天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。
バルト9ではいつも…
2016年02月17日 (水) | 編集 |
プレートランチ☆
水曜日はレディースデイです。
不肖社員も生物学的にはレディーなので、映画が1100円で観られます。

わたくし芝居厳選して観ますが、

映画のジャンルワヤクチャです
ハードルもめちゃめちゃ低い(=∀=)
映画は単なる娯楽ですので、ほぼ何も求めてないのよね~。

というわけで…。

新宿バルト9『ライチ☆光クラブ』を観てきました!

だってー、ずーっと気になってたんだもーん!
いきなり舞台版を観るほどのこともないしサ。←こらこらっ!

館内は、若いお嬢さん方ばっかり!
作品初心者(結局、原作漫画も読んでない)なんて、
私だけなんじゃなかろうか?
しかも出演者も、間宮祥太朗くんしか判んないし;;;

作品の世界観は、嫌いじゃないですよ。

寧ろ大好物です
エログロナンセンス中二病もドンと来いだしな!
(てかリアル中二だ、設定が。)
「“少年”(という生物)は14歳で死ぬ説」
も推奨しておるし。

なので、判らなくはない。
彼の云っていることが、判らなくはないんだが・・・。

しかしどちらかというと、
ライチカノンの話の方が感情移入しやすかったかも?
『フランケンシュタイン』みたいでね、
古き良き(あくまでもイメェジです。映画観たことないので;;;)

ゼラにあまりカリスマ性を感じられなかったので、
どうして少年たちがあれほど心酔したのか判らない。

あと「親御さん何してんの?」と素朴に思ってしまった。

それから個人的にはゼラ役の彼受け受けしい美人なので・・・えーと
間宮くんが美少年というよりも、存外男らしい顔立ちをしてるので、
ゼラジャイボ配役が逆の方がもe…いや、何でもない。

ラインハルト様のイメェジが強いので、
どうしても間宮くんの方がカリスマっぽい(私の中で)

思えばバルト9では、変な映画ばかり観ているなぁ!?
『ヌイグルマーZ』とか。

写真は久々に入った【マトリョーシカ】の、プレートランチだよ。
ピロシキ美味いっ☆☆☆

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する