2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.04.17 (Mon)

聞け、創造主!・・・もとい、製造責任者よ!!

仕事場で使っていた扇風機を、先週末、修理に出しました。
扇風機ったって、家庭用ではありません。

工場扇です。
オレンジのデカい4枚羽根で、三脚型のアレです。

故障したのか・・・って?

いいえ、首がもげたのです。
モゲタって云うなよ!
毛玉『!!

詳細はこうです。

昨夏、7~9月くらいの暑い盛りに、
仕事場でイベントをやっておりましたので、
その暑さ対策として工場扇を購入。
この期間にイヴェント会場で朝から夕方まで、
ほぼ毎日稼働させていました。

さすが工場でバリバリ働いている方だけあって、
風量も充分でとにかくパワフル
いやー重宝したねー、なんて云っているうちに秋が過ぎ冬到来。
なんとなーく片づけそびれて、
事務室の片隅に置きっ放しになっておりました。

以下、上司の証言

「いつまで置いておいても邪魔だから、
倉庫に仕舞おうと思ってさ?
持ち上げて台車に積んで、さて運ぼうと動かした矢先・・・。

もげたんだよ!首が!根元からポッキリと!!

ちょっと台車を動かした振動だけで、

首がもげるってどういうことだ!?


首が・・・工場扇の首が・・・。

その光景たるや、まるでギロチン!

マヂでギロチンだったんだよ!!


移動させるのにちょっと揺れたくらいで、
業務用扇風機の首がもげるか~!?


何年も使ってたなら仕方ないけど、

たったの3ヶ月だぜ!?

強力なモーターの稼働による振動やら首振りやらで、
金属疲労を起こして折れた
・・・って?

そんなワケねーだろ!
だってホントに工場だったら、いちねん365日始終動きっ放しでしょ?

しかも羽根がデカいモーターもついてるしで、
圧倒的に頭が重いワケですよ。
それを振動で折れちゃうような、華奢な拵えにする訳がない。

・・・って良く見たら、首の接合部分が、

あり得ないくらい貧弱だったΣ(ω |||)
たった3点、ぽちぽちぽちっと溶接してあるだけとなっ!?
しかも首部分の金属パイプが、吃驚するほど薄いの。

マヂあり得ねー、なんだこの雑な作りは

ちょっとこれ、欠陥商品なんじゃねいのー!?

倉庫内の椅子の上に、ごろりと転がされた、
首だけになった扇風機。

なんとシュールな眺め!

壊れてから早数か月・・・。
あまりの衝撃に職員一同、見なかったことにしていたのですが;;;

早くしないと、保証期間が切れる
現実を直視して、慌てて修理に出すことにしたのです。

メーカーに問い合わせたところ、
修理工場に直送してくれとのこと。

工場扇のもげた首をダンボール箱に詰めながら、
再び上司の恨み節

安い買い物でもないのに・・・。
しかもホントにちょっとしか使ってないのに、これだよ・゚・(つД`)・゚・

根元からスッパリ・・・ギロチンだもんなぁ;;;」

壊れた当初は何ともなかったのに、

いま聞くと大変ツボるこのフレェズ
忘れてるのかと思いきや、
すげぇ絶妙のタイミング(ワタシ的に)で修理に出すことにしたな上司ときたら。

上司よ。
“胴体”も忘れずに、一緒に送ってくださいね。
本人のものではない、別の誰かの胴体に首を挿げちゃうと、
異形の怪物になっちゃうかも知れませんから!

接合手術を施すべく研究所・・・否、修理工場へ送られた工場扇。

無事に修理を終えて、戻って来た暁には、

密かに“アンリ”と呼ぶよ(○・_ゝ・○)ノ


やーもうこれ、ネタでも何でもなく本当の話なんだよ!
衝撃的過ぎて笑えないよ、実際;;;

テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

12:00  |  ヒビツレヅレ  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |