FC2ブログ

昨今、空前の大ブーム(らしい)のアレ!

夏改め“烈”猛攻を避けるため、そうだ。

どこか涼しくて長居できて為になるところへ、

行こう。


昨日、思い立ちまして。

エッシャーは何度も見てるし、
ミケランジェロはテェマ曲(Vo.中川晃教)くらいしか興味がないし、
たぶんまた文化祭だろうからなぁ昆虫は?
ショーメは日時を選べば割引になるって噂だから、
鏡花×球体関節人形も押さえておきたいが・・・。
んんん~どうしよう~??

結果。
縄文展国宝集合パネル
いまいちばんアツい『縄文展』@東博へGo!!

長居できるなんてもんじゃない。

12時前に入って、見終ったのが16時だから

展示点数も多く、見どころ盛りだくさん!
ブームに乗っかって冷やかそうと思ったら、
超→見応えアリアリで魂消たよ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

土器土器土器土偶土器土器土偶・・・みたいななー
そんなラインナップでお届けなのに、これほど魅せるとは縄文侮りがたし

優れた芸術作品は、いつまで見ていても飽きない。
いつまでだってずーっと見ていられるものなのだよ。

だいたい何なの、このハイセンス且つデコラティブなデザインは!?

あと可愛い
土偶なんてキャラアクタァとして完成されていて、可愛いもの。

当時の非常に高い技術力に驚かされる。
デコってあるから気づきづらいけど、
土器本体はとても薄く拵えてある。
玉作り紐作りで成形したところに、
紐状にした粘土を張り付けて装飾しているんだけど。
その本体が社員のへっぽこ陶芸なんかよりも、
よっぽど薄く歪みなく作られているのだ。
社員、10,000年前の人類に完敗であります○| ̄|_

あれ、どんどん楽しくなっちゃったんだろうなぁ?
ゴテゴテ装飾するのが。

最初はね、各々のご家庭で実用的でシンプルな土器を作ってたんだと思うのよ?
それこそ縄目をつけるだけの、簡単な拵えだったと思う。
生活用品だから、調理とか貯蔵とかに使う。

きっと誰かが始めたんだよ、思い付きで
ちょこーっと飾りをつけてみたんだよ、余った土とかでサ。
もう、そっから一気に広がってったね。

デコ土器ブームキタ━(゚∀゚)━!

「隣の集落の何某が作った土器、ヤバい!
全面刺突紋とかスゲェ!」


「あのウチの奥さん、ネ申マヂ神土器師!
ウチも負けてらんねーから!」


「えーっ、まだ縄目つけるだけなの?
いやいやいや土器は盛ってなんぼでしょ!?
ちなみにいまいちばんイケてんのは、鶏頭冠突起だから!」


どんどん実用から離れて行っちゃっても、

「は?別に実用的じゃなくてよくね?
見た目カッコよけりゃいーじゃん。
いーんだよ、適当に祭祀用とかオブジェとかアートとか云っとけば!」


・・・って加速してっちゃったんだろうなぁ?

で、その反動で弥生時代実用重視でシンプルになっちゃうの。
個性的なデザイナーズかーらーの、無印○品みたいな。
縄文展撮影可ゾーン
素朴にしてハイセンスな造形美!

圧倒的な技術力の高さ!


そりゃあ作品を見ていると、妄想も加速するってもんだ。

作品―そう道具ではなく、もはや芸術作品だ。

デザインも斬新だし、発想力が凄いぞ縄文人!

ホントに、どれもこれもデザインが恰好良い!

センスが斜め上

それなのに、ずーっと見ていられる、普遍的な美しさがある。

古代芸術の素晴らしさに触れ、あまりのレヴェルの高さに圧倒される。
不思議で面白い格好の展示品が多いので、
夏休みのちびっこにも楽しめるかもよ?←実際に小さい人多し

9月2日までやってまっすので、ご興味ある方もない方も是非っ!!

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment