツタ 熊野善啓 栗田かおり
小舘絵梨 下山 栄 河野景子


プロペラ犬『アウェイ・イン・ザ・ライフ』の冒頭に、

「ジューダス・プリーストが大音量で流れたら、
『これから演劇が始まりますよ~!』
って合図なんだよっ!!」


という台詞がありました、がっ。

『大脱走』のテーマが流れたら、

「ああ!気まぐれだ!!」

そう思うのであります。

社員が高校生のときから、ずーっと観つづけている劇団なのサ
3年ぶりの公演だなんて、ひどいや。
待ちに待っていますので、年1くらい公演打ってくれないかなぁ!?

3年ものブランクのせいか?
大好きな吉田テツタさんが、一目では判らなかったという体たらく;;;
いっとう最初に登場したのに、

「…誰だろう??」

気がつかなかったことは、内緒でお願いします←実は友人も同じだったらしい;;;

根津教会市田邸と歴史ある建造物で、
公演を重ねてきた気まぐれ倶楽部の谷根千シリィズ
今回は彫刻家・平櫛田中先生アトリエを使っての公演なのだ。

劇場ではないので多少不便ではあるが、

ちょっと変わった雰囲気で面白い!

谷中霊園を舞台にした話のうえに、谷根千界隈のお店なんかも登場する。
この辺りを良くぶらぶらしている社員には、

「あー!あのあたりか?」

地図を思い浮かべながら観ていたりして。
友人と道々、花見が禁止になったこととか上川音二郎の話をしてたんだよね~♪

子どもから大人まで肩の力を抜いて、安心して楽しめる!
それが気まぐれ作品の良いところ。
安定感抜群の役者陣と、(良い意味で)脱力した脚本が楽しい

狭い空間を最大限活用した演出と、
あのぎっちり濃密な一体感がまた良いのです!!
舞台と客席が地続きだもの、文字どおり

次回公演も、楽しみにしております♪
なるべく早め、だと嬉しいなぁ…。

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

21:12  |  芝居道楽  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |