足跡姫

3/5マチネってきました!

野田地図
『足跡姫~時代錯誤冬幽霊~@東京芸術劇場プレイハウス

野田秀樹 脚本・演出・出演
宮沢りえ 妻夫木聡 古田新太 佐藤隆太 鈴木杏
池谷のぶえ 中村扇雀 野田秀樹


2階席での観劇だったけど、
逆に良かったかも?
素晴らしい舞台美術を、俯瞰で眺められて眼福であった

野田秀樹氏の作品の方向性が、ハッキリしてきた。
『エッグ』『逆鱗』→・・・と。

それだけ世間のきな臭さに、敏感に反応しているということか?
“大衆”が流されていく方向に、危機感を抱いている?

大衆迎合主義に真っ向から反抗するのではなく、
皮肉とユーモアで切り返す。


またここにも共通するのが、

マスがすべて!右向け右!

「今こそ多数決!」
「ビバ!デモクラシー!」


数が多ければ、それが正義?
数は力か?
大衆を味方につければ、クロいものもシロくなるのかい!?
力で捻じ伏せ、真実だって事実だって捻じ曲げるのか!?

そりゃ違うだろ(#^ω^)

この寓話が何を云わんとしているのか・・・気づかないフリはやめよう。
絶滅してゆく文化・・・今も、少しずつ。
いずこの御国は、この国そのものかも知れないよ。

妻夫木氏はやはり、舞台の上の方が活き活きして見える。
それにずっと良い芝居をする。

初めて拝見した時は、魂消たものだが

もはや安定感があるもんね。
軽も重も、シリアスもコメディもできて、なかなか稀有な役者さん
テレヴィだとねー、ちょっとボンヤリしちゃうよね(※個人の感想です)

宮沢りえ嬢、力強い!!
こんなにも線が細いのに、こんなにもパワフル
肉感的なところはないのに、
そこはかとない色気があるし。
夢みるように台詞を喋るところが良いわ。

最優秀女優賞おめでとう!な鈴木杏ちゃんは、
定番(?)なキャラだったので、
もうひとひねり欲しかったかも~
さらっとしてたので、悪女ならもっとうんと悪く。
前半のアホの子キャラの方がハマってた!

役者としての野田秀樹氏は、相変わらず達者であるなぁ!?
上手いか下手かでなく、“達者”なのである。
あるいは、“自在”か。
可笑しみがあるのに底が見えなくて、不気味でもある。
この人こそ「穴」なんじゃなかろうか。

巧みな言葉遊びの裏側に、
しっかりとメッセェジが込められている。
しかもブレない!

表面だけなぞっていると、つまらない洒落みたいだけれど。
目を凝らして読み取れ!
耳を澄まして感じろ!


作品から伝わる熱に、自然に涙が溢れてくる。

これはいま、しっかりと考えねばならないこと。

ラストの桜満開のシィンは、
『法界坊』かしらん?

美術は、
読売演劇大賞の大賞・最優秀スタッフ賞を受賞した堀尾幸男氏
足アート、桜の絵も素晴らしく効果的。

「アート」と云ってしまえば、何やっても許される件。
妙~に納得。

それにしても。

読売演劇大賞受賞者が2人もいらっしゃるのか、
このカンパニィΣ(゚□゚(゚□゚*)

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tacataca

Author:tacataca
【天使】になった社長&黒玉。
まだまだ現役バリバリの毛玉嬢。
ツンデレ美魔猫☆と
ボンクラ社員の振り回され―否、
癒されライフ。
どーする?!どーなる?!

コメントいただけると嬉しいでっす♪

☆ご注意☆
コメント・トラックバックは、 ネコ社長(半透明)の承認後にUpされます! ブログに関係のない内容のものは、 社長がザクッと削除することもございます。 ステキなコメント☆には、 社長がお返事するかも?!
FC2ブログランキング
お気に召しましたらネコパンチ一発!!

FC2Blog Ranking

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
いつでも里親募集中

緊急災害時動物救援本部
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ