2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.01.11 (Wed)

フランケンシュタイン(中川×小西)

はい、“×”表記は気にしない!

『フランケンシュタイン』@日生劇場

イ・ソンジュン  音楽  ワン・ヨンボム 脚本・歌詞
板垣恭一 潤色・演出
中川晃教 小西遼生
音月桂 鈴木壮麻 相島一之 濱田めぐみ・・・ほか出演


わーッ!
それやると自分の片腕片脚と、弟の身体全部持って行かれるから!!
←作品間違い

あの展開・・・思ったでしょ!?(おや、俺だけか?)
インスパイアされたのかなー?

2017年道楽初め。

一発目からばちこーんと喰らわされて

打撃を受けた、打撃を受けたんだよ・・・。(久しぶり)

晃教ビクター大尉キラッキラの軍服姿で颯爽と登場した瞬間に、

致命傷を負いましたげふぅ
何してくれてんだ、殺す気か!?

そりゃ、アンリも射貫かれるはず・だ(断言)
しょうがない、しょうがないよ。
だって本気で殺しにきてるもん((((;゚Д゚)))))))

改めて思ったけど、

晃教さんのサイズ感って堪らない

さて。
幕が開いたばかりなので、ネタバレしてもあれなんで。

想像してたのとちょっと違った、ということだけはお伝えしたい。

斜め上だもの、マヂで;;;
いや魂消た。

あ、すっかり忘れてた。

ワタシが観た回(1/10マチネ)が、

中川晃教×小西遼生チーム初日だったのね(*´∀`人 ♪
おめでとうございます!
偶然良い回を観たってことか、嬉しいなぁ。

小西くんのアンリは、物静かで繊細な雰囲気が良い。

見目麗しいしサ
怪物になっても繊細さが失われず、
過酷な運命にさらされるのが観ていて切ない。


個人的には、怪物のお衣裳がお気に入り。
デザインが素敵だよねぇ☆
それから、ビクターのコォトをずっと着てるとことも良いね。

1幕1場を観た時点で、ぐいっと引き込まれます。
ホント、腐った人が観る時は気をつけて!

韓国発のミュウジカルってことで、

その展開も韓流ドラマよろしく盛りだくさんかつ激流!

展開が速くて追いつけない、ツッコミが;;;←

端的に申すと、
ビクター(中川)アンリ(小西)ラヴストォリィ愛と復讐の物語なんだケド。

そもそもそれもこれも、
ビクターが蒔いた種なんだよなー

「懲りない人間たち」とか云っちゃってるけども、

その言葉そっくりお返しするよ、オマエになっ!

気持ちは判らなくもないが、

「おい、またかよ!?
まったく懲りてねーなー。」


思ったでしょ?

親友を犠牲にしたのに、何も学んでない。
何やってんだよビクター!

お陰で周囲の人間までも巻き込んで、
不幸と復讐の連鎖・・・。
悔やんでも悔やみきれない。

そして、追いかけて雪国!←違

・・・行くんだ、行っちゃうんだ。
凄まじい執念、それほど憎んでいるのか。

ってかもうこれ、

アンリに会いたいだけなんじゃないか(遠い目)

怒涛の展開過ぎて、ポカンとしちゃう;;;

細かい感想をもっと書きたいところですが、
いかんせん始まったばかりなので(結構書いちゃってますが)

次回は中川晃教×加藤和樹チームなので、
また違った見方ができるかも?

楽しみですなー

そして次はちゃんとした感想を書きます・・・たぶん。

テーマ : ミュージカル ジャンル : 学問・文化・芸術

22:09  |  “あ”のつくひと  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |