ネコ社長とヒト社員

天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。

Entries

フランケンシュタインごった煮感想②

“目が痒くなる鼻風邪”的なアレの症状が出始めたのか、
本日はくしゃみが止まる気がしません○| ̄|_

とうワケで(どういうワケだ?)、

ミュウジカル『フランケンシュタイン』ぐだぐだ感想は続きます。
第二幕を中心に、気になることをつらつらと~♪
・・・長いです。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ぶっちゃけ、正直な話。

第一幕と第二幕での一人二役、必要か?
個人的には『ロックオペラ モーツァルト』方式の、
主演キャストが交互で演じるのが良かったんじゃなかろかと?

今回もスペシャルVer.あったじゃない?
全公演あの形が理想的っつーか、
ただ社員が観たいってだけですが

深読みできないこともないけど、それほど効果的だったとも思えず。
違ったタイプの役を演じるので、贔屓を堪能するには良いですがねぇ。

中川晃教のジャックは、小物感が良い。
エヴァ(濱田めぐみ)に冷たくあしらわれても、へらへらしてるところとか。
完全に尻に敷かれておる・・・。

最初観たときには、

「俺のことを判ってくれるのは、
オマエだけだよ~イゴール~


イゴール(鈴木壮麻)に懐いてたんだけど、
2度目に観たときにはまるっとなくなってたな;;;

全然関係ないけど。

「♪食っちまった アタシの犬」

怪物に食われちゃったエヴァ姐さんの犬って、
間違いなく小型犬(チワワ希望)だと思うんだけどどうだ?
剛毅な姐御だからデカい犬(ボルゾイ的な?)を飼っていそうと見せかけて、
ぷるぷる震えてるちっさいワンコに、
可愛いお洋服を着せてたらいいなァ。←どうでもいいよ。

エヴァ姐さんの名言は何といっても、

「こいつは怪物なんかじゃないわ。
こいつは・・・カネよ。」


です!!

さっそく仕事場で真似したよ、社員。←どんなシチュで!?

エヴァは悪役なんだけど、彼女なりの“流儀”があるのが恰好良い。
嘘と裏切りは許せない。
悪党には悪党の美学があるってね!

だからこその中川ジャックの小物感万歳(/・ω・)/
これは晃教さんの得手不得手の問題なんだろうケド。
こういう汚れ役をやっても、ちょっと上品というか控えめになっちゃう

下衆な演技だとか、下ネタが苦手と見た(ずばーん)
闘技場のシーン全体が猥雑で毒々しいので、
もっと振り切ってえげつなくても良いと思う。
苦手なのかな、うん。

柿澤ジャックがちょっと引くくらいゲスい!・・・という噂を耳にしたので、
どんなゲスっぷりなのか観てみたいなぁ!
もちろん柿澤ビクターも観てみたかった;;;

話は第一幕終盤に戻りますが。

断頭台の露と消えるアンリ(小西遼生/加藤和樹)が、
涙なしには見られないの~。
その前の酒場のシィンから、不穏な空気が漂ってるワケですよ。

「僕には親がいない。
でも、君がいるから充分さ。」
←ここでキラースマイル☆

並みの人間ならもうこの時点で、

「結婚しよう!」

ってなるじゃん?←

こっからの流れがもう、泣くわっ。

告白→抱擁→笑顔→ギロチン・・・ってなにこの流れ!?

無実の罪で死刑になるアンリ。

面会に来たビクターに、泣かないでくれ・・・と。
君のために死ぬのなら僕は幸せ。
僕らが挑む生命創造技術を発展させるためには、
僕なんかより君が・・・君の研究と信念が必要なんだから。

「僕は君に恋をした」

その夢みる瞳に・・・。

そして優しく、寂し気に微笑むんだよ。゚(゚´Д`゚)゚。
加藤アンリの笑顔が・・・グッとくる。
(小西アンリは要確認、遠くて見えなかった;;;)
本当に良い顔をしてるんだ、最期まで。
全てを受け入れて悔いのない笑顔、
切ない切ない切ない。

だがなアンリよ、良く考えろ。

なんでここまで心酔するかな、ビクターに??
そんなに良い漢じゃないぞ、ビクターは

目を覚ましてよ!
いくら新しい世界を切り拓くという夢を持ち、
信念と情熱を持って研究に打ち込んでいるといってもだな;;;
貴方のことを研究材料にしたいという、
欲求を抑えられない狂気の天才なんだよ!?


ってあれ?私、アンリのこと好きなの?

あああ、だってアンリも怪物もあわれでならないんだもの・゚・(つД`)・゚・

ビクターはもっと、冷静な目で怪物(小西/加藤)を見てあげられなかったものか?
アンリを蘇らせようと試みて、
実際に生まれたのはアンリとは似ても似つかない怪物だった。
望んでいたものとは違った。
己の思い通りにならなかったから始末しよう、
って何なの


人でないものを生み出してしまった、
神の領域を侵したことへの畏れ?
異形への恐怖?
アンリを永遠に失ったことに絶望した?


強欲なうえに傲慢だ。
だいたい学んでないよ、母の一件からなにも・・・。

これ「生まれたばかりの命=赤子」だと考えて、
人間らしく振る舞えるように仕込んでゆっくり育てて行けば、
アンリそのものにはならなくても、
立派な“人間”にはなったんじゃないかな?
それでも、踏み込んではいけない領域であることに、
変わりはないが・・・。

第二幕、闘技場のシィンが無駄に長い;;;
ここをぐぐっと短縮して、他に描かなきゃいけないことがあるでしょ?

カトリーヌ(音月桂)との交流を通して、
怪物が少しづつ言葉を獲得していくとか!

怪物が喋れるようになるのが、あまりにも唐突
そりゃエヴァ姐さんも魂消るよ。

怪物と再会したビクターの、

「喋れるのか!?」

ご挨拶だなぁ、あれはないわ~;;;
まぁそりゃ吃驚するだろうケド、
他に云うことあんだろ。

それにしても怪物、熊を素手で殺すって・・・。
大山倍達かよー!?

パンフで晃教さんが、

「(当初)僕はアンリ役かな、と思った」

そう仰っていましたが。

中川晃教さんに熊を素手で殺れる説得力がない件。
↑失礼だよ!

閑話休題。

カトリーヌと怪物のシーンがほのぼのしていればいるほど、
その後の悲劇が効いてくる。

カトリーヌ・・・端からフラグが立ってるんだよなぁ。
厭な予感しかしない;;;

それにしても、

「くま おいしい。」

秀逸である。

両アンリとも超→可愛いのだ

それなのに、これでもかってくらいの鬱展開。

そりゃあもう美味そうに、嬉しそうに水を飲む怪物とかどうよ(号泣)

辛い境遇でもカトリーヌは、決して「死にたい」とは云わない。
自由になればきっと、明るい明日がある・・・だから生きたい!
生きるためとはいえそんな・・・なんかもう、

勘弁してあげて!

ってか、ジュリア(音月)にも結構最初からフラグ立ってるよね
ああ、やっぱりね~・・・だもの。

エレン(濱田)に関しては想定外。

みんな冷静になって!!
エレンが吊るされるの早くね!?
話くらい聞いてあげようよ。

民衆の勢いコワい;;;
でも、最近の世の中、こういう傾向にあるかも。
絵空事とは云い切れないな。

ここのエレンの(あるいはビクターの)回想シィンがまた。゚(゚´Д`゚)゚。

幼いビクターに諭すように優しく語りかけ、寂し気にそっと去っていく・・・。

さすがにここで気づけよビクター!
大切な姉も妻も失い、散々痛い目にあったってのに、
またやるのかコノヤロウ

バカなの?

「その名前で呼ぶな!」

記憶はないと云っていたけれど。
怪物はうっすらアンリとしての記憶が残って(戻りつつあって)いて、
だからこそ。
おぞましい姿になった自分に対して、
その名で呼びかけられることが苦痛でしかないのだろう。

アンリであることを拒絶する。

自分をこんな姿で蘇らせて、挙句捨てた男のことは、
お望み通り「創造主」と呼ぶのだけれども。

最期は、

「ビクター・・・。」

そう呼びかける。
もう終わらせて欲しいと、本物のアンリが。

こう見ると、全体通して切ないなぁ。
だからと云って、バッドエンドだとは思いたくない。

あれはあれで2人にとっては、
幸せな結末だった・・・のだろう。

つゞく・・・かも。

*Comment

 

えーと
地元でのみ鑑賞予定でしたのに、tacatacaさんの腐乱ケン記事を拝見して居ても立ってもいられず、観る予定なかった加藤アンリ回、チケット譲っていただき行ってきました。

上手端からでしたけど、それは反則! なシーンが山盛りで(加藤アンリがあっきーの顔をのぞき込むとことか、あれやこれや)…いつ自分が悲鳴をあげてしまうか危惧してました。
いや、(一部の)お嬢さん方がキャーキャー言うのも納得な腐舞台でした。
あっきーはいつものあっきーでしたが、
アンリにスポットライトを当てるために敢えて、の変化のなさかな、と。
目につく部分も色々ありますが、それを補って余りあるほどのあっきーや濱田めぐみ嬢の情感にあふれた歌と加藤アンリのラブリーさ(笑)

おかげで奇跡の加藤回、見逃さずにすみました。ありがとうございます!
  • posted by とに 
  • URL 
  • 2017.01/25 21:18分 
  • [Edit]

 

とにさん、ありがとうございます!
この度はわざわざ日生劇場までお運びいただきまして、ありがとうございますぅ(回し者?)
加藤アンリは、ワタシも想定外でした!
なんかいろいろと、アレでアレですなー^^
そもそもこの作品自体、こんなに沼るとは思ってもみなかった;;;
「いろいろと判ってらっさる!」な演出に、まんまとハマったわけですがねぇ。
ああ、ごちそうさまデス☆
私は明日、小西アンリ回を観てきまーす♪
  • posted by tacataca 
  • URL 
  • 2017.01/26 07:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tacataca

Author:tacataca
【天使】になった社長&黒玉。
まだまだ現役バリバリの毛玉嬢。
ツンデレ美魔猫☆と
ボンクラ社員の振り回され―否、
癒されライフ。
どーする?!どーなる?!

コメントいただけると嬉しいでっす♪

☆ご注意☆

コメント・トラックバックは、 ネコ社長(半透明)の承認後にUpされます! ブログに関係のない内容のものは、 社長がザクッと削除することもございます。 ステキなコメント☆には、 社長がお返事するかも?!

FC2ブログランキング

お気に召しましたらネコパンチ一発!!

FC2Blog Ranking

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

月別アーカイブ

ブログ内検索

いつでも里親募集中

緊急災害時動物救援本部

Powered By FC2ブログ