2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.08.05 (Fri)

キンキーブーツ

摘んでおいた方がよろしいか・・・も?

『キンキーブーツ』@新国立劇場中劇場

ハーヴェイ・ファイアスタイン 劇作・脚本
シンディ・ローパー 音楽・作詞  ジェリー・ミッチェル 演出・振付
岸谷五朗 日本語版演出協力/上演台本 森雪之丞 訳詞
小池徹平 三浦春馬 ソニン 玉置成実
勝矢 ひのあらた 飯野めぐみ 白木美貴子 JONTE・・・ほか出演


本当に凄いものを観ると、人はあんぽんたんぽかんになります。

わぁ!とか、すごーい!とか、素敵!とか、そんなもんじゃない。

ぽかーーーーーん(゚д゚)

だ。

何だ、コレ?これは何事だ?

それからじわじわ判ってくる。

ぅわわわわわ;;;;

大ー変ーだーーーーッ

おちゃらけて書いてますが、本当に大衝撃だったのですよ

三浦春馬氏、これほどの力量だとは!?

最初に観た某劇団に客演したときも、
初舞台(だったと思う)の彼がいちばん良かったし←とゆーか他が全員ク・・・(以下自粛)
新感線でもベテランに混じって遜色なかったし、
ミュウジカルが好きだっていうのも知ってはいたけどサ。

想像以上のインパクトは、なかなか消えそうにない。

ドラァグクィーンという難しい役どころを、
軽やかにパワフルに演じる。


歌も以前聴いた時から、格段に上手くなっている!
しっかりミュウジカルの歌い方を、基本から勉強したんだろうなぁ

そしてダイナミックでキレのあるダンス!

しかも、きっちり身体をビルドしているときた!
ひょろっと線の細い印象だったのが、ガチムチ筋肉隆々になっておるーΣ(゚д゚|||)
元ボクサーという設定に、十二分の説得力を与えている。

あのピンヒールで踊って歌うって、どんだけハイスペックなのかと。

恐ろしい子!!

イケメンの売れっ子俳優が出てるのが売りのミュウジカルなんて、
タカが知れてるでしょー

なーどーと侮ってると、ぎゃふんと云うことになる・ぜ。

実力もあるし、努力もしているのが良く判る。
これから彼はきっと、たくさんのミュウジカル作品に出るはずだ。

いや、出さなかったら勿体ない!

いやー、作品自体も面白かったー

楽曲もキャッチーでご機嫌だし、ショウアップされた演出も楽しい。
エンジェルズとローラのシーン以外のほとんどがソロ曲で、
ハァモニィがあまりないのが残念ではあるが・・・。
↑ここがミュウジカルの醍醐味のひとつだからねぇ。

小池徹平氏は最早、安定感が出てきました

そして、卑怯なくらいキュウトです。
晃教さんといい小池氏といい、

なんなのー可愛い30男って(ノ´▽`*)b☆

ソニンちゃん始め実力者がガッチリ脇を固めて、

最高に楽しくってHAPPYな作品に仕上がっておりました!

東京凱旋公演も観たいなぁ!

テーマ : ミュージカル ジャンル : 学問・文化・芸術

22:42  |  芝居道楽  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |