2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.01.30 (Mon)

フランケンシュタインごった煮感想③

東京公演千穐楽、おめでとうございます!
大変遅ればせながら・・・ですが;;;

名古屋遠征しようかしらん?
なーどーとチラッと考えて諦めました_(:□ 」∠)_

有閑マダム連中ならともかく、ワープアだもの(しゃいん)

東宝さん、CDかDVDを!ぜひっ!!

まだまだ沼の底から湧き上がる感想をば、ごちゃごちゃと・・・。
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
アンリ(小西遼生Ver.)を裁く広場のシーンで。
駆けつけたビクター(中川晃教)が、

「殺したのは僕だ!」

申し開きをするも聞き入れられず・・・ってか、
ステファン(相島一之)が嘘の証言をするからなんだけど。
驚くエレン(濱田めぐみ)ジュリア(音月桂)
ビクターは警官(なの?)にズルズル引っ張られて行くじゃない?

このときアンリが、ちょっとホッとした顔をする。
そして目が合ったジュリアに、微笑みかけたの!

「安心して、彼は僕が助けるよ。」

・・・の笑顔!
こんな顔をされたら泣きます、私が。←

居酒屋のシーンでもそう。

「♪君がいれば 充分さ」

ここの小西アンリの顔が!
ビクターをぎゅっとしながら、愛しそうに語りかけるわけデスヨ
こんな顔をされたら泣きます、私が。←

小西アンリはホントに優しくて温かくて、

包容力のある感じでマヂお母さんだ

「アンリ・デュプレ、面会だ。」

無駄にエエ声の件。

それはさておき。

「君の夢の中で」を歌う場面は、
もはや切な過ぎて逆に泣けないくらいなのですが;;;

ビクターと握手をし、そこから彼を引き寄せて抱きしめるアンリ。
身体を離す時に、ビクターの胸を拳で叩く・・・んだけど。

私が観た小西アンリ(2度目)では、
ビクターの胸元を叩いた後、シャツをぎゅっと掴んだんだよねぇ

あああぁぁぁぁ、ビクター!

マヂで、

エエ声の看守を殴ってアンリを連れて逃げてくれ!!


判っちゃいるっけど、心の中で叫ばずにおれない。
科学の発展と自身の研究と夢と野望とかけがえのない友人の命と・・・。
様々な葛藤があるのは判る、判るけど。
何故みすみす死なせるのか、と。

ぎゅいんと話は遡りますが。

エレンの語る、幼少期のビクターの話。
幼いジュリアとビクターがきゃっきゃしてるのを、
嬉しそうに眺めるエレン。
が・・・。
ビクターが読んでいた本の内容、

「♪生命 有機の結合 死亡は 一時の放電・・・」

途端に表情が一変する。
気づかなかった。
弟を理解してたつもりだったのに・・・。

細かい心情の変化、恐れと不安を、
歌だけでなく表情でも伝えられる。


濱田めぐみ嬢、やっぱりこういうところは上手いなぁ。
キャリアの違い、でしょうか?
2役だったらやはり、エレンの方が上手いしハマってるよ。
エヴァの通常運転っぷりも良いですが、
楽しそうだし

エヴァって、そんなに悪役じゃあない気がする。
店の女の子たちには、結構慕われてるようだったし、
気風の良いところもあるんだろうなと。
気まぐれでカトリーヌ(音月)にも、優しくしたりってこともあったんだろうなぁ?

エヴァの旦那・ジャック(中川)は、

ここぞとばかりに自由です。
ビクターがね、あんな感じなので;;;

ギャップスゴイ

それまでが苦しい展開、激しい楽曲が多いので、
晃教ジャックの楽しそうなことときたら

実はこっちの方が、彼の真骨頂だったりする。
スウィング♪
ジャックのソロ曲の音域が、いちばん合ってるんじゃないかしらん?
本領発揮!といったところでは?

中川晃教、こういう曲も上手いんだ・ぜ!?

ジャックが階段を上るシーンでは、いつもドキドキします。

いや、足元注意の意味で。
今作ではそれほど踵の高い靴を履いてないからまだしもだけど、
セットが回るじゃん?

晃教さん、足元に気をつけて!・・・ってなる。
良く観たら、しっかり手すりに掴まっててホッとしたわ

ここの件は毎回、結構なムチャ振りをぶちかましてらっさる晃教ジャック
手下のみなさまが巻き込まれて、落ちちゃうのですが;;;
怪物にまで振らないでー!

ヤバい、小西怪物がヤバい。

「怪物、踏ん張ってー!」

全力で応援する、落ちたらことだもの、
なんか、いろいろ、流れ的に?

そういえばジャック、

ジャケットの裾を縛る(前で結ぶ)の何で??
・・・いや、別にいいけど。
こっちでも裾をバッサバサさせて欲しかった(個人的に)

「(怪物が)思春期なんだよ。
こうやってよ(おもむろに体育座り)、
角部屋あるじゃん?ウチの(ウチの!?)
あそこにこうさ、ちょこんと座ってさ。
窓なんかないのに。
(空中に指で窓の形を描きつつ)窓のある体で?」


それは見事にすぱこーんと、エヴァに頭を殴られる。
しょうがない。

「夫として役立たず!」

というか、全体的に役立たずっぽい小物感イイネ(´ω`人)

多分、つゞきます(まだー!?)

テーマ : ミュージカル ジャンル : 学問・文化・芸術

17:16  |  “あ”のつくひと  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■沼は深いからゆっくり

小西アンリ、しっとりだよねぇ。ゆっくりと北極までつぶやいてくださいまし。楽しみにしております。
自分が観た回が一番と決めてるんだけど。同じ組でも毎回こんなにも解釈が変わる芝居ってないよね。細かい演技を見つけちゃうとたまんないよね。
bun |  2017.01.30(月) 23:35 |  URL |  【コメント編集】

■NoTitle

bunさん、ありがとうございます!
そうなんですよね。
誰もが自分の観た回が「神回☆」だと信じるものです。私もそう。
最初の印象が、トンデモで斜め上だな・・・だったのに、じわじわと胸に沁みてくる不思議な作品ですねぇ^^;
しばらく沼に浸かってます、ずぶずぶずぶ・・・・・・・・・。
tacataca |  2017.01.31(火) 18:43 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |