FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.11.19 (Sun)

中川晃教コンサート@東京文化会館2017

ただいま!おかえり!

『中川晃教コンサートat東京文化会館2017@東京文化会館小ホール

中川晃教(Vo) 旭純(P) 林田順平(cello)


東京文化会館に、

わたしの我らが中川晃教が帰って参りました


このホォルはとても不思議な空間で、
客電が落ちるとまるでのよう。
どこからも観やすくて響きも豊かで、
聴く側の集中力も妙に高まる。
ホォル全体の拵えと舞台を照らすライトの塩梅で、
壁に美しくシルエットが浮かび上がるのも幻想的で良い。

中川晃教くん『ポピュラーウィーク』シリィズなどで、
数回この舞台に立っているのですが。
そのたびに、なかなかの衝撃を受けておりましてなぁ。
ひとり「ボヘミアン・ラプソディ」に天才かよ!?と感激し、
初めての「No.5」に度肝を抜かれたり・・・。

素晴らしいホォル素晴らしい歌声の相乗効果が、

とんでもないミラクルを生み出す。

もちろん、今回も!

ヴォーカルとピアノ&チェロという、
シンプルな構成で聴かせるコンサァト。
ここまでシンプルな構成は、久しぶりかも?

深紅の上襟がポイントの黒いジャケットに黒いボトム、
前身頃の胸元にきらきらスパンコォルのついた黒いシャツ・・・と、
それなりにシンプルな衣装で登場の晃教くん。
靴はいつかも履いていた、シルバァのレェスアップだったか?←良く見えなかった

ピアノはお馴染み旭純氏
チェロは初めましての林田順平氏

林田氏は見事、SF晃教くんの洗礼を受けましたなぁ
なんちゅー顔をしとるんじゃ、お気の毒様だよ|ω・`)

こっちに振ってくれるなっていうオーラを目いっぱい放出していたのに、
ガン無視だもんなさすがSF。

もう晃教くんを見る目が、

珍しい生き物を見るそれだったもの

ホントに酷いや、なんだあのムチャ振り(爆)
いやー、面白かったの何の!←実害がないからこそ

油断してんじゃねいよ、ってことですよ。
ステェジ上のミュウジシャンも、客席の我々も;;;

それも含めての中川晃教WORLDだから!
思いついたことは、容赦なく振る。
ムチャ振りではなくてコォル&レスポンス、キャッチボォルですよ?

ま、私は頑として参加しないケドね~(ФωФ)v
↑前回も今回も、生温か~く見守っておった
こういうスタンスのファンもいるのだよ、ふふふ。

「スーパースター」とか「マイソング」とか「灰色の雨」とか、
あまりお耳にかからない(・・・って云い方する?)且つグッとくるセットリスト♪

「マイソング」仙台駅のイメェジが強いですね?
仙台に旅した時に、

「あ!
もしかしてこれが、あのステンドグラス!?」


写真撮っちゃったもの(ミーハー)

中川くんの書く曲には必ずワンフレェズ、
とても心惹かれる歌詞が含まれている。
このひと文才あるなぁ、と思わされる所以であるよ。

彼の言語センスには驚かされる、
あらゆる意味で。

言葉のチョイスが独特だよね?

「灰色の雨」は大好きな曲なので、
久々に歌ってくれて本当に嬉しい!
この曲は「ツバメとともに海原超えて・・・」というフレェズが、
旋律も美しくて好き
「マイソング」「誰にも見られないように泣く」のが良い。

「ウィー・ウィル・レット・ユー・ゴー」に至ってはもはや、

全体的にどうかしてる世界観が堪らん(#゚Д゚#)
さらっと聴いていると何じゃこりゃだけど、
格好強烈なアンチテェゼだったりする・・・のかな?

ともすれば歌声にばかり注目されがちだけど、
私は晃教くんの書く歌詞が好きなんだよねぇ

そして「道」は、どうにかしてCD化されぬものか?

私はこの曲が大大大大大大大・・・好きなのです
中川晃教が書いた数々の曲の中で、
ここ数年でいちばんの名曲だと思うのだがどうだ!?


こんなにドラマティックで光に満ちた曲
晃教くんの曲の中でも珍しくない?←孤独が原動力だからな

美しくキラキラしていて、
暖かい陽光に包まれているみたい。
イントロが終わって彼が歌い始めると途端に、
背後にぶわっと風景が広がって見え、
空気までが一変する。
歌詞のとおりの道が現れる。
一曲の中に、物語が溢れている。

心が震えるというか、心底感動するんだよなぁいつ聴いても
生で聴くから良いのかなぁ?
でも音源があったら良いなぁ(懇願)

先日のバァスデイコンサァトで初披露された新曲からも、
「相対性理論」「別れる時に思うこと」の2曲を。

「相対性理論」はライティングと相まって、
本来の意味でとってもSF的。
宇宙空間に放り出されたような、
不思議で美しい演出だったなぁ☆

近未来から来た少年が歌ってるみたい♪
―“近未来”って云い回しがレトロだが・・・。

シンプルに歌だけを楽しむコンサァトを、
“見て”いて思い至ったのは。

カリスマ感がないのが、中川晃教の魅力

・・・だということ。

カリスマ感だとかスタァ性だとか、
そういうのがないところに逆に惹きつけられるのだ。
佇まいはそこらの兄ちゃん(ヒドイ)みたいなのに、
ひとたび歌ったら別次元の才能を見せる。

ナチュラルで飾らない人柄と、その歌声。

天賦の才とのギャップ萌

自然体なのは親しみ易さともつながる、
見た目も含めてね。
プリンスって感じじゃないのも、かえって良いんだわ(´∀`*;)ゞ
フリィダムなのも魅力だよ、うん。

中川晃教の歌声にどっぷり浸って、揺蕩って・・・。

とびきり贅沢で、特別な時間を過ごせて幸せデス
あなたの歌に、心身ともに癒されました。

「癒されましたか?」

って、御自ら云っちゃうところも魅力のうちですよ、うん;;;

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

22:16  |  “あ”のつくひと  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |