天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。
10年が経ちました。
2016年11月25日 (金) | 編集 |
11月25日は我らがネコ社長・紋次郎さんの命日です。
紋次郎@チラ見
今年で没後10年になります。
早いなぁ・・・。
紋次郎@おんも
なにやかやで“猫歴”20年(!?)になる社員ですが、
やはり最初の猫・紋次郎は特別な存在です。
彼以上の猫は現れないと思います。
紋次郎@天井
甘えたさんで抱っこ大好き。
おっとりしていて、優しくて、男前。
うんうんと、なんでも話を聞いてくれるお気遣いの紳士でした。

一方。

ビビりでヘタレで、来客があるとマッハで雲隠れ。
おかげで、「幻の猫」と呼ばれる
ベランダに来た野良猫さんに、
網戸越しに殴られて流血したことも
紋次郎in箪笥
神棚やら天井やら、高いところに上るのが得意だったり。
箪笥の中で寝るのが好きだったり。
障子を突き破って、部屋の中に入って来たり(ヒドい;;;)
脱走の常習犯だったり。

蜂に刺されて、手が100倍くらいに腫れちゃったりΣ(ω |||)
その様があまりにコントっぽくてゲラゲラ笑っているうちに、
見る見るグッタリしてきて、
泡食って病院に駆け込んだところ、
先生にこっぴどく叱られた思ひ出・・・。
(アナフィラキシーショックで大変なことになる、と;;;)
紋次郎withたぬちゃん
楽しい思い出をたくさん残してくれた紋次郎。

あれから、もう10年・・・。

いまは大好きな相棒・たぬちゃん(写真で咥えているヌイグルミ)と、
虹の橋で元気に遊んでいるかしら?

あ、そうだ。

黒いのの面倒も見てくれてる?
手がかかるコなので、苦労かけてないかなぁ

紋次郎、いまでも大好きだよ

我が家に来てくれて、本当にありがとう!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する