FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2020.02.11 (Tue)

天保十二年のシェイクスピア

祝☆Blu-ray&DVD化!

『天保十二年のシェイクスピア』@日生劇場

井上ひさし 脚本
藤田俊太郎 演出  宮川彬良 音楽
高橋一生 浦井健治 唯月ふうか 辻萬長 樹里咲穂
土井ケイト 阿部裕 玉置孝匡 章平 木内健人
熊谷彩春 梅沢昌代 木場勝己・・・ほか出演
20200209天保!
薄目で見ると同じ写真に見えますが。
違うのです、演目がっ!

何だか凄い面子が集まっちゃったなぁ

東宝様の並々ならぬ意気込みが感じられる、
2月の日生劇場であります。

出演者も豪華!

演出家も実力派!


ただひとつだけ、不安があるのです。

社員、井上ひさし先生との相性が悪いのであります_(:□ 」∠)_

いろいろな演出家・出演者で、何作品か観ているんだけども;;;
これがまぁさっぱりおm・・・(自粛)
眠くなっちゃうをとおり越して苛々して寝られないくらい、
どうにも性が合わないのであります。
まったく失礼な話で恐縮なのですが;;;
これはもう得手不得手、相性の問題なので、
井上氏の作品自体がどうした・・・とは全く別の話です。

そんなこんなでねぇ、不安だったのですよ

浦井健治氏高橋一生氏

この何ともミラクルなキャスティングで・・・どうなるのか社員!?

―と。

結果。

不安は杞憂で済み、楽しく拝見できました

苦手だった部分が新演出と、新しい楽曲で解消されていたからでしょう。

藤田氏ニナガワイズムを継承しながら、スッキリした演出になっていました。
ミュウジカルの演出もやってらっしゃるので、
音楽劇部分がきちんとミュウジカル(っぽく)なっていたのも良かった。

いつもどんちゃかしてやかましい音楽も、
宮川氏が新たに書き下ろした曲のおかげでスタイリッシュに。

この2点、非常に大きいデス。

3時間半超という大作でしたが飽きず苛々せず、

アッと云う間にエピロォグを迎えたって感じで良かった良かった

内容はね、えいやっ力技ですよ!?

あまりいないとは思うけど、シェイクスプピア作品を観たことがないってヒトには、
何が何やらだったのでは(;´・ω・`)
荒唐無稽な話だなぁって感じるだろうけど、
シェイクスピア先生の原作がそもそもトンデモだからね!?
割と原作に沿って展開しておると思うが、どうだろう?

『リチャード三世』を本道において、
『ハムレット』やら『マスベス』やらが絡んで来る。

舌先三寸でのし上がる三世次(高橋)の、

ピカレスクロマンである(ずばーん)


高橋一生氏の悪役って、新鮮!

『レディエント・バーミン』以来(だよね?)だから結構久々。

芝居が素晴らしいのはもちろんですが、

歌まで歌えるのか
そりゃそうだよな、ガブローシュだもんな。

脅威!

そこに、きじるしの王次(浦井)復讐と悲恋の物語が乗っかって・・・。

もう説明しても良く判らないでしょが、
その1つ1つのエピソォドがシェイクスピア作品なの!

いやー、上手くできてる!
そりゃあ力技ではあるが、
良くぞここまで上手いこと嵌め込んだものだよΣ(゚□゚(゚□゚*)

浦井健治氏の破壊力がサァ

登場しただけで舞台がパッと華やかになる。
やっぱり凄いです、浦井くん!!
芝居は上手いし歌は見事だし、
立ち回りもダンスもばっちりできちゃう。

可愛い上に色気もあるもんなぁ、スゲェ

『デスノート』以来の唯月ふうか嬢2役を熱演!

めちゃめちゃ可愛かったけど、

やはりワタシ的には木場勝巳氏を推したい!
さすがの貫禄、恰好良いんだよこれが!

せっかくだから一生くんと浦井くんが、
がっつり共演するシィンがあれば尚良かったのだけれど。

それはまた次回のお楽しみ、ってことで。←あるのか!?

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

14:51  |  芝居道楽  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |