天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。
専用だったらいーけどサ!
2017年06月06日 (火) | 編集 |
毛玉『歯の詰め物がとれちゃったにも係わらず、
そのまんま1年以上放置しておった社員。

いよいよ、

「なんとなく痛む・・・気がする。」

よーやっと歯医者さんに行ってきたわよーぅ。
この単語!
詰め物が全部ではなく、一部分だけとれていた(゚д゚)

―という厄介な状況・・・のみならず。

その手前の歯が、一部欠けているですって!?

社員アンタ;;;
良くこんな状態のまんま、放っぽらかしておけたわねぃ


「だって、歯医者キライなんですもん

大抵の厭なことは、
持ち前の絶大なる妄想力を発揮し、
妄想を差し挟むことで乗り越えられるんですけどね?

歯医者だけは・・・あのガリガリキュインキュインだけには、
どうしたって勝てない・・・。

妄想で現実逃避する余地がないじゃないですか!?

太刀打ちできない現実ってか素朴にコワい。゚(゚´Д`゚)゚。

しかも昨日は治療中に、耳を疑うような単語を先生が発して、
更にビビったんですよ~;;;

治療中に助手の方に、

『Gボンド取って。』

ですとー!?

Gボンドって、あのGボンド?
ウチにもあるけど、あのGボンドだったら

歯科治療にGボンド・・・ガンプラかよ!?

聞き捨てならぬ
ちゃんとした医療用なんじゃないの?
アレとはまた別のソレなのよ、知らないケド。

もう専用のソレじゃなくても、
きちんと治してもらえるなら構わないでしょうよ。


細かいことは気にしちゃダメよーぅ


実際のところ、どーなんでしょう?
空耳かなー。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する