天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。
HEADS UP!
2015年11月27日 (金) | 編集 |
東京千秋楽!

『HEADS UP!』@KAAT神奈川芸術劇場

倉持裕 脚本   ラサール石井 原案・作詞・演出
玉麻尚一 作曲・音楽監督  川崎悦子 振付
哀川翔 相葉裕樹 橋本じゅん 青木さやか  入野自由
今拓哉 上原理生 陰山泰 芋洗坂係長
岡田誠 川本昭彦 井上珠美 新良エツコ MINAMI
青柳塁斗 遠藤瑠美子 香月彩里 嶌村緒里江 谷須美子 福永吉洋 渡部又吁
大空祐飛 中川晃教


中川晃教くんが“よっしー”とはこれ如何に?
違和感・・・;;;
よっしーといえば、芳・・・まあ良いか。

様々な作品―ミュウジカルだけでなくストレェトプレイの場数も踏んできたからこそ、
今回のこの役をいただけたんだわ、晃教くん!


とても感慨深い。

主役を張るのも良いことだし喜ばしいことだけれど、
そればっかりじゃ駄目なんだよね。

まさか晃教くんが客席で、

お客様を煽る?弄る?
(←どっちも違う)日が来ようとは!?

実際こういう役回りは難しいし、
晃教くんは(いろんな意味で)苦手だろうと思っておりましたので。

役者として成長したなー、晃教氏ー
↑何様だ、この超絶上から目線!?

さて、この作品。

失礼ながら、あまり期待はしておりませんでした(正直)
なにゆえミュウジカルなのよ、などと思っておりましたし。

それが、蓋を開けたらどうだ?

生オケまで入っているし、

しっかりとしたミュウジカルだったではないか


ツッコミどころがない、ワケではない。
あまりにも出来過ぎな筋じゃありませんか、って気もする。

でも・・・。

である。
芝居に対する、真っ直ぐな愛情に溢れている。

これまた正直に云うと。

カーテンコールでの、

ラサール石井氏の姿が芝居よりも胸アツ

いちばんグッときた。
良い人だなぁ、石井氏~

役者・スタッフだけでなく劇場まで含めて、
芝居というものを心から愛しているのが伝わってくる。


それは作品の端々にも表れている。
好きな人が好きなものを、
丁寧に丁寧に拵えたのが良く判る。

これは内容云々ではなく(!?)舞台上に流れる空気や、
客席にいて肌で感じる熱量というか。

たまーに、思うときがある。

「向こう側へ行きたい!
何で私、客席なんかに座ってるんだ?
向こう側の人になりたい!」


総じて良い芝居を観たときに思うのだが、
今回もそう羨ましく思いながら観ておりました

や?
どんなに面白くても1mmもそんなこと考えない芝居もあるから、
やはり琴線に触れる/触れない、相性があるんだろう?

この作品はねー、

向こう側へ行きたいと思っちゃったなー(。-_-。)

一度幕を上げたからには、きちんと幕を下ろす。
単純なようだが、何と難しいことか!

DVD化しろとか、CD出せとかつい云っちゃうけど本当は・・・。
一度きりで終わる儚いものだからこそ、
いつも舞台はキラキラと美しく、私たちは心を動かされるのだ。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する