FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.03.12 (Mon)

HEADS UP!(Ver.ACT)

大千穐楽おめでとう!

『HEADS UP!』@赤坂ACTシアター

ラサール石井 原案・原作・作詞・演出
倉持裕 劇作・脚本   玉麻尚一 作曲・音楽

哀川翔 相葉裕樹 橋本じゅん 青木さやか 池田純矢
今拓哉 芋洗坂係長 オレノグラフィティ  陰山泰 岡田誠
河本章宏 井上珠美 新良エツ子 外岡えりか 大空ゆうひ 中川晃教・・・ほか出演


もう一遍云う。

初演時に、何を観ておったんだ俺!?

こんなに熱くて、こんなに笑えて、こんなにホロリとさせられる良作なのに!

ほぼほぼ内容を覚えていないってか、

「そんなに面白い作品・・・だったっけ?」

とか云っちゃってさー!?

バカなのか、バカだったのか当時の俺
マヂで何処を観てたんだ、寝てたのか?
いやいや起きてたよ、靴靴は覚えてたもん(*`皿´*)ノ
ただ記憶の80%が靴靴だっただけで。

社員の記憶力がポンコツなのか、
小山田先生(今)破壊力が他を凌駕するほど甚大なのか。
・・・両方かな~;;;

兎に角。

端から仕舞まで笑って泣いて、
心にじんわり沁みる作品なのです


日本発のオリヂナルミュウジカルとしては、

出色の出来!!完成度高い!!


若き舞台監督・進藤(相葉)を始め、
制作担当(青木)演出部(橋本・芋洗坂・オレノ)など、
舞台を支える裏方さんにスポットライトを当てた今作。

全ての登場人物、全ての“仕事”を丁寧に、
敬意を込めて描いているところが良い。
役者さん・裏方さんという、
直接舞台に係わる人に対するリスペクト・・・だけじゃないの。
客席を埋める我々に対しても、
暖かい眼差しを向けてくれる。


もうねぇ、その心意気が熱いのよ!

本当に、

「良い作品を観せてくれてありがとう!」

心からそう云いたい。

舞台に係わっているからといって、
派手できらびやかな仕事ばかりじゃない。
地味で目立たなくて表に出ることもない、
裏方の仕事はほとんどがそんな感じ。
ここが自分の仕事、私の日常と重なったりして。

面白くねーなー、何でこんなことやってんだろう?
私のやってることって、何かの役に立ってんの?
これって必要なこと?

取るに足らないつまんねー仕事だよと、
そう思うばかりの毎日だけど。

ひょっとすると・・・繋がっているのかも知れない。
無駄ではないのかも知れない。
喜んでくれる人がいるのかも知れない。


ちょっとだけ視点を変えて、楽しんじゃえば良いじゃん♪

そう云われればそうかも・ね

日常を抜け出そうとチケット握り締めてやって来る我々に対し、

「絶対に良い芝居を見せる!」

キャラクターとしての役者・裏方の面々と、
実際の役者陣の熱量との相乗効果たるや!


青木さやか演じる正子の、
心からのひとことがグッとくるんだよなー・゚・(つД`)・゚・

どんなことがあっても幕を開ける。

そして上がった幕は、必ず下ろす。


最後のネタバラシというか・・・。

熊川よっしー(中川)の正体が判ると、
またもう1回ハッとする。

あー、だから諸々あんな感じだったのか!?

小山田先生は、ただのワガママじゃなかったのね

原作者で演出もされたラサール石井氏の、
芝居・舞台に対する情熱と誠意が反映された良作。
ホント、ラサールさんがどれほど舞台を愛しているか、
気持ちがビシビシ伝わってくる。

印象に残る楽曲も多かったし、

またこのカンパニィで再演を是非っ!

テーマ : ミュージカル ジャンル : 学問・文化・芸術

22:01  |  “あ”のつくひと  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |