FC2ブログ
天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。
| Login |
2018年11月27日 (火) | 編集 |
聖観音
特別展『京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ@東博 平成館

よーやく観て参りました!

今秋、上野惑星直列みたいになってまして(゚д゚)
注目展覧会目白押しなのですが。←フェルメール展が阿呆ほど大行列だった。
ブツスキーとして外せないのは、やはりこちらでしょう!

展示室二室のみと点数は少ないですが、その分厳選されています。

中身が濃い!

快慶工房による「十大弟子立像」と、定慶「六観音菩薩像」揃い踏み!

しかも六観音菩薩像は、光背を外してある(後期のみ)んだぜ!?
お背中までじっくり、間近で拝むことができるのです。

なんと有り難いことか!

十大弟子はみな個性豊かで、どなたも良いお顔をしてらっしゃる(ノ´∀`*)
たいへん保存状態が良くて、衣装の彩飾も鮮やか!

全てを快慶ひとりで・・・いうわけではなく、
工房全体で作製にあたったよう(キャプションにあったような気がするが、違うかも?)
そのため作り手の個性も出ているのか、
それぞれの作品で微妙に雰囲気が異なって味わい深い。

公式ホームページでは恐れ多くも、
『十大弟子 みほとけ総選挙』なる企画をやっていますが;;;

社員は富楼那を推す!
公式キャッチフレーズ「説法第一~どのような人でも説得してみせましょう」

いーのか、これ・・・

六観音菩薩像ならダントツで、如意輪観音菩薩が1位でしょう(ワタシ的には)
アンニュイで官能的なポォズ、美しいお顔をしてらっしゃる(*´ω`*)
ホントに美しい…。

次点は准胝観音菩薩だなぁ?
なんといっても、横顔が凛々しくてステキである(*´∀`)

定慶の作品はどなたもお顔が綺麗で、装飾や衣紋が賑やかなのが良いわ。

最後にいらっしゃる聖観音菩薩立像のみ、撮影可能デス。

比較的空いていたので、フロアを何周も回った…だけでなく。
それぞれの像のまわりも、
挙げ句バタァになるくらいぐーるぐる回ってじっくり観賞。
会場の規模はいつもの半分なのに、
滞在時間は約3時間とさほど変わらず・・・。

眼福でございました( ☆∀☆)

いよいよ会期末が迫っておりますので、ご興味あるかたはお早めにっ!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する