2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.07.29 (Sat)

Beautiful(初日)

いろいろ魂消た!

『Beautiful』@帝国劇場

ダグラス・マクグラス 脚本
ジェリー・ゴフィン&キャロル・キング バリー・マン&シンシア・ワイル 音楽・作詞
マーク・ブルーニ 演出
水樹奈々 中川晃教 伊礼彼方 ソニン 武田真治 剣幸・・・ほか出演


結構ギリギリまで、「本日初日」だと気づいてなかったyo

初日は水樹奈々嬢asキャロル・キング

―だからなのか?

すげぇ男子率の高さに魂消る

観劇歴もそこそこ長くなった社員ですが、
いまだかつて帝劇で女子トイレが空いていて、
男子トイレが長蛇の列ということがあっただろうか?

いや、ない(反語)

客層があまりにもいつもと違うので、
席についても周囲をキョロキョロしてしまった。←いつもやってんじゃん。

水樹嬢のファンの方が、大半を占めているのね~(゚д゚)

同じように感じたと思しき、
隣のお席の方に確認されたもの!

「中川さんの?」

・・・と;;;

閑話休題。

世代的にキャロル・キングにあまり・・・いや、
ほっとんど馴染みのないワタシですが。
それでも、物語として充分に楽しめる

大変ドラマティック!・・・というワケではないのだが、
楽曲の助けを借りて盛り上がりをみせる筋運びだ。

そう、楽曲がどれもこれも、
ポップで耳馴染みが良い。

ま、そりゃあそうだ。

ほぼほぼ全曲が、超→ヒットソングなのだから!

ジュークボックス・ミュウジカルって、
うん、なんか・・・うん・・・。

ヒットソングを生み出す作詞家&作曲家、
出来上がった曲を歌うミュウジシャン。

と、いう構図なので必然的に?

メインキャストよりも、アンサンブルが歌う方が多い

いや、それはそれで良い。
良いんだけどサ?

すっきりしない・・・というか、

物足りない感がハンパない。←ぶっちゃけやがった。
メインキャストなのに、添え物みたいなんだもの
グランドミュウジカルのような、派手な曲もないしね?
正直、帝劇で上演するほどの内容かしら?・・・と。

さて、中川晃教くん

どうしたことか、

芝居パァトがいちいちウケていたΣ(´Д`*)
何だろう、そんなに面白い!?
ヴィジュアルが?
台詞回しが?
間の取り方?
さては雰囲気?

ともかく、ありがとうございまっす!!
笑いが起こること度々で、ちょっと気分が良いわ

笑いが起こるといえば。

武田真治氏サイコー
大好物っ大好物っ。

それはさておき。

(盛大にネタバレしますが)

ギターを弾きながら歌う晃教くんとなっ!?
「ぅわぁ、嘘くさーぃ!」と思ったのは私だけではないハズ・だ。

新鮮
ピアノマンがギターって新鮮!!

水樹キャロルは芝居も歌も危なげなくて、

思ったよりもずっと良かったデス。

そうだよねー、声優さんだもんねー。
そりゃあお芝居も上手いわけだ

そしてソニン嬢のタイフーンっぷり
勢いが凄まじ過ぎて、他の面子が霞むっていう・ね;;;
スゲェ((((;゚Д゚)))))))

次回、キャロルはWキャストの平原綾香嬢
受ける印象が若干変わるかな?
楽しみです♪

【More・・・】

べスっ!
劇場前にステキパネル、あります。

テーマ : ミュージカル ジャンル : 学問・文化・芸術

22:20  |  “あ”のつくひと  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |