FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.10.10 (Tue)

関数ドミノ

10/8マチネってきました!

『関数ドミノ』@本多劇場

前川知大 脚本   寺十吾 演出
瀬戸康史 柄本時生 小島藤子 鈴木裕樹 山田悠介
池岡亮介 八幡みゆき 千葉雅子 勝村政信


久~しぶりの下北沢

その変貌ぶりにビビる(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
駅が改装中なのもさることながら、街そのものが大変革。
往時の面影がどんどん失われて、ヒドイ。
これ、絶対“改悪”ですから!!
特徴のない、つまんねー街になりそうだ。

社会派な意見はさておき(てへ)

思い当たる節があるでしょ?
アナタにも、ワタシにも。
観終わってどんよりした気分になるのは、
きっと我が身に置き換えて考えてしまうから。

私自身は、こういう傾向にあると自覚している。
頑張ったがダメってことが、
人生には溢れているからな。

努力してもどーにもならないときは、

他人のせいにして逃げちまおう!


誰だってそう思うでしょ?

悪いのは自分じゃない、あいつのせい。
自分ばかり運が悪いのは、あいつのせい。
あいつが無駄に強運だから、こっちに運が回ってこないんだ。

―って考えれば、少しは気が楽になるんだけど・・・。

これって、すげぇマイナス思考
あるいは、マイナス志向かも?

本日も通常運転瀬戸康史氏イイネ

エキセントリックなというか、

どうかしてるぜな役柄が定着してきて何より( ^ω^ )

ドラマでは全然違うキャラなのでしょうが、
社員は瀬戸くんを舞台と、
『グレーテルのかまど』でしか観たことがないので←極端がすぎる

舞台の瀬戸氏は凄いぞアレだぞ、

大概大概だぞ!?
←超→褒めてます

終始落ち着きがなく、不穏な空気を纏った青年。
一見フツウのニィトなんでしょ?とか思ったら、
なかなかにヤバめの人でしたよ;;;

手が落ち着かない、目が泳ぎ放題。
誰がどう見てもまともじゃないのに、
そこに多くの人々が惹きつけられてしまう。

何でだ?
信じてみたくなるのだろう。
彼の思い込みを、一心な思いの強さを。
例えそれが、マイナスを向いていても。

千葉雅子嬢って、
おっかねー役者さん(役柄とか役づくりとか)だと思い込んでたが・・・。
全然違った
あれ~、どなたかと間違えてるのかなぁ??
良く通る声で、台詞がとても聴き易い。
この作品で唯一の、「まとも」な登場人物である。

勝村政信氏演じる保険調査員も、
本当は、実は、何を隠そう・・・という展開かと思いきや、

そのまんまズブズブであった;;;
伏線かと思ったら、考えすぎだったか

思いの強さが奇跡を起こすのなら、
プラス思考ばかりが源ではない。

マイナスのエネルギィだって、
真っ直ぐに強く願えば届くのだろう。


負の奇跡だ!

ラストは微かに光が見えるけれど、
結果はどう出るのか?

最後まで明かさず、観るものに託すところが良い。

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

21:05  |  芝居道楽  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |