2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.09.28 (Wed)

真田十勇士

ド平日マチネの贅沢!

『真田十勇士』@新国立劇場中劇場

マキノノゾミ 脚本  堤幸彦 演出
中村勘九郎 加藤和樹 篠田麻里子 高橋光臣 村井良大
駿河太郎 荒井敦史 栗山航 望月歩 青木健
丸山敦史 石垣佑磨 山口馬木也 加藤雅也 浅野ゆう子・・・ほか出演


10年ぶりの帝劇なのに、

コレジャナイ感はんぱねぇなオイ


それはさておき。

さらさら観る気はなかったけれど、
たまたまネットで割引になっているのを発見し、
3日前にえいやっ!とチケットを取ったら、

これが期待を上回る大当たり!!

こういうことがあるから、芝居道楽はやめられない

活劇はこうでなくっちゃ!!
長さを感じさせない、無駄なシーンもない、
疾走感溢れる物語。
シンプルなセットに映像を駆使し、
通路だけでなく客席までもフルに使って、
エンタテインメントに徹したド派手な演出。


そして肝心要確かな演技力と存在感抜群の役者陣

やー、どこを取っても想像以上だ・ぜ!!

大坂冬の陣・夏の陣を最大の見せ場に、
真田十勇士の活躍を猿飛佐助(中村)の視点から描く娯楽大作。

真田yearに便乗して(コラッ!)堂々の再演ですってよv(o゚∀゚o)v
社員は初演を見ていないケド、
そりゃあ再演されるでしょ?って納得ですわ~。

『真田十勇士』といえば上川隆也版漢気あふるる名作でしたが、
中村版もスゴイぞっ!

ねぇ?
『上川版真田』と『シン・ゴジラ』と『ヴァン!バン!バーン!』と、
全部観てる人ってどんくらいいるのかね

確かに馬木也さんは恰好良かった!

ところで、「ちゅうちゅう犬んちゅ。」って云ってたよね?
どっかで聞いたことあるぞ→合点が行ってジワる・・・だったんだが;;;
あれー、空耳ー??

実は顔だけの男(違)・幸村を演じる、

加藤雅也氏の説得力(超→褒めてます)もスゴイが

八面六臂の大活躍、

佐助を演じる勘九郎さんのハイスペックなことときたら!


身体能力の高さに驚かされるだけでなく、
間の取り方や芝居の勘が素晴らしい。

大嘘つきだが憎めない、
嘘を吐き通して誠に変える男を魅力的に演じる。
硬軟・軽重を巧みに使い分けて、
最後までちっとも飽きさせない。


さすが!

十勇士の面々も、個性豊かでキャラが立っている。

霧隠才蔵こと加藤和樹氏、初めまして!
薄々勘づいてたけど、デカい長身ですねー(遠い目)
大丈夫かなー?←何が?ってか誰が?

由利鎌之助を演じる丸山敦史氏(お久しぶり!)が、
滅法恰好良かった

・・・のだが。

過去記事を振り返ってみたところ、
『上川版真田』でも「鎌之助カッコイイ!」と書いておって魂消た;;;

よもや由利鎌之助が好きなのか、じぶん?

いやー、ホントに観て良かった!
久しぶりに、笑って!興奮して!グッときて!

文句なしにオモシロイ!と思える作品でした

いくらド平日マチネとはいえ、2階席が寂しかったのが残念ってか勿体ないっ。
チャンスがあったら、是非お運びを!
ワタシなんて、もう一回観たいっ!

映画も観てみようかなー?
キャストもちょっとずつ違うようだしなー。

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

23:27  |  芝居道楽  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |