FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.08.12 (Mon)

BrandNewMusicalConcert2019

同じ写真を再び載せます。

『BrandNewMusicalConcert2019@東京オペラシティコンサートホール

中川晃教 加藤和樹 伊礼彼方 田代万里生 イ・ソジョン 藤岡正明
山野靖博(chorus)


2019.8/11.マチネ、プログラムはコチラ
20190811マチネプログラム
ね?
客席のツボをくまなく押さえた、見事な選曲でしょう?
泣かせにかかってるもんね、ってか泣くもの間違いなくサ

GJだよ、道楽の神様ありがとう!!

だいたいこの豪華キャストですよ!?

職業貴族本物の貴族労働者お菓子をくれるランドセルに、
黒柳徹子ばりの司会者ですよ!?

・・・さっぱり判んねーな(-∀-)

しかし、どうして中川晃教氏を司会進行に選んだのか?
もっと適任者がいたでしょうに。
それとも、自由に喋らせるより、
進行に専念させておいた方が安心安全だと考えたのか(一理あり)

凄いよねぇ?
晃教くんが仕切って回して行けるようになったなんて、
ちょっと前では危なっかしくて考えられなかったよねぇ。←ソフト失礼
これだけでも感慨深い。

兎に角。

ヴァラエティに富んだミュウジカル楽曲を、
選りすぐりの歌ウマキャストが次々に歌い上げるのだから!

至福の時間ですよ
いや~ホントに耳が幸せ

職業貴族(カウベル担当)の伊礼彼方氏の歌う「最後のダンス」
あんな圧が強い迫力あるトートって、なかなかいないよ;;;

あの勢いで来られたら、即降参するわ(゚д゚;)
ぐいぐい黄泉の国に引っ張られて帰れない気がする・・・。
あと、そんなに面白くなくていいから

本物の貴族(!?)田代万里生氏は、11日のみ参加。
もう貴族っていわれたら、そうとしか見えない佇まいは流石

そしてやっぱり歌は本当に上手い、歌は。
「アンセム」素晴らしかったなぁ!
そういえば、
私が1回だけ観た『スリル・ミー』の“私”が万里生氏だったのよね。
コンサァトでその楽曲を歌うってのも、なかなかチャレンジング企画だ;;;

労働者階級(ヒドイ)の藤岡正明氏は、

ホントにいつ聴いてもエエ声で上手いなぁ!
『タイタニック』良かったもんねぇ。
新旧入り混じった『ジャージー・ボーイズ』メドレェも+゚。*(*´∀`*)*。゚+

彼はいわゆるミュウジカル楽曲もロックも、
どちらも巧みに歌いこなせるのがスゴイ
あと、そんなに面白くなくていいから

てか、なにゆえ晃教さんにちゅーを?
「君の瞳に恋してる」ので(?)思わず、
両サイドから晃教さんのほっぺにキスする藤岡氏&加藤氏

大好きか!?
そんな中、微動だにせず歌い続ける晃教氏。

吃驚するほどノーリアクションである

紅一点のイ・ソジョン嬢も、パワフルな歌声で。
華奢な見た目と裏腹に、低めの声で声量もたっぷり!
「命をあげよう」が実に素晴らしかったです。
晃教くんとの「愛していれば分かり合える」も・ね♪

お菓子をくれる人かつランドセルこと加藤和樹氏は、

まさかの末っ子であったか!?
見た目に末っ子感が微塵もないが
自由な先輩たちに振り回されつつ(-∀-)

そして自由な先輩、・中川晃教氏
驚くことに、キャリアも年齢もいちばん上であるよ
それなのに、あんなにフリィダムで良いの?

末っ子と先輩コンビで、奔放本邦初公開の楽曲も!

今秋上演の『怪人と探偵』から2曲をお披露目。
いやが上にも期待が高まる・ぜ!?
9月が楽しみだなぁ

最大の山場(あくまで個人的な)は第二幕

チラシの予定楽曲に書かれていたけどサ?
でもアノ曲だけだと思っていたので、
まさかアノ曲まで歌うなんて想定外だったのですよ!

げふぅ○| ̄|_ってなる、あの流れはげふぅってなる。←語彙力

だって「ただ一つの未来」かーらーの「君の夢の中で」かーらーの、
「偉大な生命創造の歴史が始まる」ですよ!?

泣くわっ・゚・(つД`)・゚・

『グリブラ』では聴けなかった中川ビクター×加藤アンリの、
「ただ一つの未来」は、ビクターの独善的な歌いっぷりがツボ。
ビクター、アンリの話聞いてあげて
アンリはまたなんで、こんな男に惚れちゃったんだよ?

で。

「君の夢の中で」ですよ!!!!

アンリーーーー。゚(゚´Д`゚)゚。

加藤氏がさぁ、もうアンリなんだもの~。
歌も確実に上手くなってるし、情感こもった歌い方でさぁ・・・。
初演の記憶がぶわーっと蘇る。
こんなにビクターのことを想って、これも運命だと心決めて逝くのに。

アイツ、このあとまぁまぁやらかす・ぜ!?

晃教さん「偉大な生命創造の歴史が始まる」

圧巻!!
いつ聴いてもゾクゾクする。
壮大な楽曲を見事に歌い上げる、中川晃教の真骨頂である。

高音も伸びやかで、素晴らしかった

すっかり『フランケンシュタイン』の世界にトリップ(o‘∀‘o)
この3曲が聴けただけでも、充分元が取れたというものだ。

本当に俺得過ぎます、

返す返すも道楽の神様ありがとう!!


こんなに贅沢しちゃって良いのかしらん?
至福のひとときでございました。

テーマ : ミュージカル ジャンル : 学問・文化・芸術

16:52  |  “あ”のつくひと  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |