FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.09.23 (Mon)

怪人と探偵(其の壱)

俄かDeNAファン、ハマスタも見学できてラッキー!
DeNA!
『怪人と探偵』@KAAT神奈川芸術劇場

江戸川乱歩 原案
森雪之丞 作・作詞・楽曲プロデュース
白井晃 演出
東京スカパラダイスオーケストラ テーマ音楽
杉本雄治(WEAVER) 作曲
島健 音楽監督   

中川晃教 加藤和樹 大原櫻子
水田航生 フランク莉奈 今拓哉 樹里咲穂 有川マコト 山岸門人
中山義紘 石賀和輝 高橋由美子 六角精児・・・ほか出演


9月19日マチネがMy初日、9月21日マチネが2度目の観劇。
実は19日はどーしても観たくなって、の、追加チケだったのであります(ノω`*)ノ

大好きな江戸川乱歩作品を原案にした、

新作ミュウジカル!


しかも中川晃教×加藤和樹W主演!
観ない理由がない且つ、
そりゃあチケット追加も厭わないというもんだ。

そうなのです。
社員は江戸川乱歩先生が好きなのです。
ポプラ社刊『少年探偵団シリーズ』BOXセットも持っています。
大人向け小説は春陽堂版を揃えております、
挿画が素敵で活字に味があるやつね。

そういうわけで、期待半分不安半分で観劇したのですが・・・。

想像以上に乱歩の世界観を再現できていて、
なかなかの良作に仕上がっておりました!


耽美色は薄いものの、独特のトンチキさが活きている。
ドタバタでツッコミどころ満載で、トンデモ展開が乱歩っぽいなーと。

某大作家が書いた『黒蜥蜴』も良いんだけど、
エレガンスだとか上品さ(同じか?)だとか、文学の匂いだとかは不要だと、
個人的には思っているんだよね。
昭和の2時間ドラマ的に、下衆くてチープな方がより作品に合ってるのでは?

そもそも原作が相当トンチキだからねー
大衆小説ってか、探偵団シリィズは子ども向けだし。
しかもこれが読めば読むほど、

「いくら子ども向けったって、そりゃあないぜ乱歩先生!?」

斜め上のトンデモさだから、ツッコんだら負け;;;

そういう意味でも、上手に仕上げたなぁと感激しました。

いつもの雪之丞先生のa・・・(自粛)
見せ方がとても上手く、トンデモな話を巧みにまとめ上げていたのは、
さすが演出・白井晃氏の成せる業でしょう。

失礼ながらもっと小ぢんまりているのではと、あまり期待していなかったセットも、
想像よりずっと大がかりで本格的なものだったので魂消た。

それを出演者自らで転換している!
グランドミュウジカルでは見られない、演劇らしい手づくり感。
これこそ「演劇」の醍醐味であるよ。

ただホント、事故と怪我にはお気をつけくださいませ。

楽曲もたいへん印象的。
スカパラのテェマ曲がめちゃくちゃ恰好良いのは勿論♪
ポップスで作り上げるミュウジカルって斬新だし、
新しい可能性があるなぁとしみじみ感じました。

リプライズの使い方も上手い。
誰の曲、って決まっているわけではなく、ひとつの曲を視点を変えて、
様々な役柄が多角的に歌い演じる。
同じ曲でも歌うキャラクタァが変わると、印象がまったく変わるから面白い。

あと個人的には、ネコ夫人こと高橋由美子嬢をはじめとした、
二十面相の手下どもが歌うナンバァが、
乱歩っぽくて最高である。

またあの手下どもがねぇ、あるあるだよねぇ(-∀-)
そこはかとなく漂うポンコツ感よ。
BDの面々もどうかしてるぜなんだけど、
二十面相手下チームも大概であるよ。

ってかボスの二十面相明智先生も、

どっちかっつーと頭おかしいからね(褒めてます)
是非原作を読んでいただきたい。

原作のネタも、あれこれ取り込んでいましたねぇ。

羽柴くん(中山)が誘拐された件を、まさか歌詞にブッ込んできたー(°_°)
あー、せむし男の松吉(有川)いるよねー乱歩作品といえばねー。
小林くん(水田)大きくなってってか、

明智先生(加藤)二十面相(中川)も一体いくつなんだ!?

細かいネタを拾っているにもかかわらず・・・。

慶子って誰だー!?

明智先生の突然の独白に、力いっぱい突っ込んでしまった(心の中で)

そこは文代じゃないんだ
ほら実際の文代さんだって、そういう生い立ちじゃないのサ?
だったらもういっそ文代のほうがスッキリ腑に落ちたかなと思うがどうだ?
違和感が凄いんですけど、俺だけか?

返す返すも、誰なんだ慶子!?

しかもこの女、なかなかの面の皮である。

えぇーっ!?

散々モニョモニョしておいて、

何事もなかったようにそこに収まるのー!?


魂消た、なんだこの展開(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

しかしそこは、大原櫻子嬢が可愛いから許す

『わたしは真悟』を観たときにも、何て上手いんだと吃驚しましたが。

今回、ますます歌が上手くなっていてw(゚o゚)w

キュウトなルックスも、快活なリリカ嬢にぴったり!
特に薄暮の中で歌うソロナンバァが素晴らしかったです~

とはいえ。

明智先生も二十面相も一旦落ち着いて!

リリカ嬢って18、9でしょ、
北小路夫妻(今・樹里)の語るところによるとさぁ?

あ、ちょっと脱線。

この北小路夫妻が良い味ぶちかましていて、
作品のアクセントになっているの(´∀`σ)σ
小悪党なんだけど、どこか憎めない。

今拓哉氏・樹里咲穂嬢ともに、

歌もダンスも素晴らしく上手いもんだから、

登場すると一気に“ミュウジカル”になるの・だ!

実はリリカと本当の親子ではないんだけれど、
最後までリリカの身を案じているとか―良い人!

閑話休題。

リリカ嬢、いっても二十歳くらい?

明智先生さぁ、
「大人になった」「心から愛している!」とか云っちゃってるけど、

ギリギリだからねー!?
いま時点でこの年齢なんだから、当時いったいいくつだったんだって話だよ
ヒューイット(CIA)か。

―まぁ、真実の愛だから年齢とか関係ないんですが(棒読み)

この辺、さすがに力技だよなぁ;;;

力技といえば、まゆみ(フランク)の行動も斜め上

えぇぇぇえぇーΣ(´Д`lll)エエ!!
吃驚ってか・・・吃驚;;;

ぽかーん、からの・・・。

お、おぅ、そうきたか(動揺)
張っていた伏線がここに集約されたのねと、
広ーい心で受け止めてあげたいデス。

ってかスゲェな雪之丞先生

全体として乱歩もの、二十面相ものとしては、
かなり良く出来ているのではないでしょうか?


原作のエッセンスを活かした雪之丞先生の脚本、魅力的な楽曲の数々と、
白井さんの巧みな演出と。

そして、ばっちりハマったキャスティング!!

感想はもう少し続きます☆

テーマ : ミュージカル ジャンル : 学問・文化・芸術

14:56  |  芝居道楽  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |