ネコ社長とヒト社員

天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。

プロフィール

tacataca

Author:tacataca
【天使】になった社長&黒玉。
まだまだ現役バリバリの毛玉嬢。
ツンデレ美魔猫☆と
ボンクラ社員の振り回され―否、
癒されライフ。
どーする?!どーなる?!

コメントいただけると嬉しいでっす♪

☆ご注意☆

コメント・トラックバックは、 ネコ社長(半透明)の承認後にUpされます! ブログに関係のない内容のものは、 社長がザクッと削除することもございます。 ステキなコメント☆には、 社長がお返事するかも?!

FC2ブログランキング

お気に召しましたらネコパンチ一発!!

FC2Blog Ranking

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

いつでも里親募集中

緊急災害時動物救援本部

Powered By FC2ブログ

Take me out 2016-12-22-Thu

道楽締めに相応しい!?

『Take me out』@DDD AOYAMA CROSS THEATER

リチャード・グリーンバーグ 作  小川絵梨子 翻訳
藤田俊太郎 演出
良知真次 栗原類 多和田秀弥 味方良介 小柳心
渋谷謙人 Spi 章平 吉田健悟 竪山隼太 田中茂弘


どこでどういう良品に出会うか判らない。
どんな不純なきっかけだろうと、うっかり上質の作品に遭遇することがある。

だから、芝居道楽はやめられないのだ

確か『マーダー・バラッド』を観に行った際に、
配られた束の中にチラシが挟まっていて。
そしたら、あの藤田俊太郎氏の演出で。
そのうえたまたま、一度生で観たいと思っていた役者が出ていて。

まぁ、多和田秀弥くんなんだけどサ♪(o・ω・)ノ))

昨年、社員がドハマリしていた戦隊もの=『ニンニンジャー』に、
スターニンジャー☆ことキンジ・タキガワとして出演していてね~。
昭和の男前風なのに無駄にキレる動きと、
ヘンテコなキャラクター(忍びなのにアメリカンで妖怪ハンター)で、
大層お気に入りだったのですよ?

いっぺん生で観たい!―と思いつつ1年経っちゃったんだけど。

いや~、生・キンジさん(違)顔小っさ!

スタイル良いなぁ~
意外と昭和顔じゃない華奢なのね、

ってか脚ほそっ!?
そこらの女子より細くてキレイじゃないか

そしてエエ声
滑舌良いな、どうしたおい。

それより何より。

至近距離(前から2列目だった)で脱がないで~;;;
舞台がロッカールームなので、みなさん景気良く脱ぐんですけども。
目のやり場に困るから←全然ガン見しましたが。

閑話休題。

ここで再会(は?)したのも何かの縁、
軽~い気持ちで劇場に足を運んだのですが・・・。

甘かった。

こんなにも切なくてへヴィで考えさせられて、
それでいてどこか可笑しい話だなんて!


とあるメジャー球団の選手たちが、ロッカールームで繰り広げる悲喜こもごも。
開かれているようで閉じていて、
プライヴェエトのようでオフィシャル。
開放的でいて閉鎖的。
気を抜ける?油断ならない?
ロッカールームはこちらとあちらの狭間で、なんとも不思議な空間だ。

スタァ選手がゲイをカミングアウトするところが始まりで、
そこから一気に溜まっていた問題が噴出する。

民主主義よりずっと開かれたもの、それが野球だというけれど。
人種問題、セクシャリティ、格差、孤独・・・世の中の縮図だ。

観ていて胸が苦しくなるのは、
役者陣の熱演のお陰ばかりではない。

いまの、このセカイの、状況に、合致するからだ。
ジブンの、置かれた、立場に、思い当たるからだ。


人間って、どうにも滑稽だなぁ。
良かれと思ってしたことが、結果的に悲劇を招く。
「自分がどうにかしなければ」という過剰な正義感・義務感が、
ほかの誰かを静かに壊していく。

気持ちは判る・・・判るけどさ。

ボタンは掛け違い、ピースは余る。
そのたびにオタオタする人々が、
ちょっと可笑しくてとても切なくてどしようもなく愛しい。

『ジャージー・ボーイズ』で心震えたのは、
中川晃教くんの歌ばかりによるところではない。

藤田氏の演出が、それはもう素晴らしかったのです!!
端正なのにドラマティックで、
見せ方が本当に巧い。


今回の舞台も、そう。
始まる前から期待感MAX

わずか180席という、臨場感あふれる劇場。
ひさ~しぶりに、舞台を突っ切ってお席に着きましたよ。
なかなかないよ、板の上に乗るなんて!

シンプルなセットをフル活用し、目まぐるしく展開する。
縦横無尽に役者が行き交い、舞台だけでなく客席も!
良知氏が大層エエ香りだったのは内緒だ。)
降り注ぐようなライティングに気を取られていると、
本物のシャワーが降りそそいで魂消たよ!?

Yes、蜷川イズム!

とても静かな筋運びなんだけど、
内部にとんでもない熱を抱えていて、
それが一気に爆発するカタルシスたるや!


藤田演出、本当に巧い。

役者陣すべてが素晴らしく、みなに全力で拍手を贈りたい

中でも栗原類氏は、もう・・・。
痛々しいまでの熱演で、
語彙力がアレで申し訳ないが・・・スゴい。
見る目が変わりました、それはもうガラリと。
彼の芝居を観られただけでも、この作品に足を運んだかいがあったというものだ。

味方氏演じるキッピーも良かった。
損な役回りというか、器用そうに振る舞ってるけど、
実はとんでもなく不器用なんだなぁと。
彼がもう少し早く自分をさらけ出していたら、
良い方に転がったかも知れないのにね。

みんな傷ついてボロボロになってしまったけれど・・・。
愛に溢れるラストシーンに、救われた。

いちねんの最後に、観て良かったと心底思える作品でした。

道楽の神様、今年もいちねんありがとうございました!

CATEGORY芝居道楽 Comment 2 △Page Top

« すべての皆々様へ☆ | ホーム | 今年の道楽納め☆ »


コメント:


管理者にだけ表示を許可する
 

今日観てきました! とに | URL | 2016-12-24-Sat 19:19 [EDIT]

かなり最近藤田氏(まさかのデート相手(笑))演出と知り、1週間前に急遽チケットを取って私も観てきました。

話がどこへ向かうのか不安を抱きながら観てましたが、ヤマ場で良知くんの台詞がタイトルに繋がっていくところ、まだ一波乱あって、悲劇的な終盤になだれ込んでいって、それでも一抹の希望がみえるところ、噛めば噛むほど味のある作品でした。

出演者も皆魅力的でしたね。訓練された役者さんでもまた観てみたいかも。

NoTitle tacataca | URL | 2016-12-24-Sat 20:41 [EDIT]

とにさん、ありがとうございます!

終了前に観に行こうと思っていた「宇宙」に、
よもや先を越されていようとは!(しかもデート!!)

藤田さんの演出も、役者たちの演技も、本当に素晴らしかったですよね。
粗削りなところが良かったかも?
再演あったらまた観たいです。

劇場にいらっしゃった藤田さんにお声をかけようかどうしようか…逡巡してやめてしまった意気地なしはワタシです;;;

| ホーム |