ネコ社長とヒト社員

天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。

Entries

逆鱗

チョコ祭、華麗にスルー!

野田地図 第20回公演
『逆鱗』@東京芸術劇場プレイハウス

野田秀樹 作・演出・出演
松たか子 瑛太 井上真央 阿部サダヲ 池田成志
満島真之介 銀粉蝶・・・ほか出演
チョコレェトケェキ
手前だけ、美味しいチョコケェキをいただきました

そんなチョコ祭で浮っついた空気とは、
かけ離れた“現実”の物語。

気づいてみれば、実に判り易い「比喩」だ。
「人魚」とは、略語である。

素人が志願して海に潜る・・・というわりと冒頭の部分から、
しっかり伏線が張ってあったのだなぁ!?

私は前職の仕事柄、このてのテェマに敏感で

サキモリ(阿部)が魚の中から姿を現し、
言動が不穏になったあたりから、

「もしや・・・。」

ぐんぐん暗転していくであろう物語を、
眉間にシワを寄せて見守ってしまった。

なるほど、そっちの方向に持ってきたか。

途中からもうリアルな手触りが恐ろしくて、
そわそわと落ち着かなくなる。
最終的に滂沱・・・。

『エッグ』もそうだったけど、
最近の野田氏描くテーマが一貫している
かつて通った道を逆戻りしようとしている、どっかの国。
その国の“いま”に漂う厭な臭いを、
敏感に嗅ぎ取って作品に反映している。

それだけ、危機感を持っているのだろう。

過去のこと、だとか、絵空事、だとか、
高を括っていてはいけないよ。

「後ろで指図するだけですもの。」

“上の者”にとっては、所詮「ごっこ」だ。
姿を現すこともない“上の者”の道具として、
実際に散るのは志願した素人なのだから。

巧みな言葉遊びや、素早く取り入れた時事ネタも、
思えばどっかの国の比喩?揶揄?

笑って観ているうちに、流れは大きく変わっていくのだ。

騙されてはいけない。
本当の意味で、空気を読まないと。

見えないものを見る目を持つこと、
広く思いを聞き取る耳を持つこと。


どちらも大事だ。

いま、この国で、こうした作品が上演されることの意味を、
改めて考えてみたい。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tacataca

Author:tacataca
【天使】になった社長&黒玉。
まだまだ現役バリバリの毛玉嬢。
ツンデレ美魔猫☆と
ボンクラ社員の振り回され―否、
癒されライフ。
どーする?!どーなる?!

コメントいただけると嬉しいでっす♪

☆ご注意☆

コメント・トラックバックは、 ネコ社長(半透明)の承認後にUpされます! ブログに関係のない内容のものは、 社長がザクッと削除することもございます。 ステキなコメント☆には、 社長がお返事するかも?!

FC2ブログランキング

お気に召しましたらネコパンチ一発!!

FC2Blog Ranking

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

月別アーカイブ

ブログ内検索

いつでも里親募集中

緊急災害時動物救援本部

Powered By FC2ブログ