天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。
敗因分析10,000回
2016年05月29日 (日) | 編集 |
いつも走っているコースは、都心(嘘)にしては自然豊か

今朝は、ヘビがいた。
小さなヘビが道の端に、ちんまりととぐろを巻いている。

「わーぃ、ヘビだ

ロック・オンしてわくわくしながら近づいて行くと、
良くお会いするおじさんもいらっしゃった。

お:ヘビだよ。
社:ですね。
  珍しいですねー、あんまり見かけないですよねー?
お:いや。
  今は繁殖期だから、結構出てくるんだよ。
社:あ、なるほど!
  そうなんですか~。


じゃあどうもー・・・なんつって通り過ぎたんですが。
はい、ちょっと待って!

なにか間違えてやしませんか、と。

走っていて急にヘビに出くわした女子の反応は、
「わーぃ、ヘビだ。」「ですね。」ではないのではないか?

「きゃー、ヘビぃーΣ(´Д`*)」

だろーが、だろーがよ
それが「正解」なんじゃねいのー!?
HII48
毛玉『そこらへんのアレが、アンタの敗因なんじゃないの

負けてない!まだ負けてない!

それどころか、まだ勝負もしておらぬわっ!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する