天使になったネコ社長&黒玉+下界に君臨する女帝・毛玉の日々の暮らしと、ヒト社員の趣味のお話。
紅茶染め顛末記
2017年06月05日 (月) | 編集 |
真っ白なポロシャツが、クローゼット内でくすぶっておりました。

かれこれ2~3年も。
白シャツ
白いポロシャツって着づらい(ワタシ的には)ので、
死蔵するハメに;;;
しかし勿体ないので、何とかならぬものか?
紅茶パッキング
染めることにした、紅茶で。
インド旅行のお土産でいただいた紅茶ですが、

わたくし珈琲党なもので
こちらも死蔵。

死蔵品どおしで、Let’s 紅茶染め!!
紅茶煮る
お茶パックに茶さじ2杯の茶葉を入れ、それを6個拵えてナベに投入。
濃い目の紅茶を煮出す。
紅茶グツグツ
ぐつぐつ。
ぐつぐつ紅茶を煮出している間に、
ポロシャツの下処理。
牛乳液に
あらかじめ水洗いし糊を落としたポロシャツを、
牛乳液に浸す。

繊維にたんぱく質を浸透させておくと、
染料が入り易い
・・・らしい。

仕事場のワークショップで草木染めをやったときに、
先生が云っていたような云っていなかったような?

なので牛乳(実は森永カル○ス)を希釈した液に、
15分ぐらいしっかりと浸す。

牛乳と水の割合は何対何かって?
知らないよ、そんなもん!
シャツIN
紅茶液が出来上がったらお茶パックを取り出し、

いよいよポロシャツを投入!
弱火で煮ながら染めていく。
塩もIN
・・・とここで気がついたのだが。

牛乳液を軽く絞っただけで投入しちゃったケド、
水ですすいだ方が良かったのかな?

ナベの液が白く濁ったし、
ほんのりミルクティのかほりがするのだが


ま、いっか。

20分くらいグツグツ煮て、最後に“色止め”のためにを投入。

多い方が良いんじゃね?との勘で、
大さじ3杯入れてみた。

塩が溶け切るまで煮たら、火を止める。

その後、冷めるまで20分ぐらい放置。
冷めている間も、色が入っていくそうな。
洗います!
冷めたら取り出して、流水でしっかりすすぐ。
紅茶色が出なくなるまで、すすぐ。

脱水したら干す!
染まりました!
染まったー(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
水洗いしただけだからミルクティのかほりがするが、
思ったよりもしっかり染まった♪
判り辛いですが
写真ではまったく伝わらないのでアレだが
結構キレイなヴェージュに染まった

適当な手順でも、どーにかなるもんだねこれ(´∀`*)

楽しいっ!

どちら様もコチラ様も;;;
2017年06月03日 (土) | 編集 |
最近良くお見かけする、商店街の猫様
こっちもまた
定食屋のご主人に遊んでもらったり、
通りすがりのチビッコに声をかけられたり、なかなかの人気者
特に野生とか
ワタシにも、ナデナデさせてくれますの(´∀`*)
すっかり人馴れしておりまして・・・。
持ってないみたいよ
やっぱり野生などないのであります!

これでいいのかダメなのか?
2017年06月02日 (金) | 編集 |
毛玉『社員、長らくのフィーチャーフォン生活を卒業。

昨日ついに、スマホデビュウしたのであります
絹嬢初ショット
・・・だーかーら。

何が何やらサッパリ判らんそうで(´・ω・)

「アプリ」って何ぞや、どーすりゃえーの?
いまブルブルしたのは、なにゆえぞ?


右往左往しているわよーぅ

1コ下の記事も、
スマホからの投稿ができるか否かのテストだったんですの。

どーにか投稿はできたケド・・・。

写真サイズ、デカすぎじゃね!?


7年使ったフィーチャーフォンが、
ちょいちょいブラックアウトするようになったので;;;
思い切ってスマホに変えましたが・・・、
すっげーストレス!!
まったく使い方が判んねぇよ。
マヂでブルブルするたびに、
初めて文明に触れた人のように大騒ぎだよ。
写真のサイズ変更なんて、どうやるんだー!?

これでいいのか?
2017年06月02日 (金) | 編集 |

ホントにこれでいいのか?

今年も来ました「社長の日」
2017年06月01日 (木) | 編集 |
6月1日は・・・。
HAPPYもんち
ネコ社長こと、紋次郎さんの誕生日ー

HAPPY BIRTHDAY 紋次郎さん!!

「海の日」「山の日」に続き、

6月1日を正式に「ネコ社長の日」に制定するが良い!
6月は祝日がいちにちもないことだしサ(・Д・)ノ
広がってますこっちも
可愛くって賢い紋次郎さん。

我が家のコになってくれて、本当にありがとう


黒塚家の娘
2017年05月30日 (火) | 編集 |
今月はJ’s月間!?

『黒塚家の娘』@シアタートラム

北村想 作  寺十吾 演出
風間俊介 趣里 渡辺えり 高橋克実


判ってます、判ってますとも。

「Who killed Cock Robin?」

・・・の訳は、

「誰がコマドリ殺したの?」

・・・だということは判ってますよ。

でも、しょーがないじゃないか!?

“それ”と判った瞬間、自動的に、

「誰が殺したクック・ロビン!あ、そーれ☆」

・・・に、脳内変換されちゃうんだもの!

えりさんがどんなに熱唱しようとも、
もれなく音頭になっちゃって残念!←えりさんは悪くない。

幼い時分からの刷り込みって、恐ろしいわね~。

閑話休題。

観念的というか形而上的というか哲学的というか。
もやもやと、雲をつかむような話だ。

ホラーなどではなく、人間の「業」の悲しさ浅ましさ。
目的の為には手段を択ばない・・・だったハズが、
その手段自体が目的になってしまうという。

もはや完全に(道を?己を?)見失っている。

女の業とは、かくも深く恐ろしいものかよ・・・。

・・・って、ちょっと待て

元はといえば男が欲深だったっからこそ、
引き起こされた悲劇でしょうよ?


業が深いのは男も女も一緒!

「人間というのは、愚かな生き物なのね。」

これが正解。

きっと華南(趣里)烏鷺(渡辺)の母娘は、
救われないのではないか。
永遠に同じことを繰り返しながら、
永遠を生きていくのだと思う。
だって救いなど、端から求めていないから。

華南を演じる趣里嬢は、キュウトかつファニィ

そうfunnyという表現が、

いちばんしっくりくる可愛らしさ!


表情も表現力も豊かで、芝居も上手い。
嫌味のない女優さんである。

朴訥とした雰囲気の風間氏は、
自身のキャラクターどおりの朴訥とした青年が似合う
失礼ながらm(_ _)m華はないんだけど、
しっかり地に足の着いた芝居をする。

まぁ、
コヨーテさんがホントに朴訥なのかどうかってのはさておき

渡辺えり嬢高橋克実氏の、圧倒的な存在感!

物語後半でバハマ高橋が登場するや、
場の空気が変わったもの流石!

そして、えり嬢は存在感もさることながら、
重量感もスゴイぞ!?←失礼だよ。

書生さんみたいな恰好の牧師とか、
美しい和装のお嬢さんとか、
和洋折衷(なのか?)な洋館とか。

舞台は昔のニッポンなのかと思いきや、
会話からは現代っぽいニュアンスが伝わる。
「携帯は圏外なんです。」という台詞があったりね。

時間軸がぐにゃりとして、こちらまで迷子になった感じ。

コヨーテとかバハマとか、

「ナニジンなんだ!?」

ネェミングセンスや世界観が、実に独特でユゥモラス

そしてわずか4人の登場人物のみなのに、

お腹いっぱいになるくらい濃ゆい(´Д`*)
上演時間だって90分弱なのに、ホントに満腹;;;

またしても可笑しなモノを。。。
2017年05月27日 (土) | 編集 |
ゲコ。
辰砂のカエル
陶芸の新作ができましたー
これなんなのさ?
白土を使って手びねりで拵えて、釉薬辰砂をかけました。
模様は呉須で描いています。

ファニィなカエルくんが、想定よりも大きくなってしまった

で、これ何なのよ?―というと・・・。
お香立てっ!
お香立てでーしーた!

失ったのか無くしたのか捨てたのか
2017年05月25日 (木) | 編集 |
イケメン猫様白黒氏の近況
そんなに精悍じゃないオレ
どうした!?

誇り高き野良猫様なのに、ぽんぽん出して眠りこけておる

良いのか?それで良いのか?
漢一匹野良猫大将が、道端でおっぴろがっていて良いのか!?

オマエの野生は、

何処へ行ったんだーΣ(゚□゚(゚□゚*)

精悍なオレ
白黒『五月蝿いっ!!

ダニーと紺碧の海
2017年05月24日 (水) | 編集 |
関係者満載Dayでーしーた!

『ダニーと紺碧の海』@紀伊国屋ホール

ジョン・パトリック・シャンリィ 作  鈴木小百合 翻訳
藤田俊太郎 演出
松岡昌宏 土井ケイト


ド平日のマチネだったためか、芸能関係者がたくさんいらしておりました。
客席まで豪華☆

藤田俊太郎氏を、すっかり贔屓にしている。

『ジャージー・ボーイズ』『Take me out』ときて、

この作品もハズレる気がしない!
期待どおり、いやそれ以上の作品だった。

松岡昌宏氏『JAILBREAKERS』(何年前!?)以来。
あの作品は歌ありドラム演奏(本職)ありのコメディで、
どちらかというとザ・アイドルな印象だったが

ダニーという難役を、松岡氏は見事に演じきっていた。

意外にも、舞台向きなんじゃなかろうか?
声も通るし滑舌も良いし、身体も大きくて舞台映えする。

粗野にして純粋なダニーが、ぴったりハマっている。

結婚式の思い出を語るシーンが、何とも切なくて泣けてきた。

「蜂が飛んでた・・・。」

この何でもない台詞が、どうしてか心に響く。
目の前に情景が浮かぶからかなぁ?

ロバータを演じる土井ケイト嬢がまた、

実に存在感のある役者で!
すっきりした佇まいなのに、どこか静かに狂っている。
狂気を孕んだ空気を纏う。

流されて生きてきた女・・・って、
あぁ、そんなに珍しくもないか?

両者ともに大概なんだけどサ
ひとつも共感できるところのない2人だけれど、
それでも“生き辛さ”を感じているって点だけは、
自分と共通だ。

誰にも理解してもらえない(と思い込んでいる)から、
ラインを引いてしまうのだよ。


そして「罪」と「赦し」と。

罰を与えられた方が、かえって気が楽になるのだ。
もう罰を受けたのだから・・・と、心が軽くなる。
罰はすべてを忘れるための、免罪符だ。
その先に求めるのは、赦し。

「俺が赦すよ。」

そう云えるダニーは、弱くなんかない。
ロバータのすべてを受け入れられる、強さを持ち得ている。
それは自ら求めて、望んで、勝ち取った強さだ。

静かだけれど、内なる熱量の高い演出も秀逸!
男女の濃密な会話でストォリィが展開していくのだが、
重くなり過ぎず熱くなり過ぎず。

光と、そして特に水の使い方が素晴らしく
どんな仕組みなんだ!?と伸びあがって確認してしまった( /ω)

本水の使い方がホントに上手いよ、藤田さん

もう~、厭な予感しかしない展開だなぁ;;;

・・・と身構えていたら

意外や、光に満ちた美しいラストだった。

中川晃教meets小沼ようすけ
2017年05月23日 (火) | 編集 |
えいやっ!と決めるって大事!

『中川晃教meets小沼ようすけ~music is wonderful@白寿ホール

中川晃教(Vo/P) 小沼ようすけ(G)
Guest:小沼ゆうじ(ジャンベ)


うだうだ迷っていないで、思い切ってチケット取って良かった~。
何とかなるものですなぁ(=゚ω゚)ノ
フツウに仕事だったら開演時間にどうやっても間に合わないけど、
出先から直帰だったらイケるんじゃないか?

そしたら・・・イケた

そもそも、みんながみんな土日休みだと思うなよ!?
って時間設定なのもどうかと思うが

小沼さんとのジョイントを聴くのは、渋谷のさくらホール以来2度目。
あの時も大層のびのびしていたけど、

今回もそれは自由でしたよ晃教くん

自宅で寛いでいるのかってくらい、終始リラックスムードでお届け!

ホント、家感がハンパない;;;←お、俺だけか?
てれんと身体を伸ばした椅子の座り方とか、
譜面台(iPadが乗ってる)を足で向こうに押しやるお行儀の悪さ(笑)とか。
↑その後すぐに「あ、いけね(´∀`*;)ゞ」って顔してた、萌える。

何だろね?

オウチに招待されたみたいな感覚で、

ついついこちらもリラックスしちゃう

みんなでリビングに集まって、のんびり歌って喋って・・・って、
そんなゆるりとした雰囲気。

誰よりも晃教くんがいちばんリラックスしていて、
歌うことを楽しんでいたんですがね。

それもこれも、小沼さんとの相性が抜群だからかしらん?

セットリストに関しては、こりゃもううろ覚えデス
うろ覚えってか正直、曲名が判んない;;;

「恋の季節」では随分とまぁ晃教くん、“真珠の指輪”を気にしてらしたわね?
しかも左手;;;

「ボヘミアン・ラプソディ」は聴くたびに、

「この人、天才か!?」

心底魂消る。

凄いんだから、ホントに!!
この1曲が物語になる。
表現力豊かな声音と歌い方と表情と、
全身で演じるように歌う。

歌が上手い歌い手はたくさんいるけれど、
こういうふうに歌える歌い手は中川晃教しかいないよ+゚。*(*´∀`*)*。゚+


「五輪真弓さんがデビュウした時、
“和製キャロル・キング”って呼ばれてたんだよ。」


小沼さんのひとことで突如、
たどたどしく「恋人よ」を弾き語り出してザワつく。←客席全体的に

晃教くん、良く歌い切ったうろ覚えなのに!
小沼さんも驚いてた

前回大暴走した「Coffee please」も、巧いことまとめましたね◎

「Can't take my eyes off you」の、
ジャジィなアレンジも恰好良かった~♪

「こういうライヴとミュウジカルの違いって、何かあるの?」

小沼さんの問いに答えて曰く。

「ミュウジカルやお芝居は台本がちゃんとあって、
演出もきちんと決まってる。
演出家の指示に従ってきちっとやっていく・・・あ、
僕はあんまりきちっとやらないケド(てへ)」

↑自覚してんのかい!?と突っ込む。

だからこういうステェジでも、
振付というかステップを決めてやったりして・・・あ!?


・・・というワケで、晃教先生によるステップ講座Start★
あー、小沼さんの素朴な疑問が地雷に(御愁傷様)

しかし面白かったよ~、ステップ講座!
小沼さんのわちゃわちゃしたステップ、微笑ましいというか頑張ってた!
あれ難しいよね?
手と足の動きがバラバラっての。
高校の時に演劇部のアップでやったよ、そういえば。

曲のラインナップも、普段あまり聴く機会がないものばかり。
(取手のジャスフェスとほぼ同じ・・・とは云っておりましたが。)
いろいろと新鮮(o‘∀‘o)*:◦♪

自身の曲でもミュウジカルの曲でもない。

だからこそ、

中川晃教、本当に巧いなぁ!

再発見できた。

それから、この人は本当に心底、

音楽が大好きなんだなぁ・・・と。

「音楽」の意味は「音を楽しむ」・・・じゃないんだぜ、ホントは。

そりゃそうなんだけどサ。

晃教くんを見ていると、「音を楽しむ」が正解なんだと実感する。

あるいは彼が音楽そのもの!

白寿ホールのことを晃教くんは「小宇宙」と称していたけれど、
まさにそのとおり。

音楽に満ち満ちた小宇宙に、ちょっとトリップした気分

暑い中でのチラシ配りのみならず、
30℃Overの炎天下で中のヒト魂を演じて(しかも調子に乗って踊ったりして;;;)
身体中の水分全部出ちゃったへっとへとの身体と心に、
晃教くんの歌声はあまりにも心地良く沁みわたる。

あんなにぐったりしていたのに、
不思議と疲れを感じない。

それどころか、身体が軽くなる感じ。

返す返すも・・・来て良かった

あ、そうだ。

アカペラってのは「伴奏ナシ」ってことだから。
それを云うなら「マイクレス」じゃない?


[READ MORE...]
プールに入ったあとみたい…
2017年05月20日 (土) | 編集 |

土曜だけどモチロン、本日も仕事!

しかも出張で!炎天下で!肉体労働で!

しかし待って。

出先から直帰させてもらえば、余裕で間に合うじゃない?

というわけで…。

『中川晃教meets小沼ようすけ~music is wonderful』
@白寿ホール

行ってきましたー♪

汗だくで中のヒト重労働してきたあとなので、
身体はそこそこしんどかったですが;;;

すっかり癒されたというか、これで明日も頑張れる!

珍しく?リラックスした、良い意味でゆる~いライヴでしたo(^-^)o

ここはアナタの家か、と。
なんだか自宅感がハンパない、力の抜けた雰囲気
こちらもつられて、リラックスして聴いておりましたよ♪

なんて自由に、のびのびと、楽しそうに歌うんだ!

詳細は、また!

結末に光を
2017年05月18日 (木) | 編集 |

藤田俊太郎氏演出の『ダニーと紺碧の海』を観て参りました!

紀伊國屋ホールでの二人芝居という、なかなかに濃密な空間。
美しいライティング、そして海…。

厭な予感しかしない序盤中盤を乗り越えて、光溢れるラストへ。

ちょっと予想外の展開!

赦しと再生の物語。
痛みは伴うけれど、しみじみ良い話でした。

詳細は、また!

両雄もし戦わば・・・。
2017年05月15日 (月) | 編集 |
頼もーぅ!!

毛玉姐さん、お手合わせ願いますm(_ _)m
VSケモノ
毛玉『フッ、笑止
わたくしに戦いを挑もうなど、片腹痛いわ。
身の程を知らぬ社員なぞ、返り討ちにしてくれる!!
ガリガリにしちゃる!
わたくしの強靭な後ろ足キックを、とくと味わえ!
覚悟せい!
そしてこの伸びきった鋭い爪による、ガリガリ攻撃を喰らえ!
お風呂に入ったらビミョ~にお湯が沁みるので、
地味に痛がるが良いわっ
やっぱり無理!
・・・参りました○| ̄|_

ところで姐さん?
そろそろ爪切るから、覚悟しといてくださいね!?
そんな凶器持ち歩かれてたら、たまったもんじゃないや;;;

なんでもできるかな?
2017年05月14日 (日) | 編集 |
毛玉『ホント、それだけが取り柄なの。
社員の数少ない取り柄。
いつでも飛んでくゼ
仕事柄・・・ってのもどーかと思うケド

脚立担いでそこそこ高所の電球交換してたから、

ご家庭用なんてちょろいもんよ!?

かなり高温になってても、素手でいけちゃうから←いけないって!軍手くらいするよ;;;

蛍光灯LEDハロゲンビームミニクリプトン
なんだったらゼラだって交換できる!

あと、ちょっとした修理作業も得意!

それからチビッコのくせに、無駄に力があるから

重たいものの運搬や、

片づけもサクッとこなせる
わよーぅヾ(o´∀`o)ノ

テトリスばりにきっちり箱に収めて、
出した時よりも容積を少なくして、スッキリ仕舞う自信があるってよ!?
お任せくださいよ
だから遠慮せずっ!
ひとり暮らしで困ったことがあったら、いつでも呼んでくださって良くってよ

貴方のためなら電球1,000,000個だって交換する!!

と、社員が申しておりますので。

その心意気・・・薄っすら怖いわよぅ

ってか仕事柄ったって受付嬢→事務職なのに、
なにゆえ電球交換と力仕事が得意なのか??』


え?まったく意味が判らない?
では、詳細はココをば。→

特定記録はポストにぽん!
2017年05月13日 (土) | 編集 |
毛玉『何百円も配送手数料を取るんだもの、
簡易書留だと思うじゃない!?
求めてないから!
ポストに入ってた
チケットがポスティングされていたわよーぅ!』


<業務連絡>
Mプロさんで予約した例の公演ですが・・・。

4列目だったよ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
しかも演出上の都合とかで、下手したら2列目になっちゃうかもだよ!?

さすがMプロさんの力、偉大!
教えてくれて、ありがとねー♪

いやでも・・・もう少し後ろで良かった。←
どうしよう、ハクハクする;;;