FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.09.25 (Wed)

怪人と探偵(の怪人)

満を持して怪人の感想をば。

『怪人と探偵』@KAAt神奈川芸術劇場


可笑しなもので、歴代の二十面相を演じた役者となると、
ちっとも思い出せない。

必ずいるはずなのに、誰ひとり覚えていないんだよなぁ?

怪人・二十面相VS名探偵・明智小五郎の構図は鉄板だろうに、
明智先生しか印象に残っていないのか

それはさておき。

私の我らが中川晃教くんが、怪人二十面相を演じる今作。

「新作ミュウジカル『怪人と探偵』に出演決定!」

第一報を聞いたときには、何役をやるのかとドキドキしたものだよ。

すわ、小林少年きゃっ!?と。←コラッ

いまにして思えばそりゃあ二十面相ですよ、晃教さんは。

外連味たっぷりのトリックスタァが似合うこと!

逆に明智先生は・・・ナシ寄りのナシかと;;;
あんまイメェジにないなぁ、
スマァトな探偵を晃教さんがってのは

良くも悪くも濃い目のキャラがお似合いデス。

の晃教さんは『舶来上等 どうでっか』以来。
若干のオモシロ違和感が拭えないが、見慣れればこれはこれで(-∀-)

定番の二十面相イメェジですな、シルクハットマント仮面って。

二十面相のマントばさーーーーーーっ、が
さすがのマント捌きであるよ、ビクター(違)

でもどちらかというとバカ坊ちゃん―否―気の良いお坊ちゃん、

竜太郎さん大層可愛くて良い

一緒に観劇した友人曰く、

『アワハウス』みたい!」

確かに!

黒髪で小っちゃくて可愛いしかないよ

同じく一緒に観劇したかあちゃん曰く、

「白いスーツなんか着ちゃうと、余計に小さく見えちゃう;;;」

いやいや待って!

ワザとだと思うんだが、あの野暮ったい白スーツは!?
昭和感を醸し出すために敢えて、
スタイリッシュとは云えないデザインを選んだと思うんだがどうだ?
←お?俺だけか?

歌い上げるナンバァが多かった晃教さん。

中川晃教の真骨頂!

本領発揮である


こういう曲を歌うと、べらぼうに上手いんだから(´ω`人)
やっぱ上手いなぁ!と、改めて感動しました。

「この世でいちばんきれいな宝石」は特に!

中川晃教の代名詞である突き抜ける高音から、
落ち着いた響きの低音まで巧みに操って歌う。

音域の広さと、

たっぷりした声量と、

響きの豊かさ・・・さすが!!

「微笑みの影」リリカとのデュエットもステキだった~

リリカを演じる大原櫻子嬢と、声の相性が非常に良いよう。
響きがひとつになって、ハァモニィがそれはそれは美しい(o‘∀‘o)*:◦♪

この「微笑みの影」は最終的にリプライズで、
竜太郎・リリカ・明智(加藤和樹)の三重奏になるのだけども。

これがまた、くぅ~~~っ

VS明智では大詰めの「対決」がね~

俺得でしかないやォ━━(#゚Д゚#)━━!!

晃教さんと和樹マンのデュエットは、この曲くらいだもんね?
おふたりの声も相性良いと思うよ!

はァ~、ふたりとも素敵

剣戟が始まるかと思いきや、両者ともマッハで放り出して魂消たよ;;;
せっかくの見どころが・・・。
結局、素手じゃん;;;

晃教さんは語るような歌声だけでなく、

歌うような台詞も声が良くってねぇ

芝居掛かってやや大げさな二十面相、
苦労人なのに残念天真爛漫な御曹司。
どちらの台詞回しでも、ひとことひとことが明瞭で、
耳触りがとても良いのだ。

ホント、上手くなったよなぁ(上から)
またストプレもやって欲しいな。

これでダダ漏れる色気があれば完璧なのだが

そこは加藤和樹氏に丸投げすれば良いや☆

さて、次回観劇はいよいよ横浜千穐楽!!
楽しんできまっす!

そして演者のみなさん、くれぐれも最後まで怪我の無きよう・・・。

テーマ : ミュージカル ジャンル : 学問・文化・芸術

22:46  |  “あ”のつくひと  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |