天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。
I Sing~Versus(第三夜)
2015年01月21日 (水) | 編集 |
いちにち飛んで;;;

中川晃教Concert2015
『I Sing~Versus~VSギター&パーカッション@日本橋三井ホール

鈴木英俊(ギター) MATARO(パーカッション)
中川晃教(Vo)


一緒に観に行ったかあちゃんが、終演後開口一番、

「私もパーカッション習いたい!

かっこよかった―!!」


そっちー!?

中川晃教くんコンサート第三夜は、VSギター&パーカッション

今回のコンサートで、いちばん楽しみにしていた対決だ!

実は私も、パーカッションのMATARO氏に期待しておったの
前回のコンサート『Believe in』(だっけ?)で拝見し、
凄ぇ!と思ったんだよね。

ミュウジカルだとアンサンブルダンサァ、
オーケストラだとパーカッションが気になる質なもんで

第三夜のセットリストも、晃教くんスタッフさんブログ→からどうぞ!

保護者の気分(爆)で、にこにこと見守ってしまった初日。

その夜とはガラッと違って、初っ端から攻めていった第三夜
気分が高揚する!

ワインレッドのシャツに、同系色のネクタイ、
これまた同系色のストライプのパンツといういでたちの晃教さん

髪型が衣装とアンバランスなボンバー具合で;;;
そして靴が超→フツウっていう、ね。

外すとこは外してる、たぶんワザと

緊張感あふれるVSというより、
個性的な3つの楽器が融合して新しい音を作る感じ。
3人が3人とも、とても音楽を楽しんでいるのが伝わってくる。

失礼ながらすっかり「To Be Is To Do」は、

サビに至るまで何の曲だか判らなかった;;;

晃教くん、ゴメンよ!

疾走感のある良い曲なのに!!
しかも、サビまでの助走が恰好良いってのになー!?

ここで熱量がガッと一気に上がった、私の。

「So sorry」は声が良く伸びて、心に沁みる。

「Catch Fire」「BRAND」「チャイナガール」ってこの流れが

アレンジが恰好良い!!
「WHAT ARE YOU AFRAID OF」も、まるっと別の曲のようだったなぁ。

「BRAND」って曲が好きでね~
CDで初めて聴いたとき、

「中川晃教、いろんな意味で非凡!」

そう思ったものだよ。

晃教くんの言葉のチョイスって、ちょっと面白い。
そうだよねー、宇宙人なんだもんねー。
そりゃあだいぶ変わってて当たり前だよねー。

最後の曲。
「miracle of love」を歌いきった晃教くんの表情が、実に清々しかった
この曲にはいつも励まされるけれど、
いつにも増して胸に響いた。

良い顔してたな、中川晃教

息をするように歌う。
彼にとって歌うことは、=生きること。


全身を楽器にして、歌という呼吸をしながら、
中川晃教くんはいきいきと生きていたもの!


いま!この一瞬一瞬を!
キラキラ輝いて、大層美しかった

ひとつの旅が終わり、新しい道が開ける。

彼が見つけた新しい道は、

いったいどこに続いているのやら?

楽しみ、楽しみ♪

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する