ネコ社長とヒト社員

天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。

プロフィール

tacataca

Author:tacataca
【天使】になった社長&黒玉。
まだまだ現役バリバリの毛玉嬢。
ツンデレ美魔猫☆と
ボンクラ社員の振り回され―否、
癒されライフ。
どーする?!どーなる?!

コメントいただけると嬉しいでっす♪

☆ご注意☆

コメント・トラックバックは、 ネコ社長(半透明)の承認後にUpされます! ブログに関係のない内容のものは、 社長がザクッと削除することもございます。 ステキなコメント☆には、 社長がお返事するかも?!

FC2ブログランキング

お気に召しましたらネコパンチ一発!!

FC2Blog Ranking

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

いつでも里親募集中

緊急災害時動物救援本部

Powered By FC2ブログ

中川晃教弾き語りコンサート2016 2016-08-29-Mon

何故脱ぐ!?

『中川晃教弾き語りコンサート2016』@HAKUJU HALL

中川晃教(Vo.P)

ふわふわと漂う。
中川晃教の歌声の海に。
ふうわりと包み込まれる。
降り注ぐ彼の声と空気に。

デビュウ曲「I WILL GET YOUR KISS」で幕を開けたコンサート。

「物凄く緊張してる;;;」

というわりには、
登場した途端に靴を脱ぐ晃教氏

どうした、おい?←たぶん客席の全員がツッコんだであろう。

ワインレッド(?)の総スパンコォルのデッキシュウズを、
登場して間もなく徐に脱ぎ、ステェジど真ん中にセッティング←
緊張感が頂点に達すると、人は奇行に走るものなの?
ってか素足で靴を履いてたのか(括目)、純一かっ!?

裸足でピアノを弾くとか、晃教くんらしいといえばらしいな

ちょっと透ける織模様(に見えた)の黒いシャツに、
ジップアップの黒いベスト。
サイドに白いラインの入ったパンツは、どこかで見覚えがあるかも?
髪が少し紫がかって見えたのは、照明の関係かしらん?

すっきりした衣裳も髪型もステキで、

いつもより男らしい感じです。
裸足ですが;;;

そして細い!

『ジャージー・ボーイズ』後半から、
ずいぶん痩せてきたとは思っておりましたが。
横から見ると、

「薄っ!?」

細いどころか薄いもの!
腰の細さにクラクラするわ

楽器は、ピアノ1本と中川晃教の声だけ。
意外にもガチの弾き語りコンサートは、今回が初めてだったのね!

本人も「緊張する!」と云っていたとおり、
こちらにもその緊張感がびしびし伝わってくるステェジでした。

良い意味での緊張感、です。

セトリをうろ覚えなのでアレですが、
初めて聴いた曲あり!久しぶりに聴けて嬉し曲あり!
ヴァラエティに富んだ選曲になっておりました。

多分キィワァド「孤独」でしょう。

この人の抱える闇は、どれほどのものなのだろう?

思わず考えてしまうような・・・というと大袈裟だけど。
晃教くんの歌詞には、ハッとさせられることも多い。
根底に孤独感漂う曲が多いので、
ちょっと危なっかしい気がしてしまうんだよなぁ

いつだかの『ポピュラーウィーク』以来、
いちども聴く機会がなかった「ピエロ」もそう。
もう一度聴きたいと願っていたので、想い叶って嬉しいのですが♪

初めて聴いたときの衝撃たるや!
晃教くん、何があったの?
何があったらこういう歌詞を書くの、と思ったものだよ。

今回は「ピエロ~音楽が消えることのないDANCE FLOOR」という流れ。
う~ん、これだといくらか救われるかも?

『フランケンシュタイン』(ミュウジカルではない)からインスパイアされたという、
「LONELY MAN」は初めて聴きましたが、なかなかどうして。

中川晃教という人間は歌うことと曲を作ることで、
微妙な均衡を保っているんじゃなかろうか?

なんという危うさ!

このあたり、MCも興味深かったわ(´・ω・)
何をしでかしたんだオマエ!?みたいなみたいな~。

私も大好きな曲「CHINA GIRL」
いままで様々なアレンジをしているけど、

弾き語りVer.も恰好良かったなぁ

これも大好きな曲「道」も、
ピアノ弾き語りで聴くにはピッタリ!
これは「花のワルツ」のアレンジも、
ひとつの物語のような歌詞も素晴らしい♪

久しぶりに晃教くんらしい、

伸び伸びとした歌声を味わえました♪


気取らず、気負わず。

これだけ自由自在に歌えれば、そりゃあ楽しいよねぇ
持ち前の―与えられた才能だけでなく、
これまでの経験や訓練、努力のなせる業でしょう。

めきめき上手くなっているものね!?
昔のCDを聴くと、吃驚するもの。
晃教さん、歌が上手くなったなー、と。

ただ歌が上手いだけではない。
曲によって、場の空気までがらりと変える。
聴く者の心を、胸を打つ歌を歌える。

心に届く歌を歌える歌い手は、そうそういないよね。

今回は歌声はモチロン、
ピアノを弾く姿を堪能できたことも嬉しかったデス♪

単刀直入に云うと、エロい。←直入にすぎる

全身を使って鍵盤を叩く姿が、

どうにも色っぽいのですよー


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;ぐはぁ(〃▽〃)+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

腰を浮かせて弾く様は、もう反則・だ!!
しかもあれですよ?
HAKUJU HALLの天井にどうした仕組か、
ピアノを弾くその手元が反射していたのですよ?←気がついた人、挙手。
映ってるの、天井に!
気づいたらそっちも見ちゃう。

素敵だなぁ、裸足のピアノマン

この歌声に・・・中川晃教という歌い手に、

出会えた奇跡に感謝☆


9月のライヴも楽しみにしております!

CATEGORY“あ”のつくひと Comment 0 △Page Top

« まだ終わってない子はいねーかー!? | ホーム | 16年目も一緒に…たぶん。 »


コメント:


管理者にだけ表示を許可する
 

| ホーム |