天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。
中川晃教スペシャルライブイベント(①)
2016年03月21日 (月) | 編集 |
1回目に参加しました!

ニューアルバム『decade』リリース記念
『中川晃教スペシャルライブイベント』@JamSpot


久しぶりの中川晃教くんの生歌に、

感動!感激!

未だ余韻を引きずっております。
この1時間で半年分・・・少なくとも3ヶ月分くらいの精気を、
チャージできたんじゃなかろうか?
いや、大袈裟でなく。

後からじわじわ思い出して、

「ああ、何て幸福な時間だったんだろう!」

そう思わせてくれる。

やはり中川晃教くんは、私にとってのネ申
神は云い過ぎ(でもないケド)にしても、
心の支えであるのは確か。
彼の歌が、声があるから、
もう少し生きてみようと思えるのだもの。


唐突ですが、セットリスト

・止まらない一秒
・即興(JamSpotの歌)
・Miracle of love
・ブルースカイ
・カンランセキ
・Can't Take My Eyes off You


颯爽とステージに登場した晃教くんは、

髪型もお衣裳も本当にステキ

そりゃあもう大層ステキ
大事なことなので2回云いましたよ!

スリーピースのスーツは銀座山野楽器の並び、
教文館ビルに入っている紳士服店でのオーダーメイドだそう。
どうりでジャストサイズ!

身体にピッタリで、超→似合ってる
落ち着いた赤色のネクタイに同系色のポケットチーフ
もしかするとシャツもオーダーなのかしらん?
大変仕立ての良いものでしたが。
靴下がオレンジ(!)なのは、ご愛嬌;;;
すげぇ色持ってくるな、おい。

髪も切ってスッキリして・・・ってゆーか、
この髪型の方が似合ってるよ!(当社比)

ともかく、登場した瞬間にぐはぁ
瞬殺です、瞬殺。

晃教くんは30過ぎてからの方が、俄然恰好良くなった
男らしくなったし色気もあるし、
いまの方が断然ステキだと思う。

「Miracle~」の後半が晃教くんにしては珍しく乱れて、
おや、ブレた?と気になったら。

このJamSpotというホールは、
彼にとってとても思い出深い場所だという。

歌っている途中で過去のこと、そして今まであった様々なことを思い出して、

「ちょっとウルッと来てしまいました。」

とのこと。
ポケットから黄色が鮮やかなハンカチを取り出して、
目元を押さえる場面も。

なんだよ、つられてグッとくるじゃないか!

私、このハンカチに違う意味でグッときまして。
この後も度々、ハンカチで汗を拭うことがあったのだケドも、

これがどうにもツボというか萌える

ステキ!

上質なハンカチを持っている男子、ステキ
大層スマァトかつ上品に見えるよ。
そしてその所作も、何か良い。

「ハンカチ王子!(古)」

心の中で呼びかけたのは、内緒だ。

いろいろスミマセン、閑話休題。

「ブルースカイ」と「カンランセキ」は、
旭純さんとのセッションで。

アナログシンセで音作りをしたと聞いて、
なるほどと納得。
CDで聴いてもデジタルのピコピコ音とはちょっと違う、
独特の音だなーと思ってたんだよね。
ちょっぴり古くて新しい、手作り感満載な音だ。

「カンランセキ」は1テイク、
一発録音でOKとか凄すぎるでしょ!?

どんだけ天才なのかと(゚д゚)

ふたりの音作りに関するこだわりが伝わってくるトークが、
とても興味深かったです。
真摯に音楽と向き合っている
なかなか聞くことができない話でした。

ラストの「Can't Take My Eyes off You」

盛り上がったねー♪

わたくし思わず、

「っかーっこいいー

って云っちゃったもの!

いまさらだけど。

中川晃教くんはとても良い声をしている。

歌が上手いのもモチロンだけど、
“声”が良いのだ。
端正な良い声をしている。

ハイトォンが美しいだけでなく、
最近は深みも増したし、声に艶っぽさがある。
ずっと聴いていたい、この声に浸っていたいと思う。

この声だ。
この声だから胸に沁みる、心に響く。
この声があるから、立っていられる。

ステェジ終了後は、握手会がありました。
これまた珍しく、ひとりひとりに時間がたっぷりありまして;;;

緊張のあまりロクなことが云えなかったですが、
(それでも、わたし的にはいつもよりいくらかマシではあった。)
晃教くんとがっちり両手で握手してまいりましたよ
目を見てしっかり話してくれるので、
もう私はどうすりゃいーんですかっ!?←どうもせんで良い。

フワフワした気分のまま、銀座の街を後にしました。

濃密で濃厚でステキに幸せな1時間。

本当に楽しかったー♪

あ。
トークの中で、某超有名写真家とのお仕事の話をしておりましたが。
こちらサイドも脱がなきゃいけないのであれば、
半年くらいの猶予をいただきたいデス★
・・・どんな企画だ?
昨日のTBSラヂヲ『プレシャスサンデー』お聴きになりましたか?

中川晃教くん生出演!!

毎週聴いている番組なんですが、社員は昨日は仕事だったため、
晃教くん出演の時間帯は聴けません。
なので代わりに、かあちゃんに聴いておいてもらったよ;;;

このJamSpotでのライヴのこと、アルバム発売のこと、
夏の『ジャージーボーイズ』のこと、デビュウ15周年であること・・・。

20分くらいの出演時間だったそうな。

かあちゃん曰く、

「話がとっても上手だねぇ。

ひとりで番組持てそうじゃない?
話し方もはっきりハキハキしてるし、
とても感じが良かった♪


とのこと。

は、話が上手・・・マヂか!?
成長したなぁ、晃教くん!

それから、

「“魚の歌”を歌ってるんだって?
その歌を歌ってたよ~。」

↑生歌ではなくOAされたんだと思う。

とのボンヤリ情報。

魚の歌って・・・。
「お魚天国」じゃないんだから。
まあ魚の歌っちゃー、そうだけども。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する